登美 丘 高校 ダンス 部 世界 大会。 大阪府立登美丘高校ダンス部が「Can’t Stop Dancing‼︎」の動画を公開〜 フェニーチェ堺(2019年11月9日)で見られるかも世界大会(WORLD OF DANCE)準優勝作品 #登美丘高校ダンス部 #WODCHAMPS19

新着情報 登美丘高校ダンス部:初の “世界一” へ挑む。in USA(登美丘高校ダンス部)

登美 丘 高校 ダンス 部 世界 大会

予選と合わせて4冠です してくださった皆さんに でいっぱいです!! 納得のいくができて、 観客を沸かせることができて 本当に良かったです!! 」 登美丘高校部は先だって同出場費用調達のためのを実施。 期限のまでに目標の万円を超える支援金を集め、多くのの期待を背負っての世界挑戦だった。 【関連記事】『登美丘高校部が世界へ! 旅費調達のが大反響』 の aeさんが自身の上での予選の模様を動画でしているが、登美丘高校部のは世界中から集まった観客たちにも大ウケ。 終演時にが沸き起こるほどの高評価を得ていたようだ。 でもあしたはもっと!! もっともっと」 今回の輝かしい結果発表にやからは 「初めての世界大会で堂々の第2位。 そして賞受賞、誠にございました! まさにTDCのが世界に通用する事を実証した事は、これから後に続く後輩だけでなく、日本の高校部に力を与えてくれたと思います。 !気をつけて帰国して下!」 「準優勝! WODというがかなり高い世界大会で堂々の準優勝は本当にと思います! 私たちも同じ高校の部として、世界でも高校部が通用する、活躍できるんだ!とたくさん勇気をもらいました!! 本当にお疲れ様でした!」 「準優勝と賞とのW受賞、!!! 結果です! で皆さんの笑顔を楽しみにしてます!」 「準優勝、 予選も決勝も2位と安定した成績は万人にと評価されたと言う事です 胸を張って帰って来て下さい。 作品を目の前で観れるのを楽しみにしています。 」 「集合写真をよく見るとみなさんの複雑な気持ちが伝わって来ます。 その気持ちは十分さんに届いていると思います。 準優勝、本当に凄い!。 さんがを振っている姿が嬉しい。 にっぽんを代表する TDC!」 など数々の祝福とねぎらいの声が集まっている。 部員たちにとっては優勝に至らなかった悔しさもあるかもしれないが、熾烈な競争で知られるオブに初出場で準優勝に食い込むなどなかなか成し遂げられることではない。 日ごろの努力が実を結んだことを誇りにし、それぞれ今後の生の糧にしてもらえればと願うばかりだ。

次の

登美丘高校ダンス部やったあ!米ロスの「ワールド・オブ・ダンス」でプロたち相手に準優勝: J

登美 丘 高校 ダンス 部 世界 大会

バブリーダンスで一躍有名になった大阪府立登美丘高校のダンス部が、アメリカ・ロサンゼルスで開かれた「ワールド・オブ・ダンス」で準優勝した。 プロも参加する世界的なコンテストで、高校生のチームが準優勝というのは珍しい。 踊った曲は「Can't Stop Dancing」だった。 部員たちは「 準優勝で すごく悔しい気持もあるんですけど、部活として初めて挑んだ世界大会で結果が残せてすごくうれしいです」と語る。 akaneコーチも「みんなが努力してきたことの評価をちゃんと頂けたという意味で、感動し涙が出ました」 国内大会審査員の振付師の宮田健男さんは、「ワールド・オブ・ダンスは比較的大人数のチームが多く参加する大会です。 大人数での組織は、すごく日本人の優位性が高いと思います。 他の国に比べると、かなり緻密に作っているので、そのへんが非常に評価されたと思います」 クラウドファンディングで旅費集め しかし、あくまでも公立高校の部活だから、気になるのは参加費や旅費だ。 旅費は一人あたり20~30万円、メンバー55人で1300万円が必要だったが、保護者からの出資には限界がある。 一計を案じたのが、ネットで資金を集めるクラウドファンディングだった3日目にして300万円が集まり、順調に渡米資金を確保できた。 モーリー・ロバートソン ジャーナリスト は涙を浮かべている。 「高校の部活が世界で2位になり、泣いているって、何これ!東洋の魔女とかでないのよ」 下川美奈 日本テレビ解説委員 「高校の大会だけでなく、世界に出てチャレンジするって、次々と前に進んでいる。 勇気をもらうし、頑張んなきゃという気がする」.

次の

登美丘高校ダンス部を破り優勝した高校はどこ?動画やメンバーも調査!

登美 丘 高校 ダンス 部 世界 大会

contents• 「TEAM DIVISION」部門に日本代表として出場した登美丘高校ダンス部は、7月27日(土)に行われた予選においても、2位通過とベストコスチューム賞を受賞したので、結果として合計4冠を達成した事になりますね! World of Dance(wod)は、プロも参加する世界的なコンテストなので、高校生のチームが準優勝というのはとっても凄い事ですよね! 結果は準優勝でしかたが、はじめて挑んだ世界大会で素晴らしい結果が残せて誇りに思っていいですよね! 国内大会審査員の振付師の宮田健男さんがいうには、 「ワールド・オブ・ダンスは比較的大人数のチームが多く参加する大会です。 大人数での組織は、すごく日本人の優位性が高いと思います。 他の国に比べると、かなり緻密に作っているので、そのへんが非常に評価されたと思います」 とコメントしています。 日本人の性格によるものなのでしょうか? 正確性や几帳面さ、おもてなし精神が準優勝の決め手なのかもしれませんね。 この快挙は本当に日本人代表として素晴らしい事です。 そして、この快挙の裏にはメンバー達を支えるクラウドファンディングという存在が大きかったと言えるでしょう。 wod(ワールドオブダンス)2019日本代表の登美丘高校ダンス部コーチakaneとは? 世界的に注目を集めた「バブリーダンス」を生み出した登美丘高校ダンス部のコーチのakaneさんは ダンスを手掛けるのが 今回で 最後だったんです。 wod2019をもってコーチという立場から一歩退き、 登美丘高校ダンス部の総監督に就任する事が決まっているんですね! 登美丘高校ダンス部にまったく関わらないわけではなさそうですが、コーチを辞めるということはダンス部員達と密に関わる事はなく、演出などには関わらないということなのでしょうか? akaneさんの個性的なダンスが好きだったのですが、総監督なのでakaneさんの個性は別のコーチになっても活かされると嬉しいです。 そんなakaneさんの出身は大阪府岸和田市で自身も 大阪府立登美丘高等学校出身 です。 3歳のころからダンススクールに通って、保育園時代にはお遊戯の振付を創作していたといいます。 中学時代にダンス部をつくり、登美丘高等学校時代にはまだダンス同好会だったのを正式な部活動に昇格させて、高校2年生の時には部長も務めます。 ダンスの実力だけではなく指導者としての素質も当時からもっていたのですね。 日本女子体育大学(舞踊学専攻)に進学の後は、高校の後輩から頼まれて大学2年生の時に登美丘高校ダンス部の臨時コーチに就任すると、適格なダンス指導や持前のセンス働き、2015年から2016年にかけて登美丘高校ダンス部を第8回、第9回日本高校ダンス部選手権にて連覇に導き、2017年のダンス選手権ではのちに世界に注目されるあの有名は作品を手掛けます。 他には… 2018年10月:大阪万博誘致スペシャルサポーターに選ばれ、「世界の国からこんにちは」に振付をし「万博ダンス」を発表 登美丘高校ダンス部といえばやっぱりこのダンスかなと思います! wod(ワールドオブダンス)2019日本代表の登美丘高校ダンス部といえばこのダンス! 2017年の第10回日本高校ダンス部選手権において登美丘高校が準優勝した際のパフォーマンスはアップテンポな荻野目洋子さんのヒット曲「ダンシング・ヒーロー」に合わせて、キレッキレでコミカルなダンスは何度みても飽きなくて、圧巻のダンスですね! YouTubeに投稿された動画が国内外で話題になり、第59回日本レコード大賞の特別賞にも選ばれ、なんと 第68回NHK紅白歌合戦にも出演して番組を盛りあげていました。 このダンスはバブリーダンスとも呼ばれバブル全盛期に流行っていた衣装を着ています。 com World of Dance(通称WOD)は毎年夏にアメリカで開催されている有名なダンスコンテストです。 世界50都市で開催されるダンスコンペティション で世界中のプロのダンサーや振付師が厳しい予選を勝ち抜き、決勝大会に挑みます。 予選を勝ち抜いたチームが決勝のL. Aで毎年7月下旬から8月頃にトップの座をかけて競い合います。 また、「World of Dance」の世界大会とは別に、番組のオーディションを勝ち抜いたダンサーのみが舞台に立つことができる米人気ダンス番組もあり。 こちらはなんと優勝賞金がケタはずれに凄いんです! wod(ワールドオブダンス)賞金が凄い! World of Dance(TVシリーズ)は世界的なダンサーが集結するのも見ものですが、この大会の賞金がまた凄いんですよ! 厳しい予選を勝ち抜き、最後のワールドファイナルで見事優勝すると、なんと賞金100万ドル! がもらえるんです。 100万ドルというと日本円にして 約 1 億円!! 1 億ですよ!! さすが、アメリカです! まぁ、アメリカに渡米するまでの費用がかかったり、色々経費がかかるでしょうけどそれにしても1億の賞金を獲得すればおつりがたくさんきますね! 「World of Dance」の世界大会での優勝賞金も1億なのかはっきりした事は分からないのですが、TVシリーズでこのような大金が賞金となっているので、世界大会もきっと桁はずれな金額なのではないでしょうかね! 実は World of Dance2019の優勝者は日本人だったのです! 賞金はおいくらだったのか気になりますね! wod(ワールドオブダンス) シリーズの大会のルールは? ・ 「パフォーマンス」 ・ 「テクニーク」 ・ 「振付」 ・ 「クリエイティブ(創造性)」 ・ 「プレゼンテーション(見栄え)」 持ち点は各項目20点の合計100点あり、どれだけ満点に近い点数が取れるかがポイントになっています。 また、 予選は相当にきびしい審査になっていて、1次予選、2次予選、3次予選と勝ち抜かなければならないのです。 それも一週間ごとに行う事になっていて超ハードなスケジュールなんですね。 審査員3人の合格点85点が基本となっているのですが、ここではハイレベルなダンサーが不合格になったりと、予選を通過するには相当の努力が必要になるのです! そして、これらを勝ち抜いていくと、部門ごとに優勝者を决める部門別ファイナルが行われ、本戦の決勝では3部門の優勝者達がトップの座をかけて勝負を繰り広げるのです。 世界大会とはまた違った見ごたえがありそうですね! wod(ワールドオブダンス)2019 日本代表の登美丘高校ダンス動画は?賞金はいくら?まとめ いかがでしたか? World of Dance WOD で登美丘高校ダンス部が準優勝という快挙をあげました! コーチのakaneさんのラスト作品となった今回のダンスもakaneさんの個性が感じられるダンスに仕上がっていましたね。 世界を魅了した今回のダンスは2回目の紅白出場も夢じゃないかもしれないですね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の