足 の 親指 しびれる。 しびれた!立ち仕事で足の親指がしびれる原因は?対処法もお教えします!

足の指にしびれが。これって一体……?専門家に聞いてみた!

足 の 親指 しびれる

1 足の甲が痛む原因は神経ではない? 足の甲が痛む原因は神経とは限らない ヘルニアになり、歩いたり立ったりしている時の足の甲が痛くなる。 この痛みの原因は、神経ではないことが多いです。 神経以外で考えられる原因は筋肉。 筋肉が固まってしまうと痛みの原因になります。 歩くとか立っている時は筋肉を使っています。 そういう時に痛むなら、やはり筋肉が原因ですね。 2 親指のしびれや感覚が鈍い原因も神経ではない? 親指のしびれの原因は神経とは限らない 腰のヘルニアになると、親指がしびれたり感覚がちょっと鈍くなることがあります。 このしびれの原因は、神経の場合もあれば筋肉の場合もあります。 他に出ているヘルニアの症状全体から判断して、どちらが原因でしびれたり感覚が鈍くなっているのかを見極める必要があります。 3 神経が原因?筋肉が原因? 腰のヘルニアで足の甲が痛い、親指しびれて感覚がおかしい。 こういう場合、神経と筋肉どちらが原因なのか? 詳しく解説しますね。 3-1 こんな状態なら神経が原因 足の甲や親指の症状が、こんな場合なら神経が原因の可能性が高い例を挙げてみます。 足首を動かせない• 足首から先の感覚がない• 親指をまったく動かせない 腰のヘルニアになり、足首から先がこんな状態なら神経が原因と考えられます。 この状態でさらに、膀胱直腸障害など重度の神経症状が出ているなら手術が必要と思われます。 3-2 こんな状態なら筋肉が原因 足の甲や親指の症状が、こんな場合なら筋肉が原因の可能性が高い例を挙げてみます。 歩いているとだんだん痛みやしびれが強くなる• 時々、痛みもしびれもないことがある• 朝起きた時に痛みが強い日がある• お風呂上りは痛みやしびれが少し弱くなることがある こういった状態なら、筋肉が固まったことによる足首の痛みや親指のしびれと考えられます。 筋肉が原因のこういった症状を、 筋膜性疼痛症候群と言います。 4 足の甲や親指の症状はここが原因になりやすい 腰のヘルニアで、足の甲が痛むとか親指がしびれたり感覚が少しおかしい。 この症状の原因が筋肉にある。 そんな場合はどこの筋肉が原因になりやすいのかを解説します。 4-1 股関節の筋肉 股関節の筋肉が原因で足の甲に症状が出る 足の甲が痛むとか親指がしびれる場合の原因1つ目は、股関節周囲の筋肉です。 この辺りの筋肉が固まると、脛、足の甲、親指やつま先などに症状が出やすくなります。 4-2 脛の筋肉 脛の筋肉が原因で足の甲に症状が出やすくなる 足の甲の痛みや、親指のしびれの原因になりやすい筋肉2つ目は脛の筋肉。 股関節周りの筋肉が主な原因ですが、足の甲までつながっている脛の筋肉も痛みやしびれの原因になりやすいです。 4-3 その他 股関節周りや脛の筋肉以外にも、腰やお尻の筋肉が原因で足の甲に症状が出ることはあります。 5 足の甲や親指に症状がある時の注意点 足の甲が痛む、親指がしびれたり、感覚が鈍くておかしい。 そんな症状が出ている時の注意点をお伝えします。 5-1 運動不足は関係ない 腰のヘルニアになり、足の甲に症状がある。 その原因が筋肉の場合でも、運動不足とは関係ありません。 運動が不足しているから足の甲が痛くなったり、親指がしびれたりするのではないということ。 そうではなく、筋肉に疲労がたまりすぎた結果、固まってしまい症状が出ているということですね。 5-2 歩けば治るわけではない 足の甲の症状は筋肉に原因があるなら、歩けば良いのでは?と思ってしまう方が多いです。 ですが、歩くから良くなるわけではありません。 筋肉が原因ということは、仕事や日常生活で筋肉を休めることが必要なのです。 5-3 無理に動かそうとしない 足の甲が痛むとか、親指に症状がある。 その時に、無理に動かそうとする必要はありません。 無理に動かしたから良くなるということでもないのです。 つま先立ちや、足の指でタオルを引き寄せる運動もしなくて大丈夫ですからね。 6 足の甲の症状はどうすればいいの? 足の甲に症状がある場合、どうすれば良いのかについて解説します。 6-1 神経が原因で症状が出ている場合 足の甲の痛み、しびれ、感覚が鈍い、動かないなどの症状がある。 そして、それらの原因が神経にあるなら病院での治療が必要です。 麻痺に近い症状になっていて、日常生活がかなり困難なら手術になることも考えられます。 6-2 筋肉が原因で症状が出ている場合 足の甲が痛い、ビリビリする。 それらの原因が筋肉にある場合なら、筋肉に対しての施術が方法の1つとしてあります。 トリガーポイント鍼療法という、筋肉に対して施術をする方法です。 7 最後に 足の甲が痛むだけではなく、親指がしびれたり、動かしづらいという症状。 かなり不安になるかと思います。 実際、神経が原因のこともあれば、筋肉が原因のこともあります。 どちらが原因かは総合的に判断する必要がありますが、すべて神経が原因ということではありません。 筋肉が原因のことも多くあります。 そして、筋肉が原因の場合は筋肉が固まっているだけですし、神経自体は正常ということにもなります。 不安になることも多いかと思いますが、回復を目指して治療や施術を受けていただければと思います。 まとめ• 腰のヘルニアで足の甲に症状がある場合、神経だけが原因ではなく筋肉が原因のことも多くある• 神経が原因の場合、筋肉が原因の場合とあるが、どちらも症状に違いがあるので総合的に判断する必要がある• 筋肉が原因なら筋肉が固まったことが原因で、神経自体は壊れてしまったわけではないと言える.

次の

ヘルニアで足の甲が痛み親指がしびれる時ってどうすればいいの?

足 の 親指 しびれる

見た目に異常はないのに、足の指にしびれを感じるという人はいないだろうか。 勉強や仕事のときの姿勢が悪いのか、食べ物が悪かったのか、それとも外傷なのか。 病院に行くにしても、何科に行けば良いのか分からないと言う人もいるのでは。 そこで、足の親指にしびれがある場合に考えられる原因について、東京身体療法研究所の山田光敏先生に尋ねてみた。 足の親指がしびれるという症状の原因として考えられるのは、主に次の通りです。 中でも特に最近増えてきているというしびれの原因について、さらに聞いた。 足の形に合わない靴を、デザイン性などを優先して我慢して履いていることによって内側足背皮神経を圧迫し親指がしびれてしまいます。 こういったしびれは靴を履いていないときにはしびれが起きないので、個人でも判別してみてください」(山田先生) オシャレのためには我慢も必要とはよく言うが、それも健康な体があってこそ。 オシャレを楽しみながらも、自分の足の健康は大切にしたいものだ。 「次に肥満や痩せが原因の場合です。 こういった人が椅子に深めに座ると、椅子の縁の部分で太ももの裏側を圧迫し膝下部分の血行を悪くします。 この場合は、歩き始めるとしびれが軽くなったり消失したりします」(山田先生) そもそも太り過ぎも痩せ過ぎも、健康のためには良くないことである。 過度なダイエットや暴飲暴食は控え、健康な生活を心がけることで、防ぐことができることもあるようだ。 でも持続的にしびれがあるといった場合、どういった専門医で受診すればよいのだろうか。 「しびれは多くの病気を原因として起こる可能性があるものなので、しびれ方によっても受診すべき科が違ってきます。 お酒やたばこをやめるようにし、脂っこい食べ物や炭水化物の多い食事を控えるようにします。 夜は早目に休むようにし、適度な運動を行い、ストレスに強い体作りも症状改善に効果的です。 適切な治療とともに食事の改善や運動と言った薬だけに頼らず、生活からの見直しが重要です。 特に朝方や日中水分を取っていなかったときに急に起きたりします。 しびれというのは体の異常サインの一つです。 病気が原因かどうかも重要ですが、しびれを感じ始めたらなるべく早めに診察を受けられることをお勧めしたいですね」(山田先生) 痛みや発熱などの症状に比べ、気がつきにくく我慢しがちであるしびれ。 指先以外の病気の症状である可能性もある。 しびれが体からの不調のサインと感じた際には、見逃すことなく専門医で受診してみてほしい。 ではで、皆さんの意見を募集中だ。 あん摩マッサージ指圧師、鍼師、灸師の国家資格を持ち、美容整体の元祖として知られ、著書は50冊以上。 テレビやラジオ、雑誌には1000回を超える取材実績を持ち、海外のテレビや雑誌にも取り上げられている。 (Oshiete Staff).

次の

足の親指の骨にヒビが入った痛み。東京都葛飾区から来院。

足 の 親指 しびれる

スポンサードリンク 足の親指が片方だけしびれる人の治し方、考えられる病気・足以外や足の指自体の原因、まず何科に受診すればという疑問にお答えします! ・正座をしていて足が痺れて立てないという経験は、誰しも一度はあるかと思います。 しかし、親指だけに痺れを感じることはあまりありませんよね。 足の親指だけに見られる痺れには意外な病気が隠されている可能性があるので侮れません。 「足の親指の外側がしびれるので他の病気もないか心配で整形外科に来ました……」 あなたも同じような経験はありませんか?私の整形外科にはこのような患者さんがおおく来院されます。 つい先日も「足の指にしびれが…」という患者さんがいてレントゲンで腰をみたりしましたが、腰には病気は見つからず足の外反母趾の治療をして安心して帰られた方がいらっしゃいました! 今回は、足の親指に痺れを感じた時の治し方や、片方だけに考えられる病気とその原因、そして何科を受診すればいいかをまとめました。 例えば長い時間正座をしていて足に負担をかけている場合は、ふくらはぎをマッサージして血液の流れを促しましょう。 そうすることで足の親指の痺れはかなり改善されます。 また、足首をぐるぐる回すことや、膝の曲げ伸ばしも有効ですよ。 私の祖母は足が痺れた時に、よくこの方法を行っていました。 昔からの教えですね。 そして、冷えや、つま先の細い靴が原因でしびれている場合は、つま先の血液循環を良くしましょう。 シャワーを湯船に浸かる事に変えるか、洗面器にお湯を張って足だけ浸け5分程足湯をしてみると痺れは解消されますよ。 気持ちがいいのでぜひやってみてください。 足の親指のしびれが症状の病気をご紹介します。 足自体の原因とそれ以外によって症状が違うのでよく確かめてみてくださいね。 足自体の原因であれば緊急を要することは少ないのでご確認を! 片方の足だけに起こることが多く、両足がしびれる場合は腰のヘルニアの症状が強い人や糖尿病性の場合もあるので気をつけていきたいですね。 スポンサーリンク 足以外の原因 痛風 足の親指の付け根が痛むことが一般的に知られていますが、 長期的な痺れも症状として起こります。 体内の老廃物である尿酸が排出されず、関節部分に溜まって痛みを引き起こします。 糖尿病性ニューロパチー 糖尿病の症状として 初期段階に見られるのが、足の親指のしびれです。 血液の流れが悪くなるため、神経の働きが弱くなり、感覚が鈍くなります。 最終的には感覚が無くなり壊死するか、足の親指の切断を選択させられる危険性がありますので要注意。 脳梗塞・脳出血等の脳の疾患 脳内で出血を起こすと手足に命令を出す神経を圧迫するため、手足の痺れが起こります。 ダメージを受けている脳の反対側の手足がしびれたり、動かしずらくなったりします。 その他、ろれつが回らない、吐き気がするといった症状もある為、足の親指の痺れ以外にも症状がある場合は早急に病院へ行きましょう。 椎間板ヘルニアなど腰の疾患 骨と骨の間にある椎間板が飛び出して神経を圧迫し痛みが起こるのが椎間板ヘルニア。 足の神経は腰から出ています。 椎間板ヘルニアで圧迫される神経は足にもつながっている為、しびれを起こすという原因になっています。 普段から椎間板ヘルニアや腰の患者さんを多くみてますが、親指だけしびれるというのはかなりレアなケースだけですね。 しびれがある場合は、だいたいの人がお尻や太ももの後ろ側にあることが多いです。 まずレントゲンや足の神経の異常を調べてもらう事が先決でしょう。 最近よくみかける、ペインクリニックも同様に痺れの治療も診てくれますよ。 また、 痺れ以外の症状として頭痛、吐き気、急な体重の変化があった場合は脳神経外科か内科を受診してみてください。 よくある事と甘く考えずに、体の異常を知らせるサインを見逃さないようにしてくださいね。 血行を良くすることを心がけてもよくならない時は、すぐに病院へ。 気になる!健康記事ランキング•

次の