ひぐらし 考察 当時。 鬼隠し編(ひぐらしのなく頃に)

ひぐらしのなく頃に・真相推理

ひぐらし 考察 当時

「おめぇ、……戦略、戦術、…そして戦闘、…全て三拍子揃ってるぜ。 ……お前みたいなヤツが俺の役をやるべきなんだよ…。 山狗みてぇなクソどもの隊長をな…!」 「ははん。 ごめんだね、あんたらみたいな根暗そうな秘密部隊の隊長なんて!」 魅音が笑い捨てる。 小此木もそれを笑って受けた。 謙遜でなく、それは純粋な反応だと思った。 「……へへへ、そうだな。 お前ほどの器なら日本の不正規戦部隊長なんてもったいないぜ…。 SASでもデルタでもスペツナズでも、…どこでも最高の人材になれるだろうぜ。 何しろ、」 「はははは、あっははははははは!!! SASぅ? デルタフォースぅ? 下らないねぇ! そんな退屈なところじゃあ、私を飼いならせやしないよ!!」 「……へっへへははははは! そうだろうな。 そうだろうよ。 ……なら聞かせてくれ。 お前ほどのヤツなら、何の隊長を望む!」 「隊長なんて興味ないね。 部長でいいね。 」 「……部長…。 英国情報部辺りってとこか、…ふ、妥当だな。 」 「だめだめだめ、なってないね! あのねぇ、私がやりたい部長はたったひとつ!! 雛見沢分校の我が部の部長だけさッ!! 罰ゲームのない戦いなんてごめんだね! 口先の魔術師、前原圭一! かぁいいモードの竜宮レナ! トラップ使いの沙都子に萌え落としの梨花ちゃん!! そして期待の新人、古手羽入!! これだけ揃ってりゃ、世界のどこだろうと退屈しないねッ!!」 「…………勝てねぇ…。 ……勝てねぇよ……。 …こんなヤツが隊長だったんじゃ、 …勝てるわきゃねぇやな…。 へへへへはははははははは!!」.

次の

ひぐらし「―――正解率1% 惨劇に挑め」 ←これ

ひぐらし 考察 当時

【ひぐらしのなく頃に】漫画版を順番に並べると 引用: ひぐらしの漫画は、ちゃんとした順番で読まないと壮絶なネタバレをくらってしまう可能性があるので気を付けましょう。 番外編も何冊か出ていますが、今回は メインとなる8タイトルの順番を紹介します。 絵師さんが違う巻があるので、キャラの色んな表情が見れて楽しいですよ。 シリアスシーンの強調の仕方もそれぞれ特徴があって、どれかはあなたに背筋が凍るような恐怖を感じさせてくれます。 ひぐらしのなく頃には、 前半の4つのシナリオが出題編、後半の4つのシナリオが解答編となっています。 ざっくり説明すると、前半の4つの答え合わせを後半4つでするみたいな感じです。 そのため、続きが気になる気持ちは痛いほど分かりますが 鬼隠し編~暇潰し編まで読み終えた時に、自分なりの考察をしてみるとより楽しめます。 ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編 【全2巻】 引用: 始まりの物語。 ヒロインは漫画の表紙になっている竜宮レナ。 主人公、前原圭一の同級生。 献身的な性格で、前原圭一とは毎朝一緒に学校に通っているくらい仲良しだ。 少し変わったところはあるが、とてもいい子である。 簡単に鬼隠し編のあらすじを紹介。 都会から田舎の雛見沢に引っ越してきた前原圭一は、楽しく日々を過ごしていた。 だが、とあるきっかけで 平和なこの村で起きたバラバラ殺人事件の存在を知ってしまう。 自分で調べていくうちに、この村では毎年一人が消え、一人が死ぬ連続怪死事件が起こっていた。 「オヤシロさまの祟り」とも呼ばれているこの事件の真相は……。 私は漫画からひぐらしを知ったので、ラストが衝撃的でした。 自分がこの事件の真相を暴かなくてはいけないと思えるほどに、最後の結末が印象に残りました。 読み終えた後は勉強に身が入らず、何が起こったか考えていました。 ひぐらしのなく頃に 綿流し編 【全2巻】 引用: 続いて綿流し編です。 ヒロインは漫画の表紙になっている園崎魅音。 前原圭一の上級生であり、雛見沢で絶大な権力を持つ園崎家の次期当主でもある。 テンションが高く、ノリもいい頼れる姉御のような性格で周囲から慕われている。 放課後に行わる遊びやゲームに取り組む「部活」の部長を務めている。 イラストがとても綺麗なので、 楽しい日常から疑惑の日々に移った時の落差が大きいです。 あと、最後の終わり方がトラウマになりそうでした。 「……? …………!?!? 」ネタバレ避けると伝わりにくいかもしれませんが、こんな感じで夢に出てきそうでした。 怖かった。 ヒロインは漫画の表紙になっている北条沙都子。 前原圭一より年下だが、色々と辛い経験をしている。 負けず嫌いで生意気なところもあるが、年相応の幼いとこも持ち合わせている。 お嬢様のような口調が特徴。 トラップの使い手であり、その才能はかなりのものである。 色々と想像してしまうと、読んでてつらい作品。 登場人物がどんな思いで行動しているか考えてしまう。 そして、自分がその立場だったら何ができただろうと悩む物語。 相手のためを思った行動が、相手のためになるとは限らない。 ひぐらしのなく頃に 暇潰し編 【全2巻】 引用: 出題編の最後はこちら、暇潰し編。 漫画の表紙になっている巫女、古手梨花がヒロインです。 古手神社の1人娘で、毎年6月に行われるお祭りでは巫女役を務めています。 愛くるしい性格をしていますが、時には思わぬ冷静さを見せることもあります。 暇潰し編は、前原圭一が雛見沢を訪れる数年前のお話です。 この物語を読めば、何が起こったのか考える材料が増えます。 今までと違った視点で「オヤシロさまの祟り」を見ることができるでしょう。 まだ、惨劇が始まっていない雛見沢をお楽しみください。 そんなほのぼのした日常が、長く続くわけはありませんが。 ひぐらしのなく頃に解 目明し編 【全4巻】 引用: さて、いよいよ解答編に突入です。 ここまで読んだ方は何があったのか自分なりに推理するのは終わりましたか。 答え合わせといきましょう。 今回は綿流し編で何が起こっていたのか、その裏側を知ることができます。 表紙に写っているのが誰なのか、出題編を読んでいる方は分かりますよね。 ひぐらしの物語の中でも、残虐性が高いのが目明し編です。 とある人物が徐々に狂っていき、悲しみと憎しみと怒りに身を支配されていく過程をご覧ください。 TVアニメ版では、規制が入って画面の7割が真っ暗になったシーンもあるので心して読んで下さいね。 読み終えた後は、綿流し編を読み直したくなること間違いなし。 ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 【全4巻】 引用: 次は罪滅し編です。 今回は鬼隠し編で何が起こっていたのか、その裏側を知ることができます。 さらに、ひぐらしのなく頃に全体の謎も徐々に明かされていきます。 あなたの推理はどれくらい当たっていますかね? 色んなテーマが込められている物語です。 ネタバレを避けるため、うかつに感想も書けません 笑 このあたりまで読めば、「ひぐらしは猟奇的な教育に悪い作品だ」「未成年で殺人を起こした子供の部屋にひぐらしの漫画があった」なんて偏向報道は的外れだと感じて貰えるのではないでしょうか。 続きまして、皆殺し編です。 過去六作品に関わる重要な内容が数多く含まれている物語。 賛否両論のある展開かもしれませんが、私は楽しめました。 見せ場が沢山あるストーリーで、皆殺し編が好きという方も多いです。 今までと違った視点で物語を楽しみましょう。 ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 【全8巻】 引用: 最後の物語、祭囃し編。 漫画の表紙の少女は誰なんでしょうか。 ご自身の目でお確かめください。 印象に残る場面が盛り沢山、物語はクライマックスへ。 一層キャラへの理解が深まり、色んな登場人物をより好きになる物語。 多くは語りません、ぜひ手に取ってみてください。 後悔はさせません。 まとめ• メインエピソードは全部で30巻 いかがでしたでしょうか。 これからひぐらしの漫画を読もうと思っている方の参考になれば幸いです。 最後までご覧いただきありがとうございました。 」が取り扱ってました。 100円レンタルには対応していませんでした。

次の

ひぐらしのなく頃にネタバレ!犯人と真相を知った時の衝撃を語りたい!!

ひぐらし 考察 当時

「おめぇ、……戦略、戦術、…そして戦闘、…全て三拍子揃ってるぜ。 ……お前みたいなヤツが俺の役をやるべきなんだよ…。 山狗みてぇなクソどもの隊長をな…!」 「ははん。 ごめんだね、あんたらみたいな根暗そうな秘密部隊の隊長なんて!」 魅音が笑い捨てる。 小此木もそれを笑って受けた。 謙遜でなく、それは純粋な反応だと思った。 「……へへへ、そうだな。 お前ほどの器なら日本の不正規戦部隊長なんてもったいないぜ…。 SASでもデルタでもスペツナズでも、…どこでも最高の人材になれるだろうぜ。 何しろ、」 「はははは、あっははははははは!!! SASぅ? デルタフォースぅ? 下らないねぇ! そんな退屈なところじゃあ、私を飼いならせやしないよ!!」 「……へっへへははははは! そうだろうな。 そうだろうよ。 ……なら聞かせてくれ。 お前ほどのヤツなら、何の隊長を望む!」 「隊長なんて興味ないね。 部長でいいね。 」 「……部長…。 英国情報部辺りってとこか、…ふ、妥当だな。 」 「だめだめだめ、なってないね! あのねぇ、私がやりたい部長はたったひとつ!! 雛見沢分校の我が部の部長だけさッ!! 罰ゲームのない戦いなんてごめんだね! 口先の魔術師、前原圭一! かぁいいモードの竜宮レナ! トラップ使いの沙都子に萌え落としの梨花ちゃん!! そして期待の新人、古手羽入!! これだけ揃ってりゃ、世界のどこだろうと退屈しないねッ!!」 「…………勝てねぇ…。 ……勝てねぇよ……。 …こんなヤツが隊長だったんじゃ、 …勝てるわきゃねぇやな…。 へへへへはははははははは!!」.

次の