ルー・リード。 ルー・リードが歌にした“ワイルドサイド”に生きるものたち|TAP the ROOTS|TAP the POP

ルー・リードが歌にした“ワイルドサイド”に生きるものたち|TAP the ROOTS|TAP the POP

ルー・リード

全 25商品 1- 25表示• 6,800円 内税• 3,200円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 3,500円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,500円 内税• 3,980円 内税• 3,980円 内税• 3,980円 内税• 3,980円 内税• 3,980円 内税• 3,650円 内税• 3,650円 内税• 3,650円 内税• 3,650円 内税• 3,650円 内税• 3,650円 内税• 3,650円 内税• 3,650円 内税• 2,980円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 2,980円 内税• 3,000円 内税• 2,980円 内税• 2,980円 内税• 2,980円 内税• 2,980円 内税• 3,980円 内税• 2,980円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 2,980円 内税• 2,980円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 2,980円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,450円 内税• 2,980円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,000円 内税• 3,450円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,450円 内税• 3,450円 内税• 3,200円 内税• 2,980円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 2,500円 内税• 3,000円 内税• 2,800円 内税• 2,800円 内税• 2,800円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 2,980円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,500円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,500円 内税• 3,200円 内税• 6,800円 内税• 6,800円 内税• 6,800円 内税• 3,500円 内税• 3,650円 内税• 3,900円 内税• 4,650円 内税• 4,500円 内税• 4,500円 内税• 4,200円 内税• 4,500円 内税• 5,980円 内税• 4,000円 内税• 4,000円 内税• 5,600円 内税• 5,600円 内税• 5,600円 内税• 5,600円 内税• 3,650円 内税• 3,900円 内税• 3,900円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 1,980円 内税• 4,200円 内税• 3,800円 内税• 2,850円 内税• 2,850円 内税• 2,850円 内税• 2,850円 内税• 2,850円 内税• 2,850円 内税• 2,850円 内税• 2,850円 内税• 2,800円 内税• 7,500円 内税• 7,500円 内税• 期限を過ぎると、返品をお受けできない場合がありますので、ご注意ください。 キャンセル、変更をご希望の場合はご注文後すぐにご連絡ください。 ご連絡が7日以内に行われなかった場合、返品を受け付けられない場合がありますので予めご了承ください。 Tシャツ類、CD、DVDをお買い上げの場合のみご利用いただけます。 その場合も送料は520円のままです。 その点ご了承の上ご利用ください。 時間帯指定をご希望の場合はゆうパックをご利用ください。 ご注文後、イプシロン決済画面へ移動いたしますので決済を完了させてください。 安心してお支払いをしていただくために、お客様の情報がイプシロンサイト経由で送信される際にはSSL 128bit による暗号化通信で行い、クレジットカード情報は当サイト ブルーラインズ では保有せず、同社 イプシロン で厳重に管理しております。 ご了承ください。 商品代引きをご希望される場合はゆうパックをお選びください。 代金を以下の口座へお振り込みください。 なお、ご注文後にお伝えする発送可能日から2週間以内にお振り込みください。 よろしくお願いいたします。

次の

ルー・リードの必聴アルバム

ルー・リード

解説 [ ] 主人公の男と娼婦キャロラインを軸としたストーリーを持つとなっている。 プロデュースは、当時既にとの仕事で知られていたが担当した。 エズリンはアラン・マクミランとともに編曲も担当した。 ロンドンのモーガン・スタジオで主たるレコーディングが行われ、ニューヨークのとロンドンのCTSスタジオでオーバーダビングが行われた。 「キャロラインのはなし 2 」は「」を作り直したものである。 本作が発表されると、リードの母国アメリカよりもイギリスで大きな成功を収め、ではリードにとって初のトップ10入りを果たした。 発表当時、本作は『』誌のレビューで酷評されたが、同誌はその後、別の批評家にレビューを依頼して本作を再評価した。 『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・グレイテスト・アルバム500』に於いて、344位にランクイン。 2006年、リードの公演において、初めて本作がライヴで再現された。 その模様は、ドキュメンタリー映画『』(監督:)として公開された。 収録曲 [ ] 全曲とも作詞・作曲はルー・リードによる。 Side 1• ベルリン - "Berlin" - 3:25• レディ・デイ - "Lady Day" - 3:38• 富豪の息子 - "Men of Good Fortune" - 4:36• キャロラインのはなし 1 - "Caroline Says I" - 3:57• 暗い感覚 - "How Do You Think It Feels" - 3:43• オー・ジム - "Oh, Jim" - 5:10 Side 2• キャロラインのはなし 2 - "Caroline Says II" - 4:13• 子供たち - "The Kids" - 7:50• ベッド - "The Bed" - 5:52• 悲しみの歌 - "Sad Song" - 6:56 参加ミュージシャン [ ]• - 、• - 、バッキング・ボーカル• スティーヴ・ハンター - ギター• - 、、バッキング・ボーカル• アラン・マクミラン - ピアノ A1• ブルー・ウィーヴァー - ピアノ A3• - 、ハーモニウム• - (A1, A3-B2, B4)• ジーン・マーティネック - ベース(A2)、ギター(B3)、(B3)、ボーカル編曲(B3)• - ベース B2• - (A1, A3-B2, B4)• ウィルソン - ドラムス A2, B1• ジョン・ピアソン -• デニス・フェランテ - バッキング・ボーカル• エリザベス・マーチ - バッキング・ボーカル• スティーヴ・ハイデン - バッキング・ボーカル 脚注 [ ].

次の

ルー・リードRCA/アリスタ期ボックスセット|2016年10月発売|HMV&BOOKS online

ルー・リード

ルー・リード、本名ルイス・アラン・リードは1942年の3月2日、ニューヨーク州ブルックリンの病院で生まれた。 父親が税理士で家はロングアイランドのフリーポートにあり、リードは裕福な家庭で育っていく。 最初に触れた音楽は、8歳か9歳の頃に親から習わされたクラシック・ピアノだった。 しかしそれよりも興味を引いたのは、ラジオから流れてくる音楽だった。 はじめはポップスばかりだったが、50年代半ばになると、生涯に渡ってずっと好きだったというドゥー・ワップ、そしてロックン・ロールが流れてくるようになった。 リードは、ラジオから受けた影響についてこのように話している。 「ラジオでロックンロールを聞いていなかったら、この世に意味のある人生が存在するとは思えなかっただろう。 (中略) 映画は心に響かなかった。 テレビもだめ。 ラジオが俺を救ってくれたんだ」 リードを特に惹きつけたのは、ロックンロールで何度も繰り返される典型的なスリーコードだった。 「あの最も基本的なロックンロールのコード進行ほど感心したものはほかにない。 (中略) 耳について離れないあのコード進行にメロディを乗せられたら素晴らしいと思わないか? それに、ひとつのコードからもうひとつのコードへの進行と同じくらい、シンプルでエレガントで内容のあるリリックが加わったら素晴らしいと思わないか?」 ラジオからスリーコードのギターの弾き方を学んだルー・リードは、高校に入るとバンドを組んで人前で歌うようになった。 そして1964年にジョン・ケイルと出会うと、その翌年にヴェルヴェット・アンダーグラウンドを結成したのだ。 1967年にリリースされたデビュー・アルバム『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ』は、シンプルなロックンロールのコード進行の魅力が十分に詰まった内容となっている。 ルー・リードが残した数々の作品の中で、特にシンプルなロックンロールを味わえるのが1989年のアルバム『ニューヨーク』だ。 70年代以降、リードはロックンロールを継続しつつも、ノイズ音楽やジャズ、ファンク、そして80年代に入るとシンセサイザーやドラムマシンを取り入れるなど、積極的に新しい要素を取り入れていった。 しかしそういった野心的な創作活動は、一般のロックファンには中々受け入れられず、80年代後半にはメインストリームとは無縁のアンダーグラウンドな存在となっていた。 『ニューヨーク』はそんなイメージを払拭し、1973年のアルバム『ベルリン』以来のヒットを記録、今ではルー・リードの代表的なアルバムのひとつに数えられている。

次の