みなさんのおかげでした 復活。 【衝撃】とんねるず『みなさんのおかげでした』最終回にこっそり超大物が出演してた件 / ネットの声「凄すぎる」「カッコよすぎ」

apps.axisphilly.org: とんねるずのみなさんのおかげでした 全落・水落オープンBOX [DVD]: 石橋貴明, 木梨憲武, 塩原恒夫: DVD

みなさんのおかげでした 復活

ついに、きょう22日 21:00~ に最終回を迎えるフジテレビ系バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』。 30年以上続く長寿シリーズが幕を下ろすことになるが、3月21日にはその歴史が詰まったDVD『とんねるずのみなさんのおかげでBOX』が発売され、4月16日からは新番組『石橋貴明のたいむとんねる』がスタートする。 太田:僕は関さんがプロデューサーの時代にディレクターで入りました。 当時は「ネタラロワイヤル」をやってた頃で、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」が始まった直後だと思います。 大変ありがたいことにあっという間に15 年近く担当させていただいております。 関:僕は2000年から2006年まで。 最初の1年はディレクターをやっていました。 太田:今日一緒ということで、関さんとという意味で一番の思い出は、関さんと一緒に西麻布で深夜に悲嘆に暮れたときですね…。 がフジテレビを定年になるというタイミングで『とんねるずの石田さんのおかげでした』というタイトルで、特番をやらせていただいたことがありました。 僕が番組に来て初めてとんねるずのお2人と密にやらせていただいた企画で、お2人もリスペクトする石田さんに愛を届けようと、まさに全員一丸となって関プロデューサーのもと練り上げた企画でした。 石田さんはむちゃくちゃダンディでファッションにもこだわりがあるんですが、当然生クリームでその服もベタベタになるじゃないですか。 だからADから美術スタッフ、技術さん、僕らまでみんなにカンパを募って超高級なスーツを買って、「石田さん、おめでとうございます! 」ってプレゼントする用意をしてたんですよ。 ただ、その収録のとき、石田さんは別の場所で近しい人とお誕生日会をやってる設定で、お酒も結構入っていたので、スタジオに来てケーキが爆発したら気が動転しちゃったみたいで、結論から言うと、怒って帰っちゃったんですよ。 「関も一平も絶対許さねぇからな! 」って捨てゼリフを残して 笑。 僕らとしては愛を届けたくてやったのが全く本末転倒な展開になってしまって、「どうしよう…」っていう話を関さんと夜中に西麻布でしたんです。 その時に関さんが「俺たちは少なくとも邪な気持ちでやったわけじゃないんだから、最後までやり切ろう」って言ってくれたのを、すごく覚えてます 笑 関:いやぁ、僕もよく覚えてますね。 石田さんは2~3カ月、口を聞いてくれなかったですから。 直筆の手紙を書いて、ご自宅の前まで行っても出てくれなくて…。 太田:きっかけは木梨さんが石田さんを呼んで、みんなでそのOAを見ようっていう会を開いてくださったんですよ。 勝俣 州和 さんとかホリケン 堀内健 さんとか近しい方もお声掛けしていただいて、そこに関さんも僕も呼んでいただき、みんなで一緒に見終わった後に、「石田さんおめでとう」って花束を渡してくださったんですよね。 それでちょっと"アリ"になったような気がします。 関:でも、僕はその後も口を聞いてくれなくて…。 しばらくたって、石田さんが「あのスーツをプレゼントしてくれたのはいいんだけどよ、シャツも汚れちゃったからな。 7万くらいするんだよな」って言われたのが、許してもらったときですかね 笑 太田:それは大事ですね 笑。 僕は番組に入ってすぐの頃で関係性は薄かったので、関さんに対する怒りのほうが大きかったんじゃないですかね。 でも、あらためて番組スタッフへの愛で特番が作れてしまうくらい関係性が深い、すごい番組だなというのを感じましたね。 関:あのケーキのサプライズは1カ月前からテストしていて、あるとき石橋さんが「これって顔からが外れちゃった時にどうするの? 」って。 太田:そこは全力を注ぎました。 予めご了承ください。

次の

とんねるずのみなさんのおかげでした「ぶらり途中下車の肉 (東京) 本田翼/しゃぶトロユッケ丼・熟成牛のステーキ…」

みなさんのおかげでした 復活

普段感じていること、あるいは口には出せないホンネ、はたまた口が裂けても言えない秘密。 30年以上の歴史を誇る『とんねるずのみなさんのおかげでした』(以下『おかげでした』)も、この3月22日(木)を持って最終回に……! 若い世代はともかく、80〜90年代はテレビに釘付けだった女性も少なくないハズ。 翌日の教室で、男子に交じって話が盛り上がった人も多いのでは? というわけで、30〜40代の女性200人を対象に、『おかげでした』の思い出をあらためて振り返ってもらいましょう。 まずは、ちょっといいコメントから! 【30代に聞いた、いい思い出】 「食わず嫌いの食事対決。 演技しているシーンとかすごいなって感じたり、こんなの嫌いなんだーと、芸能人も人なんだなって思うこともしばしば。 お土産のコーナーも面白かった」(35歳・埼玉県) 「こまかすぎて伝わらないモノマネの、『2億四千万〜』のモノマネ、このコーナーはとくに好きでした! 食わず嫌いも好きなタレントのときはよく見ていました!」(31歳・愛知県) 「食わず嫌い。 大竹しのぶと泉谷しげるのポンコツ対決が最高だった」(31歳・埼玉県) 「食わず嫌いが好きだった。 バラエティー出演の少ない役者さんのお話を聞けるのが楽しかった」(38歳・愛知県) 「食わず嫌い王や、拝啓、道の駅よりのコーナーが好きでした。 特番でたまに復活してくれたら嬉しい」(33歳・茨城県) 「物心ついた時から見ていた番組が終わるのは寂しいというより不思議な気分。 食わず嫌い等、好きな企画もあるので、たまにスペシャル番組等で放送してほしい」(34歳・鳥取県) 「とんねるずも好きな芸人さんのうちに入っていて…もじもじ君好きでした… 男気ジャンケンは見ていて楽しい」(38歳・北海道) 「ひとつの時代が終わるんだなという気持ち」(35歳・兵庫県) 「一番好きな番組です。 フジテレビは馬鹿馬鹿しいから終わると思います。 これから楽しみがなくなります。 もう一度見たいのは野猿と矢島美容室です。 あと昔のコントやパロディーはとっても面白かったです」(37歳・東京都) 【40代に聞いた、いい思い出】 「コーナーとしては食わず嫌い王が好きで、かなり豪華なゲストがたくさん出るので楽しみだった。 企画としては『野猿』が面白かった。 正直言って一人一人の見た目は全然かっこよくないのに、歌って踊るとすごくかっこよくなるのがすごかった。 石橋さんと秋元康さんのプロデュース力のすごさを実感した。 今でも結構曲を覚えている」(46歳・埼玉県) 「モジモジくんとか懐かしい」(41歳・兵庫県) 「なぜ終わるのかが不思議です。 素人イジリも面白い、スポーツに詳しいのでスポーツ選手は確実に面白くできる、芸能人の面白さを引き出してきた。 歌手としてもいい、スタッフのネタも面白い…食わず嫌い、ものまね、細かくて伝わらない、モジモジ君、料理、コントなど。 見たいものはたくさんあります。 石橋さんが外で『ん!キミは…』と素人さんをいじる師匠、石田さんのモノマネがまたみたいです」(44歳・神奈川県) 「キョンキョンや明菜ちゃんが出ていたモジモジくん」(48歳・愛知県) 「最近は全然見ていなかったけど、食わず嫌いや細かすぎるモノマネは面白かった。 たまにスペシャルでやったらいいのでは……?」(40歳・神奈川県) 「細かすぎて伝わらないモノマネと水落シリーズが好きです」(43歳・大阪府) 「チェッカーズと一緒にやっていた学園ものが好きだった」(44歳・東京都) 30代が「食わず嫌い王決定戦」「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」など、近年人気だった企画が多かったのに対し、40代は「野猿」や「モジモジくん」といった往年の人気企画を懐かしむ声も多く聞かれた印象です。 あわせて、とんねるずらしい 傍若無人ぶりを肯定的に捉えている声が多かったことも特徴。 バカバカしいことで笑いが取れた懐かしい時代に思いを馳せている人が多いのかも? また、とんねるずの幅広い交友関係があってこそ実現できた豪華ゲストについても言及がチラホラ。 確かに今では考えられないような面々が番組内でバカなことをやるのは、『おかげでした』ならではの光景ですよね。 特番での復活を望む声が多いことは、しっかりファンが付いている証拠と言えるかも?.

次の

<最終回直前!>『みなさんのおかげでした』へ女性200人から賛否の声続々

みなさんのおかげでした 復活

普段感じていること、あるいは口には出せないホンネ、はたまた口が裂けても言えない秘密。 30年以上の歴史を誇る『とんねるずのみなさんのおかげでした』(以下『おかげでした』)も、この3月22日(木)を持って最終回に……! 若い世代はともかく、80〜90年代はテレビに釘付けだった女性も少なくないハズ。 翌日の教室で、男子に交じって話が盛り上がった人も多いのでは? というわけで、30〜40代の女性200人を対象に、『おかげでした』の思い出をあらためて振り返ってもらいましょう。 まずは、ちょっといいコメントから! 【30代に聞いた、いい思い出】 「食わず嫌いの食事対決。 演技しているシーンとかすごいなって感じたり、こんなの嫌いなんだーと、芸能人も人なんだなって思うこともしばしば。 お土産のコーナーも面白かった」(35歳・埼玉県) 「こまかすぎて伝わらないモノマネの、『2億四千万〜』のモノマネ、このコーナーはとくに好きでした! 食わず嫌いも好きなタレントのときはよく見ていました!」(31歳・愛知県) 「食わず嫌い。 大竹しのぶと泉谷しげるのポンコツ対決が最高だった」(31歳・埼玉県) 「食わず嫌いが好きだった。 バラエティー出演の少ない役者さんのお話を聞けるのが楽しかった」(38歳・愛知県) 「食わず嫌い王や、拝啓、道の駅よりのコーナーが好きでした。 特番でたまに復活してくれたら嬉しい」(33歳・茨城県) 「物心ついた時から見ていた番組が終わるのは寂しいというより不思議な気分。 食わず嫌い等、好きな企画もあるので、たまにスペシャル番組等で放送してほしい」(34歳・鳥取県) 「とんねるずも好きな芸人さんのうちに入っていて…もじもじ君好きでした… 男気ジャンケンは見ていて楽しい」(38歳・北海道) 「ひとつの時代が終わるんだなという気持ち」(35歳・兵庫県) 「一番好きな番組です。 フジテレビは馬鹿馬鹿しいから終わると思います。 これから楽しみがなくなります。 もう一度見たいのは野猿と矢島美容室です。 あと昔のコントやパロディーはとっても面白かったです」(37歳・東京都) 【40代に聞いた、いい思い出】 「コーナーとしては食わず嫌い王が好きで、かなり豪華なゲストがたくさん出るので楽しみだった。 企画としては『野猿』が面白かった。 正直言って一人一人の見た目は全然かっこよくないのに、歌って踊るとすごくかっこよくなるのがすごかった。 石橋さんと秋元康さんのプロデュース力のすごさを実感した。 今でも結構曲を覚えている」(46歳・埼玉県) 「モジモジくんとか懐かしい」(41歳・兵庫県) 「なぜ終わるのかが不思議です。 素人イジリも面白い、スポーツに詳しいのでスポーツ選手は確実に面白くできる、芸能人の面白さを引き出してきた。 歌手としてもいい、スタッフのネタも面白い…食わず嫌い、ものまね、細かくて伝わらない、モジモジ君、料理、コントなど。 見たいものはたくさんあります。 石橋さんが外で『ん!キミは…』と素人さんをいじる師匠、石田さんのモノマネがまたみたいです」(44歳・神奈川県) 「キョンキョンや明菜ちゃんが出ていたモジモジくん」(48歳・愛知県) 「最近は全然見ていなかったけど、食わず嫌いや細かすぎるモノマネは面白かった。 たまにスペシャルでやったらいいのでは……?」(40歳・神奈川県) 「細かすぎて伝わらないモノマネと水落シリーズが好きです」(43歳・大阪府) 「チェッカーズと一緒にやっていた学園ものが好きだった」(44歳・東京都) 30代が「食わず嫌い王決定戦」「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」など、近年人気だった企画が多かったのに対し、40代は「野猿」や「モジモジくん」といった往年の人気企画を懐かしむ声も多く聞かれた印象です。 あわせて、とんねるずらしい 傍若無人ぶりを肯定的に捉えている声が多かったことも特徴。 バカバカしいことで笑いが取れた懐かしい時代に思いを馳せている人が多いのかも? また、とんねるずの幅広い交友関係があってこそ実現できた豪華ゲストについても言及がチラホラ。 確かに今では考えられないような面々が番組内でバカなことをやるのは、『おかげでした』ならではの光景ですよね。 特番での復活を望む声が多いことは、しっかりファンが付いている証拠と言えるかも?.

次の