キリング・イヴ シーズン1。 海外ドラマ|キリング・イヴ/Killing Eve シーズン3全話の動画を無料視聴できる配信サイト

キリング・イヴ Killing Eve シーズン1

キリング・イヴ シーズン1

キリング・イヴ【シーズン1】全話あらすじ・登場人物(キャスト) 2019年6月5日 2020年6月29日 5分 海外ドラマ 「キリング・イヴ/Killing Eve」シーズン1(全8話)についてまとめました。 美しく冷酷な暗殺者と優秀な捜査官とのスリリングな攻防を描くスタイリッシュかつユニークなノンストップサスペンス。 主演は「グレイズ・アナトミー」のサンドラ・オー。 (WOWOW公式サイトより) イギリスの小説家ルーク・ジェニングスによる「ヴィラネル」シリーズを原作にしたサスペンスドラマ。 独特な作風とストーリー展開が評価され、既にシーズン3の製作が決定しています。 英国アカデミーテレビ賞(British Academy Television Awards)で、ドラマシリーズ賞、主演女優賞(ジョディ・カマー)、助演女優賞(フィオナ・ショー)の3冠に輝きました。 サイコパスな暗殺者ヴィラネルを演じるのは、「」で13年間の監禁生活から脱出した主人公の複雑な感情を圧倒的な演技力で表現したジョディ・カマー。 サンドラ・オー演じる主人公イヴをはじめ、各キャラクターが個性的で面白く、シリアスなストーリーの中にユーモアを織り込んだ一風変わったスパイものになっています。 ロンドン、パリ、ベルリン、トスカーナなどヨーロッパ各地でロケが行われました。 放送局:WOWOWプライム• 原作:ルーク・ジェニングス「ヴィラネル」シリーズ• 原題:Killing Eve• 製作国:アメリカ/イギリス• 制作総指揮・脚本:フィービー・ウォーラー=ブリッジほか• 音楽:デヴィッド・ホームズ/キーファス・チャンチャ• ある日、ウィーンでロシアの政治家がプロの暗殺者と思われる何者かによって殺され、事件を目撃したその恋人がロンドンで保護される。 イヴは女性の犯行だと考え、上司に黙って捜査を開始する。 果たして、イヴの読み通り、犯人はヨーロッパ各地で暗躍する、美貌の暗殺者ヴィラネルだった。 彼女は指示役のコンスタンティンからの依頼を受けて、目撃者を殺すためロンドンに向かう。 MI5ではデスクワーク中心のアシスタントとして働いていたが、違法捜査がバレて解雇される。 女暗殺者ヴィラネルの存在にいち早く気づいたことでキャロリンの目に留まり、MI6の非公式捜査チームのリーダーにスカウトされる。 夫との仲は良好だったが、極秘捜査チームに加わったことでギクシャクし始める。 ビル・パーグレイヴ(デヴィッド・ヘイグ/声:内田直哉) イヴの元上司で心を許せる相棒。 イヴとともにMI5を解雇され、MI6の極秘捜査チームへ。 プライベートでは幼い娘を育児中。 ベルリンでヴィラネルを尾行中、ヴィラネルに刺殺される。 エレナ・フェルトン(カービー・ハウエル=バプティスト/声:田村聖子) イヴの同僚で友人。 ユーモアがあり陽気な性格。 キャロリンに憧れている。 イヴに誘われてMI5を辞め、MI6の極秘捜査チームに加わる。 ケニー・ストートン(ショーン・デラニー/声:梶裕貴) 元ハッカー。 社会性は低いがインターネット上のあらゆる情報を探る達人。 MI6の極秘捜査チームで主にリサーチを担当する。 実はキャロリンの息子。 エレナに気がある。 キャロリン・マーテンズ(フィオナ・ショウ/声:高島雅羅) MI6のロシア部門の主任。 長年ロシアの大物と緊密な関係を築き、国に貢献してきた。 イヴと同様に女暗殺者の存在に気づくも相手にされず、非公式で捜査を行う極秘捜査チームを作る。 データ収集力と直感に優れたイヴを見込んで、チームのリーダーにスカウトする。 フランク・ヘイルトン(ダーレン・ボイド/声:根本泰彦) MI5でのイヴたちの上司。 高慢で規律に厳しい男。 捜査に口を挟むイヴを毛嫌いしている。 「防犯カメラに映っていたのは男だった」と嘘をつき、イヴの女暗殺者説を否定する。 違法捜査を行ったイヴと上司のビルに解雇を言い渡した。 敵と繋がっていたがイヴに知られて秘密を暴露し、ヴィラネルに抹殺される。 謎の組織「トゥエルヴ」 ヴィラネル(ジョディ・カマー/声:逢田梨香子) 謎の組織に属する凄腕のロシア人暗殺者。 2年前から暗躍し、ヨーロッパ各地で殺人を実行している。 サイコパス的人格で非情かつ冷酷だが、無邪気でオシャレ好きな一面も。 パリに住んでいて、稼いだ金はファッションにつぎ込んでいる。 なぜか自分を追うイヴに異常な執着心を見せる。 本名はオクサナ・アスタンコワ。 8歳のときからありとあらゆる犯罪に手を染めている。 コンスタンティン・ワシリエフ(キム・ボドゥニア/声:大塚芳忠) 謎の組織のメンバー。 ヴィラネルに暗殺の命令を伝える。 無謀な行動を重ねるヴィネラルに手を焼いている。 実はロシアの諜報機関の職員で、キャロリンとも関係を持っている。 そのほか ニコ・ポラストリ(オーウェン・マクドネル/声:新納慎也) イヴの夫。 ポーランド人。 数学教師でブリッジの先生でもある。 イヴとの平穏な暮らしを望んでおり、極秘捜査に加わることになったイヴを心配している。 ナディア(オリヴィア・ロス/吉元里謹) ヴィラネルの元恋人。 ヴィラネルが服役中、同じロシアの刑務所に服役していた。 コンスタンティンの手引きで脱獄することになっていたが、ヴィラネルが代わりに脱獄した。 出所後ヴィラネルと再会し、殺される。 ウラジミール・ベトキン(ローレンス・ポッサ/声:小杉十郎太) ロシア諜報機関の職員。 キャロリンと関係を持っている。 アンナ(スーザン・リンチ/声:三石琴乃) 語学教師。 ヴィラネルが局部を切り落とした男性の妻。 問題児だったヴィラネルを受け入れ、優しく接した。 ヴィラネルに関する情報をイヴに提供し、獄死したと思っていたヴィラネルが生きていることを知らされる。 各話のあらすじ(ネタバレ有) 女暗殺者の犯行と思われる事件のデータを密かに集めていたイヴは、キャロラインに自分の推理を披露する。 実はキャロリンも同じ仮説を立てており、非公式の捜査チームを指揮してほしいとイヴをスカウトする。 イヴはビルとエレナに声を掛け、極秘捜査チームを率いることに。 コンスタンティンは無謀な行動が目立ち始めたヴィラネルから次の仕事を取り上げるが、ヴィラネルは指示を無視して暗殺を実行する。 コンスタンティンはMI6の非公式チームがヴィラネルを追っていることを話す。 イヴはカーシャが殺害された病院で出会った看護師から話を聞こうと彼女を探すが見当たらず、その看護師こそ女暗殺者ではないかと疑う。 その頃、ヴィラネルもまたイヴの写真を見つけていた。 ビルの葬儀が行われる。 ニコはイヴが危険な仕事に就いていることを知り心配する。 イヴの元にベルリンで盗まれたスーツケースが届くが、中には見覚えのない高価な服と「ラ・ヴィラネル」という香水が入っていた。 イヴは〝SORRY BABY(ごめんね)〟と書かれたカードを見て、女暗殺者の仕業だと知る。 ヴィラネルはコンスタンティンから単独で仕事をすることを禁じられ、2人の工作員と合流。 イヴの元上司フランク・ヘイルトンを暗殺するため郊外の村ブレッチャムへ向かう。 フランクの不正を知ったイヴはエレナと共にブレッチャムへ向かい、逃亡中のフランクを助けようとする。 ヴィラネルは2人の工作員を殺害し、フランクを追ってイヴの前に現れる。 ヴィラネルはコンスタンティンからナディアの殺害を命じられ、ナディアが収容されているモスクワの刑務所に囚人として潜入する。 イヴとキャロリンはナディアから〝トゥエルヴ〟に関する情報を聞き出すためモスクワへ向かい、ロシア諜報機関の職員ウラジミールと会う。 ウラジミールが連れてきたもう一人の職員は、コンスタンティンだった。 イヴとキャロリンは刑務所でナディアと面会し、出所させる代わりに〝トゥエルヴ〟とヴィラネルに関する情報を提供するよう持ちかけるが、コンスタンティンの同席によりナディアは口をつぐんでしまう。 キャロリンとウラジミール、コンスタンティンの関係を訝しんだイヴは、ケニーに調査を依頼。 キャロリンに内緒でウラジミールに会い、交渉する。 その頃、ヴィラネルはナディアを殺害し、独房に入れられていた。 ナディアが殺害されたとの知らせが入り、イヴはヴィラネルの仕業ではないかと推測。 合流したケニーと共に捜査を続けようとするイヴだが、キャロリンはなぜか帰国を命じる。 納得がいかないイヴとケニーは密かに捜査を続行する。 イヴはヴィラネルの過去を探るため、アンナに会いに行く。 アンナは優秀な語学教師で、問題児だったヴィラネルを受け入れ親しくしていたと語る。 しかしヴィラネルはアンナに執着するあまり、アンナの夫を憎むようになったと言う。 アンナにヴィラネルの獄死を伝えたのはコンスタンティンだった。 ケニーがハッキングした刑務所の監視カメラの映像にヴィラネルが映っているのを発見したイヴは、ヴィラネルがキャロリンと面会していた事実を知って驚く。 一方、ヴィラネルは組織のメンバー、アントンの手引きで脱獄に成功する。 アントンはヴィラネルにコンスタンティンを抹殺するよう命じるが、ヴィラネルはアントンを殺害し、コンスタンティンに会いに行く。 ヴィラネルはコンスタンティンの家族を人質に取り、自分を見捨てようとしたコンスタンティンを殺そうとするが逃げられる。 ヴィラネルはコンスタンティンの娘イリーナを誘拐。 コンスタンティンはキャロリンとイヴに助けを求め、イヴはコンスタンティンと共にアンナの家へ向かう。 ヴィラネルはイリーナを連れてアンナの家に押し入り、かつて贈ったコートの裏地に隠した逃亡用のパスポートを手に入れようとするが、パスポートはイヴによって抜き取られていた。 アンナはヴィラネルの心が既に自分にはないことを知って自殺を図り、ヴィラネルはイヴとコンスタンティンを呼び出してコンスタンティンを撃ち、逃亡する。 イヴとケニーはキャロリンから解雇を言い渡される。 ヴィラネルの住居を突き止めたイヴはひとりでパリへ行き、ヴィラネルの部屋に上がり込む。 そこへヴィラネルが現れ、2人は互いの気持ちを打ち明け合うが、イヴは隙を突いてヴィラネルの腹を刺し、ヴィラネルは怪我を負ったまま姿を消す。

次の

キリングイヴのキャスト登場人物&プロフィール紹介!吹替え声優も気になる

キリング・イヴ シーズン1

読みたい所へジャンプ• 「キリングイヴ」登場人物とキャスト 捜査官 イヴ・ポラストリ。 サンドラ・オーと言えば「グレイズ・アナトミー」ですけど、私はこのドラマを見たことがないので、今回がお初サンドラでした。 こんなにコメディタッチが板についてる女優さんとは驚き・・! 「自分はアジア系だし主演に抜擢されることなんてないと思い込んでいた。 」と語っていたらしいのですが、見てみると「なるほど~、いい味だしてるわ~。 」と彼女が器用された理由が分かったような気になります。 (でもさ、英国MI5のエージェント役にカナダ人女優って思い切ったわよね・・) 今年47歳ですよ。 円熟のおばちゃんの味わいが何とも言えず逆に新鮮。 愛嬌のある表情も狙ってるのか、まんまなのか・・。 美しく冷酷なヒットマン ヴィラネルを演じるのはJodie Comerというイギリスの女優さん。 どっかで見た顔だなぁ・・目が少し離れてて・・、とずっと思ってたんですが、この方でした・・。 英BBCのドラマ の被害に遭う少女。 うわ~、化けた~。 今回は勝気な表情で、嬉々として人をころしていきます。 本当、化粧って大事ね・・。 ヴィラネルへ指令を伝える男 コンスタンチンは「ブリッジ」でお馴染みのキム・ボドゥニアが演じます。 印象全く変わらずだけど、今回は悪役ね。 「キリングイヴ」第1話を見たネタバレ無し感想 とにかく見やすくてテンポがいい! 1話だけだし、それも約40分と短いので感想を書くほどの内容はなかったんですけど、無理やり書くとすれば「すっごく楽しくて見やすい!」ってことでしょうか・・。 軽快な音楽に乗せて、ノリノリでポンポン話が進みます。 内容も単純明快。 「調子に乗ってころしまくる美人暗殺者をMI6のイヴが追う」という、これだけ。 切れ味よくスタイリッシュな語り口なので、軽妙で娯楽性もあって分かりやすい。 さっそく1話で2人が偶然会うシーンがありましたし、お互いを意識した逃走劇は映画の「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」に近いのかな・・? これを一体どうやったら全8話の間に主演女優を獲得するほどのドラマに昇華させるんでしょうかね。 通常批評家が好むのは、重くてシリアスなテーマ性のあるドラマですからね。 こうした娯楽性を保ちながら、2人の対照的なキャラを掘り下げ、テーマ性を打ち出していくのは結構難しい作業だと思うんです。 その辺は今後の脚本にかかってくるのかな・・。 楽しみですね。 イギリスの自虐ユーモア最高 MI5の同僚や上司との掛け合いも笑えるし、いいですね~。 「ボケ」と「突っ込み」じゃなくて、どっちも軽い「ボケ」なんですよね。 しかもお互いに分かっててやってる的な・・、大阪の笑いに近いものを感じます。 これに強烈なイギリス訛りが加わってbloodyが連発すると最高なんですけどね・・。 サンドラ・オーはその辺どうなんだろ。 吹き替えじゃ分からないんだなぁ・・。 余談ですけど、1話を見て気になったのが、ヴィラネルが「ぺちゃパイ」という証言ですね。 普通にぺちゃパイ違いますよね。 まぁあの時さらしみたいなのを着てたし、セクシーボンバーなロシア女から見たらそうなのかな・・。 ここって大事なポイントになっていくのかしら。 (ならんと思う) 次は最終話まで見たネタバレ感想です。 「キリングイヴ」S1最終回を徹底考察! クライマックスに向けて盛り上がってくるようで来ないようで・・、あれ?気が付いたら残り時間もわずか・・。 これでどう片を付けるっての・・?と不安になってきたところで・・。 げ!! そんな終わり方?!!! シーズン2もよろしく~感が半端ない!!! という訳で、たんまりと残った謎を切ない気持ちでまとめたいと思います。 上司のキャロリンは何者なの?! 当初はイヴを見初めてMI6に抜擢したりと、伝説的なやり手として描かれていましたけど、ロシアに行った当たりから徐々におかしくなっちゃうんですよね。 まず、昔コンスタンティンと熱い仲だったというのはどういうこと?! ナディアに目をつけて刑務所に行くあたりまではいいんですけど、その後急にイヴに手を引けと言い出して、はぁ・・? ヴィラネルが解放される直前に一人で会いに行ってるのが監視カメラに映っていたし、謎めいてますね~。 昔の男の正体を聞かされて手を引くことにしたのか・・。 はたまた彼女もガッチリ謎の組織トゥエルヴに関わっているのか・・。 ・・と見せかけて、裏ではしっかりとした目論見があるのか・・。 トゥエルヴって何? 政府組織じゃなくて、民間組織ってコンスタンティンが言ってましたけど、どんな目的で作られたんでしょうかね? 結局これと言った解明はされず、今シーズンで明らかになったのは名前だけでした。 ナディアが書いたメモは? 私はこれが一番気になってたんですけど、結局その後触れられることはなかったですよね。 最後の方でケニーが監視カメラの映像で見て、「ん?」となってるシーンがあったので、出てくるとか思いきや、これまた次のシーズンに持ち越し。 ヴィラネルにやられると覚悟した瞬間にイヴ宛てに書き残したメモってことは、やっぱりトゥエルヴに関する大事な情報ってことかしら。 彼女もヴィラネル同様にヒットマンとしてリクルートされた訳なので、その実情も知ってるはず。 それにしてもナディアは可哀そうだったなぁ・・。 コンスタンティンは死んだのか? これも怪しいですよね。 「死んだ」とハッキリ言ってませんでしたけど、「残念ながら・・」みたいなことを言ってたのはキャロリンですからね。 何かを共謀してるなら嘘をつく可能性が高いだろうし、大体昔から付き合いのある大事な男が死んだと知った直後にチーズパフ食べられます? これも怪しい。 ヴィラネルとイヴってどういう関係?! これですよね、問題は!! 最後、イヴはヴィラネルをころす機会がありながら「疲れちゃった~」ってベッドに横になっちゃうんですよ。 なぜなの? あの彼女もそうだったじゃないですか、前の愛人(?)のアンナ。 愛する夫をころされた恨みを晴らす瞬間がありながら、やっぱり撃てないままに形勢が逆転し、追い詰められて最後は自分を撃っちゃいましたからね・・。 ヴィラネルの子供っぽい魅力を前にすると、復讐心が消えちゃうのかしらね。 そして、イヴとヴィラネルがお互いへの気持ちを打ち明ける訳ですが、 ヴィラネルはたぶんバイセクシャルですよね。 コンスタンティンにも「なぜ自分を女として求めなかったんだ!」と怒っていたので、性的対象であるみたいだったし、(ただし彼に対しては父性を求める娘のような感じだったけど)レズだけではないみたい。 一方でイヴの方はそんな気持ちはないですよね、きっと。 残虐な犯行を平気な顔で繰り返す女に対する職業柄とも言える興味と、自分の親友をころした者への憎悪、自分に特別な関心を示す女を理解したいという欲求。 その辺ですかね? 最後にお腹にナイフを突き刺しておいて、その後ハッと気を取り戻すと必死に助けようとしてましたけど、あれはなんででしょうかね。 あくまで私の推測ですけど、イヴは犯人のプロファイリングが直感的にできる人でもあるし、同時に自分でも脚を使ってオクサナ(ヴィラネルの本名)の過去を調べたりしてましたよね。 親のいなかった生い立ちから、健気に勉強に打ち込んでいた大学時代、教授に本気で恋をして、子供のような動機で夫をころしてしまった結果送られた刑務所・・。 孤独で悲しい生き方をしてきた彼女に心のどこかでシンパシーを感じていて、憎み切れないところがあるのかな・・なんて。 こういう人の痛みを想像できずに人を傷つけて喜ぶタイプというのをまさに「サイコパス」と呼ぶわけですが、彼女の場合はサイコはサイコでも、精神疾患的な「気の毒な」要素を強く感じますよね。 何か大きな物が欠落しているような・・。 それこそ、イヴが彼女の愛を受け入れて「ねぇ、オクサナ。 こういうことはダメなんだよ?」と諭したら「あ、そういうのはダメなのね。 」と結構あっさり生き方を変えそうな感じもしちゃうのが不思議。 オクサナの過去に何があった? やっぱりトラウマ的な何かがあったんですよね。 特に男性器をチョッキンしちゃう背景には何かがあるはず。 (これって説明されましたっけ?) 残念ながらトラウマがあるから罪が軽くなるっていう訳ではないんですけど、オクサナを理解するためには、大事な部分になりそうですよね。 ヴィラネルは生きてるの? シーズン2が製作されるのは決定済みなので、当然生きているものと思われます。 まだ彼女はトゥエルヴに属してますからね。 怪我を負った場合の治療施設なども用意されているでしょう。 (セラピストも用意されてたくらいだし・・) 当然これからもイヴとヴィラネルの追いかけっこは続くんでしょうね。 「キリングイヴ」2人の女優の熱演が光る! イヴ役のサンドラ・オーは表情豊かに複雑な感情を自由自在に表現してましたね。 大体あの顔がズルいわ~! 愛嬌あり過ぎ!! なんか、困った犬みたいな顔で、好きにならずにいられない! ほわ~んとしたユルユルな雰囲気から一転、突然厳しい顔になる辺りが上手かったわ。 それにしても、サンドラ・オーをこの役にキャスティングした人が凄いわ。 韓国系カナダ人をイギリスの諜報機関に抜擢される人物に使うというのが発想豊か! イギリス発音はなくても、イギリスユーモアの掛け合いは絶妙でたくさん笑わせてもらいました! ただ、ヴィラネルが女として惹かれる要素はちょっと「??」な感じで、性的魅力は感じなかったなぁ。 お母さんとして惹かれるなら分かるけど・・。 アンナにしても、イヴにしても黒っぽい天然パーマがいいみたいですね。 自分のお母さんがそうだったのかな・・。 アンナに再会した時に「老けた。 いい感じ。 」って言ってましたもんね。 コンスタンティンには父親的愛情を求めてましたけど、彼女達には母親的愛情を求めてたのかな・・。 それから、ヴィラネル役のジョディーも良かったわ~。 まさに体当たり演技でしたね。 これで時々「本物の闇」を感じさせる深みが出てきたら尚よかったんですけど、まだ彼女には表面的な繕ったヴィラネルしか見せられてない気がします。 それもシーズン2のお楽しみなのかな・・。 というわけで、「キリング・イブ」の感想はこんな感じでしょうかね。 スタイリッシュでユーモラスで、見ていて楽しくなってしまう不思議なサスペンスドラマでした~。 追記:祝!ジョディー・コマーが「キリング・イヴ」でエミー賞主演女優を受賞!! 凄いですね~! 昨年はサンドラ・オーで今年はジョディーですよ。

次の

キリングイヴシーズン1(字幕/吹き替え)の無料動画を紹介!pandoraで見れる?

キリング・イヴ シーズン1

killing eveキリング・イヴ最終回迄全話&シーズン2,3全シーズンネタバレあらすじ感想や動画・登場人物 日本放送決定!色々な意味で前代未聞の展開早すぎ衝撃すぎ面白すぎサイコスリラー新作ドラマキリングイヴ!情報まとめや、1話・2話・3話・4話・5話・6話・7話・8話最終回まで、動画(公式無料動画)つきで全話レビュー! 解説も書きましたので動画共々御覧ください。 サンドラ・オーの両親も登場して感動でした!! 面白すぎる!!! というか話数が少ないのであっという間に見終わっちゃうと思うので、無料期間中に他の海外ドラマもたっぷり堪能できます。 U-NEXTなら、独占定額配信の海外ドラマがいくつもありますよ~! グレアナのクリスティーナファンで彼女が恋しい方はもちろん、サンドラ・オー初体験の方にも・・見て損はありません!先に行くほど超ハマるはず! ***キリングイヴのインポート版DVDはこちら!日本のアマゾンで簡単に購入できます。 「また会えた」 あの人が死? あの人が死? やばすぎる・・もう衝撃満載すぎる。 キリングイヴ登場人物・キャスト・ネタバレ注意 ***登場人物紹介には一部重要なネタバレが含まれていますのでご注意下さい*** イヴ・ポラストリ(サンドラ・オー) MI5で働く優秀な職員でとても賢いがパニックになりやすく、身体能力等も平凡な既婚者女性。 諜報機関での仕事ではあるものの、退屈なデスク仕事しか与えられず物足りない日々を過ごしていた。 が・・・上司も気づかなかった真相に気づき・・・極秘捜査班のリーダーに抜擢される快挙が? 殺し屋ヴィラネルを追い平凡とは無縁の危険な日常に・・ ヴィラネル(ジョディ・カマー) ヨーロッパを股にかけ活躍する、ある組織に雇われている残虐なサイコパス暗殺者。 この仕事に何の罪悪感もない根っからの殺し屋が天職のような女性。 自分を追ってくるイヴに興味を持ち、まさかの展開に・・・ ***主演の二人の画像*** nabbed a win for Outstanding New Program at the! — Killing Eve KillingEve ニコ・ポラストリ(オーウェン・マクドネル) イブの夫であり、教師でもある。 フランク・ヘイルトン(ダレン・ボイド) MI5でのイヴの上司・監視役 ビル(デヴィッド・ヘイグ) イヴのMI5での上司で、イヴと一緒にMI6で働くことに。 キャロリン・マーチン(フィオナ・ショウ) MI6ロシア部門のトップで、イヴの才能に気づき、リクルートする。 エレナ・フェルトン イヴのアシスタントだったが、MI6のエージェントとして一緒に働くことに。 ケニー(ショーン・デラニー) 元ハッカー。 コンピュータースキル、ハッキングスキル等が素晴らしく、その腕を買われてMI6にリクルートされた。 なんと実は、キャロラインの息子だった!!! コンスタンティン・ヴァシィリエフ(キム・ボドニア) ヴィラネルにミッションを与えるハンドラーどんどん厄介な存在になっていくヴィラネルに手を焼く。 キャロラインの元恋人??? キリング・イヴはここがすごい・見どころ ゴールデングローブ賞で主演女優賞・歴史上初! おめでとうサンドラ・オー!!!! 2019年1月7日、ゴールデングローブ賞で主演女優賞を受賞し、めちゃくちゃ盛り上がっております!! もちろんサンドラ・オー本人も感動で胸がいっぱいで・・・なんと、会場には彼女のお父さんが立ちながら拍手してた~~!! お父さん、当たり前だけどめちゃくちゃ嬉しそうだったし、サンドラ・オーもお父さんにびっくりして嬉しそうだった!! アジア人女優初の快挙だしね・・・・・!こんな娘を持ってどれだけ誇らしいだろうねぇ・・・ **これがその受賞動画!お父さんだけでなくお母さんも来てた!サンドラ・オーは両親への感謝と愛を感動に打ち震えながら伝えていました。 — Vulture vulture ということで、その受賞の影響もあり、またkilling eveが2019年も新年から話題沸騰中!!!!! でもこれほどの話題・評判作品のわりには日本上陸が遅くて残念・・・・ (だけどWOWOWさん頑張ってくれてありがたいですね。 ) 画期的なうえ、面白すぎる。 展開早すぎ!今までにない展開! アジア系サンドラ・オーが主人公ってだけでも画期的なのに、女殺し屋が主人公ってのも今までの海外ドラマにはなかった!!!! でもそれだけじゃなく、本当に面白すぎるし、全く先が読めない。 っていうか、サンドラ・オーのビジュアルもキャラもグレアナのヤンを髣髴とさせるものがあるので、ヤンのファンだった方にもおすすめ。 ヤンを演じている時の話し方と同じだから似たキャラに見えるだけで、実際は全然違うキャラなんだろうけど・・・ しかも、残虐すぎる殺しがいっぱいあるのにコミカルさもあってシリアスすぎない、そして先が全然読めない!!!! (でも超シリアスでショッキングな・・も多かったです) キリングイヴの見どころその他 ヴィラネルが完全なるサイコパス しかも、殺し屋の女性ヴィラネルもすごい面白い・・・ なんか暗い過去を持っていて凶悪な殺し屋になっちゃったとか、何か事情があってそういう仕事をやることになった、とかそーいう感じじゃないんですよ。 楽しく無邪気に殺しができる完全なるサイコパス。 他の海外ドラマではこんなおしゃれな無邪気なサイコパスの女の殺し屋が主人公なんて、見たことない!!!ですよね!? 彼女には危なそうなダークなオーラみたいなのはなく、美しくてミステリアスでスタイリッシュでモデルさんみたいに洗練されておしゃれ!!! 魅力的なので男性にも女性にもモテる様子・・・ お買い物大好きで日々をエンジョイしてる一見何の異常もなさそうなおしゃれな洗練された女性に見えます・・ まぁそれだけ殺しの仕事に罪悪感も闇も何も感じてないってことで、それほど完全に狂ってるってこと・・ ただ、顔は人形チックというか、アンドロイドっぽい?あまり人間味のない感じの美女なので、実はサイコキラーという設定もハマる容姿だなぁと思いました。 *相当のはまり役で、サンドラ・オーだけでなく、このヴィラネル演じるジョディ・カマーへの称賛、絶賛も殺到しています。 killing eveの視聴率の上がりっぷりがすごい このキリングイヴは何かと革命的な作品でしかも主演はグレアナのヤンことサンドラ・オー!! ということで大注目だったんですが、あまりの面白さ・話題性で視聴率も好調! 最終回では1話の2倍近くまで跳ね上がったほどの作品です。

次の