髪 を サラサラ に する 方法 中学生 男子。 髪の毛をサラサラにする方法&髪をツヤツヤにする方法

髪をサラサラにする方法【男性編】!洗い方ひとつで髪質も変えられる?

髪 を サラサラ に する 方法 中学生 男子

まずは髪を洗う前のブラッシングから お風呂なんか早く入ってテレビが見たい! 適当に全身洗って風呂上がってからビール飲も! とか、やりたいことや、やらないといけないことが多すぎて、ついついお風呂の優先順位って下がりがちです。 ちゃちゃっと服を脱いで、ササっと体と髪を洗って、さっとお風呂に浸かって、みたいな流れでシャンプーを適当にやってる感じだとまずいですね。 サラサラな髪が遠くに逃げてしまうだけでなく、抜け毛だって防止できません。 実は、サラサラな髪への道は髪を洗う前から始まっています。 少し手間かもしれませんが、しっかりここで手をかけてあげましょう。 髪を洗う前にかける手間というのは、 ブラッシングです。 なぜ髪を洗う前にブラッシングが必要かというと、髪を洗う際にはできるだけ髪や頭皮に負担をかけたくないんです。 だから、髪の毛の表面や根元についた皮脂、ホコリ、ゴミなどの汚れを少しでも取ってあげる必要があるんですね。 男でも髪の長い人だと、絡まった髪の毛をほどくっていう意味もあります。 入浴前のブラッシングだけでも髪を洗う時の髪への負担を大きく軽減することができます。 面倒くさがらずにしっかりやりましょうね。 念のためですが、使ったブラシは意外に汚れます。 汚れが見え始めたらちゃんと洗ってブラシも清潔にしておきましょう。 しっかりお湯に浸かる ブラッシングで髪を整えたからといって、すぐに髪を洗うことは控えましょう。 ゆっくりと 汗が出るくらいにお湯に浸かることをおすすめします。 というのも、ゆっくりとお湯に浸かることで体の血行が良くなって、頭皮の毛穴が開きます。 そうすると頭皮や毛穴の汚れや皮脂が落ちやすくなるんです。 また、できれば入浴前にお白湯を飲んでおくのもオススメです。 どうしても入浴中は水分が不足しがちなので、水分を補給することで血液の循環がスムーズになりますし、当然汗もかきやすくなります。 冷たい水よりお白湯の方が体に優しいので、可能であればお白湯にしましょうね。 ゆっくりお湯に浸かることで髪を洗う際の効果が高まるだけでなく、代謝アップもできて一石二鳥です! シャンプーするときのポイント さあ、これでやっと髪を洗う準備が整いました。 でもシャンプーするのはまだ少し待ってください! シャンプーの前に、シャワーで頭皮をもみ洗いしながら、 髪の毛と頭皮をたっぷりと濡らしましょう。 たっぷりと髪の毛と頭皮をお湯で濡らした後、適量のシャンプーを手に取ります。 適当なシャンプーの量は髪の長さにもよりますが、 ポンプ式なら通常男性で1プッシュです。 シャンプーは少なすぎると泡立ちが悪くなって汚れが落ちにくくなってしまいますが、多すぎると頭皮への刺激が強くなりすぎますから。 手に取ったシャンプーは、数滴お湯を加えて軽く泡立ててから頭全体にまんべんなく行き渡るようにしましょう。 くれぐれも 原液を直接頭皮につけることがないように! 洗い方は、 指の腹を使ってマッサージするように洗うのがコツです。 爪を立てたりこすったりして洗うと頭皮を傷つけてしまうので気をつけましょうね。 髪の根元に指を入れて、小刻みに動かしながらマッサージすることで、頭皮もほぐれていきます。 髪の生え際から頭頂部へと徐々に指を進めていきます。 マッサージしながらのシャンプーで血行のよくなった頭皮からは、老廃物の排出も促されますよ。 そうすると、頭皮の環境が整えられ、サラサラな髪の成長に必要な栄養素が頭の隅々までいきわたりやすくなります。 あとは、シャンプーをどうするかですが、髪や頭皮に優しい、 ノンシリコン・弱アミノ酸系のシャンプーがオススメです。 参考までに男性におすすめのシャンプーを紹介しておきます。 ノンシリコン、弱アミノ酸系のシャンプーで美容師さんもおすすめするシャンプーです。 すすぎもしっかり シャンプーの 洗い残しがないようにしっかりすすぎましょう。 男性はついついシャンプー後のすすぎに手を抜きがちですが、長めの髪の場合には、5分程度すすぐぐらいの気持ちが必要です。 せっかくしっかりと髪を洗ったのに、すすぎがいい加減だと、シャンプーが流れきれずに頭皮に残ったままになってしまいます。 そうすると、せっかくの頭皮環境が悪化し、フケ、かゆみ、抜け毛の原因になってしまうんですね。 ですので、少し長いかなと思うぐらいの時間はかけましょう。 コンディショナーのポイント シャンプーをしっかりすすいだ後は、トリートメントですね。 トリートメントの適量ですが、男性の髪だと 1プッシュ分が目安の量になります。 手に取ったトリートメントを薄く両手のひらに伸ばし、髪の毛先の方に付着させます。 この時、 頭皮には付着させないように気をつけてくださいね。 というのも、もともとトリートメントは髪を保護するために油分を含みます。 そのトリートメントの油分が頭皮についてしまうと、せっかくシャンプーで皮脂を洗い流したことが台無しになりかねませんから。 女性がトリートメントする場合には手で髪をプレスしながらつけていくことができますが、男性はそこまで髪が長くないので頭皮につけないようにするのは少し難しいかもしれません。 でもできるだけ頭皮につけないことを意識しながらやりましょう。 トリートメントをすすぐときも、 丁寧にすすがないといけないことはシャンプーの場合と同じですよ。 参考までに男性におすすめのトリートメントを紹介しておきます。 ノンシリコン、弱アミノ酸系のトリートメントを美容師さんもおすすめしています。 乾かし方のポイント 乾かす際も髪を十分にいたわってくださいね。 ドライヤーの熱の負担を軽くするためにも、 まずはタオルドライから。 でも、タオルでゴシゴシやりすぎないように。 髪を軽く押さえながらタオルに水分を吸収させるようにしてください。 これは、濡れた状態の髪はキューティクルが壊れやすくなっているからなんです。 濡れた髪の状態で強くゴシゴシとやってしまうと、キューティクルが壊れかねません。 ある程度タオルドライできればドライヤーで乾かします。 熱で髪が痛まないよう、10センチ以上は髪から話すようにしてドライヤーを使います。 また、同じ場所に熱風を当て続けても良くないので、ドライヤーの頭を左右に振りながら乾かしてください。 濡れた髪に雑菌が繁殖して臭いやかゆみの原因になりかねないので、十分に乾かしましょう。 ただ、完全に乾かしてしまうと、それはそれで髪に必要な水分まで奪われかねないので注意が必要です。 理想なのは、 8割がた熱風で乾かした後、残り2割は冷風で乾かすようにすることです。 まとめ 男性だってサラサラ髪になりたい!っていう願いを実現するための方法を見てきました。 単にシャンプーすれば良いっていいうわけではないので、手間がかかりますね。 なんでもそうですが、欲しいものを手に入れるためには労力を厭わないことが大切なんでしょうか。 毎日少しずつの積み重ねがサラサラ髪を実現します。 男性諸氏もサラサラの髪になる方法を実践して、ぜひ憧れの髪を手にしてくださいね。

次の

男性の髪をサラサラにする方法・正しいヘアケアとは

髪 を サラサラ に する 方法 中学生 男子

紫外線によるダメージ• カラーリングやパーマのダメージ• 間違ったシャンプーを使っている• シャワー後に髪を乾かさない• 乾燥 代表的なところですと、こんなところになります。 簡単にそれぞれ説明していきます。 紫外線によるダメージ 髪は紫外線を浴びる事で、髪はダメージを受けてぱさついた印象を与えてしまいます。 夏を過ぎた後に、急激に髪のダメージが気になり始めた人も多いのではないでしょうか? 髪はケラチンと呼ばれる、タンパク質の仲間が結合しない、形成されています。 しかし紫外線は、この結合を切り離して、髪に深刻なダメージを与えます。 切れ毛の他にも、髪の色素を分解するので、髪の脱色にも繋がります。 カラーリングやパーマによるダメージ カラーリングやパーマ、縮毛矯正は、強制的に薬剤でキューティクルを開いて、髪の内部に薬剤を浸透させます。 出典: 通常は、キューティクルとキューティクルの隙間をCMCと呼ばれる 細胞膜複合体がしっかりと保護しているのですが、薬剤を影響を受けると、このCMCは流出してしまいます。 一度流出したCMCは髪が生え変わらない限り、復活しません。 間違ったシャンプーを使っている シャンプーは日々のヘアケアの中でも、とても重要な役割を果たしています。 しかし、そんな重要な役割を担うシャンプーで、髪に大きなダメージを毎日与えている可能性もあります。 特に安価で売られているシャンプーには要注意です。 髪にダメージを与える代表格の成分が『硫酸系』と呼ばれる洗浄成分を使ったシャンプーです。 硫酸系のシャンプーは、『ラウレス硫酸ナトリウム』『ラウリル硫酸ナトリウム』などの成分が配合されたシャンプーの事を指します。 これらは、泡立ちがよく、一見すると爽快にシャンプーが出来るので見栄えは良いです。 しかし、洗浄力が強く、頭皮への刺激もある為、髪のキューティクルを傷つけて、サラサラヘアを目指すあなたには、不向きの成分と言えます。 シャワー後に髪を乾かさない シャワーの後にヘアドライヤーをしない人も、知らないうちにキューティクルを傷つけている可能性があります。 1、シャンプーを変える 2、シャンプーのやり方を変える 3、トリートメントを変える 4、頭皮マッサージ 5、ヘアローションを試してみる 6、洗い流さないトリートメントを使う 7、ドライヤーを変える 8、ストレスを溜め込まない 9、獣毛のヘアブラシ 10、充分な睡眠を取る 11、食事を変える 12、適度な運動 13、紫外線対策 14、傷んだ箇所のヘアカット 15、カラーやパーマをやりすぎない これが髪をサラサラにする方法です。 それでは1つづつご説明していきます。 1、シャンプーを変える やはり毎日出来るヘアケアとして、真っ先におすすめしたいのが シャンプーです。 髪をサラサラにおすすめのシャンプーは『ノンシリコンシャンプー』がおすすめです。 ノンシリコンシャンプー、軽やかな仕上がりが特徴的で、サラサラの質感に仕上げてくれるシャンプーです。 ただし、注意しないといけないのがノンシリコンシャンプーならどれでもOKと言う訳ではありません。 上記の『間違ったシャンプー』でもご紹介したように、『硫酸系シャンプー』は控えた方が良いでしょう。 おすすめは髪や頭皮に優しい、洗浄成分が穏やかな『アミノ酸シャンプー』がおすすめです。 アミノ酸シャンプーは、髪の潤いや艶感に必要な油分はしっかりと残しながら、優しく髪を洗える優秀なシャンプーです。 2、シャンプーのやり方を変える せっかく良いシャンプーを使っていても、もしかするとあなたのシャンプーのやり方は、シャンプーに含まえる成分をしっかりと活かす事が出来ていないかもしれません。 シャンプーのやり方のポイントは、シャンプー前にしっかりとすすぎをおこなう事が重要です。 しっかりと髪をすすいでおく事で、髪に付着した、余分な油分やホコリを洗い流す事が出来ます。 これによりシャンプーに含まれる成分を、充分に活かす事が出来ます。 上記でご説明した『アミノ酸シャンプー』は、洗浄成分が穏やかで刺激が少ない反面で、泡立ちが劣る場合もあります。 特にスタイリング剤を使用している髪なら、泡立ちにくさを感じるかもしれません。 アミノ酸シャンプーを使う場合は、特にすすぎを意識しておきましょう。 こちらの動画のシャンプーのやり方が非常に参考になるので、是非ご覧下さい。 シャンプーは自宅で簡単に出来るホームケアですので男性もシャンプーを見直す事で髪質の改善に繋がります。 是非メンズも取り入れて下さいね! 3、【くせ毛の人におすすめ】トリートメントを変える トリートメントもシャンプー同様に、サラサラの質感に導いてくれるのは、ノンシリコン処方のトリートメントやコンディショナーです。 そしたらノンシリコンシャンプーの、トリートメントを買えば、トリートメントももちろんノンシリコンだよね? 実はこれは間違いです。 ノンシリコンシャンプーの同ラインのトリートメントでもシリコンが入っているトリートメントは多く売られています。 『ノンシリコンシャンプーの同ラインのトリートメントを買ってみたけど、全然サラサラにならない』こんな人は、もしかするとシリコンが入ったトリートメントを使っている可能性があります。 ノンシリコンのトリートメントを探すのは、難しいのでチェックしたい人はこちらをご覧下さい。 4、頭皮マッサージ 頭皮マッサージをする事で、頭皮の血行促進に繋がります。 血行が良くなる事で新陳代謝が活発になります。 髪の栄養も血管を通して頭皮まで運ばれるので、血流を良くする事で、健康的で美しいサラサラヘアを手に入れる事に繋がります。 頭皮マッサージのやり方をチェックしたい人は、こちらの動画をチェックして下さい。 ちなみに頭皮と顔の皮膚は1枚で繋がっています。 頭皮のたるみは、顔のたるみに直結します。 フェイシャルケアは力を入れていても、頭皮ケアに力を入れている人は、少ないのではないでしょうか? 頭皮をしっかりとマッサージでケアする事で、リフトアップ効果も期待出来るので、一石二鳥です。 5、ヘアローションを試してみる 頭皮が乾燥すると、血行不良を招き、ぱさついた髪の毛の原因に繋がります。 更には、乾燥した頭皮を守る為に、過剰な油脂が発生してしまい、頭皮の臭いや、フケの問題も発生します。 ヘアローションは、頭皮の美容液です。 頭皮もお肌同様に、栄養や潤いを必要としています。 頭皮をケアする事で、頭皮環境が整い、正常な毛髪サイクルをおこなう事が出来ます。 しっかりと頭皮にも潤いと栄養を送ってあげましょう。 6、洗い流さないトリートメント(ヘアオイル・ヘアミルク)を使う — 12月 10, 2017 at 10:21午後 PST サラサラの質感にしたい場合は、洗い流さないトリートメントは『ヘアミスト』がおすすめです。 ヘアミストは、ヘアオイルやヘアミルクと比較して、油分の比重が少ないので、サラサラの質感になりやすいです。 『アウトバスのトリートメントは、重くなりすぎるけど、何も付けないのも、ぱさついて嫌』と言う人は、ヘアミストがおすすめです。 洗い流さないトリートメントは、キューティクルを保護してくれたり、艶感を出すのにおすすめです。 それからも香りもいい匂いの製品が多いです。 艶髪になりたい方法を探している人にもおすすめです。 7、【サラサラツヤツヤにする方法】ヘアスプレーを使う 髪をスプレー1つで綺麗でサラサラにしてくれるヘアスプレー 毎日使っている人も多いのではないでしょう。 おすすめは『ロレッタのキラキラシュー』髪をサラサラかつ艶のある髪に整えてくれます。 サラサラツヤツヤにする方法として、とても人気のヘアスプレーです。 8、ドライヤーやアイロンを変える — 9月 1, 2017 at 3:49午前 PDT ヘアブラシは、動物の毛で作られた天然毛(獣毛)のヘアブラシをおすすめします。 天然毛のヘアブラシは、静電気に強く、ブラシには動物の油分が含まれているので、髪に自然な艶を与えてくれます。 それから髪がぱさつくと言う人は、朝のヘアセットの時にブラッシングする事をおすすめします。 人は寝ている間に、頭皮から油分が分泌されます。 これはもっとも髪馴染みが良い『ワックスエステル』と呼ばれ、トリートメント効果抜群です。 朝にブラッシングしてあげる事で、このワックスエステルが髪全体に馴染み、潤いを行き渡らせてくれます。 10、充分な睡眠を取る 睡眠時間の充分な確保は、髪の毛だけではなく『美容』にとっては欠かせません。 特に美容に重要なゴールデンタイムは22時〜深夜2時と言われています。 この時間の間に成長ホルモンが分泌され、新陳代謝をおこないます。 正常な新陳代謝は美髪にとって欠かすことの出来ません。 もし睡眠に難がある人は、意識して睡眠時間を確保する必要があります。 11、食事を変える 油分の多い食事や、添加物の多い食事が中心となっている人は、食事を見直す必要があるかもしれません。 油分が多い食事を過剰に摂取する事で、頭皮環境の悪化に繋がります。 脂性を誘発したり、臭いの原因に繋がります。 また、サラサラヘアの観点からいくと、油分で髪のボリュームが無くなり、サラサラとは程遠い状況になってしまいます。 特に髪の95%は、『タンパク質』で作られているので、タンパク質の多い食事は積極的に摂取する必要があります。 タンパク質の多い、代表的な食事として、 ・肉類 ・大豆 ・乳製品 などが挙げられます。 特に女性のおすすめのタンパク質は『大豆たんぱく質』です。 大豆に含まれる大豆イソフラボンには、女性ホルモンに似た働きをする事で有名です。 積極的に大豆は摂取したいところです。 最近では大豆タンパク質を中心にした、プロテインも販売されているので、上手に使っていきたいところです。 その他の髪にいい食材としては、ビタミン類を多く含む、緑黄色野菜、亜鉛を含む、牡蠣などがおすすめです。 12、適度な運動 きつくなく、毎日続けられるゆるやかな運動は、血行を促進してくれます。 これにより、血流が良くなり、頭皮の毛細血管にも充分な栄養と酸素の供給をサポートしてくれます。 ゆるやかな運動は有酸素運動がおすすめです。 続けられるように、最初はウォーキングなどからスタートして下さいね。 13、紫外線対策 紫外線は、髪の内部に損傷を与えてしまいます。 更に紫外線には、活性酸素と呼ばれる『老化』の原因にもなる成分を体内に発生させます。 ですので日差しの強い日は、帽子や日傘を差すなどして、UVケアをおこなう必要があります。 おすすめは『飲む日焼け止め』と呼ばれる、UV対策のサプリメントです。 紫外線に強い植物の働きで、日焼け止めや日傘を差さずにUVケアをする事が出来ます。 14、傷んだ箇所のヘアカット 髪は『死滅細胞』です。 一度傷んでしまった、髪の毛は自力で生まれ変わる事は出来ません。 例えば目玉焼きを想像してみて下さい。 生卵をフライパンで加熱すると、タンパク質が変性して固まって目玉焼きになります。 髪もタンパク質ですので、一度変性を起こした髪の毛は、元通りにはなりません。 ですので、大切な髪の毛ですので辛いですが、カットしなければならない場合もあります。 ヘアカットする事で、あなたの髪の毛は、サラサラに状態に近づけるかもしれません。 担当の美容師さんと相談して、髪の状態を見ながら判断して下さいね。 15、カラーやパーマをやりすぎない これはなかなか難しい事ですが、本当に髪のことを考えると、カラーやパーマの施術を控えるのが1番です。 パーマやカラーの薬剤には、どうしても髪のキューティクルにダメージを与えてしまいます。 キューティクルが痛むと、それだけで傷んで見えてしまい、当然艶は無くなります。 ぱさついて見えるので、サラサラにもなりくくなります。 カラーに関して言えば、『グラデーションカラー』と言って、毛先を明るくして、頭皮の部分は暗めにして、髪が伸びても目立ちにくくするカラーもあります。 ヘアカラーする時に美容師さんに訪ねてみて下さいね。 もしくはカラーリングの予約の段階で確認しておく事をおすすめします。 16、美容院やサロンで髪をサラサラにする方法 美容院やサロンなら必ずと言っていい程、コースが用意されているスペシャルケアトリートメントもおすすめです。 値段は張りますが、ホームケアだけでは難しいプロの施術を体感出来ます。 まとめ 今回は髪をサラサラにする方法をご紹介させて頂きました。 髪の毛がぱさついて悩んでいる人や、サラサラヘアに憧れる人は是非実践してみて下さいね! あなたの髪の悩みが解決出来たら嬉しいです。 今回のまとめ.

次の

髪をストレートにする方法7選!簡単にさらさらヘア!

髪 を サラサラ に する 方法 中学生 男子

さらさらな髪の毛レベルってどのぐらい? さらさらな髪の毛にしたい!って思っても、そもそも『さらさら』はどのくらいのレベルなのか?よく分かりませんよね。 一般的にさらさらな髪の毛と言うと、手グシで髪の毛をとかした時に引っかかりがなく、スルッと抜ける。 そのぐらいがさらさらと呼べるレベルではないでしょうか。 とは言え男子中学生なのでロン毛は校則違反でしょうから風を浴びたときに髪の毛が束にならず1本1本揺れるぐらいであればOKでしょう。 それと、さらさらイメージの定番、天使の輪が出来ていれば完璧です。 お風呂に入る前に必ずブラッシングする! 中学生くらいになれば朝髪の毛をブラッシングして登校しますよね。 ブラッシングすることにより絡み合った髪の毛をとかしてくれ、さらさらにしてくれます。 ではお風呂に入る前はブラッシングをしていますか? おそらく入浴前にブラッシングしているのは女子力を上げたい女子だけではないでしょうか。 ブラッシングしてから頭を洗うことには意味があり、 絡まった髪を解してくれ、1日の汚れを浮かせてくれる効果があるのです。 絡み合ったまま、汚れがついたままだと、一生懸命シャンプーをしてもなかなか汚れは落ちてはくれません。 「どうせ頭洗うんだし髪の毛とかすのメンドクセー」と言わずさらさらのためにブラッシングしましょう。 しっかりシャワーで洗ってからシャンプーをする! いきなりシャンプーを開始していませんか? シャンプーをつける前に1度シャワーで髪を洗いましょう。 正確には髪の毛についた汚れを流すと言うことです。 シャワーは37度くらいが髪の毛にとってベストな温度です。 熱すぎると皮脂を落とし過ぎて頭皮が乾燥肌になってしまったりして髪の毛を痛めてしまいます。 ちょっと温いですが我慢です。 シャワーで汚れを流したら、いよいよシャンプーですが、髪の毛で泡立ててはいけません。 泡立てたシャンプーを髪の毛につけて指の腹で頭皮を洗うようにしましょう。 ゴシゴシ洗いたくなるでしょうが、天使の輪キューティクルが痛んでしまい元には戻らなくなります。 すすぎはとりあえず泡がなくなればOKと思ってサッと流して終了!ではいけません。 せっかく浮き出た汚れが十分落としきれない場合があるので丁寧に洗い流してください。 コンディショナーは必ずつけて欲しいのですが、頭皮に塗りつけるのではなく、髪の毛だけにつけるようにしましょう。 スポンサーリンク 自然乾燥はダメダメ! 髪の毛が短いとすぐ乾くからと言ってそのまま放置している人が多いです。 濡れたままで放置しているとパサパサになったり切れ毛が増えたりします。 これにはちゃんと理由があり髪の毛には天使の輪キューティクルが魚の鱗のように付いているのですが、髪の毛が濡れていると開いた状態になっています。 そのためちょっとした摩擦でキューティクルが傷ついてしまうのです。 面倒だからとタオルでゴシゴシしなんかしてるとさらさらの髪の毛から遠退いてしまいますよ。 自然乾燥するよりドライヤーで乾かす方が髪の毛は痛まないのです。 かといってやっぱり面倒だからと一気に高温のドライヤーで乾かすと、今度はさらさらとは遠く離れたパサパサになってしまいます。 ある程度タオルドライして、ドライヤーと髪の毛が近づき過ぎないように気を付けながら乾かしてください。 乾いてきたら髪の毛の絡みを念入りにとかしつつブラッシングをしながらドライヤーでスタイリングしてください。 まとめ お金をかければ美容室でトリートメントなんかも出来るのですが、普段頭を何気なく洗っている状態から気を付けていれば中学生の男子でもさらさらの髪の毛にすることは可能です。 特に年頃のお姉さんがいるならトリートメントを拝借してつけてみてください。 お小遣いが貯まったら、洗い流さないトリートメントも売っているので、ドライヤー使用時につけるとさらさら感がアップしますよ。 スポンサーリンク.

次の