東京都教育委員会。 東京都遺跡地図情報インターネット提供サービス

東京都教職員研修センター

東京都教育委員会

東京都教育委員会は2020年7月14日、令和2年7月豪雨で被災し都内に転居することになった高校生などについて、都立学校への転籍の希望があった場合、2020年度中の転学を受け入れると発表した。 受入れにあたり学力検査は課さず、入学考査料と入学料は免除する。 対象となるのは、令和2年7月豪雨による災害救助法適用地域に住居を有し、被災に伴い、保護者とともに都内に転居することが確実な生徒。 保護者のどちらか一方と転居する場合、または都内に身元引受人がおり、転居して身元引受人と同居する場合を含む。 高等学校(中高一貫教育校を含む)、特別支援学校幼稚部または高等部に通学する生徒などから、都立学校への転籍の希望があった場合、都立高等学校、都立中学校、都立中等教育学校、都立特別支援学校幼稚部および高等部において2020年度中の転学を受け入れる。 原則として、令和2年7月豪雨による災害救助法適用地域に住所を有していることを証明できる書類(罹災証明書などの原本および写し)、転居を証明する書類(身元引受人と同居する場合は、身元引受人承諾書および身元引受人の住民票記載事項証明書)により、応募資格を確認する。 都立高等学校、都立中学校、都立中等教育学校では、学校教育法施行規則に基づき、面接など必要な検査を実施して、受入れを決定する。 学力検査は課さない。 都立特別支援学校幼稚部および高等部では、転学相談を実施する。 「東京都立学校の授業料等徴収条例」第5条などに基づき、入学考査料と入学料は免除する。 転学の相談は、平日の午前9時から午後5時まで、都立高等学校などは教育庁都立学校教育部高等学校教育課入学選抜担当、都立特別支援学校幼稚部および高等部は東京都特別支援教育推進室において、電話で受け付けている。 なお、都立特別支援学校小学部および中学部への転学を希望する者は、転居先の区市町村教育委員会に相談すること。 2021年度(令和3年度)都立高等学校入学者選抜における取扱いなどは別途決定する。 相談窓口など詳細については、東京都教育委員会や東京都防災のWebサイトなどから確認できる。 《奥山直美》.

次の

東京都特別支援教育推進室

東京都教育委員会

東京都教育委員会は、平成30年2月に「学校における働き方改革推進プラン」を策定し、教員の長時間労働の改善に向け、取組を推進してきました。 そのプラン策定からこれまでの取組状況成果、新たな取組を含めた今後の展開について、発表しました。 これまでの取組状況及び成果をみると、教員、副校長の1週間あたりの在校時間は、都立学校、都内の公立小・中学校のいずれも前年に比べ減少したことがわかりました。 また、高等学校では、長期休業期間中における学校閉庁日等の設定及び実施状況をみると、高等学校31校、特別支援学校31校で学校閉庁日の設定を先行実施しています。 部活動指導員の導入状況と効果は、高等学校127校(167課程)に対して376名を配置し、休日等における対外試合の引率回数の減少により、教員の負担が軽減し、専門的指導を受けたいという生徒や保護者のニーズに応え、技能が向上しています。 小・中学校では、スクール・サポート・スタッフの導入状況と効果をみると、34区市町村435校を補助対象に決定、学校マネジメント強化モデル事業を29年度は12校、30年度からは120校で実施し、教員、副校長の在校時間の縮減効果がみられました。 部活動指導員の導入状況と効果は、16区市112校、220名を補助対象に決定し、部活動指導員の配置に伴う顧問の平均指導時間が2時間32分減少しました。 今後の展開としては、都立学校は、学校閉庁日を原則5日以上設定、定時退庁日を設定する等、ライフ・ワーク・バランスの推進運動、「都立学校スマートスクール構想」の実現に向けた検討等に取り組みます。 小・中学校は、小学校における英語の専科指導教員を70人に拡充、スクール・サポート・スタッフ配置支援事業の実施規模を1000校に拡充等に取り組みます。 都内公立学校共通の取組としては、教員OB等を活用したワークシェアにより、負担の大きい校務を担う教員の授業時数の軽減を全校で実施、「部活動の在り方に関する総合的なガイドライン(仮称)」を作成等に取り組みます。 学校を支援する新財団の設立も予定しています。 教員の長時間労働の改善に早急に取り組むことで、教育の質の維持向上につながることが。 期待されます。

次の

東京都教職員研修センター

東京都教育委員会

概要 [ ] 東京都内のに関する事務を所掌するであり、6人の委員で構成される。 それまでのは(きむら つとむ 2004年10月20日 - 2015年3月31日)であった。 広義では、教育委員会の事務を担当する(Office of Education)を含めて、教育委員会と呼ぶこともある。 教育委員会の事務の執行責任者であり、事務局の長であるは、教育委員会の委員を兼任していた。 2015年(平成27年)4月1日から施行されたの改正により、教育委員長と教育長を一本化した新「教育長」が設置された 時代から木村孟ら歴代教育委員長及び、中村正彦、、、ら歴代教育長の下、の学力向上などの高校改革に見られる大幅な教育改革に取り組んでいたことが知られている。 但し、石原都知事辞任以降は、都立高校の独自化の動きは、や入試におけるが原則、グループ作成問題に移行するなど変化が見られる。 2019年7月1日以降の新「教育長」は。 同様に2016年9月現在の教育委員は木村孟、、遠藤勝裕、、大杉覚となっている。 組織 [ ]• 総務部• 教育政策課• 総務課• 契約管財課• 教育情報課• 法務監察課• 都立学校教育部• 高等学校教育課• 特別支援教育課• 学校健康推進課• 営繕課• 地域教育支援部• 管理課• 義務教育課• 生涯学習課• 指導部• 管理課• 指導企画課• 義務教育指導課• 特別支援教育指導課• 高等学校教育指導課• 人事部• 人事計画課• 選考課• 試験課• 職員課• 人事給与情報課• 勤労課• 福利厚生部• 福利厚生課• 給付貸付課 所在地 [ ]• 〒163-8001 東京都新宿区西新宿2丁目8番1号 市区町村教育委員会 [ ]• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会 関連項目 [ ]• - 初代委員長 脚注 [ ]•

次の