ローファー 冬。 【靴の取り入れ方】ローファーで作るメンズコーデ紹介します

【靴の取り入れ方】ローファーで作るメンズコーデ紹介します

ローファー 冬

きれいめコーディネートの定番であるシャツは、もちろんローファーとの相性が抜群。 ただ、シャツのサイズ感や素材、カラーによっては学生っぽさが出てしまい幼い印象に仕上がってしまうので、注意しましょう。 こちらのコーディネートのようなストライプ柄であれば、モードっぽい印象のコーディネートにります。 素材感もてろんと柔らかな素材なので、コーディネートに動きが出てこなれた印象のコーディネートにまとめてくれます。 タッセル付きローファーで、堅苦しくない程の絶妙なヌケ感がこなれ感のあるコーディネートに仕上げてくれています。 WESTON(ジェイエムウエストン) フランス革靴メーカーの名門ブランド 『ジェイエムウエストン』。 シルエットが非常に綺麗で、足長効果はもちろんですが、スッキリした雰囲気を醸し出す事ができるレザーシューズブランドとなっています。 グッドイヤー・ウェルト製法を採用し、1足完成するまでに200以上の試作を重ねられているこだわりぬいたローファー。 価格は10万円程度するのですが、1足持っていると生涯使える靴になります。 それを考えると安い買い物ですね。 John Lobb(ジョン・ロブ) 『ジョンロブ』はイギリスで創業したレザーシューズブランドになります。 ドレスシューズの王者とも言われているレザーシューズブランドになりますね。 非常に質の高い作りで、多くの著名人を愛用している名門ブランドになります。 価格に関しては7万円〜10万円以上になりますが、ジェイエムウエストンと同様に一生愛用できるアイテムとなっていますので、是非チェックしてみてください。 GUCCI(グッチ) 言わずと知れた 『』のビットローファーも非常に有名なアイテムですよね。 今や大人レザーシューズの定番となっているビットローファーなのですが、実は『グッチ』が世界で初めてビットローファーを製造したと言われています。 価格に関しては8万円前後になりますが、一生使う事のできるアイテムです。 各著名人も愛用する高品質なグッチのローファー、是非あなたも体感してみてください。 GOSTAR DE FUGA(ゴスタールジフーガ).

次の

メンズローファーのおすすめ人気ランキング10選【人気ブランドも!】

ローファー 冬

コート(ジョルジオ アルマーニジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ワンピース(オールウェイズ〈MIKAKONAKAMURA〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ピアス・ネックレス・リング(フレッド)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年 ミニマルなデザインに、カシミヤの最上級のクオリティーが際立つコート。 オケージョンを選ばないうえ、38サイズで着丈108cmのロング丈なので、ボトムも選ばない万能選手。 ベーシックなデザインを極上のカシミヤで仕上げたエターナルな一着です。 靴&バッグでホワイトを差して、全体を上品にまとめましょう。 WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年 この冬、大活躍しそうなベージュのワイドパンツには、程よいフィット感のクルーネックセーターを、ぜひとも華やかな「白」で。 靴もクラシックな白の男靴が好相性。 清潔感のある大人のトラッドが完成します。 袖口を開け、素肌をのぞかせてラフさを加味すると、デニムのカジュアル感とちょうどいいバランスに仕上がります。 足元には清潔感のあるドライビングシューズを合わせて、軽快な印象に。 WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年 グレージュの柔和な表情とカシミヤの上質なテクスチャーで魅せる、ストールを小粋に巻いたニットスタイル。 程よい光沢感のあるボトルグリーンのテーパードパンツが、着こなしに透明感を生みます。 光沢感のあるローファーを合わせれば、上品カジュアルの完成です。 アルパカウールのシャギー生地で仕立てたオーバーサイズシルエットのコートで旬の空気感をまとえば、着映え力満点の着こなしに。 足元は軽快な白のレザースニーカーで清潔感漂うスポーティーさをプラスしましょう。 そんな鮮度を上げるレイヤードで、グレージュの新たな魅力に開眼! 足元はホワイトスニーカーを合わせて、清潔感を出しましょう。 オフ白の細見えIラインにより、淡色が引き締まり、濃色スヌードも高い位置でスタイルアップ効果が狙えます。 スニーカーまでホワイトを選択して、リッチカジュアルを満喫しましょう。 自然にカールしたランダムな質感がニュアンスを生むファージレは、チベットの高地に生息するチベタンラムとカシミヤゴートをかけ合わせたユニークな存在感。 スポーティ感漂うスニーカーとの相性もバツグンです。

次の

おしゃれの完成は足元!ローファーのおすすめレディースコーデ40選!【季節別】

ローファー 冬

ローファーはオンオフ問わず大人気のシューズです。 フォーマルにもカジュアルにも適しており、様々なシーンで活躍します。 スポンサードリンク ローファーはおもに革素材のものが多いですが、最近では様々なデザインが見受けられます。 それともう1つ、ローファーをコーデに取り入れる際に大事なことがあります。 それは靴の手入れをすること!とくにレザー系のシューズは、汚れた状態で履いているとコーデが台無しになります。 言い方は悪いですが、とても貧相に見え、革靴が逆にマイナスのイメージになってしまいます。 レザーは少し磨くだけで綺麗になるので、コーデに使用するときは心がけるようにしましょう! 目次 1,メンズローファーでオススメの種類や形 まずは人気のローファーの種類や形を見ていきましょう。 ローファーには様々なデザインがあり、雰囲気や見た目が全く違います。 せっかく探すなら、自分のファッションに似合うオシャレな一足を見つけてくださいね! おすすめ1:ビッドローファー 足の甲部分にビットの装飾がついたタイプのローファーです。 高級感がありとても人気が高いです。 シンプルな装飾なのでコーデもしやすく是非おすすめしたいアイテムですね。 ビットの金具はゴールド系やシルバー系などで雰囲気が変わりますので、好きなタイプの物を選びましょう。 shop-pro. 装飾などはなく甲の部分に切込みがあるのが特徴で、とてもシンプルなデザインです。 ペニーローファーは「革」本来の雰囲気を大事にしており、非常に人気が高いです。 ビジネスシーンでもよく使用されており、フォーマルで大人っぽい雰囲気があります。 おすすめ3:タッセルローファー 足の甲部分にタッセル(布でできた房)が取り付けられたデザインのものを、「タッセルローファー」と呼びます。 ドレス要素が強いローファーで、スーツなどのフォーマルな服装でもオシャレにまとまります。 最近ではカジュアル系の服装とのコーディネートでも人気が高いです。 タッセル自体は靴以外でも、様々な商品に装飾品として取り付けられています。 おすすめ4:オペラシューズ オペラシューズは独特な形をしており、ローファーとは少し違うデザインになります。 オペラシューズは元々19世紀のヨーロッパで礼装用として発明されました。 メンズシューズから始まっていますが、後に女性にも人気となりました。 「オペラパンプス」などが女性の間では人気ですね。 その後メンズでも人気に火がつきオシャレを楽しむために履く人が増えました。 装飾のついた靴がアクセントになってカッコいい。 ハーフパンツと夏スタイル こちらはオペラシューズとハーフパンツを合わせた夏スタイル。 カジュアルなハーフパンツも、オペラシューズを合わせることで、ちょっとリッチで大人っぽい印象に仕上がります。 トップスとシューズのカラーをリンクさせて、全体に統一感をプラス。 モノトーンカラーにキャメルカラーのローファーが差し色になっています。 30代や40代の大人の男性の休日スタイルはもちろん、仕事でも着用できそうな着こなし。 白黒のモノトーンカラーに抑えることで、個性的なファッションもクールに仕上がります。 足元には品のあるビットローファーを使い、大人っぽい雰囲気に。 ニットソー、スキニーでシンプルに ネイビーのニットソーに、黒スキニー、ローファーを合わせた着こなし。 パンツはロールアップして、足元をスッキリ見せています。 シンプルなコーディネートも、ロールアップなど一工夫するだけで、オシャレな着こなしに仕上がります。 トップスとパンツのカラーが似ている時は、重ね着で「白シャツ」を間に見せると自然に仕上がります。 ビッグシャツを使って 白のビッグシャツに、ダメージデニム、ビットローファーを使ったコーデ。 ゆったりしたシャツがとってもラフで、夏らしいコーディネート。 カジュアルスタイルにもローファーはマッチします。 ローファーはスニーカーやスリッポンに比べて、ちょっぴり大人っぽい雰囲気が出ますね! チェックシャツと ロング丈のチェックシャツにデニムを合わせたカジュアルスタイル。 Y字はシルエットがシャープに見えるのでオススメ。 結婚式の2次会やパーティー、食事会などで参考にしたいコーディネート。 セットアップ2 ネイビーのセットアップに白のシューズがマッチした着こなし。 ジャケットのボタンをハズしているので、ラフで余裕のあるスタイルです。 ネックレスや帽子など小物を使うと、よりカジュアルでタウンユースでも着用しやすくなります。 ロングカーデと 白のロングカーデにブルーのニットをあわせた秋コーデ。 足元にはフォーマルにローファーを使っています。 白とブルーのコントラストがとっても爽やかで、大人カジュアルに仕上がっています。 セットアップとローファーを合わせると、大人っぽさが増し雰囲気のあるコーデに仕上がります。 インナーに白のカットソーを合わせると、コーデ全体が明るくなりますね。 パンツはアンクル丈でローファーとの相性がいいです。 ニットとデニムはとてもカジュアルなのですが、タッセルローファーがドレッシーな要素をプラスしてくれています。 カジュアルにドレスな要素を組み込むと、オシャレにまとまりやすいので是非参考にして下さい。 カーディガンはカジュアルよりですが、黒スキニーとローファーがドレス要素をプラスしています。 シンプルなメンズコーデですが、綺麗なシルエットのスキニーパンツとローファーを使うだけでオシャレな着こなしにまとまりますね。 カーキ色はトレンドカラーなので併せてチェックしておきましょう。 pinterest. スラックスにローファー、シンプルにニットカーディガンをコーデしただけで、こんなにオシャレになります。 40代や50代の大人な男性の方にオススメしたい着こなしコーデです。 pinterest. ローファーはあまりガチガチにコーデすると不自然なので、これくらいラフに着こなすのがかっこいいです。 イタリア柄メンズローファー冬コーディネート ニットのPコートとローファーをホワイトでまとめたコーデです。 ローファーの場合は足元をロールアップするとオシャレに見えます。 アウターなどで上部にボリュームを持たせても、足元でスッキリした印象を持たせることが出来て綺麗なシルエットができます。 季節感のあるコーデでオシャレですね。 こちらはサイドにイタリアの国旗のカラーが入っています。 シンプルなデニムやカラーパンツに合わせるときは、ワンポイントあるローファーはオシャレに見えますね。 ネイビー色のビットローファーメンズコーディネート ニットとローファーをネイビー色でまとめています。 ネイビーは品があるカラーなので、ローファーとの相性がとてもいいです。 足元にフォーマルなローファーを持ってくると、コーディネートが普段より大人っぽく仕上がりますね。 ローファーを履くだけで気楽なコーデでも雰囲気があり手抜き感がないです。 下記の記事ではフットカバーのオススメブランドをご紹介しているので、併せてチェックしましょう。 【関連記事】 デニムメンズローファーを使ったメンズコーディネート こちらはデニム素材のローファーを使用したコーデです。 トップスにはショールのニットで、パンツはスキニーデニムです。 シンプルな着こなしですが、デニムのローファーが個性的ですね。 シンプルコーデに、ちょっと個性的なローファーなどを合わせるとオシャレに見えます。 チェック柄コインローファーを使ったメンズコーディネート 次はローファーとアウターをグレーでまとめた着こなしコーデです。 でも同じ柄や同じカラーを使うのは簡単ですので、取り入れてみることをオススメします。 こちらではグレーの同色でアウターとローファーをまとめていますね。 柄もチェックと千鳥格子柄です。 千鳥格子とチェックはデザインがよく似ていて比較的合わせ易いです。 ローファーとアウターにデザイン性を持たせているので、インナーとパンツはシンプルにTシャツとデニムでOKです。 こちらもアウターを着用する季節には、覚えておきたいコーデです。 インナーとパンツを同系色にするとアウターが引き立ち、まとまったコーデになります。 スポンサードリンク 3,ローファーにあうパンツは? ローファーに合わせるならやはりスキニーパンツです。 スキニーの裾はロールアップで、ローファーを合わせれば間違いないです。 スキニー以外でも合わせ易いパンツは、テーパードパンツや丈の短いパンツ アンクル丈、クロップド、ハーフパンツなど とも相性がいいです。 イージーパンツ スウェットパンツのような楽なもの などでも裾が細身であればOKです! スキニーデニムとローファーは相性抜群ですね。 ロールアップで足元をスッキリさせてしまえば、トップスやアウターは幅広くコーデが可能になります。 ロング丈のものやボリュームのあるアウターなど特徴的なものでも合わせ易くなります。 こちらはスウェット系のセットアップですが、ローファーとの相性はいいですね。 足元にリブがついており、すぼまっているのでローファーと合っています。 テーパード型のスラックスパンツです。 落ち着いた大人っぽさがあり、オシャレにまとまっていますね。 まとめますと、裾が細いパンツとローファーとの相性はいいです。 ローファーとの相性で考えると、柄や素材よりもパンツの形に拘ってコーデするとかっこよくなります! 是非コーデの参考にしてみて下さい! 4,オススメローファーのブランド紹介 ビターストア(BITTER STORE 画像アイテムはコチラ パラブーツ PARABOOTは1908年にフランスで生まれたブランドです。 ボリュームのあるデザインが存在感があり、ファッションシーンでもオススメなローファーとなっています。 デッキシューズやコインローファーなど様々なデザインのものを販売しており、エレガントでラグジュアリーさのあるブランドです。 パラブーツのローファーはとってもしっかりした素材感で、「丈夫で傷みにくい」というのも特徴の1つです。 さらに登山靴に近づけた作りになっているので、「ローファーなのに長時間履き続けても疲れにくい」とも言われています。 ちょっと高めなブランドですが、長期的に愛用しようと思うならおすすめです。 下記の記事ではさらに詳しく、メンズローファーのブランドをご紹介しています。 興味がある方は、あわせてチェックして下さい! 購入はコチラ ベクトルパークは中古品を取り扱う国内最大級のショップ。 幅広いブランドのシューズが販売されており、安く購入する事が可能です。 海外のブランドや、高級ブランドのシューズはカッコいいですが価格が高いですよね・・・そんな時はベクトルパークを使って、状態の良い中古品を安く購入するのがオススメ。 ベクトルパークの商品は、ネット上に商品の状態が細かく記されているので、安心して購入できます。 「グッチ」「ダンヒル」「ヴィトン」「ブルガリ」「ポールスミス」「カルティエ」「ラルフローレン」「ディーゼル」など、様々なブランド製品が安く販売されているので、是非チェックしてみましょう! 新品では手が届かないブランドでも、中古ですと安く手に入れられますよ。 さらに返品にも対応してもらえるので購入時も安心です。

次の