株式会社ipg。 世界をリードするファイバーレーザー|IPGフォトニクスジャパン

静岡市の支援を受け、 静岡市駿河区用宗にサテライトオフィスの展開 | News | IPG

株式会社ipg

長年の実績を持つOEMサプライヤーとして、IPGはコンポーネントおよびサブシステムのベンダーに求められる当然の厳しい基準を熟知しています。 ミッションクリティカルでセーフティクリティカルなアプリケーションにおいて、障害のない動作を実現するため、お客様が当社のレーザーと増幅器に信頼を寄せてくださっていることも十分に理解しています。 当社のレーザーと増幅器がこのようなご期待に応えるものであるという自信は、最も厳しいテストと品質管理基準に伴う経験的な安心感に基づくものです。 当社の主要なコンポーネントは、何百時間にも渡ってテストやバーンインが行われ、最終的に厳しい管理基準を満たした最良のコンポーネントのみが使用されます。 IPGフォトニクスは ISO 9001:2015認証を取得しています。 IPGの業務プロセスは明確に文書化され、世界的に高い評価を受けている企業の多くが遵守している品質基準に準拠し、お客様の安心を保証します。 IPGは確かな品質を追求し、業界最高レベルの保証を提供いたします。 下記に該当する連絡先がない場合、システムの製造業者またはIPG製品の代理店に連絡してください。 下記のIPGサービスセンターのほか、IPGは追加のサービスおよび部品在庫の店舗を運営しています。 詳しくはIPGサービスセンターにお問い合わせください。 508. 373. 508. 506. 2888 Materials Processing Systems - Nashua 200 Innovative Way Suite 1390 Nashua, NH, USA Tel. 603. 518. 3205 ドイツ IPG Laser GmbH Carl-Benz Strasse 28 57299 Burbach Germany Tel. 2736. 4420. , Ltd. F28, 2 Jingyuan North St. BDA Beijing, 100176 China Tel. 400. 898. 0011 フランス IPG Laser France ロシア IPG IRE — Polus Co. Academician B. Vvedensky Sq. 496. 255. 800. 775. 2829 Low and medium-power lasers Telecommunications equipment Tel. Via Kennedy 21 20023 Cerro Maggiore MI , Italy Tel. 0331. 1706. 908 インド IPG Photonics India Pvt Ltd. 2852. 716. 9833 ポーランド、チェコ共和国、スロバキア、ハンガリー IPG Photonics Sp. z o. 721. 721. 21 韓国 IPG Photonics Korea Ltd. 930. 2539. Melodi Sok. No:36 Tuzla, Istanbul, Turkey Tel. 216. 593. 3033 台湾 IPG Photonics Asia Ltd. Taiwan Branch 5 F. , No. 91, Xinhu 1st Rd. , Neihu Dist. , Taipei City 114, Taiwan Tel. 2 27. 3582 英国 IPG Photonics UK Ltd. Axis 1, Hawkfield Way, Hawkfield Business Park, Bristol, BS14 0BY, United Kingdom Tel. 117. 203. 4060 タイ IPG Photonics Asia Ltd. 175. 175. 274. IPG will not knowingly source any conflict minerals from sources that fund conflict. View. 閉じる IPG Photonics Corporationの製品には、他の多くのハイテク企業の製品の場合と同様、サードパーティのベンダから購入し、世界各国で算出される各種金属が使用されています。 これらの金属にはスズ、タンタラム、タングステン、金(「紛争金属」)が含まれます。 これらの金属は、紛争中のコンゴ民主共和国およびその隣接諸国から一部が調達されることがあり、これらの金属の取引の一部がその地域の紛争を首謀している違法武装グループへの資金として供給されることが明白であるため、「紛争金属」と呼ばれています。 IPGは紛争金属の責任ある調達と、IPG製品の製造に関する適正評価と情報開示の必要条件を含む関連する法令の順守に尽力しています。 IPGは、製品内の紛争鉱物の調達を決定し、IPGの紛争鉱物により紛争への資金供給が行われたという証拠がないことを確認するために、サプライヤの年間適性評価を行います。 IPGは、紛争に資金供給する提供者から、そのことを知った上で紛争鉱紛争鉱物を調達しません。 IPGの適性評価により、IPGのいずれかのサプライヤが、IPGに紛争の資金源となる物品または金属を提供したことが判明した場合、IPGは、このような物品または金属の代替提供者を探します。 閉じる IPG expects its suppliers to adhere to global principles of human rights that include freedom of association, right to organize, abolition of forced labor, elimination of child labor, equality and antidiscrimination rights and provision of legally mandated employee benefits. As a company that must deliver reliable and high-technology products to our customers and end-users, IPG requires our suppliers to maintain highly trained personnel and best-in-class processes so IPG can meet all customer requirements. To meet these objectives, IPG implemented policies, including our. View our statement under the. 閉じる 2010年のカリフォルニア州サプライチェーン透明法では、カリフォルニア州で製品を製造または販売する製造業者に対して、サプライチェーンにおいて奴隷制度や人身売買に対処するための尽力をしていれば、それについて情報開示するよう規定しています。 IPG Photonics Corporation(「IPG」)は、IPGの事業実施基準に従い、適用される法律に準拠し、倫理的に事業を展開するよう尽力します。 また、IPGの標準購入合意では、奴隷制度と人身売買を禁止するすべての法律を含め、適用されるすべての地域、州、連邦、海外の法律および規制にIPGのすべてのサプライヤが準拠することを規定しています。 IPGは、次の情報開示の必要条件に準拠します。 サプライチェーンの検証:IPGは現在、奴隷制度と人身売買のリスクを評価し、これに対処するためのサプライチェーンの検証を行っていません。 監査:IPGは、サプライチェーンにおける奴隷制度と人身売買のためのIPGの基準に対するサプライヤの準拠を評価するためのサプライヤの監査を行っていません。 認証:IPGは現在、製品に組み込まれた素材が、事業を展開する国で奴隷制度や人身売買に関する法律に準拠していることをサプライヤーが認証するよう規定していません。 内部説明責任手順:IPGは、提供される法的な必要条件やIPGの事業実施基準に準拠していないすべての従業員と請負業者のための内部説明責任基準および手順を管理しています。 IPGの事業実施基準は、IPGの全従業員とIPGの代わりに雇用されたすべてのコンサルタントが適用対象となりますが、すべての従業員と請負業者が適用される法律に準拠することを定めており、適用される法律または会社の基準の違反が疑われる場合に報告する個人のための直通電話の番号とEメールのアカウントを記載しています。 違反が疑われる報告はすべて調査され、このような報告の結果が妥当であれば、IPG管理者に報告されます。 トレーニング:IPGは現在、サプライチェーンの管理に対する直接の責任を持つ従業員と管理者に対してトレーニングは行っていません。 しかし、従業員と管理者は、サプライヤによる、適用される法律またはIPGの事業実施基準の違反が疑われる場合には、報告することを求められ、IPGはこのような報告を調査します。 閉じる IPG Photonicsは、ファイバーレーザーと増幅器の独自の製品群をシステムインテグレーターとエンドユーザーに提供します。 IPGには多様なエンドユーザー向けの製品があるため、レーザーの安全性に関する基本的な情報を提供することが重要です。 この情報はサービスとして提供されています。 レーザーの安全性に関する情報の追加ソースについては、このセクションの最後のリンクを参照してください。 強い光などの刺激がレーザー空洞に入力されて、レーザー放射または光出力となります。 コヒーレントであるため、この光線は同じ波長と強度を持つ非コヒーレント光よりもはるかに危険です。 平行ビーム、つまりデバイスの開口部から出るときに急速に分散しないビームでは、開口部から遠く離れた場所でも危険があります。 レーザーの危険について考える場合に、最も一般的な関心領域は、通常は目です。 以下に示す情報は、目に関連する危険だけでなく、レーザー製品の使用により発生する可能性のあるその他の危険についても言及しています。 IPGのダイオードレーザーは、980 nmの範囲で動作し、イッテルビウムレーザーおよび増幅器は1,060 nm周辺で動作し、ラマンレーザーおよび増幅器は1,400 nm周辺で動作し、エルビウムレーザーおよび増幅器は1,550 nm周辺で動作し、ツリウムレーザーおよび増幅器は2,000 nm周辺で動作します。 IPGは、980 nm未満のレーザー光源にも対応しています。 目の危険 レーザー露光により眼の損傷が発生する可能性があります。 レーザーは、ユーザーがさらされる可能性のある波長と出力によって、異なる方法で目を損傷する可能性があります。 可視光(400~700 nm)と近赤外線(IR-A、700~1,400 nm)は眼を貫通し、網膜、視神経、目の中心部分に回復不可能な損傷を及ぼします。 通常、人間の目は400~700 nmの波長の範囲内で光線を捉えることができます(紫から赤)。 ところが、目は1,400 nmを超える波長も貫通させ、網膜や視神経の損傷に対する重大な脅威をもたらします。 近赤外線以外の波長の不可視光は、目の外側部分を損傷する可能性があります。 紫外線放射(180~400 nm)は、角膜や水晶体を損傷する可能性があります。 中赤外線放射(IR-B、1,400~3,000 nm)は、表面を貫通し、白内障を引き起こす可能性があります。 遠赤外線(IR-C、3,000 nm~1 mm)は、外部表面または角膜を損傷する可能性があります。 ユーザーは、さまざまな角度の二次ビームが発生することを考慮する必要があります。 二次ビームは、工作物の表面またはその付近で発生する可能性があります。 これらのビームは、さまざまな表面からのメインビームの正反射です。 これらの二次ビームは、レーザーから放射される全出力よりも小さい場合もありますが、目を損傷する程度には強い可能性があります。 レーザーシステムの設置時は、このことを考慮する必要があります。 それ以外の危険• レーザーシステムにより皮膚の火傷が発生する可能性があります。 損傷の可能性と重大度は、波長と出力の関数で決まります。 一部のレーザーシステムは重機のコンポーネントであり、操作にはレーザーの対象領域にいるオペレータおよびその他の人員への特別な配慮が必要となります。 一部のレーザーは、衣服や紙を燃やしたり、溶媒やその他の可燃性物質に点火する程度の強度があります。 レーザーシステムの使用時は、このことを考慮する必要があります。 電気の危険• レーザー製品のために使用される電圧(ACおよびDC)は高くなることがあります。 すべての電気ケーブルと接続部は、有害レベルのものとして扱う必要があります。 電気ケーブル、コネクタ、デバイスハウジングのすべての部位は、危険とみなす必要があります。 閉じる 安全に関する上記の情報のほかに、レーザーシステムの分類の簡単な説明を次に示します。 レーザーシステムは、エンドユーザーが作業中にさらされる可能性のある波長と出力により分類されます。 これは、レーザーシステムの危険の可能性として説明することもできます。 分類は、放射波長、出力、光線の特性によって決まります。 レーザーのクラスは、クラス1からクラス4まであります。 分類の数字が大きいほど、レーザーシステムの危険の可能性は高くなります。 レーザーの分類は、レーザーシステムで識別され、クラス番号の識別にローマ数字が使用されることもあります。 識別プロセスは、製品にラベルを付けることにより行います。 これらのラベルには、文字による警告のほか、波長、全出力、レーザーの分類に関する情報が盛り込まれます。 クラス1 クラス1のレーザーシステムは、本質的に安全です。 通常の動作状態では、これらのレーザーが健康に被害を及ぼすことはありません。 操作中にレーザー放射にさらされることがないよう、設計に特別な配慮がなされています。 クラス2 クラス2のレーザーシステムは、低出力の可視レーザーです。 明るい光に対する自然な瞬き反射により目が保護されます。 長時間、直接凝視すると、危険が生じる可能性があります。 クラス2のレーザーには、「注意」のラベルが必要です。 クラス3 クラス3aのレーザーシステムにも「注意」のラベルが必要で、場合によっては、「危険」のラベルが必要です。 一時的に見るだけの場合、光回避の反射により目を保護する必要があります。 光学的配列プロセス中など、集光して見ている場合、危険が生じる可能性があります。 クラス3bのレーザーシステムは、直接見た場合や二次ビームを見ることにより、危険が生じる可能性があります。 通常、これらのレンズでは艶消し面から危険な反射が発生しません。 これらのシステムには「危険」のラベルが貼付され、目が損傷する可能性はあっても、火災や皮膚障害の危険は高くありません。 これらのレーザーの使用中は、レーザー安全眼鏡の着用をお勧めします。 クラス4 クラス4のレーザーシステムは、目と皮膚の両方に対する危険があります。 危険は直接反射、二次反射、乱反射によって生じる可能性があります。 クラス4のレーザーシステムにはすべて、「危険」のラベルが貼付されます。 クラス4のレーザーは、レーザー領域またはその周辺にある物を損傷し、可燃性物質に点火する可能性があります。 これらのレーザーの使用中は、レーザー安全眼鏡が必要です。 閉じる IPG Photonicsは、クラス3bとクラス4のレーザーおよびレーザーシステムをエンドユーザーに提供しています。 次のリストに、レーザーの利用者や利用を考えている人がレーザーシステムの使用時に考慮する必要のある項目を示します。 製品を使用する前に、ユーザーズガイドをよく読んで内容を理解し、操作およびメンテナンスの手順を確認してください。 疑問点や不明点がある場合は、遠慮なくメーカーにお問い合わせください。 対象領域内にいるオペレータは、レーザー放射を使用する前に、必ず適切なレーザー安全眼鏡を着用する必要があります。 ここには、レーザーシステムを直接使用しないオペレータも含まれます。 電源が入っているときに、レーザー出力ポートを直接見ないでください。 レーザーと、レーザーと一緒に使用するすべての光学部品を、目の高さから離して設定してください。 レーザーが有効な状態でファイバーまたはコリメータを設置したり終端したりしないでください。 ファイバーやコリメータを固定具に取り付けるなど、出力に関する作業を行う場合は、必ずレーザーをオフにしてください。 必要に応じて、低出力に出力を調整し、徐々に出力を高めてください。 レーザーと加工対象の素材との間の相互作用により、強い紫外線や可視光も発生する可能性があります。 可視光による目の損傷を防止するため、レーザーエンクロージャを所定の位置に設置してください。 工作物の表面が適切に通気されることを確認してください。 レーザーと工作物の表面との相互作用により発生する可能性のあるガス、火花、破片が原因で、それ以外の安全性の欠陥が生じる可能性があります。 ドアのインターロックにより出入りが管理される部屋でレーザーを使用してください。 警告標識を設置してください。 レーザーの操作中は、レーザーの安全に関する訓練を受けた人員以外が該当領域に近づかないようにしてください。 暗い環境では、レーザーの使用を避けてください。 光出力コネクタに、カップリングファイバーまたは同等品を取り付けていない状態で、レーザーを有効にしないでください。 レーザーのオペレータは、レーザーの使用について通知し、レーザー領域を管理する責任があります。 閉じる レーザー安全眼鏡には、光学密度と波長の対象範囲の両方のラベルを貼付します。 光学密度ODは、レーザー安全眼鏡を選択する際の重要なパラメータになります。 光学密度の式は次のようになります。 IPG Photonicsでは、レーザーシステムのエンドユーザーが眼鏡の必要条件を評価するときに、特定の用途を確認することをお勧めしています。 最終用途に関して、またその結果として生じる可能性のある危険について理解することが重要です。 IPG Photonicsは、レーザーの使用者が地域、州、連邦または政府の必要条件のほか、レーザーまたはレーザーシステムの設置または使用に適用される施設または建物の必要条件を調査することをお勧めします。 閉じる レーザーの安全性に関するその他の情報については、利用可能な情報を示す下記のリストを参照してください。 Laser Institute of America LIA 13501 Ingenuity Drive, Suite 128 Orlando, Florida 32826 Phone: 407. 380. 1553, Fax: 407. 380. 5588 Toll Free: 1. 800. LASER American National Standards Institute ANSI Z136. 1 — 2000, American National Standard for the Safe Use of Lasers Available through LIA International Electro-technical Commission IEC 60825-1, Edition 1. レーザー市場のエネルギー効率 IPGファイバーレーザーの記録的なエネルギー効率は、電灯照明産業と同様にレーザー産業内での転換を可能にします。 長年にわたるレーザー技術の進歩により、これらの製品のエネルギー効率が向上し、低コスト化が可能になってきています。 入力エネルギーの大部分は、熱として失われます。 レーザー設定では、必要な出力を得るためにより多くの電気が必要であることを意味し、効果的な損失エネルギーである多くの熱を消散させるための強力な冷却装置が必要となります。 CO 2レーザーの効率は、Nd:YAGレーザーの効率の3~5倍となります。 CFL電球と同様、入力エネルギーの90%以上が熱で失われます。 大部分の産業用途では、エネルギーの使用を高めるため、十分な冷却が必要です。 IPGのファイバーレーザーの効率は、45~50%以上で、必要な入力電力が大幅に削減されます。 また、効率の高さに加えて、ファイバーの表面積と体積の比率の高さにより、熱出力とそれに対応する冷却装置の冷却コストが大幅に低減されます。 ご存知ですか?• 2016年に販売されたIPGレーザーによる節電量は、通常の500 MWの石炭火力発電所の年間出力に相当します。 過去3年間に販売されたすべてのIPGによる2016年のCO2排出の削減量は、バーモント州のCO2の年間排出量に相当します。 環境と安全のイニシアチブ• IPGの運営は、特定有害物質使用制限指令(RoHS)、廃電気電子機器指令(WEEE)、有害物質規制法(TSCA)に準拠しています。 2006年以来、熱併給設備がオックスフォードで稼働していて、発電による排熱を建物の冷暖房に利用することにより、排出量の削減と、年間で1. 1トンの温室効果ガスの節約を実現しています。 新しい建造物はすべて、エネルギー規約の必要条件よりも高いレベルで建設されています。 IPGは、年間で何千ポンドものアルミニウム、銅、鋼鉄を節約する金属リサイクルプログラムを導入しました。 紛争に関与しない部品調達への尽力• IPGは、スズ、タンタラム、タングステン、金(3TG)の責任ある調達に関する適性評価の必要条件を含むドッド・フランク法への法的準拠に尽力しています。 IPGのチームは、IPGの3TGが紛争地域から産出されたものであるか、またはその地域の紛争に資金供給するものであるかについて、サプライヤからの情報開示を得ることに尽力しています。 すべてのサプライヤが責任ある調達に関する法的必要条件に準拠することを求めています。 適性評価と情報開示義務への十分な準拠を実証できないサプライヤがある場合、IPGは、これらの3TG金属の代替ソースを探します。 地域社会への還元 IPGは、インペリアルカレッジロンドンの修士号および博士号の自然科学者に資金援助しています。 レーザーを使用する地元の教師を訓練するProject Photonにも関与しています。 IPGは、レーザー教育へのアクセスを拡張するために、米国光学学界によって創設されたSiegman International School on Lasersの共同設立者です。 当社の慈善寄付委員会は、(1)教育、(2)地域福祉、(3)市民および社会事業プログラム、(4)芸術および文化を対象として、地域プログラムに最大5万ドルを出資します。 当社は、ウースター工科大学(WPI)のIPG Photonics Laboratoryを創設し、フォトニクス装置とその他のリソースの寄付により、学生のための工学的機会を支援しています。 IPGは、婦人技術者協会を後援し、工学分野での女性の進出を促進しています。 ロシアでは、IPGは、無線技術学界の学生を長期にわたって支援しています。

次の

企業情報

株式会社ipg

企業沿革 平成17年3月 株式会社IFGを仙台に設立する。 平成19年8月 中小企業新事業活動支援補助金(中小企業・ベンチャー挑戦支援事業のうち実用化研究開発事業)が採択される。 平成20年6月 (独)医薬基盤研究所と「診断・治療用生体深部磁気刺激装置の研究開発」で委託契約を締結。 平成24年10月 (独)科学技術振興機構(JST)より平成24年度A-STEP本格研究開発事業として「四肢麻痺患者の自立支援を目的とした多連発パルス磁気刺激による新しいリハビリテーションシステムの開発」が採択される。 平成26年4月 宮城・仙台富県チャレンジ応援基金助成事業に採択される。 平成26年7月 平成25年度中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業に採択される。 平成26年9月24日 第二種医療機器製造販売業許可、医療機器製造業許可(医療機器 一般)を取得。 平成26年11月18日 公益財団法人七十七ビジネス振興財団より「七十七ニュービジネス助成金」を受賞する。 平成27年4月30日 ISO13485:2003取得。 平成27年5月 宮城・仙台富県チャレンジ応援基金助成事業に採択される。 平成27年8月 平成26年度補正 ものづくり・商業・サービス革新補助金に採択される。 平成28年4月8日 高度管理医療機器等販売業・賃貸業許可を取得。 平成28年5月 「2016年度はばたく中小企業小規模事業者300社」の技術技能部門に選定される。 主要取引先• 国立大学法人東北大学• 東北電力株式会社• 株式会社日立製作所• 株式会社東芝• 酒井医療株式会社• Western Digital Corporation.

次の

世界をリードするファイバーレーザー|IPGフォトニクスジャパン

株式会社ipg

「 IPG」はこの項目へされています。 その他の用法については「」をご覧ください。 株式会社IPG( IPG Inc. )は、サービスを日本全国で提供している企業。 に 株式会社インタラクティブ・プログラム・ガイド( Interactive Program Guide Inc. )として設立。 2015年7月に株式会社IPGへと社名変更。 本社所在地は。 (通称: ジェムスター。 現在はに吸収合併)、、が資本参加している。 概要 [ ] Gガイド画面上に表示されるを主な収益としている。 そのため、ユーザーは無料でGガイドを利用することが出来る。 のは、東京ニュース通信社のデータを元にしており、IPGが直接番組表を制作しているわけではない。 やのみならず、やなどに対してもGガイドサービスを展開しており、からとの提供による携帯電話版Gガイドサービス「Gガイドモバイル」を開始し、からは、外出先からのの録画予約を可能とする「Gガイドリモートアクセス」を開始している。 また、、の公式番組情報()の事業者向け配信サービスの開始を発表している。 関連項目 [ ]• - 前身会社(別の法人で、同社も存続している)。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の