宅 建 資格 映像 こう ざ フォー サイト。 宅建は難しい?試験の難易度と合格率を詳しく解説

講師を徹底リサーチ!宅建通信講座

宅 建 資格 映像 こう ざ フォー サイト

また、フォーサイトの宅建通信講座受講者の合格率については、 一般合格率の約4.54倍と相当高い合格率を叩き出しており、講座カリキュラムに関しても質の高さを裏付けていると言えます。 あと、不定期 といっても結構頻繁 に割引キャンペーンを行ってますので、 比較的リーズナブルな費用で受講することが可能です。 Web学習システム「道場破り」の利用• フォローメルマガ 受講料 42,800円~ 教育訓練給付制度 指定講座• バリューセット1• また、日本初となるAIが宅建試験の予想問題を作成する 「未来問」という画期的なシステムを導入しており、 その予想問題の本試験的中率がかなりの高さを誇っております! 受講料に関しては講義付きの通信講座としてはリーズナブルな部類となっており、不定期に割引キャンペーンも行ってますので、タイミングによっては格安で受講することも可能です。 なお、資格スクエアでは資料請求は行っておりませんが、 公式サイトで無料体験講義を受講することが可能なので、まずはそちらで資格スクエアの学習システムを体験することをおすすめします! おすすめ度 テキスト教材 市販テキスト+講座オリジナルレジュメ 講義教材 通信講座専用に収録された講義 Web 受講生サポート なし 受講料 70,000円 教育訓練給付制度 指定講座 なし 割引制度・キャンペーン あり 合格祝い制度・キャッシュバック なし スタディングの宅建講座は、テキストや講義、問題練習などの教材すべてがWEBで完結している言わば 次世代型の通信講座のひとつです。 利用できるデバイスについては、PCはもちろんスマホからのアクセスも可能 というかスマホ用に作られている なので、 通勤途中やスキマ時間をフル活用出来る環境が整っているのがなんともありがたいです。 なお、教材がオインラインデータとして提供されていることもあり、 受講料は講義付きの通信講座としては破格の金額となってます。 ただし、受講生サポートが付いてないため、そのあたりを気にされない方であれば試験対策の大きな武器になると言えます。 27倍! を実現しており、初学者の方でも本試験に対応できる実力を高めることが出来ると非常に人気の通信講座です。

次の

宅建は国家資格じゃない!?宅建は国家試験ではありません!

宅 建 資格 映像 こう ざ フォー サイト

閉じる 入門講座 科目 発送予定 入門講座 発送可能 基礎講座 科目 発送予定 宅建業法 発送可能 法令上の制限 発送可能 その他の法令 発送可能 権利関係 発送可能 過去問講座 科目 発送予定 宅建業法A 発送可能 宅建業法B 発送可能 法令上の制限 発送可能 その他の法令 発送可能 権利関係 発送可能 再現問題 2020年9月下旬 模擬試験 2020年9月下旬 直前対策講座 科目 発送予定 法改正・統計資料対策編 2020年9月下旬 択一対策編 2020年9月下旬 初回のみ送料を頂いております。 2回目以降の順次発送分は弊社負担とさせて頂きますので無料となります。 単科講座はこちら 単科講座 基礎講座 2020年試験対策合格コース 教材内容 受講料• checkbox 受講ガイド• checkbox 戦略立案編&メディア• checkbox 合格必勝編&メディア• checkbox 過去問題集 5冊• checkbox 過去問講座DVD 5枚• checkbox 再現問題• checkbox 合格カード• checkbox 模擬試験 1回分• checkbox 統計資料・法改正情報等• checkbox 演習ノート• checkbox 宅建マンガ• checkbox 合格体験記• 5%のシミュレーションです。 分割払い例はあくまで目安であり、実際の金額とは異なります。 詳しい金額については、カード会社へお問い合わせください。 また、シミュレーションに消費税・送料は含まれておりません。 銀行振込 受講お申し込み後にメールにてお支払総額をお知らせします。 お申し込み手続き後7日以内に、指定の銀行口座に、お振込ください。 振込手数料は、お客様のご負担になります。 コンビニ払い お申し込み時に、ご希望のコンビニをご指定ください。 受講お申し込み後にメールにて「お支払い情報」をお知らせします。 お申し込み手続き後7日以内に、指定のコンビニエンスストアで、お支払いください。 お申し込み・お支払いについての詳細はをご確認ください。

次の

フォーサイトの宅建講座の評判は?実際に使ってみた生の感想も紹介!

宅 建 資格 映像 こう ざ フォー サイト

更新日:2020年6月11日 宅建の通信講座は、各社から様々なものが提供されているため、 どの講座を受講すればいいのかとても迷うと思います。 そこで、 宅建試験の合格者の管理人が、宅建の人気15社の通信講座について、 受講料、講義時間数・講義スタイル、教材(テキスト・問題集・eラーニング)、合格実績、サポート体制、セールスポイント、ウィークポイント等の特徴を比較し、総合的に評価したうえで、宅建のおすすめ通信講座を ランキング形式でご紹介します! また、 学習スタイル別や目的別のおすすめ通信講座のご紹介や、大手資格予備校と比べて 知名度の低い通信講座で本当に大丈夫?といった疑問にもお答えします! さらに、宅建通信講座を受講する メリットや 選び方のポイントまで解説します! 学習スタイル別のおススメ通信講座!• 教材中心で学習するなら、業界初の フルカラーテキストと コンパクトな講義の「 フォーサイト」がおススメ!特許取得の eラーニングシステム!71. 講義中心で学習するなら、元LEC講師と元大原講師の 最強コンビによる 充実した講義と フルカラーテキストの「 アガルートアカデミー」がおススメ! 最低水準の低価格に加え、 合格者には全額返金!さらに、受講生の55. 教材中心で学習するなら フォーサイトがおススメ!• 講義中心なら アガルートアカデミーがおススメ!• スマホなら スタディングがおススメ!• 比較検討にご活用ください。• / / / /• / / / 宅建のおすすめ通信講座【人気15社比較ランキング!】 宅建試験に合格するために通信講座を選ぶにあたっては、まず 受講料が最初に比較できる点となりますが、 内容的な面で比較するために、• 講義のわかりやすさ(講義時間数/講義スタイル)• テキストのわかりやすさ(テキストの刷色/オリジナル or 市販)• 利用のしやすさ(Webテキスト・Web問題集などeラーニングシステムの充実度)• 挫折しにくさ(サポート体制)• 合格実績(公表実績 or 合格者の声) を 客観的な指標とし、それに加えて各社の• カリスマ講師・看板講師• オリジナルカリキュラム• オリジナルテキスト などの 特長(セールスポイント)も、 選択の決め手になる場合も多いと思います。 また逆に、 弱点(ウィークポイント)も 見過ごすわけにはいきませんので、これら客観的指標・特長(セールスポイント)・弱点(ウィークポイント)を 全て表形式に整理し、比較しながら各社の宅建士通信講座をランキング形式でご紹介します! 71. 1の講座です! 公式サイト/管理人による詳細解説 おすすめ No. そして、 業界最低水準の低価格に加え、 合格者には受講料を全額返金してもらえます! さらに、受講生の 55. また、 100時間の充実した講義も見逃せないポイントです。 教材は、資格スクエアの鬼頭政人代表がプロデュースした「 クラウド宅建士OUTPUT」が使用され、この問題集をベースに全てのインプット講義・アウトプット講義が構成されていますので、 実質的に使用される教材は、この問題集1冊のみと言えます。 とにかく少ない教材で、 講義中心に学習したい人におススメです! 公式サイト/管理人による詳細解説 おすすめ No. 公表なし。 公式サイトには、2019年度試験について8名の「合格者の声」の掲載あり(2018年度試験については9名) サポート体制 Eメール、FAX(質問用紙)による質問対応 総合評価 75点 宅建受験界の合格請負人と呼ばれる「 氷見敏明」講師による 100時間を超える充実した講義がクレアールの宅建講座の最大の魅力です。 教材は、クレアールオリジナルのテキストと問題集が使用され、 講義・テキスト・問題集が完全にリンクすることで、効率的に学習を進めることができます。 また、eラーニングとして「 一問一答WEBテスト」により、スキマ時間を活用した問題演習をすることも可能になっています。 2019年試験向けまでは氷見講師著書の「楽学宅建士」シリーズが使用されていましたが、2020年向けにオリジナル教材が作成されています。 この教材で、どれぐらいの合格者を生み出すことができるのか不確定要素がありますが、 合格請負人「氷見敏明講師」に賭けてみる価値はあると思います!(リニューアルされた教材については、公式サイトから「」をどうぞ。 ) 公式サイト/管理人による詳細解説 おすすめ No. 偏りのないロングセラーの 市販テキストを使った丁寧な授業には安定感があり、また、通信講座では稀な存在である「 電話質問制度」も備えています。 講義や教材には派手な特色はありませんが、 安全安心、地道に手堅くいくならエル・エーもおススメです! 管理人による詳細解説 おすすめ No. 7 四谷学院 四谷学院 講座比較項目 通信講座名/受講料 宅建講座 [Web] 82,800円 講義時間数/講義スタイル 62. 03%の高い合格率 2016年〜2019年の平均値で、62. 03%の高い合格率(4年間の全国平均15. 94%) サポート体制 メールによる質問対応(受講生一人ひとりに担任のサポートスタッフがつく) 総合評価 75点 四谷学院は、「55段階学習システム」で有名ですが、55段階というものに特に意味はなく、順次、10分程度のアニメ講義を見てから、そこに対応したテキストを改めて自分で読み、Web問題集(パソコンのみ)で問題を解く、ということを繰り返していくという流れになります。 講義が アニメ動画というのが他社にはない特徴ですが、テキストの解説講義ではないという点で、 実質的にはテキストは自己学習になってしまうというところが、私としてはマイナス評価です。 公式サイト おすすめ No. 講義時間数/講義スタイル サポート体制として、メール等による質問対応のほか、月1回の オンライン面談あり! インターネットフォーム、メール、郵送、FAXによる質問対応、個別オンライン面談(毎月1回)、学習サポートメール 総合評価 75点 ヒューマンアカデミーの宅建士講座の最大のおススメポイントは、 おもしろくてインパクトのある「大澤茂雄」先生の講義です! また、 電子黒板を使ってテキストにマーカーしながら解説するスタイルも、とてもわかりやすいです。 サポート体制としては、メール等による質問対応のほか、 オンライン面談(月1回)も用意されているなど充実していますので、挫折しにくい講座と言えます。 ただ1点気になるのは、 テキストが対話形式という個性的な記述のため、好みが分かれるところかもしれません。 しかし、 大澤茂雄講師の面白くて飽きない講義と充実したサポート体制から、 勉強を続けられる自信のない方や、これまでに挫折した経験のある方に、おススメしたい講座です! 管理人による詳細解説 おすすめ No. 講義時間数/講義スタイル 最強の講師陣&最高の映像講義 約120時間 講義は通信講座専用に収録。 大画面の前に立ち、スライドを表示して解説 教材(テキスト・問題集) 【テキスト】 2色刷冊子版テキスト/オリジナル 【問題集】冊子版問題集 教材(eラーニング) 講義受講(スマホ、タブレット、パソコンいずれも利用可) 合格実績 2019年度試験において、受講生の66. 1%が合格と公式サイトに掲載されていますが、対象者は、通学講座の出席率60%以上、かつ、模擬試験の正答率60%以上の基準を満たした受講生のみを集計したもの サポート体制 メール、FAXによる質問対応 総合評価 70点 日建学院は、建築関係の資格を中心に、全国47都道府県を網羅した通学スクールを展開していますが、併せて、通信講座も提供しています。 日建学院は、宅建みやざき塾で有名な「宮嵜晋矢」講師を筆頭にした充実した講師陣と、練り上げられた映像講義が最大の魅力です。 ただし、受講料がやや高めという点と、あくまでも「通学講座」がメインであり、66. 管理人による詳細解説 おすすめ No. 通信講座を受講する最大のメリットが欠けていますが、自己学習ができる方にとっては、教材もわかりやすく、お値段もお手頃ですので、 安心のユーキャンに任せてみるという選択肢もあると思います。 「ユーキャン」というブランド名だけで安心できてしまうというのがユーキャンのスゴさですね。 管理人による詳細解説 おすすめ No. 受講料は安価で、不合格の場合は全額返金を受けることができる点と、専属サポーターのバックアップを受けられるという点は確かに魅力的だと思います。 ただし、その他には特筆すべき点がなく、特に、合格者や実績に関しては信頼できる情報がほとんどありません。 管理人による詳細解説 おすすめ No. 12 LEC LEC 講座比較項目 通信講座名/受講料 宅建士 プレミアム合格フルコース【2020年試験向け】 [Web] 154,000円 [DVD] 170,500円 長年愛されるロングセラー書籍 【テキスト】 2色刷冊子版テキスト/LEC市販の「出る順宅建士合格テキスト」+オリジナルテキスト 【問題集】冊子版問題集 教材(eラーニング) 【受講形態でWebを選択した場合】 講義受講 (スマホ、タブレット、パソコンいずれも利用可) 合格実績 2019年度試験において、受講生の75. 1%が合格と公式サイトに掲載されていますが、対象者はLECの公開模試を全て受験し、その正答率が6割以上だった受講生のみを集計したものとなっています。 2019年度については、24名の合格体験記が掲載されています。 サポート体制 インターネットフォローシステムによる質問対応(教えてチューター) 総合評価 60点 LECの宅建士講座は、 受講料は高額となりますが、 それに見合ったカリキュラムが用意されていますので、試験に向けて万全の態勢を整えるのなら、LECを選択するという方法もあると思います。 管理人による詳細解説 おすすめ No. 13 資格の大原 資格の大原 講座比較項目 通信講座名/受講料 宅建士 完全合格週2コース・入門パック【2020年試験向け】 [Web] 156,800円 [DVD] 172,100円 ノウハウを凝縮したオリジナル教材 【テキスト】 白黒冊子版テキスト/オリジナル 【問題集】冊子版問題集 教材(eラーニング) 【受講形態でWebを選択した場合】 講義受講(スマホ、タブレット、パソコンいずれも利用可) 合格実績 2019年度試験において、1,285名の合格者を輩出(2018年度は1,255名) サポート体制 インターネットフォローシステム(i-support)、FAX(質問カード)による質問対応 総合評価 60点 TACの宅建士講座も、 高額な受講料と、 それに見合った充実したカリキュラムと教材で、万全の合格力を身に付ける講座内容となっています。 ただし、正直なところ、これほどまでの学習をする必要はないのではないか、と感じてしまいます。。 管理人による詳細解説 おすすめ No. 講座内容としては、市販テキストとそのテキストに付属しているDVDによる学習がメインで、あとは、模試を受けるのみですので、通信講座としての中身がありません。 あくまでも通学スクールがメインであり、通信には力を注いでいないことが明らかですし、合格実績も、建築士など主力講座は公開していますが宅建士は公開しておらず、宅建士には力を入れていないことも明らかです。 宅建士の通信講座選びに迷ったら まとめて資料請求!• ランキング表として、表形式で簡潔にわかりやすく整理したつもりが、作成してから年数を重ねるごとに、いつの間にか情報量が増え続け、ポイントがぼやけてしまったように感じますので、ここで改めて、 要点のみをコンパクトに整理したランキング表を作成しました。 上記のランキング表で、ある程度の雰囲気を掴んだあとは、この要点整理版のランキング表の方が比較検討しやすいかと思います。 1 宅建合格講座(基礎+過去問+直前対策講座)(バリューセット2)【2020年向け】 一言コメント 市販テキストとその付属DVDによる学習がメインで、あとは模試を受けるのみ。 通信講座としての中身はほとんどありません。 【学習スタイル別】宅建のおすすめ通信講座 以上のとおり、宅建のおすすめ通信講座をランキング形式でご紹介してきましたが、通信講座には、受講料や講義、テキスト、カリキュラムなど様々な要素があり、こっちの講座は 講義は良いけれどテキストがちょっと、、こっちの講座は テキストは良いけれどカリキュラムがちょっと、、など結局どれを選べばいいのかわからない、、と途方に暮れてしまう方もいらっしゃるかもしれません。 そこで、こういった方のために、実質的な検討対象となる 上位4社の宅建通信講座について、 学習スタイル別におすすめの通信講座をご紹介したいと思いますので、検討する際の参考にしてみてください。 机に向かって「教材中心」に勉強する方におすすめ まずは、宅建試験の勉強は、基本的に 机に向かって勉強しようと考えている方へのおすすめ通信講座からご紹介します。 机に向かって勉強する場合におススメの通信講座は2つあり、まずは、 「教材を中心」に勉強する方へのおすすめ通信講座です。 机に向かって「教材中心」に勉強するなら、コンパクトな講義で、わかりやすい教材のフォーサイトがおススメ! フォーサイトは、総講義時間19時間という コンパクトな講義で大枠を理解し、あとは フルカラーの見やすくてわかりやすいテキストを使って学習を進めるというスタイルになりますので、机に向かって教材中心に勉強する方に最適です! また、 特許取得のeラーニングシステムで、スキマ時間を使った学習にも対応しています。 机に向かって「講義中心」に勉強するなら、みっちりと充実した講義のアガルートアカデミーがおススメ! アガルートアカデミーは、総講義時間 70時間という充実した講義で、大手資格予備校LECで長年講師を務めた ベテラン講師に丁寧に教えてもらうという学習スタイルになりますので、机に向かって講義中心に勉強する方に最適です! テキストも フルカラーテキストが使用されます! 宅建試験 入門総合カリキュラム【2020年試験向け】 [Web] 29,800円(税抜) 講義時間数 70時間 テキスト フルカラー(冊子版) スマホを使って「Web問題集中心」に勉強する方におすすめ 次は、机に向かってまとまった勉強時間を確保することができないため、 スキマ時間などにスマホを使って勉強しようと考えている方におすすめの通信講座です。 スマホを使って勉強する場合におススメの通信講座は2つあり、まずは、 Web問題集を中心に勉強する方へのおすすめ通信講座です。 スマホで勉強するなら、コンパクトな講義とWeb問題集でサクサク勉強できるスタディングがおススメ! スタディングは、ヒューマンアカデミーやクレアールなどで受験指導歴20年以上の カリスマ講師(竹原 健 講師)による総講義時間26時間という コンパクトな講義と、 Web問題集でサクサク問題演習を進めることができますので、スキマ時間を使った勉強方法に最適です! 宅建士講座(宅建士合格コース)【2020年試験向け】 [Web] 18,500円(税抜) 講義時間数 26時間 テキスト フルカラー(Web版) スマホを使って「講義中心」に勉強する方におすすめ 次は、スマホを使ってに 講義を中心に勉強する方へのおすすめ通信講座です。 この表を見れば、上記の学習スタイル別の特徴が、はっきりと確認していただけると思います。 この点については、学習経験者向けの通信講座や短期集中の通信講座が、別途用意されていますので、そちらをご紹介したいと思います。 学習経験者(中上級者)向け 宅建試験に独学でチャレンジしたけれど残念ながら失敗に終わった場合など、 2年目に再チャレンジする際は、 イチから改めて学習をやり直すのではなく、基礎知識をザッと再確認したい!得点力を付けたい!応用力を養成したい!と思うはずです。 そんな場合に役立つのが、宅建試験の 学習経験者向け(中上級者)向けの通信講座です! 宅建士の資格学校の各社で開講されている学習経験者向け(中上級者向け)の通信講座の中から3講座をピックアップしてご紹介しますので、のページをご参照ください。 短期集中(速修) 宅建試験まで、 もう時間がないけれど、なんとかして今年の試験に合格したい!といった場合の頼みの綱、初学者向けの「 短期集中講座(速修講座)」といったものが資格学校で用意されています。 宅建士の通信講座は、一般に半年前後の学習期間でカリキュラムが組まれていますが、これを 必要最小限まで徹底的に圧縮し、学習期間を たったの2〜3ヶ月にまで凝縮した短期集中(速修)の通信講座についてご紹介したいと思いますので、のページをご参照ください。 宅建通信講座は大手資格予備校じゃなくていい?通信講座専門校で大丈夫? 宅建通信講座の良し悪しを決定づけるのは、「講師」と「教材」に尽きる! 宅建士の通信講座を選ぶ際に、通学教室を運営しているLEC、TAC、資格の大原などの大手資格予備校と、教室を運営していないフォーサイト、スタディング、資格スクエアなどの通信講座専門校のどちらがよいのか迷うと思います。 LECなどの 大手資格予備校は教室運営のコストがかかるため通信講座であっても 高額な受講料となりますが、フォーサイトなどの 通信講座専門校は、教室運営のコストがかからないため 非常に低価格です。 LECなどの大手は受講料は高額ですが、知名度も実績もあり、優れた講座であることはわかりきっています。 しかし、 フォーサイトなどの通信講座専門校は、受講料は安く、知名度も低いですが、果たして大手の通信講座よりも劣っているのでしょうか? 私は、宅建の通信講座の良し悪しを決定づけるのは、究極的には、 「講師」と「教材」に尽きると思っています。 もちろん、他にも様々な要素はありますが、例えばカリキュラムですが、結局のところは、教材に沿ってインプット講義とアウトプット講義があるだけです。 教材に基づく講義ですから、つまり、講師と教材です。 サポート体制(質問対応)も、多少は影響するかもしれませんが、おそらく質問を利用する頻度はそれほど多くないと思いますので、大きな影響はないと思います。 資格予備校の蓄積したノウハウや、組織的な過去問分析などが、メリットとして考えられるかもしれませんが、なんだかんだ言いながら、結局は資格予備校の名物講師やカリスマ講師の力に依るところが大きいと思います。 結局は、講師です。 価格の差は、教室運営をしているかどうかで違いが出てくるだけです。 つまり、 「講師」と「教材」で比較し、それが同じレベルなら、迷わず安い方を選べば良いのです。 というのが私の考え方です。 ということで、宅建通信講座について、大手資格予備校の代表格であるLEC・TACと、通信講座専門校として私がおススメしているフォーサイト・スタディングとを、講師と教材に絞って比較してみたいと思います。 価格差【大手資格予備校vs通信講座専門校】 まずはじめに、宅建士の通信講座について、大手資格予備校2社(LEC・TAC)と通信講座専門校2社(フォーサイト・スタディング)の受講料の価格差を確認しておきたいと思います。 大手資格予備校2社の受講料は、15万円前後ですが、その一方で、 通信講座専門校2社は、2万円〜6万円程度になっています。 つまり、大手資格予備校と通信講座専門校とでは、 2倍から7倍もの大きな価格差が存在しているということになります。 【関連記事】• 大手資格予備校 LECの看板を背負うエース講師「水野 健」講師は、冠テキストも執筆している人気講師です。 同じく、大手予備校 TACの看板を背負う主任講師「木曽 計行」講師も、TACの宅建テキストを執筆していますね。 フォーサイトの専任講師「窪田 義幸」講師は、業界トップクラスの驚異の合格実績を生み出しているという事実があります。 スタディングの「竹原 健」講師は、宅建のほか、行政書士、マンション管理士などの受験指導界で、ヒューマンアカデミー、クレアール、スタディングなど資格スクール各社を渡り歩くカリスマ講師です。 受験参考書も多数執筆しています。 このように、宅建通信講座の講師としては、各社とも人気講師が揃っており、大手資格予備校も通信講座専門校も、 いずれも遜色のない実力派の講師陣となっていることがわかると思います。 【関連記事】• それに比較して、 フォーサイトのフルカラーテキストと特許取得のeラーニングシステムは、 ずば抜けて優れています。 また、これらと直接の比較はできませんが、 スタディングは、印刷物の教材を使用せず、 革新的なeラーニングシステムにより、すべてスマホを使って学習する形態となっており、机に向かって学習する時間を確保できない方にはとても有効な学習スタイルとなっています。 講師は、大手資格予備校も通信講座専門校も 遜色がありません。 そして、 教材については、通信講座専門校のフォーサイトやスタディングの方が 優れた特徴を持っています。 それに加えて、フォーサイトもスタディングも、 優れたeラーニングシステムを備えています。 そしてさらに、大手資格予備校の 7分の1から半額程度の受講料で、これだけの講座を受講できるわけですから、宅建の資格講座として、 「通信講座専門校」を選ばない手はありません!! 【関連記事】• 大手資格予備校と通信講座専門校の比較については、のページで詳しく解説しています。 カリキュラムは? ところで、宅建の通信講座の良し悪しは、「 講師」と「 教材」で決まると言っても過言ではないと私は考えていますが、ただし、そうは言っても、その講座ではどのようなカリキュラムが用意されているのか、というのは当然気になるところではあります。 例えば、インプット講義がどれぐらいあるのか、アウトプットはどれぐらいの演習量が用意されているのか、また、模試や答練はあるのか、など、 カリキュラムは、その講座のボリューム感と関係があり、 受験のために確保する勉強時間に影響を与える要素になってきます。 あまり勉強時間を確保できない方と時間に余裕がある方とでは、最適なカリキュラムのボリュームは異なってきます。 また、実務経験があるなど予備知識がある方や、既に独学で学習した経験がある方などでしたら、インプット講義は少な目で、アウトプット中心のカリキュラムの方が効率的です。 このように考えていくと、宅建士の通信講座を選ぶうえで、 カリキュラムも無視できない要素であることがわかります。 以上を踏まえ、宅建士の通信講座のカリキュラムについて、「通信講座専門校」のおすすめ4社に絞り、徹底的にリサーチしましたので、のページをご参照ください。 宅建の通信講座を受講するメリット 宅建士の通信講座を受講するメリットとしては、次のような点が挙げられると思います。 しかし、通信講座を受講すれば、決められたカリキュラムに沿って、安心して学習を進めていくことができます。 また、テキストを一人で読んでいると眠くなってくることもあります。 しかし、通信講座を受講すれば、プロの講師の解説を聴くことができますので、難しい内容であっても理解が進みます。 そして、人から説明を受けていれば、眠くなるのを防ぐこともでき、学習がはかどります。 このため、通信講座では、市販の教材にはない、資格予備校ならではの蓄積されたノウハウが凝縮された教材を利用することができます。 これはけっこう時間がかかりますし、場合によっては解決できないこともあります。 しかし、サポート体制が用意されている通信講座なら、わからない点は、メール等で質問し、解決することができます。 【関連記事】• 宅建通信講座のメリットについては、のページで詳しくご紹介しています。 私は、金銭的な余裕もなく、宅建試験の独学での合格を目指していましたので、通信講座は受講しませんでしたが、通信講座には上記のようなメリットもありますし、人それぞれ自分に合った勉強方法というものがあるはずですので、宅建士の通信講座を受講されようとする場合は、当ページを参考に選んでみてください。 宅建通信講座の選び方 宅建の通信講座を選ぶにあたっては、上記に記載した宅建通信講座のメリットを最大限に活かした通信講座を選ぶべきだと思います。 当たり前の話ですが、それが宅建通信講座を受講するメリットだからです。 上記の5つのメリットのうち、特に、「独学」にはなく「通信講座」にしかないものは、「 講義」と「 カリキュラム」です。 このふたつは、独学では得ることのできない通信講座の絶対的な価値と言えます。 また、「 教材」については、通信講座の固有のメリットではありませんが、講義にしてもカリキュラムにしても常に教材に基づいて進められますので、「教材」も最も重要な要素のひとつと言えます。 ですので、宅建の通信講座を選ぶうえでは、「講義」と「カリキュラム」に、「教材」を加えた3つの要素をベースにして、選ぶのがよいと思います。 なお、 サポート体制は、確かに価値のあるものですし、充実しているに越したことはありませんが、実際のところ、それほど利用頻度が高いものではありませんので、教材・講義・カリキュラムに比べると、そこまで重視すべきメリットではないように思います。 ) それでは、選び方のポイントのみ以下に記載しておきます。 詳細については、のページに記載していますので、興味のある方はそちらもご参照ください。 教材 まずは、宅建の通信講座を比較する上で最重要な「 教材」として、テキスト、問題集、eラーニングについてのまとめです。 テキスト• できればサンプルテキストを見たうえで判断する方がよい。 フルカラーに越したことはないが2色刷り以上を• 無駄を省いた効率的なテキストになっているかどうかが大切だが、最近はどの講座も効率性が意識されている。 ただし、通学講座も開講している資格予備校は絞り込んでいないものがあるため注意 問題集• わかりやすい解説が大切。 ただし、各社ともそれほど大きな差が出ないため、あまり気にしなくてよい。 刷り色は白黒も可 eラーニング• スキマ時間を活用するなら、eラーニングシステムは「問題演習」にも対応したものを選ぶべき。 講義 次は、宅建通信講座を受講する最大のメリット「 講義」についてのまとめです。 いかにわかりやすい講義が提供されるか、サンプル講義を聴いたうえで判断を• ただ、カリスマ講師、ベテラン講師、高い合格実績をあげている講師は安心できる。 スキマ時間を活用するなら、短時間で刻んで収録してある講義が便利(通学講座も開講している資格予備校は、1講座2時間30分のものがあるため注意) カリキュラム 最後は、宅建通信講座の効率性を決定づける「 カリキュラム」として、インプット講義、アウトプット講義、模試についてのまとめです。 インプット講義• 丁寧な充実した講義(60時間を超えるものもある)がよいか、効率的な講義(10時間程度のものもある)がよいかは人それぞれ• ただし、誰しも効率的に合格したいと考えるはず。 アウトプット講義• 自己学習が苦手な人はアウトプット講義が丁寧なものを(50時間を超えるものもある)。 そうでなければ効率的なものを(0〜10時間程度のものもある)。 最近の主流は、インプットとアウトプットの平行学習• 自身が確保できる勉強時間に合ったボリュームのものを選びましょう。 模試の有無は、それほど気にしなくてよい。 必要なら、予備校の模試が数千円で受験できる 宅建通信講座の選び方のまとめ 最後に一言でまとめると、範囲を絞った 効率的な教材と効率的なカリキュラムで合格できるのがベスト。 そして、 それを実現させる経験豊富な講師。 まさにこれですよね! 当ページのおすすめランキングでは、これらのポイントを踏まえてランク付けしていますので、上位でご紹介している通信講座なら、どれを選んでも安心して受講していただけると思います!.

次の