ジャーマン ポテト チーズ。 アスパラとベーコンのチーズジャーマンポテト 作り方・レシピ

ジャーマンポテトに合うおかずともう一品の副菜の献立メニュー例!

ジャーマン ポテト チーズ

ジャーマンポテトは名前の通りドイツの家庭料理の1つです。 本場ドイツでは地方によって「ブラート・カルトッフェルン」もしくは「シュペック・カルトッフェルン」と呼ばれ、広く親しまれている料理です。 日本でも洋食料理の付け合わせや、お酒のおつまみなど幅広い世代に人気のある料理です。 基本のジャーマンポテトのレシピは、茹でたじゃがいもをフライパンに入れ、オリーブオイルやバターでカリッとなるまで炒めます。 玉ねぎやベーコン、ソーセージなどを加えて、全体に火が通れば完成です。 ジャーマンポテトに使うじゃがいもは崩れにくいメークインがおすすめです! 味付けに使う調味料は、ご家庭の好みに合わせて好きな物をチョイスすると良いですよ!小さなお子さんがいるご家庭ならバターやコンソメ味が食べやすいです。 お酒と一緒に食べるならガーリック風味や、ピリッとした辛さを味わえるマスタードがおすすめです。 ハーブをプラスしても美味しいので、色々と試してみてくださいね。 定番のジャーマンポテトの材料(2人分)• じゃがいも 中3個• ソーセージかベーコン お好みの量• オリーブオイル 小さじ1• 塩コショウ 適量• ニンニク 1片• パセリ 適量 定番のジャーマンポテトの作り方• じゃがいもを洗い角切りにします。 鍋にお湯を沸かし1を茹でます。 柔らかくなったら水気をきっておきます。 フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて熱します。 香りが立ったら玉ねぎを炒め、その後ベーコンやソーセージを入れます。 2を加えて塩コショウを振って味を調えます。 全体がカリッとしたら火を止めてパセリをかけます。 お皿に盛り付けて完成です。 美味しいジャーマンポテトのアレンジ方法・種類|ジャーマンポテトマフィン ジャーマンポテトに合うおかず・付け合わせの定番編の1つ目は、ビーフステーキです。 ステーキの付け合わせには、ポテト料理が添えられている事が多いですよね。 フライドポテトやマッシュポテトを見かけることは多いですが、ジャーマンポテトを添えてもとても美味しいです。 ステーキはお肉に塩コショウが振ってあり、ソースの種類によっては味が濃い物もあります。 ジャーマンポテトに使う塩コショウは控えめにし、ステーキの味を邪魔しないように調整すると良いですよ。 ステーキの付け合わせがジャーマンポテトとは贅沢ですね! 下記の記事では、ステーキの付け合わせとおかずをしています。 特別な日やお祝いの日に食べることが多いステーキは、最高に合う付け合わせを選んで食べたいですよね?ステーキに合う野菜や副菜、スープなど豊富に紹介しているので、参考にご覧ください。 ジャーマンポテトの付け合わせ・副菜の簡単メニューの2つ目は、ポーチドエッグです。 ジャーマンポテトの中央にポーチドエッグを乗せると、フォトジェニックな見た目になり食欲がグンとアップします。 半熟の卵を絡めながら食べると、スパイシーなジャーマンポテトがまろやかな味わいになるのでとても美味しいです。 ポーチドエッグの基本の作り方は、沸騰したお湯の中に卵を割り入れて作りますが、案外難しいです。 白身が分離してしまったり、半熟でなく固ゆでになってしまった経験がある方は多いのではないでしょうか?実はポーチドエッグは電子レンジで作ると簡単に出来ます。 クラムチャウダーに使われるあさりにはマグネシウムやミネラル、鉄、亜鉛など豊富な栄養素が含まれています。 年間を通して安定した価格で手に入る貝なので、積極的に料理に取り入れたい食材です。 あさりの旨味がしっかりと出るスープなので、調味料はシンプルにするとバランスの良い仕上がりになります。 ご飯の上にクラムチャウダーとチーズを乗せて、ドリアにするアレンジレシピもおすすめです!心も身体も温まるスープです。 アクアパッツァとは魚介類をトマトとオリーブオイルなどで煮込んだイタリア料理です。 使う食材によっては見た目が豪華になり、おもてなし料理としてぴったりです。 特別な日には鯛やエビを使うのがおすすめですよ! ジャーマンポテトに合うおかずを知って楽しい食事の時間にしよう! ジャーマンポテトに合うおかずや副菜・もう一品のメニューを紹介しました。 いかがでしたでしょうか?ご紹介したジャーマンポテトに合うおかずのレシピは、どれも手に入りやすい食材で簡単に出来る物ばかりです。 気になるレシピがありましたらぜひチャレンジして、楽しく美味しい食事の時間にしてくださいね!•

次の

【みんなが作ってる】 ジャーマンポテトチーズ焼きのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ジャーマン ポテト チーズ

コストコ|ジャーマンポテト|1,280円 こちらがコストコのデリ・惣菜コーナーで販売されている 『ジャーマンポテト(GERMAN POTATO)』(品番:96388)。 ご家庭で仕上げの調理をして完成させる半惣菜で、980g入ってお値段は1,280円(税込)です。 100gあたり約131円という計算になりますね。 ジャーマンポテトといえば、じゃがいもとベーコン、たまねぎを炒め合わせた料理。 本品の場合は、皮が赤いいわゆるレッドスキンポテトが使われています。 その他にズッキーニ、マッシュルーム、コーン、パセリも入っていて、いろどりがきれいですね~。 写真右側に見える袋は付属のハーブソルトです。 調理はオーブンまたはフライパンを使います。 オーブンの場合は、アルミの器がそのまま使えますよ(フタは取る)。 ハーブソルトのクセが強いので入れる量に注意 これで20分ですが、まだ火の通りが甘いですね~。 オーブンの性能にもよりますが、さらに加熱してもよさそう(編集部ではさらに15分延長しました)。 じゃがいもの赤い皮がとても華やかで、パクっといってみますと、わりとネットリとした歯ごたえですね。 ズッキーニはシャキシャキしてジューシー感あり。 ベーコンの肉々しさ、たまねぎやコーンの甘みがよいアクセントになっています。 ただ、気になるのがハーブソルトです。 けっこうクセが強いテイストで、1袋全部入れると味が強すぎてしまうんですね。 特にローズマリーのフレーバーが濃くてエグミを感じさせ、鼻に抜ける香りがお薬のようになってしまいます。 このハーブソルトを使用する場合は、半分くらい残したほうがよさそうですね~。 * * * 『ジャーマンポテト』は、具材は悪くないものの、付属のハーブソルトがけっこう罠なのでご注意を。 ラベルで紹介されているオーブン調理だと、調味料の量を後から調整するのが難しく、火も通りにくいのが難点です。 なのでフライパンで調理するのが無難。 その際も、くれぐれもハーブソルトを入れすぎないようにしてください。

次の

ジャーマンポテトに合うおかずの献立17選|副菜・付け合わせ・もう一品の料理も

ジャーマン ポテト チーズ

ジャーマンポテトの基本の作り方・コツ! 基本の作り方 ジャーマンポテトは、ドイツ発祥のおかずです。 スパイシーな香りが特徴で、子供から大人まで幅広い世代から支持されていますね。 おかずにもなりますし、お酒のおつまみとしても活躍してくれる副菜です。 ジャーマンポテトではじゃがいもをしっかり炒めますので、型崩れしにくいメークインを使うことをおすすめします。 ジャーマンポテトの材料• じゃがいも 2個• ベーコン 3枚• 玉ねぎ 1個• ニンニク 1かけ• 塩胡椒 適量• オリーブオイル 適量 ジャーマンポテトの作り方• 1じゃがいもを洗って皮を向き、食べやすい大きさにカットします。 2じゃがいもを耐熱容器に入れ、ラップをして3分加熱します。 3フライパンでオリーブオイルを温め、ニンニクを入れて香りを立たせます。 4ベーコンとじゃがいもを炒め、塩胡椒で味を整えて完成です。 じゃがいもの表面にはデンプンが付着しています。 水に入れることでこのデンプンが落ち、アクのない味わいになりますよ。 またじゃがいもの表面をカリカリに焼き上げることもできます。 じゃがいもとベーコンを炒めた後、白ワインを入れて蒸し焼きにしてみてください。 じゃがいも本来の甘みが強くなり、香り高く仕上がりますよ。 アルコール分は飛ぶので苦味は残りません。 是非試してみてください。 ジャーマンポテトに合うメニューで献立を組み立てましょう! ジャーマンポテトに様々なおかずを組み合わせることで、満足感の高い献立になりますよ。 今回紹介したおすすめの副菜や付け合わせ、主食レシピなどを参考に、献立を考えてみてくださいね。

次の