上咽頭炎 鼻うがい アズレン。 上咽頭炎というのは珍しい病気ですか?治った方はいらっしゃい...

名古屋・昭和区の耳鼻科・高木耳鼻咽喉科医院

上咽頭炎 鼻うがい アズレン

匿名掲示板ではありません。 ハンドルネームはよく考えてください。 責任ある発言を持っていただきます。 個人情報は年齢・・40代とか、性別程度として 人物特定されるような書き込みしないでください) 「通りすがり」「名無し」、スラングなどののHNはもちろん、 書き込みのたびにHNを変える投稿者(IPアドレスで分かります) はお断りいたします。 無警告で削除いたします。 クッキーを送信しない設定になっている場合には投稿出来ません。 こんないい先生がいるなど、 悩んでいる方の参考になる投稿を期待します。 逆に副作用で避けたほうが良いなどの投稿も歓迎します。 医療系掲示板は荒らし投稿が多く荒れるそうです。 荒れる様であれば掲示板は閉鎖致します。 荒らしの投稿は無視してください。 従って投稿から掲示板に反映するまで時間がかかります。 特定個人や病院などへの誹謗中傷や営業妨害、 荒らしと判断できる文章、無責任な返答、 サイトの趣旨と無関係な宣伝書き込み(特に商用)など、 悪質な書き込みがあった場合、管理人の判断で削除した上、 書込み禁止などの措置をさせていただきます。 機種依存文字と半角カナにご注意ください。 半角カナは使わないで下さい。 インターネットは相手の顔や表情が見えません。 ついつい友達に話すような感じで分かるだろうと思って 表現すると時には侮辱する表現で問題になる事が有ります。 自分では普通に使っているつもりでも、 他の人がいやな思いをすることがあります。 場合によっては削除対象になります。 上司や年上の方に伝えるような言葉を選んで柔らかい表現を心がけましょう。 投稿を押す前に、もう一度読み直してみましょう。 名前 題名 コメント 画像 対応形式:JPEG, GIF, PING 4MBまで 画像サイズを選択 URL 削除キー コード入力 リンクのみやはら耳鼻咽喉科ですが以下の注意書きが大きく 表示されています。 当院ではIgA腎症、ネフローゼ、後鼻漏のみBスポット療法を行っております。 それ以外の症状で来られてもBスポット療法は行いませんのであしからずご了承ください。 なんか冷たいな。 困っている患者には寄り添うってできないのかな。 それ以外の症状?なんだろう。 堀口先生ならどうしたかな? 保険適用外で一万円も請求された人もいるので良心的だとは思いますけどね。 前は無かった気がしますが舌痛症の患者さんでも行ったのかな? それとも保険適用になっていない症状の方が行ったのか? 診察を断られたなら鼻うがいしてください。 痛みもなく穏やかに効きます。 BCWさん こんにちは 管理人です。 だいぶ良くなったようで良かったですね。 全身に辛い症状が有ったようですが 下痢と冷え、寝不足、ストレスが万病の元です。 医師が異常なしの診断を下すのは BCWさんが病気ではなく未病の段階なので 病気と診断できないからだと思います。 私もここ数年は下痢、冷え、倦怠感、唇の白線、唇の表皮の剥がれなど 様々な異常が起きドクターショッピングを繰り返し いろいろ検査や細胞診など行いましたが異常なく 悩みましたが病気まで行っていない。 今のうちに治そうと 前向きに考えました。 漢方医に巡り合い冷えと下痢を治療して 併せて鼻うがいをしてやっと元気になりました。 BCWさんもご自分に有った対処方法を見つけてご自愛ください。 経過がよいのと動悸がするような気がして心配なので二か月ほどトリプタノールを飲むのを中断しています。 飲まなくても痛みMAX10として1か2位で忘れている時もあります。 最近乾燥が酷くて喉が荒れてアレルギー症状が口の中に出てきました。 上あごがヒリヒリしてくると舌の左側が痛くなります。 やはり私のは口腔内のアレルギー(Bスポットの炎症)が原因の一つの様です。 朝晩の鼻うがいと抗アレルギー薬のタリオンで痛みは良くなっています。 この話を先生にしたらエビデンス(証拠)がないからと信用されていないようでした。 また悪化するようならトリプタノールの再開も考えているので病院の予約は継続しています。 力になってくれる先生がいるだけでも気が楽になり痛みも軽くなるのでお悩みの方は良い先生を探してください。 鼻うがいもやってみてください。 診察の時、怒ったり椅子を遠ざけたり、話を聞かない先生は、わからない、怖い、興味がない、馬鹿にしている先生です。 (私の実体験) お金と時間の無駄なので専門医を探しましょう。

次の

名古屋・昭和区の耳鼻科・高木耳鼻咽喉科医院

上咽頭炎 鼻うがい アズレン

わたしはよく鼻の奥のほうというか上のほうの喉の奥のほうが腫れて痛いという症状となることが多いので、たいへん困っています。 この症状は鼻水と気管支喘息と声がれとセットでやってくること多々あります。 耳鼻科へ通院するうちに上咽頭炎や後鼻漏という言葉を知ります。 耳鼻科で吸入はするのですが、それだけでは追いつきません。 わたしの場合はアレルギー性鼻炎と上咽頭炎がセットとなったような状態です、それに気管支炎と声がれの症状が出ます。 大抵はのどの痛みと鼻水が止まらない症状が一緒に出ます、症状がピークのときは鼻水はのどへ回ることが多いです。 のどへ回る鼻水は声がれの原因にもつながり、結果として声が出ないということにもなります。 後鼻漏とは何? 鼻水がのどにおりてくることを後鼻漏と言います。 後鼻漏が気になる場合、副鼻腔炎、上咽頭炎、アレルギー性鼻炎、血管運動性鼻炎、急性鼻炎の後期、慢性鼻炎の可能性があります。 引用元: 上咽頭炎とは何? 上咽頭炎とは鼻の奥の方が炎症を起こすことをいいます、普通のうがいで洗えるのどではなく奥の方の鼻につながる喉です。 上咽頭炎はウイルスや細菌に感染して上咽頭が炎症を起こすことです、のどの痛み、鼻水、鼻づまり、咳などの症状が出ます。 わたしの場合はそれらがフルコースで出たあとで最後に声がれの症状が残ります。 仕事が声を使う人にとっては結構つらいですし、喉を使うので治りにくいです。 薬剤師の先生が言うにはわたしのような症状になる人は珍しいけど、声を使う仕事の人が多いと言っていました。 なるほどね~。 上咽頭炎はうちの旦那さんもよく腫れます、すごく痛みがあるのでつらいです。 微熱が出ることも多いですが、わたしのばあいは微熱よりも声がれのほうが仕事に影響があって辛いです。 上咽頭炎について分かりやすいサイトがあったのでリンクしておきます、、。 上咽頭炎をドラッグストアの薬剤師さんに相談をすると ドラッグストアの薬剤師さんに相談をすると、なんと薬剤師さん自身が同じ症状で呼吸ができないほど苦しくなり死にそうになったと言っていました。 その薬剤師の先生が実際に使っていて効果を感じたというのが、鼻うがいです。 朝晩まいにち鼻うがいを行うことでホコリや汚れが取れますし、上咽頭炎の炎症にも効果的です。 実際にわたしも上咽頭炎や声がれの症状がピークのときには朝晩まいにち鼻うがいをしました、そうしたところ声がれにも効果的でしたし鼻の奥のほうの喉(上咽頭)の炎症も治るのが早くなったし、あまり炎症を起こすことが無くなりました。 上咽頭炎や声がれが無い時でも、お風呂のときに1日1回は鼻うがいを毎日しています。 上咽頭炎の対策には鼻うがいで対処! 上咽頭は鼻の一番奥の、のどとの境目にあり、風邪の後や体調不良のときによく炎症を起こします アズレン系の青いうがい薬を鼻に入れてはのどから出すという原始的な方法ですが、物理的に粘液を洗い流すと同時に、薬効成分で粘膜炎症を抑えることもできて一石二鳥です。 引用元: アズレン入り鼻うがいが効果的? もともと気管支炎喘息なので薬は常に服用はしているのですが、声がれがあやしいな~と感じるときはすぐに耳鼻科へ通院しています。 相性のいい耳鼻科を見つけたこともありますが、まいにち鼻うがいをしていることもあってか、もうずいぶんと声が全く出ないということになっていません。 コールセンターの仕事も休むということも無くなりました。 上咽頭炎にはアズレン入りの鼻うがいが効果的です、というか、ふつうのうがいでは届かない場所が上咽頭です。 鼻うがいをするしか対処法が無いということです。 上咽頭炎となると、そのまま喉にウイルスがいってしまうと喉も腫れてしまい、結果として声がれから全く声が出ないということになります。 わたしは上咽頭炎から喉が真っ赤に腫れて、声が出ないという症状を繰り返していましたが、鼻うがいの効果もあってか?今は上咽頭炎となることも少なくなりました。 鼻うがいの他に喉にいいケア色々 鼻うがいの他にも喉にいいケアを色々しています。 ので常に舐めていますし、ですよ、ちょっとした喉の腫れならすぐ治ります。 鼻水やのどがツライときにはスッキリ感のあるお茶もいいですよ。 わたしも飲んでます。

次の

アストリンゴゾールでうがいしたら上咽頭炎、後鼻漏が良くなってきた

上咽頭炎 鼻うがい アズレン

咽頭炎 のどは上咽頭、中咽頭、下咽頭に分けられます。 口を開けて、目で見える部分が中咽頭。 それより上が上咽頭、それより下が下咽頭です。 下咽頭の前方(のどぼとけの部分)に喉頭があります。 ここでは、上咽頭炎を除く咽頭炎について記載します。 急性咽頭炎は、この部位にウイルスや細菌が感染することにより起こります。 急性咽頭炎が治りきらなかった場合や、咽頭粘膜への持続的な刺激(喫煙、などによる)がある場合に、慢性咽頭炎となります。 急性咽頭炎では、のどの痛み、発熱、頭痛、倦怠感、頚部リンパ節の腫れが起こります。 慢性咽頭炎では、咽頭違和感や咳症状が起こることがあります。 治療は、薬物療法(消炎鎮痛剤、抗生物質など)、咽頭への薬剤塗布、ネブライザー(吸入)治療、含嗽薬(アズノールなど)によるうがいを行います。 イソジンを用いてのうがいは、回数が多すぎると咽頭の常在菌(害の無い菌)も殺菌され、逆効果になってしまいます。 イソジンでのうがいは、1日2~3回程度が適切です。 上咽頭炎 鼻とのどの間(鼻の奥の突き当たり)を上咽頭といいます。 この部位への細菌やウイルス感染、体の冷え(とくに首の冷え)、疲労、ストレス、空気の乾燥、口呼吸などにより上咽頭炎が起こります。 また鼻炎や副鼻腔炎による鼻漏が上咽頭に流れ、これが慢性的な刺激になることでも、上咽頭炎が起こります。 上咽頭炎では、 鼻とのどの間の痛み・違和感・乾燥感、後鼻漏(鼻の奥からのどに鼻水が下りる)、痰、咳払い、声が出しにくい、鼻の奥がにおう、首のこり、頭痛、頭重感、倦怠感といった多彩な症状が起こります。 上咽頭炎は、耳の病気(、、)の原因となることもあります。 上咽頭は口を開けても見えない部分にあるため、 上咽頭炎は耳鼻咽喉科で内視鏡(ファイバーカメラ)の検査を行わない限り診断が困難です。 また急性上咽頭炎では上咽頭の赤みがあり内視鏡で診断しやすいのですが、慢性上咽頭炎では内視鏡で一見正常に見えることがあり、耳鼻咽喉科でも「異常ありません」と言われることが多いようです。 慢性上咽頭炎では、内視鏡で一見正常に見えても、上咽頭に綿棒で塩化亜鉛などの塗布()を行ったときに出血をきたし痛みを感じます。 上咽頭炎の予防は、のどの粘膜の乾き、体の冷えを防ぐことが重要です。 これは、上咽頭炎だけでなく、咽頭炎、喉頭炎、扁桃炎の予防にもつながります。 のどの粘膜の乾きにより、ウイルスや細菌が体内に侵入しやすくなります。 また体の冷え(とくに首の冷え)により、自律神経のバランスが悪くなり、免疫力低下にもつながります。 のどの粘膜の乾きを防ぐためには、こまめな水分補給が必要です。 この場合の水分はお茶でもよいですが、カフェインを含むお茶は利尿作用があり、かえって口の乾き感が増すことがあるので、水が最もよいでしょう。 鼻洗浄(鼻うがい)は、水分補給やうがいでは届かない上咽頭粘膜の乾きを防ぐために有効です。 家庭で行える鼻洗浄器が市販されており、これを利用されるのもよいでしょう。 また口呼吸ではなく鼻呼吸を行うことも必要です。 鼻閉を伴う上咽頭炎では、鼻の治療も必須となります。 免疫力を上昇させるには、日々の適度な運動や、1日に睡眠を6~8時間とることも大切です。 上咽頭炎の治療として、当院ではBスポット療法、薬物療法(消炎剤、粘液調整剤、抗生物質など)、ネブライザー(吸入)治療、鼻洗浄を行っています。 家庭での鼻洗浄の注意点 家庭での鼻洗浄の注意点• 9~2%の食塩水を用いること ・水温は、体温よりも少し低い程度• ・1日に2回程度までにする ・洗浄中や洗浄後に鼻をすすらない ・洗浄後は、片方ずつ鼻をかむ 水道水で鼻洗浄は行わないほうが良いでしょう。 水道水に含まれている塩素が鼻やのどの粘膜を刺激するため、とくにアレルギー性鼻炎を持つ人では逆効果になることがあります。 水道水を用いる場合は、浄水器を使うか、5分以上沸騰させて塩素を除去した後に、食塩を加えて鼻洗浄を行うようにしましょう。 Bスポット療法について Bスポット療法は、上咽頭に塩化亜鉛などの消炎剤を直接塗布・擦過する治療法です。 東京医科歯科大学元教授の堀口先生によって考案された方法で、 上咽頭炎の消炎に効果的です。 風邪は上咽頭の炎症から始まることも多いため、風邪の消炎にも有効です。 また、IgA腎症という腎臓病は、扁桃炎や上咽頭炎に続いておこることがあり、Bスポット療法を行うことによりIgA腎症が改善される可能性があります。 塩化亜鉛などは、鼻の中、または口の中から綿棒で上咽頭に塗布・擦過します。 病的な上咽頭炎のある場合は、治療時に綿棒に血液が付着し、ある程度痛みを生じます。 しかし、治療後数時間は痛いものの、その後で症状(上咽頭の痛み、後鼻漏、頭痛など)が改善するケースが多くみられます。 Bスポット療法の副作用として、塩化亜鉛が嗅神経(鼻の上部)にさわり、嗅覚障害が起こったという報告があります。 通常の治療(綿棒の使用)では、鼻の上部はさわらないためまず問題ありません。 一度の治療だけで症状が軽快する場合もあります。 慢性的な上咽頭炎に対しては、週に1~2回のペースで10回程度を目安に治療を行っています。 *上咽頭炎、Bスポット療法について、もう少し詳しい説明はに記載しております。 ぜひご覧ください。

次の