北斗天昇有利区間。 北斗天昇奇数回スルーの【有利区間狙い】やり方を解説

北斗の拳 天昇 天井恩恵・ゾーン狙い目とやめどき|パチスロ6号機

北斗天昇有利区間

スポンサーリンク 北斗の拳 天昇天井ゲーム数・天井恩恵 天井ゲーム数 通常A:700ゲーム 通常B:600ゲーム+前兆 通常C:400ゲーム+前兆 チャンスモード:200ゲーム+前兆 天井恩恵 激闘ボーナス 700ゲーム+前兆でに激闘ボーナスになります。 激闘ボーナスからAT「真・天昇RUSH」を目指すゲーム性であるためCZの割合など仕様次第では浅めからの狙いは厳しそうです。 天井恩恵は激闘ボーナス確定ということでしたので、浅めから狙える仕様になっておりました。 おそらく、この情報が広まれば250ゲーム過ぎから狙える機会が少なくなると思われますので、200ゲーム手前から攻めた方がいいと思います。 150ゲームでも1,800円あるとのことですので等価であれば全然狙えますね。 非等価の場合は、250ゲームは欲しいですが、先ほども言いましたがこの情報がすでに出回っているため、拾える機会は少なくなることでしょう。 浅めから狙える理由は、 天井600ゲーム以降のハマりでAT非当選だった場合、次回チャンスモード(200ゲーム天井)が濃厚になるためです。 ハイエナにとっては嬉しい仕様になります。 天井短縮詳細 天井短縮が確定するパターンがありますので、条件によっては大当たり当選まで回しましょう。 設定変更後• AT突入後• 有利区間継続後の激闘ボーナス終了後 になりますので、有利区間ランプを見なくてもATスルー回数で判別が可能。 2連続で有利区間継続することはありません。 リセット後に激闘ボーナス当選かつAT非当選だった場合は、有利区間継続が濃厚、その次の激闘ボーナス(ATスルー2回目(ATスルー偶数回目))は有利区間非継続が濃厚になります。 したがって、ATスルー奇数回数(1、3、5回目・・・)の激闘ボーナスは有利区間継続が濃厚になります。 これを覚えておくだけで、浅めから天井狙いをできるのでガンガン拾えそうですね! ゾーン・周期狙い目詳細 50ゲーム、それ以降は100、200、300ゲーム・・・のように100ゲーム毎にゾーンが存在しますが、特に以下のゲーム数が濃いゾーンとなりそうです。 200ゲーム• 400ゲーム• 600ゲーム 以上のゲーム数はモードによって天井にもなりうるので狙える可能性があります。 400、600ゲームに関してはそのまま天井狙いに切り替えられるので特に意識する必要はありませんが、問題になるのが200ゲーム。 現状ゾーン単体で狙えるほどの価値があるかどうかは不明瞭な部分が多いため、解析が出次第追記します。 世紀末ポイント狙い詳細 液晶右下にある世紀末ポイントが1000Ptになれば、CZに突入になるため1000Pt付近の台は狙い目になりそうです。 900Ptあれば期待値はありそうなので狙い目になりそうですね。 昇舞魂狙い詳細 液晶左下に表示されている昇舞魂。 こちらの個数が多ければ多いほどAT当選率が高くなるため、個数次第で狙い目になりそう。 詳細が分かり次第追記。 滞在モード狙い詳細 ステージ 示唆内容 渓谷 通常ステージ 城下町 地下通路 前兆ステージ 荒野 七星チャンス突入率・ 昇舞魂獲得率 大幅アップ 激闘ボーナス当選で強敵1人撃破確定 天候変化で雪 通常B以上濃厚 天候変化で雷 画像引用元:様 地下通路ステージは前兆ステージになりますので捨てないように。 また、荒野ステージは七星チャンス突入率・昇舞魂獲得率が大幅にアップし、激闘ボーナスに当選した場合は強敵1人以上の撃破確定になりますので、AT当選率が上がる仕組みになりますので、転落まで回した方がいいでしょう。 モード示唆 通常時の演出でモードを示唆しております。 ステージ時によるモード示唆 ステージの天候が変化する場合があり、雷、雪だった場合は通常B以上が確定します。 天候変化は高設定ほど出現しやすくなります。 設定 天候変化発生率 1 45. ヘブン!!ならチャンスモードに期待できるので、やめないようにしましょう! リセット狙い詳細 リセットによる恩恵は現状ありませんでした。 なお、液晶のゲーム数が0ゲームであればリセット、それ以外であれば据え置きが確定します。 宵越し天井狙いをする際、かなり助かる仕組みになっていますね! 有利区間ランプ狙い詳細 激闘ボーナス終了後、有利区間ランプが消灯しなければが確定します。 有利区間ランプはクレジット右下にある細長いランプになります。 やめどき詳細 基本的には大当たり当選後、即やめ。 下記条件によってやめ時を調整。 スポンサーリンク 北斗の拳 天昇のリール配列・打ち方 北斗の拳 天昇のリール配列、打ち方を解説します。 中段にBAR停止時 右リール適当押しで上段にリプレイ停止時はリプレイなので左リール適当押し。 リプレイ以外の場合は弱チェリー or 強チェリーになります。 弱チェリー 左リールチェリー狙いで角に停止 強チェリー 左リールチェリー狙いで中段に停止 中段にスイカ停止時 スイカ or チャンス目になります。 強弱の概念はありません。 スイカ 右、左リールにスイカをフォロー チャンス目 スイカはずれ目 中段にベル停止時 ハズレ or ベル or チャンス目になります。 8 調査中 97. 2 99. 1 100. 5 105. 7 110. 4 114. メーカーはタイヨーエレックで6号機のATタイプになります。 回転数は50枚当たり約50ゲームで、AT純増は約6. 3枚になっております。 激闘BONUS確率は設定の奇偶で差がつけられているため、設定判別に苦しめられそうですね。 ただ、 設定6の機械割が114. 設定 銅 銀 金 キリン レインボー 1 — — — — — 2 8. 4001ゲーム以降でようやく金トロフィー(設定4以上)出現が現実的な数値になりますね。 そして5001ゲーム以降でキリントロフィー(設定5以上)、レインボートロフィー(設定6)が出現しやすくなってきます。 真・天昇RUSH終了画面 真・天昇RUSH終了画面でPUSHボタンを押すとキャラが出現し設定示唆を行っております。 なお、モード選択によって示唆内容は異なります。 修羅モード選択時 終了画面 設定示唆 ハン 奇数設定示唆 ヒョウ 偶数設定示唆 リン 高設定示唆 シャチ 設定2否定 カイオウ 設定5期待度大幅アップ バット 設定4以上確定 画像引用元:様 修羅モード選択時の終了画面でPUSH押下時、バットが出現すれば設定4以上が確定します。 カイオウの場合は設定5期待度が大幅アップするとのことですが現状どのくらいの割合いかは判明しておりませんが、出現したら強気に攻めてみるのもアリかなと思います。 世紀末モード選択時 終了画面 設定示唆 シン 奇数設定示唆 サウザー 偶数設定示唆 レイ 高設定示唆 ジャギ 設定2否定 ラオウ 設定5期待度大幅アップ トキ 設定4以上確定 画像引用元:様 世紀末モード選択時の終了画面でPUSH押下時、トキが出現すれば設定4以上が確定します。 ラオウの場合は設定5期待度が大幅アップするとのことですが、修羅モードのカイオウ同様、現状どのくらいの割合いかは判明しておりませんが、出現したら強気に攻めてみるのもアリかなと思います。 赤背景の場合は以下の条件に合致した場合のみ、設定4以上が確定します。 5連以内に出現• ラウンド上乗せ無し AT中獲得枚数表示 獲得枚数 設定示唆 456枚突破位 設定4以上確定 199X枚突破 設定5以上確定 画像引用元:様 AT中の獲得枚数表示で456枚突破が表示されれば設定4以上が確定。 199X枚が表示されれば設定5以上が確定します。 有利区間継続時の激闘ボーナス 解析情報は出ておりませんが、設定6の有利区間継続時の激闘ボーナスのAT突破率が優遇されている可能性が大! データロボサイトセブンで全6をやっているようなホールのデータを集計したところ、有利区間継続後の激闘ボーナスからのAT突破率は8割越えでした! 解析は出ていないものの、Twitterなどのデータでも多数有利区間継続時のAT当選率は高いとの情報がありましたので信ぴょう性は高そうです! 450ゲーム以内の初当たり確率 設定 初当たり確率 1 68. 何度も451ゲームを超えるようであれば、設定6の可能性は低くなってしまいます。 設定1 or 6を見るうえでは重要な指標になりそうです。 ATレベル振り分け 設定 レベル1 レベル2 レベル3 1 48. 稼いだお金は生活費や豪遊、洋服に使うのではなくFXの書籍や商材、トレードに回しましょう。 パチスロと違ってFXで勝つのは難しいため、 最初から大きな金額で取引すれば痛手をおってしまいます。 したがって、はじめは少額のトレードで勝っても負けても数百円程度に収まる金額で初めて、トレードに慣れて上達していきましょう。 海外口座のXMであればレバレッジが効くので1万円以下の少額で取引が可能です。 スロットで勝ったお金でトレードの練習をして、 FXで稼げるようになれば一生モノのスキルになります。 スロットで稼げる金額とは比べ物になりませんので、将来のためにもFXの練習をしておくことをオススメします。

次の

北斗の拳天昇 見える化マガジン(有利区間継続後の期待値も公開)|期待値見える化だくお|note

北斗天昇有利区間

これが点灯しているか消灯しているかによって、リセットなのか据え置きなのかもすぐ判別することが可能です。 有利区間は継続している段階はチャンスなのでやめないようにしてくださいね! それでは詳しくチェックしていきましょう。 スポンサーリンク 有利区間と非有理区間の転落について 北斗の拳天昇の有利区間ランプはほぼ点灯しているのですが、• 激闘ボーナス(AT非当選)• AT 終了後の数ゲーム間消灯していれば非有理区間に移行したことがわかります。 私が実践したところ、激闘ボーナスAT非当選後の3ゲーム目に消灯したパターンがありました。 有利区間ランプが消灯せず、有利区間が継続した場合は、• 天井短縮• 50G・200Gのゾーン強化• AT突入率アップ という様々な恩恵があるため、200のゾーンまでは打った方が良いでしょう。 こちらも私の実践上では50ゲームに断末魔ゾーンに突入した場合は、ほぼ200ゲームで当たることが出来ました。 逆に50ゲームの前兆で断末魔ゾーンに入らなかったら抜けた事もあったので、ある程度目安に出来るかもしれませんね。 ちなみに有利区間継続は2連続継続はしません。 なので台選びで迷っている場合は、• 激闘ボーナススルー回数別 有利区間遷移 0スルー後 AT終了後orリセット後 有利区間リセット状態 偶数回スルー後 2・4・6・8…… 奇数回スルー後 1・3・5・7…… 有利区間継続状態 引用元: つまり前任者がAT後一回の激闘ボーナスを外していてやめたとします。 そうすると次の状態は有利区間継続状態にあるため、天井やAT突入率がアップした状態です。 逆に2回外していた場合は有利区間はリセット状態です。 ということは狙えないということになりますね。 データ表示機で大抵はAT当選しているかどうかがわかると思います。 今が奇数スルーなのか偶数スルーなのかを確認して立ち回るようにしましょう! 有利区間ランプのリセットタイミング 北斗の拳天昇を打つ上で有利区間ランプのリセットタイミングを覚えておく必要があります。 継続しているのなら次回が200ゲーム等早いゲーム数で当選しますし、AT突入も優遇されています。 有利区間がリセットされているのを確認してからやめるようにしてくださいね! スポンサーリンク 北斗の拳天昇のスペック解析まとめ!筐体画像やゲームフロー紹介! パチスロ北斗の拳天昇の基本スペックからチェックしていきましょう。 基本スペックや型式・筐体画像 機種名 北斗の拳 天昇 メーカー タイヨーエレック サミー系 仕様 AT 6号機 AT純増 約6. みたいなことは起こらないのでストレスフリーで打つことが出来ます。 有利区間は継続している段階はチャンスなのでやめないようにしてくださいね! 北斗の拳天昇は有利区間継続でのハイエナが効くので、偶数スルーか奇数スルーかをチェックしましょう。 立ち回りが有利になりますし、自分ではやめないようにしましょう。

次の

北斗の拳 天昇(北斗天昇) スロット 新台 天井 ゾーン 設定判別 解析 評価

北斗天昇有利区間

結論から言えば、有利区間とは、 ART抽選を行っている区間を指します。 この区間中は、ARTに当選しやすく、 実践者にとっては大チャンスです。 反対に、 通常区間は、 ART抽選を行わない区間です。 ART当選が、無いわけではないですが、 その可能性は、かなり低いのです。 有利区間中なら、ART当選の可能性が、 グッと上がるというわけです。 有利区間の特徴って? 一度、有利区間に入ると、 最長1,500ゲームまで続きます。 9号機では、 1ゲームあたり純増2枚で、 最大3,000枚が出る計算でしたが、 6号機は、最大1,500ゲーム、 もしくは、2,400枚獲得で終了です。 例えば、1ゲームあたり 純増8枚の 『リゼロ』なら、 300ゲームのATで、 2,400枚を獲得できますし、 純増6. 3枚と言われている 『北斗の拳 天昇』なら 約400ゲームのATで、 2,400枚を獲得できます。 フルウエイトで消化すれば、 約30分で、完走できるので、 閉店1時間前からでも、 2,400枚獲得が可能です。 有利区間の特徴的な部分は、 規定ゲーム数、もしくは既定枚数に達すれば 強制的に通常区間に戻される点です。 その場合、 有利区間完走という形になり、 それぞれの台で、 完走演出が見れます。 また、 有利区間に入ったことは、 必ず実践者に教えないといけない ルールになっています。 「実は有利区間に入っていました」 という状態ではいけません。 ペイアウトのセグの右下に、 ドットがつくかどうかで、 有利区間なのか、判断ができます。 ドットがついていれば有利区間、 ついていなければ通常区間です。 ですので、うっかり、 有利区間に入っていたのに、 捨てていたということもあり得ます。 そうならないよう、 ドットの有無は見ておきましょう。 どうすれば有利区間に入るの? 『有利区間に入る契機』 というものが存在します。 レア小役を引く、 ボーナスを当てるなどで、 有利区間に突入します。 9号機までは、 その成立役に、 設定差を設けてはいけない ということになっていましたので、 設定1だろうが、6だろうが、 差がありませんでした。 それが6号機になって、 設定差をつけた成立役の導入が 可能になりました。 レア小役を引いて、 有利区間に入りやすければ 設定が良いという示唆にも利用可能です。 これまで、旧基準機を実践していた人には やや、面倒なシステムかもしれません。 今までと同じような実践ではダメ? ミリオンゴッドでGODを引く、 至福の時と言える瞬間です。 ところが、有利区間がある 最新版のハーデスでは、 そう言えない場面が出てきます。 有利区間が終わろうとする段階で GODを引いた場合、無駄に終わるからです。 理論上、 1499ゲーム目でGODを引いても、 1500ゲーム目で終わってしまいます。 ですので、GODを引いて、 あれ?なにこれ?という展開も 今後、出てくることでしょう。 6号機では、今のところ、 1,500ゲーム消化より、 2,400枚の上限が メインとなっています。 例えで出した展開になることは、 6号機に限れば、 ほとんど無いはずですが・・・。 ただ、今までと同じような感覚で パチスロを実践していると、 びっくりすることが増えるのは事実。 どこで有利区間が始まって、 どこでリセットされるのか、 機種ごとに把握しておきましょう。

次の