台風 19 号 多摩川。 【台風19号】多摩川氾濫、浸水、冠水!被害画像・動画まとめ(二子玉川、武蔵小杉近郊)

【台風19号】多摩川の水位の状況!現場の様子やライブカメラの映像なども

台風 19 号 多摩川

このたびの台風19号による被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。 台風19号上陸により関東甲信や東北では記録的な豪雨になり、河川の氾濫や堤防の決壊、土砂崩れなどが発生しました。 10月10日の降り始めから13日13時までの降水量は、神奈川県箱根町1001. 5ミリ、静岡県伊豆市市山760. 0ミリ、埼玉県秩父市の浦山687. 0ミリと、いずれも年間降水量の3割から4割に達しました。 一般財団法人 日本気象協会は台風19号により一級河川で被害(決壊、越水、溢水等)のあった河川を中心に、国土交通省解析雨量 1 から流域平均降雨量を算定し、計画降雨量 2 と比較、降雨特性の分析を行いましたので防災レポートとしてご報告します。 1.台風第19号の概要 10 月6日に南鳥島近海で発生した台風19号は、大型で猛烈な台風に発達した後、次第に進路を北に変え、日本の南を北上し、12日19時前に大型で強い勢力で伊豆半島に上陸しました。 その後、関東地方を通過し、13日12時に日本の東で温帯低気圧に変わりました。 (図1) 10 日から13 日までの総雨量(図2)は、広い範囲で300mmを超えて、関東西部、伊豆半島で、総雨量が500mmを超える地域がありました。 気象庁の観測によると、神奈川県箱根で1,000 ミリに達し、東日本を中心に17地点で500 ミリを超えました。 また、気象庁資料によると、静岡県や新潟県、関東甲信地方、東北地方の多くの地点で3、6、12、24 時間降水量の観測史上1 位の値を更新するなど記録的な大雨となりました。 図1 台風19号経路図 図2 総雨量(10月10日1時~13日24時) 2.計画降雨に匹敵する降雨量 台風19号で、一級河川で被害(決壊、越水、溢水等)のあった河川を中心に、国土交通省解析雨量から流域平均降雨量を算定 3 し、計画降雨量と比較を行いました。 (表1)• 複数の河川で計画降雨量を超過した。 計画降雨は2日間もしくは3日間雨量で設定されているが、最大24時間雨量と2日雨量は同程度で、今回の大雨では大部分が24時間程度に集中している。 例えば、千曲川や阿武隈川では、2日間計画降雨量を超える雨が24時間で降った。 計画降雨量を超過しない河川でも、短期間に集中して雨が降ったことにより、被害が拡大した。 一方で、堤防整備が追いついていない箇所で氾濫(はんらん)が発生した可能性がある。 例えば、多摩川では、2日間計画降雨量473mmと同程度の雨が24時間で降った。 計画降雨量との比較は、あくまで基準点の上流域で行っているため、基準点よりも上流の地点ではさらに「厳しい大雨」となっていた可能性がある。 図4 24時間雨量既往最大値比と堤防決壊地点 3.まとめ 台風19号の被害(決壊、越水、溢水等)は、計画降雨に匹敵する降雨量が短期間に集中 5 したことにより、発生したと考えられます。 日本気象協会の天気予報専門メディア「tenki. jp」では、「警報・注意報」「地震情報」「津波情報」「火山情報」「台風情報」などの防災情報() を24時間365日提供しています。 また、日本気象協会が推進している「トクする!防災(R 」()プロジェクトでは、備蓄や避難の心得をご紹介しています。 報道などで大きな気象災害への注意がなされる際の情報源として、活用ください。 一般財団法人 日本気象協会 防災ソリューション事業部 先進事業課 水防事業グループ グループリーダー 技術士(総合技術監理部門、建設部門)、気象予報士 安部 智彦(あべ ともひこ) 名古屋大学土木工学科大学院(海岸海洋工学専攻)修士課程修了 ダム管理向けの降雨予測・流入量予測システム構築・運用、土砂災害向けの降雨解析業務等の防災関連業務を行っている。 補足事項: 1 国土交通省解析雨量:解析雨量は国土交通省水管理・国土保全局、道路局と気象庁が全国に設置しているレーダー、アメダス等の地上の雨量計を組み合わせて、1時間の降水量分布を1km四方の細かさで解析したもの。 (出典:気象庁HP) 2 計画降雨量:河川整備において、超えることがあってはらない降雨量を設定したもの。 この規模の雨が降っても氾濫(はんらん)が発生しないように治水対策が進められている。 3 流域平均雨量の算出方法について:国土交通省解析雨量(1kmメッシュ)を用いて、基準点より上流を対象に流域界で囲まれるメッシュを算術平均したもの。 4 堤防決壊箇所について:国土交通省HP堤防決壊箇所一覧(令和元年11月3日現在)を基に、一級水系の国管理河川を抽出した。 5 例えば、千曲川では、2日間計画降雨量186mmを超える雨が24時間で降った。 これは、24時間最大雨量(集計期間:2006年5月~2018年12月)としては、既往最大の150~300%に相当する。 PDFダウンロード:.

次の

多摩川氾濫で浸水「怖かった」 東京・二子玉川 :日本経済新聞

台風 19 号 多摩川

1974年9月には台風16号により堤防決壊。 狛江市の民家が流れ出るという 狛江水害とも呼ばれる災害が起こっています。 そして2007年9月に発生した台風9号では 二子玉川南地区には あわや区道まで浸水という事態に 陥ってしまいました。 これは二子玉川南地区は 多摩川下流部の東京都gawaで 唯一堤防がないためです。 2007年の台風で浸水しなかったのは 単純に2000袋以上の 土のうで事なきを得たため。 このことから2008年10月から 堤防を作るために 「無堤部解消プロジェクト」 というものが行われました。 しかし周辺住民の反対により 堤防は完全には建設できず。 下記画像の緑の部分が未だに 堤防が整備されていない、 およそ540mの区間となります。 画像はより 多摩川、二子玉川南地区の 堤防が反対された理由は 「景観が悪くなる」などといったもの。 2018年から2019年6月にかけても 「二子玉川地区水辺地域づくりワーキング」 という名前で5回ほど堤防設備に関する 整備案なども説明されていた状況でした。

次の

多摩川氾濫で浸水「怖かった」 東京・二子玉川 :日本経済新聞

台風 19 号 多摩川

武蔵小杉地域から多摩川に流れる排水管 出典:国土省 山王排水門 武蔵小杉駅周辺、上丸子周辺の浸水は、山王排水門を通じて多摩川から逆流したものといわれています。 川崎市の報告によれば通常、排水門は2、3分で閉じることが可能であるにもかかわらず、当日は、8時間くらいかかったそうです。 其の原因はいまだ発表されていません。 又、多摩川が増水した場合、排水門を閉めたときと閉めなかった時の浸水の状況についても、まだ検証されていません。 場所:多摩保育園信号機 多摩川から見た山王排水門 多摩川河川敷の山王排水門 堤防(土手)の状況 道路の住宅側は1mほどのコンクリート塀が立つ 上景色の左側景色 河川敷の回復半ば 丸子橋付近の河川敷 ハザードマップのグレードアップ (土地の高低差を表示) 台風19号による全国的な人災は、車による避難時の遭難が多くみられました。 避難警告にもとずき避難所、あるいは其の外に避難するか、それとも戸建の上階に避難するかにせまられます。 川崎区・幸区・中原区の洪水浸水想定区域に、警戒レベル4、避難指示(緊急)を発令しました。 安全な場所に避難してください。 外への移動に危険が伴う場合は、屋内のより高い階などに避難してください。 3:04 — 2019年10月12日 予め、避難経路の浸水予測を把握しておく必要があります。 排水門を閉じた場合、排水ができないとして、降った雨の量は其の地域のどれくらいの高さ、広さまで浸水するのか、地域の土地の高低さをハザードマップで表示できるようにグレードアップできたらすばらしい。 (洪水量に伴う浸水地域、範囲、浸水の高さを推測できる) 素人の見解ではありますが、越水と決壊の違いは、河川から流れ出る量と速さが圧倒的に違うところにあります。 決壊箇所の近くの戸建は押し流されてしまう可能性がありますが越水の場合は、浸水はしても押し流されることはないだろうと思われます。 但し、越水によって堤防の上部が侵食され決壊に繋がる場合と、同時に発生した地震による堤防の決壊は起こりえます。 これまで意識してなかったことが、実際この浸水で同じ地域でも土地の高低差がはっきりと見えました。 なので個人の戸建に住む住民にとっては、より緻密なハザードマップが求められます。 海抜(標高)はから調べる事ができます。 標高:7. 0mは、地図中央にある +の位置の高さである まとめ 台風19号の多摩川増水による排水門から逆流する内水氾濫と我が地域の浸水状況について検証してみました。 武蔵小杉周辺の配水管は、山王排水門を通じて多摩川に流れている現状を、写真で確認してきました。 また、ハザードマップからは、創造しがたい避難時の避難経路にリスクが存在することも分かりました。 今後は、それらを踏まえ豪雨防水対策、地震対策を個人が行うべき身近な対策を取り上げ検証することにします。

次の