奈良 県 コロナ。 奈良)新型コロナ2人感染 計30人に 市町村名も公表:朝日新聞デジタル

【奈良コロナ】奈良県橿原市で新型コロナウイルス感染者が確認される

奈良 県 コロナ

新型コロナウイルス感染症にかかる奈良県対処方針(5. 15方針) 令和2年5月15日 第8回奈良県新型コロナウイルス感染症対策本部会議 【】 【】(外部リンク) これまでの自粛要請等の措置を 県民・事業者の皆様が誠実に実行していただいたおかげで、感染拡大抑止に実効性がありました。 感謝を申し上げます。 現在、新規感染者の発生は、次の感染者増加の危険性は存在するものの、県内、近隣地域、全国で低下傾向にあり、活動自粛による地域社会経済へのダメージを考えると、 「感染拡大防止」に努めながら、「社会経済活動の自粛緩和」を共に行う体制への移行を検討すべきものと思われます。 また、最近の奈良県の状況について、7つの判断基準に基づき判定を行い、これまでのフェーズ1の段階から、 現在はフェーズ2の段階にあるものと判断します。 奈良県では、出口戦略検討会議の意見を踏まえて、これからとるべき対処方針を検討し、県民の皆様のご理解とご協力を得た上で、対策を果敢に実行し「新型コロナウイルス感染防止対策」と「域内社会経済活動の正常化」との両立を目指します。 このたびの戦いは、姿の見えないウイルスとの戦いであり、長期戦になる可能性も高いですが、 辛抱強く、賢く対処し、最終的に力強い奈良県の復活を目指したいと思います。 目次 1 行動自粛の強さについては、3つの段階を判定し要請を行う 2 3つの段階の判断は、3つの判断項目について、7つの判断基準で行う 3 最近の状況について、7つの判断基準に基づき、現在はフェーズ2の段階にあるものと判断 基本戦略1:コロナ感染対応及び従来医療の両方の医療機能の水準を維持する。 基本戦略2:長期戦になるのを覚悟して、適時適切な行動規範遵守による感染拡大防止と社会経済活動の自粛緩和を両立させる。 1 フェーズ2における行動自粛の具体的内容 2 フェーズ2において、お勧めする行動規範 3 実効的な感染予防・拡大防止につながる行動規範を策定するため、引き続き感染者の行動歴等の調査により感染経路の明確化に努める。 4 県内の感染状況を評価するために、抗体検査の活用を検討する。 5 感染者の発生をできるだけ予知し、感染者増加の兆しがあると判断すれば、速やかに行動自粛について注意喚起を行う。 また必要があると 判断した場合には、行動自粛のレベルを引き上げる。 作戦6:感染防止策を継続的に実行することを前提に、地域の社会経済活動を段階的に緩和し、感染拡大の兆しが再び現れた時は、迅速に感染防止策を 強化する。 2 フェーズ2の段階にあるものと判断し、休業要請は緩和する。 時期:5月15日から ・休業要請等を解除する施設 ・休業の協力要請を継続する施設 ・ 3 施設の種類に応じて事業者に感染防止策の継続的な実行をお願いする。 5 フェーズ2の段階にあるものと判断し、学校の再開については次のように考える。 現在、新規感染者の発生は、次の感染者増加の危険性は存在するものの、県内、近隣地域、全国で低下傾向にあり、活動自粛による地域社会経済へのダメージを考えると 、「感染拡大防止」に努めながら、「社会経済活動の自粛緩和」を共に行う体制への移行を検討すべきものと思われる。 そのような考え方に基づき、奈良県では「出口戦略検討会議」を設置し、第1回会議において、委員各位の意見を伺ったところである。 奈良県では、出口戦略検討会議の意見を踏まえて、これからとるべき対処方針を検討し、県民の皆様のご理解とご協力を得た上で、対策を果敢に実行し「新型コロナウイルス感染防止対策」と「域内社会経済活動の正常化」を両立させようとするものである。 このたびの戦いは、姿の見えないウイルスとの戦いであり、長期戦になる可能性も高いが、 辛抱強く、賢く対処し、最終的に力強い奈良県の復活を目指したいと思う。 1 これまで奈良県で判明した感染者(90件)の感染経路の推定分析結果 A 家族への感染 21件/90件(23. 3%) B 勤務先での感染 32件/90件(35. 5%) うち勤務先大阪 27件 うち勤務先兵庫 1件 うち勤務先京都 1件 うち勤務先東京 1件 うち勤務先奈良 2件 C 陽性者と食事で感染 5件/90件( 5. 6%) うち県外で感染 2件、県内で感染 3件 D 外国で感染 10件/90件(11. 1%) うちクルーズ船で感染 2件 うち海外渡航で感染 7件 うち外国人訪問者から感染 1件 E 集会で感染 5件/90件( 5. 6%) うち県外で感染 4件、県内で感染 1件 F 不明17件/90件(18. 9%) うち全く不明 7件 A 家族への感染 21件/90件(23. 3%) B 勤務先での感染 32件/90件(35. 5%) うち勤務先大阪 27件 うち勤務先兵庫 1件 うち勤務先京都 1件 うち勤務先東京 1件 うち勤務先奈良 2件 C 陽性者と食事で感染 5件/90件( 5. 6%) うち県外で感染 2件、県内で感染 3件 D 外国で感染 10件/90件(11. 1%) うちクルーズ船で感染 2件 うち海外渡航で感染 7件 うち外国人訪問者から感染 1件 E 集会で感染 5件/90件( 5. 6%) うち県外で感染 4件、県内で感染 1件 F 不明17件/90件(18. 9%) うち全く不明 7件 〇全感染判明者(90件)のうち ・県外で感染したのは 46件 うち勤務地大阪の感染 27件 ・県内で感染したのは 27件 うち家族での感染 21件 (家族感染のうち大阪由来11件) ・不明の者 17件 〇全感染判明者(90件)のうち ・県外で感染したのは 46件 うち勤務地大阪の感染 27件 ・県内で感染したのは 27件 うち家族での感染 21件 (家族感染のうち大阪由来11件) ・不明の者 17件 2 感染経路の推定分析から学べること 〇感染する リスクの高いケースを念頭に特段の配慮をする。 他人に感染させる可能性が高まるのは、 発熱、咳、倦怠感、味覚・嗅覚障害などの症状が現れる2~3日前とされている。 感謝申し上げる次第。 基本戦略1:コロナ感染対応及び従来医療の 両方の医療機能の水準を維持する。 作戦1:コロナ感染対応医療をできるだけ分離独立したものにし、既存の医療体制に悪影響を及ぼさないようにする。 作戦2:コロナ感染者の早期発見に努める。 域内及び医療機関、福祉施設の二次感染防止を図る。 作戦3: 感染判明者は全員入院させ、重症化予防と第二次感染予防を徹底する。 重症者には、薬剤や人工呼吸器等により集中治療を行う。 医療機能維持のため、軽症と判断した方は宿泊施設での観察保護を行う。 作戦4:医療機関及び福祉施設での 多発感染を絶対発生させないことを目標に、発生予防、必要物資の供給、勤務環境の良好化を徹底する。 基本戦略2:長期戦になるのを覚悟して、 適時適切な行動規範遵守による 感染拡大防止と社会経済活動の自粛緩和を両立させる。 作戦5:県外からの感染及び県内での二次感染の防止並びに家庭内での感染防止のための行動規範(コードオブコンダクト)を確立し、県民に遵守をお願いする。 作戦6:感染防止策を継続的に実行することを前提に、地域の社会経済活動を段階的に緩和し、感染拡大の兆しが再び現れた時は、迅速に感染防止策を強化する。 基本戦略1:コロナ感染対応及び従来医療の 両方の医療機能の水準を維持する。 作戦1:コロナ感染対応医療をできるだけ分離独立したものにし、既存の医療体制に悪影響を及ぼさないようにする。 域内及び医療機関、福祉施設の二次感染防止を図る。 ・これまでの感染経路分析などにより、新型コロナウイルス感染症が疑われると判断した場合は速やかにPCR検査の対象とする。 ・新型コロナウイルス感染症の治療にあたっている医療従事者および感染が発生した場合に影響が甚大な医療機関や福祉施設の従事者についても、できる限り検査の対象とする。 重症者には、薬剤や人工呼吸器等により集中治療を行う。 医療機能維持のため、軽症と判断した方は宿泊施設での観察保護を行う。 4 県内の感染状況を評価するために、抗体検査の活用を検討する。 5 感染者の発生をできるだけ予知し、感染者増加の兆しがあると判断すれば、 速やかに行動自粛のレベルを引き上げる。 また、必要があると判断した場合には、行動自粛のレベルを引き上げる。 ・奈良で新規感染判明者が出始める。 ・レベル引き上げは判断基準 1 ~ 7 の判定に従って行う。 ・判定についてはできるだけ客観基準による。 休業要請を解除する施設と個別の留意事項 1 施設の種類 文教施設 主な内訳 大学、学習塾等 感染防止対策について留意すべき事項 (設備対策) ・四方を空ける、学生間の空席確保など人と人との距離を確保 ・学生等の入れ替えタイミングでの消毒 ・学生食堂やカフェでの感染防止対策 (行動対策) ・ロビーなどでの飲食の禁止 (入場対策) ・オンライン授業の活用 ・分散して来校、来塾できるようカリキュラムの見直しの実施 等 特記事項 休業要請を解除する施設と個別の留意事項 2 施設の種類 運動施設(屋外施設) 主な内訳 陸上競技場、野球場、テニス場等 感染防止対策について留意すべき事項 (設備対策) ・観客間の空席確保など距離確保 ・室内施設の換気、消毒の徹底 (行動対策) ・応援歌合唱や鳴り物使用の応援スタイルの変更 ・大声での会話やハイタッチ、握手等接触機会の抑制 ・接触を伴うスポーツの利用自粛 (入場対策) ・入退場時の混雑回避(例:人数の制限、開場時間の繰り上げ、入場ゲートの待機場所の設置) ・ロッカー室やシャワー室等の時間差利用等による混雑緩和 等 特記事項 休業要請を解除する施設と個別の留意事項 3 施設の種類 運動施設(屋内施設) 主な内訳 体育館、屋内水泳場、ボウリング場、柔剣道場等 感染防止対策について留意すべき事項 ・「運動施設(屋外施設)」に記載の各種事項を順守 (設備対策) ・貸出物品や備品などの客の入れ替えタイミングでの消毒 ・イートインスペースなど滞留しやすいエリアの使用停止 (行動対策) ・プール教室などでのマスクを着用していない場面での会話自粛 (入場対策) ・運動エリアの人数制限、運動エリア間のスペース確保 ・会計や受付を待つ際において行列位置の指定 ・事前予約の推進 等 特記事項 スポーツジム、ホットヨガ、ヨガスタジオは、休業の協力要請を継続 休業要請を解除する施設と個別の留意事項 4 施設の種類 遊興・遊技施設 主な内訳 マージャン店、ゲームセンター、ネットカフェ等 感染防止対策について留意すべき事項 (設備対策) ・顧客間の空席確保などによる距離確保 ・客の入れ替えタイミングでの消毒 (行動対策) ・大声での会話の抑制とBGMの小音量化または停止 ・対面での飲食の制限 等 特記事項 休業要請を解除する施設と個別の留意事項 5 施設の種類 劇場等 主な内訳 劇場、観覧場、映画館、演芸場 感染防止対策について留意すべき事項 (設備対策) ・四方を空ける、顧客間の空席確保など距離確保 ・ブランケット等の貸し出しを休止 ・クロークサービスの休止 ・客の入れ替えタイミングでの消毒 (行動対策) ・花・手紙・差し入れなどの辞退 ・観客席から声援や歌唱など、大声での発声を抑制 (入場対策) ・入退場時の混雑回避 ・座席の事前予約の推進 等 特記事項 休業要請を解除する施設と個別の留意事項 6 施設の種類 集会・展示施設 主な内訳 集会場、公会堂、展示場、ホテル又は旅館(集会の用に供する部分) 感染防止対策について留意すべき事項 (設備対策) ・四方を空ける、顧客間の空席確保など距離確保 ・客の入れ替えタイミングでの消毒 (行動対策) ・開催する催物(イベント)を大声での発声、歌唱や声援、近接した距離での会話等を 伴わないものに限定 ・イベント前後や休憩時間などの交流を極力控えるよう呼びかけ (入場対策) ・入退場時の混雑回避 ・開催する催物(イベント)の人数制限(目安として、屋内であれば100人以下、かつ収容 定員の半分以下の参加人数。 新型コロナウイルス感染症への警戒が継続する中での学校における感染防止対策や新しい教育スタイルなどを検討するため、出口戦略検討会議に 「( 仮称)教育活動検討部会」を設置する。 戦略1:コロナ感染拡大の危険性が継続する中での経済活動活性化の方策を探り実行する。 作戦1:経済活動が停滞する中、生き残りをかけて 国、県、市町村が提供する支援措置を最大限活用していただく。 作戦3:観光地奈良として、 来訪される方にうつさない配慮を求めるとともに、 地元従業員にうつらない配慮と観光施設において感染防止対策を徹底する。 〇来訪される方に、 手洗い、マスクの着用、咳エチケットを心がけること、人と人との 距離を適切にとること、などの感染防止対策を徹底 〇観光施設において、 手指の消毒設備の設置、室内の換気等の対策、 入場者の制限や誘導、大声での発声や近接した距離での会話等を避けること、などの感染防止対策を徹底 作戦4:これまでの働き方のスタイルを見直して、見えない感染源が身近に存在するとの前提で、 感染症とも共存できる経済活動体制を構築する。 〇出口戦略検討会議に、「 (仮称)経済活性化検討部会」を設け、感染症と共存できる経済活動様式の検討を行う。 戦略2: 生活困難者への支援措置について、その方策を検討し、実行する。 作戦1:感染症による社会経済活動が停滞する中での、 生活困難発生の実態を調査する。 〇出口戦略検討会議に、「 (仮称)生活支援策検討部会」を設け、実態を調査する。 作戦2:生活困難発生の実態調査を踏まえ、 その方策を検討する。 〇出口戦略検討会議「(仮称)生活支援策検討部会」で方策を検討する。 県民の皆様へ 医療関係者や感染された方等への中傷や差別は絶対にやめましょう。

次の

奈良県の市町村別コロナウイルス情報│ナラママ

奈良 県 コロナ

新型コロナウイルス関連情報 担当 新型コロナウイルス感染症対策本部 大和高田市家賃支援給付金(事業者対象)について 市内の中小企業者等の事業者さまには、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため奈良県の休業要請等多岐にわたりご協力いただき、誠にありがとうございました。 しかし、この先、感染拡大前の経済にいつ回復するか、見通しが不透明な状況であり、事業者さまには、不安を感じられている方も多数おられると思います。 政府が第2次補正予算案として国会に、事業者への「家賃支援給付金」を提出されました。 事業者さまにおかれましては、これからも厳しい状況がしばらく続くと思われますが、古くからの「商都たかだ」を守りつつ、一日も早い回復を目指して頑張っていただけることを願っております。 令和2年6月10日 大和高田市長 堀内 大造 令和2年6月定例会の記者発表にて新型コロナウイルス対策に関する施策を説明いたしました 市民のみなさま、事業者のみなさま、自粛期間中、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご理解ご協力をいただき、誠にありがとうございました。 また、医療従事者の方々には、大変なご負担をおかけし、ご協力いただいておりますことに感謝申し上げます。 おかげさまで、市内における新型コロナウイルス感染者数は、低水準に留まっております。 しかしながら、全国的には、感染者が増加している地域もあり、今後も予断を許さない状況が続くと思われます。 学校や幼稚園、保育所の再開とともに、保護者の皆様には、子どもたちの健康にも気を配っていただき、学校等の関係者も十分な感染症対策をし、安心して通園通学していただけるよう努めてまいります。 また、通勤通学で府県を跨いでの移動や飲食等の機会も増えると思われますが、今一度、基本的な感染症予防に努められますようお願いいたします。 これからは、「新しい生活様式」の実践例により、感染防止対策を行いながら、新しい日常を作っていく必要があります。 私どももみなさまとともにこのコロナ禍を乗り越えて行きたいと考えております。 令和2年6月5日、15時より大和高田市役所にて新たな「新型コロナウイルス対策(市単独の施策)」を含む6月定例会の記者発表を行いました。 新たな市独自施策につきましては、下記のとおりです。 詳しくは、これまでの対策とともにの概要版をご覧いただきたいと存じます。 一日でも早く新型コロナウイルス感染症が終息できるよう、今後も市民のみなさまに寄り添いながら、職員一丸となって取り組んで参りますので、ご不便をおかけいたしますが、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。 令和2年6月5日 大和高田市長 堀内 大造 ・在宅学習支援(市立小・中学校児童、生徒へのタブレット端末の配備等)・・・市独自施策 17 事業費:タブレット端末経費 約2億円(6月定例議会で専決処分の報告をします。 )、在宅学習支援体制整備 約1,520万円(6月定例議会に提案します。 ) ・夏季通学環境整備(小学生・中学生にネッククーラーを配布)・・・市独自施策 16 事業費:約470万円(6月定例議会で専決処分の報告をします。 ) ・市立幼保・小・中学校の感染症対策(給食再開に対する対応)・・・市独自施策 15 事業費:約400万円(6月定例議会に提案します。 ) ・こころのケアハンドブックの配布(メンタルヘルスケアの冊子を児童・生徒等に配布)・・・市独自施策 14 事業費:約70万円(6月定例議会に提案します。 ) ・新生児を対象とする特別定額給付金(令和2年4月28日以降に出生された子どもに対する特別定額給付金)・・・市独自施策 13 事業費:約3,000万円(6月定例議会に提案します。 ) ・公共施設の感染症対策(新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の強化)・・・市独自施策 12 事業費:約3,040万円(6月定例議会に提案します。 ) ・防災活動支援(避難所での新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の強化)・・・市独自施策 11 事業費:約270万円(6月定例議会に提案します。 ) ・高齢者の方へのマスク配布・・・市独自施策 10 事業費:約1,330万円(6月定例議会で専決処分の報告をします。 新型コロナウイルス関連情報一覧• 公共施設等対応状況• イベント等中止・延期情報• 市民の皆さまへ• 学校・幼稚園等教育関係• 認定こども園・保育所等• 事業者の皆さまへ• 税金等公共料金関係• 参考ページ(外部サイト)•

次の

【奈良コロナ】奈良県五條市で新型コロナウイルス感染者が確認される

奈良 県 コロナ

「奈良県、橿原市で新型コロナウイルス感染者」に関するツイート 【奈良県コロナ情報】 3名 奈良市1名、橿原市2名 発生しました。 橿原の方1名は大阪勤務です。 橿原市の2名は軽症のようです 奈良市の方の資料が見つかりませんでした。 2人とも症状が出てから外出を控えてらっしゃいます。 だいぶ危機意識が高まってきていますね。 ご覧の通り、奈良県橿原市で新型コロナウイルス感染者が確認されたことが報告されています。 感染者は、60代男性と60代女性と公表されています(詳細はをご覧ください)。 これに対して困惑する声が相次ぎ、Twitterで注目を集める結果となりました。 「奈良県、橿原市で新型コロナウイルス感染者」に対する世間の反応 「橿原市で2人出たんか…」 「橿原市2人も感染者出たのか」 「橿原市は2人も…」 「橿原市2人出た。 奈良県のコロナ感染者止まらない予感…」 「橿原市から2人コロナ出たみたい。 危なくなってきた」 などの声があがりました。 やはり世間では、奈良県橿原市で新型コロナウイルス感染者が確認されたことに対して困惑する声が多く見られました。 最後に 今回は、奈良県橿原市で新型コロナウイルス感染者が確認されたことについてご紹介させていただきました。 奈良県内で新型コロナウイルス感染者が増加しているということで、住民の間で不安が広がっています。 都会・地方問わず、日本全国で新型コロナウイルス感染者が急増していますので、自分だけでなく家族や友人のためにも感染症対策を念入りに行いたいですね。

次の