珍しい名前ランキング。 明治安田生命

男の子の珍しい名前一覧!【199選】

珍しい名前ランキング

珍しくて少ない女の子の名前ランキング ひととき流行したキラキラネームとは、またニュアンスが異なる珍しくて少ない名前。 なんて素敵な漢字を使っている名前なんだろう!と感じたその名前は、見た目だけではなく響きも素敵だったりします。 そんな頭が固い自分には思いつかない、素敵に心地よい名前。 スポンサードリンク 花心 名前の読み方は「かこ」と読みます。 とても綺麗な名前「花心」は、花を愛する方が考えた名前でしょうか。 清楚・素直・かわいらしい・癒されるなど、良いイメージばかり湧いてきます。 「花心」に願いを込めるなら「清らかな心で周囲の人を癒し、愛される人となって、花のある人生を送ってほしい」ですね。 「花心」は「かこ」の読み方の他にも、「はなこ」の読み方も考えられます。 花心のある風流な人になってほしいと願いを込めて「花心」と名づける方もいるそうですよ。 心優 名前の読み方は「みゆう」と読みます。 「心」は「気持ち」「おもいやり」など、「優」は「やさしい」「おだやか」などの意味があります。 漢字の通りに、広く温かい心で穏やかに、周囲の人に優しくできる人となってほしい!と願いが込められます。 漢字の見た目だけでも、温かい人を連想する名前ですね。 心優は「みゆう」の他にも「みひろ」とも読まれています。 茉宙 名前の読み方は「まひろ」と読みます。 ジャスミンの花をイメージする「茉」と、空や天を意味する「宙」で「茉宙」。 「茉宙」には、清純で美しく、広い心を持った人となって、世界にはばたいてほしい!と願いが込められます。 男の子の名前のイメージがある「宙」ですが、女の子らしいイメージがある「茉」と組み合わさると女の子の名前のイメージになりますね。 かなり珍しくてなかなか見ることのない名前ですが、響きがいいですね。 花穏 名前の読み方は「はのん」と読みます。 漢字の見た目は優しく、読み方の響きも穏やかに美しい名前ですね。 「花穏」に願いを込めるなら「穏やかで優しく、可憐にかわいらしい人になってほしい」でしょうか。 個人的には「はのん」の響きが好きですが、「かのん」という響きも素敵です。 「伽羅」は、とても良い香りがする木をいい、花言葉のなかに「高尚」という花言葉があります。 花言葉などから「伽羅」には、上品に気高く立派な人になってほしい!と願いが込められますね。 「伽羅」という名前の方には、本木雅弘・内田也哉子夫妻の娘「内田伽羅」さんがいますね。 本木雅弘・内田也哉子さんは、どんな願いを込めて「伽羅」と名づけたのでしょう? ちょっと聞いてみたいですね。 奏和 名前の読み方は「そわ」と読みます。 「奏」は「すすめる」「申し上げる」「かなでる」、「和」は「やわらぐ」「なごむ」などの意味があります。 「奏和」に込める願いは「人との和を大切にし、和ませ癒すことのできる人になってほしい」でしょうか。 「奏和」には、「そな」と言う読み方もありそうですね。 花が咲く・笑うなどの意味がある「咲」と、はね・つばさなどの意味がある「羽」で「咲羽」。 「咲羽」には、笑顔が素敵な魅力のある人となり、広い世界で活躍してほしい!と願いが込められます。 「さくは」の読み方の他に「さきは」の読み方もある名前です。 璃音 名前の読み方は「りおん」と読みます。 爽やかで透明感のあるイメージの「璃」、人を癒す力がある「音」の二文字で「璃音」。 「璃音」には、上品で透明感のある心を持つ人になってほしい!と願いが込められます。 「璃音」は、「りおん」の他に「りね」「りのん」の読み方もあります。 秋桜花 名前の読み方は「あきか」と読みます。 「秋桜」と書いて「コスモス」と読むと思っている方も多いかもしれませんが、秋桜はコスモスの和名で、読み方は「あきざくら」と読みます。 いつの日からか、秋桜を「コスモス」と読むようになったのは、山口百恵さんの「秋桜」という曲からだとされていますね。 「秋桜花」は、実り多い「秋」に、日本の国花とされている「桜」、植物の総称「花」の三文字から成っています。 「秋桜花」に願いが込められるなら「温かい心を持ち、華やかに実り豊かな人生を送ってほしい」でしょうか。 緋彩 名前の読み方は「ひいろ」と読みます。 「濃い紅色」「あか」の意味がある「緋」、「いろどり」「美しい」「あや」などの意味がある「彩」で「緋彩」。 魅力的な人を連想する名前「緋彩」に願いを込めるなら、「才能に恵まれ、美しく彩り豊かな人生を送ってほしい」ですね。 【11位】 美久梨 名前の読み方は「みくり」と読みます。 美しいなどの意味を持つ「美」、久しい・長いなどの意味を持つ「久」、果実のナシの意味がある「梨」で「美久梨」です。 「美久梨」に願いを込めるなら「豊かな感性を持つ心がきれいな人となり、人生を歩んでいってほしい」でしょうか。 【12位】 華緒 名前の読み方は「かお」と読みます。 美しく優雅なイメージがある「華」、しとやかで思いやりのあるイメージの「緒」の二文字で「華緒」。 「華緒」には、人とのつながりを大切にできる思いやりのある人となって、魅力ある人になってほしい!と願いが込められます。 【13位】 紗羽 名前の読み方は「さわ」と読みます。 しなやかに柔らかいイメージのある「紗」と、おおらかで広いイメージのある「羽」。 「紗羽」には、しなやかに柔軟性の備わった人となって、未来へはばたいてほしい!と願いが込められます。 【14位】 絵夢 名前の読み方は「えむ」と読みます。 漢字の見た目も響きも、かわいい「絵夢」。 「絵夢」に願いを込めるなら「豊かな感性を持って、夢を実現してほしい」と願いが込められますね。 【15位】 織舞 名前の読み方は「しきぶ」と読みます。 「織舞」は、機を織る・あやぎぬなどの意味を持つ「織」と、まう・励ますなどの意味を持つ「舞」から成っています。 「織舞」には、明るく周りを元気づけ、心遣いのできる優しい人になってほしい!と願いが込められそうです。 スポンサードリンク 終わりに・・・ いかがでしたか? 今回は、珍しくて数少ない変わった女の子の名前をランキング形式でご紹介しました。 あなたの目に留まるような素敵な名前はみつかったでしょうか。 人名に使える漢字も増え、当て字などで名前を名づけても何の違和感もない今日この頃。 親の願いや字画などを考えて名づけするなら、珍しい名前も素敵でいいですよね。 ただ、やっぱり読めない難読な名前には注意が必要ですよ。 自己満足にならないように、こどもの将来を願って名付けしてくださいね。 最後までありがとうございました。

次の

全国の名字ランキング 1位から100位まで

珍しい名前ランキング

幡豆郡「吉良町」(きらちょう)は昨年の4月に西尾市に編入合併されてしまい、表面から姿を消してしまいました。 残念なことです。 でも名鉄の駅名として「吉良吉田駅」は健在です。 もちろん、この地は江戸の高家として名高い吉良上野介義央(よしなか)公が治めていたところです。 もともと吉良家のルーツは清和源氏で、源義家(八幡太郎)の孫に当たる足利義康(よしやす)を始祖としています。 義康は父から下野国足利庄(今の栃木県足利市)を贈与されて拠点としていました。 後の足利幕府を担う足利氏のルーツもここになります。 三河の吉良氏はこの足利の流れから誕生しています。 足利義康の孫に当たる足利義氏(よしうじ)という人物が、三河国吉良荘を与えられてこの地に赴任したのが発祥となります。 義氏はこれを機に「足利」姓を改め「吉良」姓に変えたのです。 言うまでもなく、この地が「吉良」という地名だったからです。 ではいったい「吉良」というのはどんな意味なのでしょう? 実はそれが「雲母」に由来するというのです。 「雲母」はアルカリ性金属・鉄・アルミニウムなどを含む六角状の結晶でうすくはがれる性質を持っています。 その光沢が美しいことから「きらら」とも呼ばれてきました。 つまり「雲母」と書いて「きらら」とも読むことになっているのです! その「きらら」から「吉良」という地名が生まれたことを知って、義氏は姓を「吉良」に変えたのです。 実際、この地に雲母が採れたという証拠があります。 平安時代に出された『続日本紀』の元明天皇記に和銅6年(713)、大倭・三河の両国から「雲母」(きらら)を「輸納」させたと書かれています。 その雲母が採れたのは旧吉良町北部にある八ツ面山(やつおもてやま)別名「きらら山」だったとされています。 元禄14年(1701)に起こった赤穂藩主浅野長矩(ながのり)の江戸城内での刃傷(にんじょう)事件の後、吉良上野介は翌年討ち入りによって殺害されてしまいます。 その後ドラマ化された「忠臣蔵」「赤穂浪士」などで吉良上野介は一方的に悪者にされてきた感があり、遺憾というしかありません。 いかなる理由があろうとも殿中で刀を抜いたのは浅野長矩であったのです! 吉良上野介は地元に多大な貢献をしたことで知られています。 特に治水工事で知られ、洪水に悩まされていた「鎧ヶ淵」と呼ばれていた沼地に全長180メートルの堤を一夜にして築かせ、人々を驚かせました。 その結果稲穂が豊かに実るようになったことから「黄金堤」(こがねづつみ)と呼ばれました。 吉良氏の代々のお墓は華蔵寺(けぞうじ)というお寺にあり、いつ行っても花と線香の香りが絶えません。

次の

【最新】人気の子供名前ランキングを男の子・女の子一挙公開!|Milly ミリー

珍しい名前ランキング

この記事の目次• 珍しい1文字名前 漢字1文字の名前はしまりがあり、男の子に付けると、 とても素敵な名前になるでしょう。 形の珍しい1文字漢字の名前 丞(じょう・すすむ)・偲(しのぶ)・砦(とりで)・劉(りゅう)・ 彪(あきら・たけ)・惺(せい・さとる)・凰(こう)・嵩(しゅう)・ 榛(しん)・煌(こう・きら・あきら)・黎(れい)・ 堯(きょう・たけし・)・應(おう)・樂(がく・ごう)・ 壽(ひさし)・撿(けん・あらた)・攝(しょう)・彌(わたる)・ 浬(かいり)・弼(ゆだめ)・檠(ゆだめ)・纈(ゆはた) よくある漢字・・・でも、意外な読み方の名前 介(たすく)・紀(ただし)・完(たもつ)・生(いくる)・聖()・ 萌(はじめ)・和(やまと)・琉()・啓(ひらく)・乙(きのと)・ 白(きよし)・瑞(しるし)・爽(あきら)・春(あずま)・直(あたる)・ 侑(あつむ)・周(あまね)・普(あまね)・及(いたる)・容(いるる)・ 千(かず)・廉(すなお)・士(つかさ)・昊(あきら・)・ 音(なり)・統(すばる)・志(しるす)・樹(たつき) (なお、一文字の名前に関しては、「」でも、詳しく紹介しています。 ) 珍しい2文字名前 珍しい2文字名前には当て字が多くなりますが、 親のしっかりとした願いが感じられます。 使いたい漢字から作る名前 賢栖(かしす)・鷹姿(たかし)・大葵(たいき)・丈(たける)・ 月冴(つかさ)・竜(つばさ)・宇宙(そら・たかひろ)・久楽(きあら)・ 大樹(だいな)・天人(たかと)・宝良(たから)・大空(そら・たから)・ 叶夢(とむ)・十夢(とむ)・飛空(とあ)・音宇()・人和(とわ)・ 永遠(とわ)・静流(しずる)・深生(みき)・仙人(ひさと)・ 星空(かなた)・空叶()・天晴(あせい)・飛空(とれす)・ 万歳(まんせい)・澄空(そら)・天空(あせい)・天珂(てんか・てんが)・ 天成(あせい)・樹生(みきお)・龍城(たつき)・響生(ひびき)・ 志希(しき)・飛躍(ひやく)・疾風(はやて)・風躍(とうや)・ 水波(みずは)・未来(みらい)・明日(あけひ)・流動(るどう)・ 響生(ひびき)・響喜(ひびき) 読みの響きから漢字を当てる名前 賢栖(かしす)・剛琉(ごうる)・吉玖(きっく)・光音(れおん)・ 光(らいと)・天志(てんし)・輝石(きせき)・輝宝(きせき)・ 琉生(るい)・来夢(らいむ)・必飛(ひっと)・来音(らいおん)・ 瑛飛(えいと)・光輝(らいと)・来智(らいち) (なお、二文字の名前に関しては、「」でも、詳しく紹介しています。 [co-8] 意味を持つ珍しい名前 列記とした熟語として存在する言葉であれば、読み方を変えても、 名前として珍しくても、しっかりとした愛情を感じられます。 意味のある熟語を名前にする例 威風(いふう・たかせ)…威厳があり、立派であること。 雄気(・おうき)…勇敢であること。 恒心(こうしん)…安定していること。 豪毅(たけし)…勇気があり、強い様子。 醇正…(じゅんせい・あつまさ)欠陥や傷がない。 豪壮(たけあき・ごうし)…すばらしく優秀。 喜色(きいろ・としろう・としき)…笑顔である様子。 真率(まさのり・まさより)…自然な様子。 素直で飾り気がない。 廉潔(きよし・れんけつ)…道徳的な健全さを持つ。 愉快(よしやす・ゆかい)…楽しい様子。 進歩(しんぽ・すすむ)…さらに発達すること。 幸運(ゆきかず・ゆきやす)…ラッキーである。 慶福(ちかとし・のりとし)…めでたい様子。 利福(りふく・かずとし)…利益や幸福のこと。 信念(あきむね・しんねん)…固く信じていること。

次の