ノーサイド ゲーム レビュー。 新進俳優・眞栄田郷敦が語る、『ノーサイド・ゲーム』挑戦の裏側 「最終的には23kg」|Real Sound|リアルサウンド 映画部

ノーサイド・ゲーム ドラマの感想(大泉洋)

ノーサイド ゲーム レビュー

TBSの日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」(日曜よる9時)。 先週8月11日の第5話では、トキワ自動車のラグビー部「アストロズ」の選手たちが、リロード(地面に倒れてから立ち上って体勢を戻すこと)の時間を短縮するべく、大学レスリング部へ特訓に赴く。 今回はレスリング部で特訓、君嶋の相手はあのアスリート! 前々回の相撲部屋に稽古に赴いたときと同じく、ゼネラルマネージャー(GM)の君嶋隼人(大泉洋)はなぜか一人だけユニフォーム(相撲部屋ではまわしだった)に着替えさせられ、選手と同じ特訓を受ける。 しかも相手は、何と「霊長類最強」と呼ばれた吉田沙保里! 本気で体を固められる君嶋の姿は、かつて「水曜どうでしょう」で体を張っていたころの大泉洋を思い起こさせた。 それにしても、大関・栃ノ心、関脇・栃煌山に続いての大物アスリートのゲスト出演には驚かされた。 もっとも、「ノーサイド・ゲーム」はレギュラー出演者であるアストロズの面々にも、現役のラグビー選手で日本代表キャプテン経験もある廣瀬俊朗(浜畑譲役)をはじめ、天野義久(本波寛人役)、齊藤祐也(安西信彦役)、佳久創(里村亮太役)など複数の元ラグビー選手が含まれる。 それが劇中の試合に圧倒的なリアリティをもたらしていることは間違いない。 折しも、同じく日曜夜に放送中の大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」では、終戦直後の水泳界のヒーロー・古橋廣之進を、同じく水泳界のレジェンド・北島康介が演じるとNHKから発表されたばかり。 いずれもスポーツをテーマにしているのでつい比較してしまう両作品だが、アスリートの出演という点でもかぶっているのが面白い。 買収をめぐる陰謀はどこ行った? アストロズは国内リーグ(プラチナリーグ)の開幕戦で勝利して以来、無敗が続いていた。 うまく行きすぎな気もするが、そのアストロズもトキワ自動車内ではまだ崖っぷちにあった。 しかも君嶋を本社からアストロズの拠点の府中工場へ飛ばした因縁の相手・滝川(上川隆也)は、カザマ商事の買収話を着々と進め、メディアでも改革の必要性を訴えるなどその存在感をますます強めていた。 このまま滝川が社長となれば、アストロズはプラチナリーグで優勝しないかぎり、つぶされてしまう。 おかげで君嶋は焦燥感を募らせていた。 前回予告では、買収話をめぐる陰謀がほのめかされていたが、ふたを開けてみれば今回わかったのは結局、滝川と買収相手のカザマ商事社長の風間有也(中村芝翫)が大学の同期で、どうも二人でこっそり買収を計画したらしいということぐらいでいささか拍子抜け。 ところで、両者を演じる上川隆也と中村芝翫の組み合わせには既視感があると思ったら、芝翫が中村橋之助時代の1997年に主演した大河ドラマ「毛利元就」で二人は親子(毛利元就・隆元)の役で共演していたのだった。 毛利元就といえば、隆元をはじめ3人の息子に対する三本の矢の教えで知られるが、はたして滝川・風間の矢は今後さらに束になって絶対に折れないものとなるのだろうか? 因縁の両監督による合同会見は宣戦布告の場に さて、連戦連勝のまま、アストロズはついにリーグ最強のサイクロンズに挑む。 しかしアストロズの選手のうち日本代表はエースの里村(住久創)一人だけなのに対し、サイクロンズは9人の代表選手を抱え、その力の差は歴然としていた。 監督の柴門(大谷亮平)は、いかにサイクロンズを攻略するか悩みに悩みぬく。 そこでひらめいたのが、先にあげたリロードの短縮であった。 これまでの試合をビデオでチェックするかぎり、サイクロンズの選手たちはリロードが遅い。 ならばアストロズは可能なかぎりリロードを短縮すれば、サイクロンズの体勢が戻らない隙を突いて攻撃できると、柴門は考えたのだ。 柴門にとって、サイクロンズの監督・津田(渡辺裕之)は、自分を城南大学のラグビー部監督から更迭した因縁の相手だった(津田は城南大学のOB会長で強い力を持っていた)。 世間でも二人の因縁はよく知られるだけに、両チームの対戦を前に、柴門に対しマスコミより取材依頼が舞い込む。 君嶋はこれを受けて、柴門と津田の合同記者会見を開くことにする。 津田のほうはあまり乗り気ではなかったが、サイクロンズのGMの鍵原(松尾諭)に格の差を見せつけてやればいいと促されて、会見に赴く。 しかしふたを開けてみれば、会見は柴門の宣戦布告の場となった。 「ラグビーは常に進化しています。 伝統にとらわれていては強くはなりません。 私が目指すのは理論にもとづいた攻撃型のラグビーです。 そのラグビーでねじ伏せ、サイクロンズを叩き潰します」。 そう柴門が宣言するのを中継で見ていたアストロズの選手たちは、一気に奮い立つ。 じつはこれこそ君嶋が会見を開いた狙いだった。 アストロズの勝利! と思ったのもつかの間…… いよいよ対サイクロンズ戦当日を迎え、ロッカールームでは柴門と選手だけでなく、君嶋とアナリストの佐倉(笹本玲奈)も加わって円陣を組む。 「きょうここでラグビーに生きてきたおまえたちの証しを刻み付けろ!」。 そう柴門が言うと、主将の岸和田(高橋光臣)が「勝つぞぉっ」と雄たけびを上げる。 対サイクロンズ戦の舞台は、ラグビーの聖地・秩父宮ラグビー場。 スタンドには、アストロズを見守ってきた島本社長(西郷輝彦)ほか社長派の役員たち、また君嶋と柴門がラグビー部入りを打診していた新入社員・七尾(眞栄田郷敦)や、アストロズの大ファンで七尾の教育担当となった藤島レナ(阿部純子)らトキワ自動車の面々のほか、アストロズの選手が指導している君嶋の長男・博人(市川右近)たち少年ラグビーチームもユニフォーム姿で陣取っていた。 さらに「日曜劇場」の池井戸潤原作作品ではおなじみの大勢のエキストラを動員され、観客としてアストロズに何か動きがあるたび一喜一憂する(いつも思うけど、エキストラのみなさんが楽しそう)。 試合が始まって最初のうちこそ、アストロズは善戦するも、しだいにサイクロンズが本領を発揮して徐々に点差が開いていく。 しかし前半終了後、ロッカールームに戻った選手たちに対し柴門は、前半のフォワード戦でサイクロンズはそうとう疲弊しており、後半こそリロードの差が如実に出てくると、スピードでサイクロンズを打ち崩すよう指示する。 さらにエース・里村に代えて佐々一(林家たま平)を投入する。 佐々にとっては初の本格的な試合出場だ。 しかし佐々のパスのスピードと飛距離は里村より上だと、チームメイトからはすでに評価されていた。 柴門としても、それを期待しての投入であった。 佐々は少年ラグビーチームのコーチでもあり、スタンドから博人が「佐々コーチ!」と呼びかけ、彼と同じ背番号21を見せると、それに拳を突き出して応えてみせる。 後半に入ってしばらくすると、佐々の持ち味であるパスが武器として威力を発揮し始めた。 先に柴門は、選手たちがリロードの練習を通じて確実に闘志を高めていくなかで、「勝つためにはもう一つ飛び道具がほしいところだな」と言っていた。 てっきり七尾のことかと思いきや、じつは佐々こそ飛び道具だったのだ。 サイクロンズ側は、データのほとんどない佐々の登場に戸惑う。 だが、そのまま試合はノーサイドまで残りあとワンプレイとなり、アストロズはトライで5点取るよりほかなくなる。 パスをつなぎ、最後にボールを受け取った岬(鶴ケ崎好昭)がトライを決めるためインゴールに飛びこむ。 成功したかと思われたが、審判のホイッスルは鳴らず、ビデオ判定に持ち込まれた。 大観衆を前にスタジアムのオーロラビジョンに再生された映像では、残念ながらインゴールにボールがグラウンディングする(地面につく)前に岬の足がラインを出ていた。 結果、ノートライと判定、アストロズは敗北を喫する。 それを知って君嶋は「負けた……負けたんだな」とへたり込む。 それにしても、ここへ来て展開がアストロズの試合並みにスピーディだ。 連勝のまま迎えた強敵サイクロンズとの試合に敗れ、早くもアストロズは崖から突き落とされそうな気配である。 今夜放送の第6話の予告では君嶋の本社復帰もほのめかされていたが、もし彼が本社に戻るとして、アストロズはどうするのか。 トキワとカザマの買収話の展開とあわせて気になるところだ。 (近藤正高).

次の

『ノーサイド・ゲーム』レビュー投稿ページ

ノーサイド ゲーム レビュー

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 君嶋は出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、左遷人事で府中工場に総務部長として赴任することに。 意に染まない異動だが、これもサラリーマンの宿命。 やるせない思いで赴任先の工場に赴いたところ、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。 かつては強豪チームだったアストロズだが、いまは成績不振にあえいでいた。 こうして知識も経験もない君嶋にチーム再建という重荷が課せられた。 低迷するラグビー部と出世の道を絶たれた君嶋の、再起をかけた戦いが始まる。 【良い点】 ラグビーのスポーツとしての魅力と、経営の中で悪戦苦闘する姿に力が入って見てしまうトコかと思えます。 経営と営業の中で、君嶋がチームや子供と共に成長していくのや、社員と選手も全て一体化していき、ラグビーを通して活気を与えるようなドラマだったとは思えます。 【悪い点】 相変わらずの池井戸作風特有のゴツゴツしたガチ展開と、ビジネスをフェアープレイに! なんてのは、相当に無理があったと思えます。 権謀術策や、陰謀策略が蠢くビジネス世界に、君嶋の論理や哲学は確かに通って欲しいのはありますが、そうならない現実を知れば、ドラマとは判ってはいても、感動など醒めます。 これはビジネスの世界だけではなく、スポーツの勝負や経営の世界に於いても、同じ事が言えると思いますが。 おまけに敵チームの監督が、選手引き抜きや、妨害工作をいろいろやってるのに、最後の試合の後に握手! ってのは無いだろうよ・・・・・・と思えました。 「俺の負けだ」と潔くするならば、頭を下げて詫びるか、憎まれ口を叩きつつも、敗北を認めて去る・・・・・・みたいなものにしてくれた方がスッキリしたと思えます。 そこんトコは、池井戸作品だから・・・・・といってしまえばそれまでですが。 【総合評価】 どうにもこのドラマ、確かにスカッとするトコはあるとは思いますが、ラグビーWFに合わせて創られたのも、どこかプロパガンダ臭のようなものも感じてしまうし、現状のスポーツ界の目に余るような状況からは、感動の押しつけのようなのは否めません。 ビジネス世界を描きつつ、そこでの社会人スポーツでの苦悩というものを描く作風は、ビジネス漫画や、青年作品にも見られるので、それを実写化したようなものは雰囲気からも出ています。 しかし、ビジネス世界もスポーツ界も・・・・・というシビアな面と、現状世界を見てみると、手放しで称賛する気持ちにはなれず、やや醒めた視点になります。 企業モノ、経済小説の分野においては現在もっとも売れっ子であろう池井戸潤氏の作品のドラマ化。 今年6月に単行本として発売されてすぐオンエアされたということで、まさにTBS「日曜劇場」のために書かれたエンタテインメント作品、といってよいでしょう。 内容は企業が作る商品をつかってもらう側とのやりとりの中で描いた「陸王」 企業:ユーザー や「下町ロケット」 企業:企業 とはちょっと異なり、企業が持つ「部活」をどのように育てていくべきか、という視点に力点がおかれています。 【良い点】 ・大泉洋主演、ということで、「好きならば」思う存分彼の演技が見られる、こと自体十分良い点になるでしょう。 もちろん私は大好物なので問題なし。 いや、本当に芸達者ですね。 まあ、この人もある意味では「何をやっても大泉洋」ではありますが、嫌味がないのがよろしい。 ・日曜劇場が多用してきた「芸人枠」が控え目。 常々疑問を感じていた人ならば良いでしょう。 このことに関しては「下町ロケット 2018 」の評価の際、少し触れましたが、うまい人ならば問題ないとは言え、キャラクターが良くも悪くも定まった芸人をあまり多用するのはドラマに集中することへの阻害要因になると思います。 まあ、今作の場合、その弊害を考えた、というより主役が芸人はだしの芸達者な大泉洋であることが大きいのかもしれませんが。 ・ラグビー部員たちのクサいくらいの感動ドラマは最近あまり見ないレベルなので、かえって新鮮でした。 まんま元ラグビー選手の肩書の人やラグビー選手上がりの俳優といった人が名を連ねる演者たちはぶっちゃけあまり演技が上手いわけではありませんが、それがむしろスポーツに打ち込むひたむきさを描くための好材料となっているのが良かったです。 ・事前に情報を仕入れていなかったのでびっくりしましたが、濱田岳のような現在の一線級の俳優が驚くほどチョイ役で、しかもラグビーが好きだから談判したとか、そんな嬉しい演出。 ・また真の敵でもある石川禅が演ずる脇坂・・・まあ、元々腹に一物ありそうな人物ではありましたが彼の豹変が君嶋に与える影響などはそこまですんなり行き過ぎていたストーリーにちょっとした深みを与えていました。 【良い点、と言いましょうか・・・】 ・不器用すぎて自滅していく上川隆也が演ずる滝川常務が戦い終わったらノーサイドというのは良い。 ただちょっと毒が抜けすぎかな? 短期間に。 また不祥事を隠したまま自社を売り抜けようとしていた風間社長 中村芝翫 が償った風がないまま妙に協力的になるのはどうか。 【悪い点、と言いましょうか・・・】 ・安定感抜群とはいえやはりあからさまな仇役を作って繰り広げられるストーリーはまさに池井戸節。 私は原作を読んだことがないのですが、読んだことのある人に「原作もこんななの? 」と問うたことがあります。 すると「大きくは変わらないよ」という回答。 このあたりをどう捉えるかで作品そのものを好きになれるかどうか、変わってくると思います。 私は単純に「水戸黄門」や「大江戸捜査網」、現代劇ならば「ハングマン」のような勧善懲悪を描いた作品は好物なので良いですが、あまりにも仇役が露悪的であることも手伝って、ここまで分かりやすい「敵」だけだったらむしろ世の中やりやすいよね、とは思ってしまいますね。 ・日本開催されるラグビーW杯前に終わりを迎えましたが、非常にタイムリー。 ルールについてはもちろん、プロリーグになれない社会人ラグビーの問題点まで、その意義含め分かりやすい手引きとなっている。 反面、終盤のバタバタ・・・協会・木戸 尾藤イサオ に君嶋が掛け合った話、せっかく鳴り物入りで登場させた会長・冨永 橋幸夫 の存在など取ってつけた感が強いし、ラグビー部の仇役のシーンも添え物のような作り。 もうちょっと描き込めなかったか。 ・せっかく松たか子を君嶋の帰る場所を作り出すために配役しているわりに、今ひとつ機能していなかったように感じます。 市川右近くんはなかなか良かったですね。 ・最後、アストロズが優勝するわけですが、いくらノーサイドの精神とはいえ、あれほどの遺恨・・・それはそもそも試合外で多く起きていた遺恨でもあるのに、柴門監督 大谷亮平 とサイクロンズの津田監督 渡辺裕之 が物分り良すぎるくらいに分かりあった表情を浮かべ合い、握手までしてしまうのはさすがにちょっと違和感。 【総合評価】 またまた大いなるマンネリ作品・池井戸小説のドラマ化ですが、なんだかんだ言って楽しませてくれるんですよね。 いや、私なんかもう配役だけでも十分嬉しくなってしまうわけですが・・・水戸黄門にあれこれ突っ込むのは野暮だ、というのと同じように池井戸作品にもあれこれ突っ込まない方が作品を楽しむのには良いでしょう、と作品評価をする者としてはあるまじきことを書いてしまっていますが・・・ とにかく楽しませてもらえました。 今作を見て・・・いささか時機を逸したようにも思える「半沢直樹2」が来春に予定されていますが、まあなんだかんだ言って見てしまうのだろうなぁ、と思ってしまうくらいには池井戸作品が好きだということに気付かされました。 といっても原作小説を一度も読んだことはありませんが。 評価は俳優点追加で「とても良い」とします。 【良い点】 主人公・君嶋の設定および大泉洋の好演。 池井戸作品の主人公は頑固一徹で「熱さ」を周囲に鬱陶しいぐらいに押し付けて仲間を感化させていくのが定番ながら 君嶋は本社エリートの立場から左遷され、しかも学生時代から体育会系に対してコンプレックスを抱いていており 当初はラグビーに対しても冷淡であった所が選手達の直向さに感化されていくいう王道の真逆パターン。 家庭では奥さんに頭が上がらない所も含め リアルで屈折した一面のある難しいキャラを大泉氏は上手く演じている。 【悪い点】 池井戸作品なので基本的には勧善懲悪。 ラグビーという題材はW杯開催を見越した本年度大河ドラマ同様に狙った所があるし ラグビー協会の改革は取ってつけ感があった。 【総合評価】 池井戸作品の中ではハラハラしつつ あくまで 比較的に安心して観ていられる作品。 主人公達は零細企業ではなく大手企業の末端部署から一発逆転を狙うスタート地点であり、 社長も発言力は弱まっているが主人公達に理解を示してくれている。 作品のハラハラ感は社内抗争とリンク、並行して描かれるラグビーの臨場感に依る部分が大きい。 選手の体格やスピード感など本物のような迫力は「陸王」以上であり、 特に最終回は社内抗争 これも当初は滝川をラスボスのように見せて実は脇坂が最後の敵とそれなりに捻られていて良かった は前半で済ませ、 後半はリーグ覇者サイクロンズとの優勝決定戦をじっくり描いていく。 評価は「とても良い」で。 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の

【楽天市場】ノーサイド・ゲーム [ 池井戸 潤 ](楽天ブックス)

ノーサイド ゲーム レビュー

1641 2. rakuten. rakuten. image. rakuten. jpg? レビューよりご注文の際には、必ず商品ページ、ご注文画面にてご確認ください。 みんなのレビューに対する評価結果の反映には24時間程度要する場合がございます。 予めご了承ください。 商品レビューランキングのおすすめ度とは異なりますので、ご了承ください。 みんなのレビューは楽天市場をご利用のお客様により書かれたものです。 ショップ及び楽天グループは、その内容の当否については保証できかねます。 お客様の最終判断でご利用くださいますよう、お願いいたします。 楽天会員にご登録いただくと、購入履歴から商品やショップの感想を投稿することができます。

次の