朝日 小学生新聞。 小学生新聞を徹底比較!子供新聞比較ナビ

朝日小学生新聞|小学生新聞読み比べ!

朝日 小学生新聞

朝日小学生新聞はこんな子に向いています 早くから「中学受験」モードに入りたい。 受験に出題されそうな時事ニュースを幅広く知っておきたい。 「読む」ことに抵抗がない。 要約力を身に付けたい。 ズバリ?ザッと?知りたい!朝日小学生新聞の特徴 朝日小学生新聞は、実は小学生新聞のなかでも特に時事問題に強いことで知られています。 ニュース以外にも教育・受験に役立つ耳寄り情報が毎日掲載されていて、 「中学受験生を持つ親」にとっても役立つ内容なのが特徴です。 受験を控えている家庭でよく購読されているのもうなずけます。 全体の割合から見ても紙面が時事ニュースに割かれていることが多いため、経済や社会ニュースの掲載量がそのぶん低めな日もあるようです。 ほかに、学習関連の練習問題を積極的に掲載する傍ら、 学習まんがやイラストを多く使った目にも楽しいコーナーもあり、様々な工夫でこどもが自分から新聞を手に取って自然と眺めたく・読みたくなるように構成されています。 「学力アップには読む習慣付けが欠かせない」ということを昔から唱えている朝日小学生新聞とあって、使用されている漢字にはすべてふりがながふられています。 本格的な受験勉強を始める前の 低学年の子供であっても読むことができるという点は、「日々活字に触れる」という習慣を徐々につけていってほしいと願うお父さんお母さんにも嬉しいポイントなんじゃないでしょうか。 中学受験用にお兄ちゃんお姉ちゃんがとっている新聞を下の子が一緒になって読むのもいいですね。 朝日小学生新聞の「ここがいいトコロ」 小学生新聞をとるにあたってまず懸念されるのが、「なんだかなんとなく読まなくなる」という現象。。。 想像、できます。 多かれ少なかれありますよね。 新聞に限らず、習い事などなど、いろんな局面で。 でも、習い事をやめてしまうのとはちょっと訳が違います。 それは、新聞というのは「届く」ものだから。 そして、読まない日が続き手も、親は期待してしまうものなんですよね、「きっと明日は読むだろう」と。 儚い夢というか・・・。 しかしそこは 「活字に触れる」「しかも毎日」という点を大事に考えている朝日小学生新聞。 紙面にいろいろな工夫がなされています。 まずはこどもにとって無茶な記事量になってないということ。 こども特有の話題のコーナーはともかく、 大人と同じニュースや話題に使うページは2ページ以内になっていることが多いようです。 読む活字量が多いと、読んでいる途中で脱落してしまうのは大人だって同じです。 一度「いやだ」「たいへん」「メンドクサイ」という印象を持ってしまうと、これがなかなか好印象までにはひっくり返らないものなんですよね。 無理をしないで読み進められるよう、 ページ配分や活字量に気遣いがされているのはなかなかポイント高いです。 また、 イベント情報やコンクール開催にも積極的なことも朝日小学生新聞のいいところです。 気軽に参加できてためになるようなものが随時紹介されているので、そういったものにどんどん参加するのも勉強の一環!と考える親にもとても評判がいいようです。 また、知っている方も多いかもしれませんが、公式WEBサイトにあるに、という連載が掲載されています。 新聞の活きた使い方、楽しみ方がたくさん紹介されていて、「小学生新聞をとっているけどイマイチ使いこなせて&読みこなせていない気が…」という親御さん!とてもためになりますよ。 必見の連載です。 朝日小学生新聞の「チョット気になる」 他社の小学生新聞と比較すると 広告の割合が…高い、かな?と感じる方が多いみたいです。 広告に注目して紙面をめくって見ると、確かにそのような印象を受けます。 日によっては全面広告が1、2ページあったりも。 広告、あんまり多いと煩わしい時もあります。 その分記事に紙面を割いてほしい、と。 でも、これがいいか悪いかは捉え方次第、はたして全面的にデメリットと言えるだろうか…?と考えています。 その理由は、二つあります。 ・子供は主に広告の方を見ている(こともある) 広告は実に子供の興味をそそるものが多いです。 楽しげなイベント…魅惑の図鑑…すごそうなロボット教室…. 去年の入賞作品… 我が家での観察の結果、新聞に馴染む取っ掛かりとして無意識にまずは広告の方を見ているという現象に気がつきました。 ノッてくれば記事を読む。 うっかりついでに記事を読む…. そんな場合もあるわけです。 ・子にも親にも参考やヒントになる魅力ある広告も多い 親目線でも「こういうキャンプ場があるんだー」「このロボット教室安めだね.. ここにしよか?」など、参考になる広告も多いです。 我が家では特に絵のコンクール系は本人の希望で積極的に出しているのもあり、そういった情報はありがたいなぁと感じています。 家族にとって記事同様有力で魅力的な情報源になっているとも言えます。 購読している実体験から以上のような現象があると感じているため、 スバリ「広告の目的どおり・思うつぼ」な訳ですが、ある程度は広告ってあってもいいんじゃないかと、あまり問題視はしていません。 朝日小学生新聞の「へぇ」 有名人も芸能人も。 読んでる&読んでた!朝日小学生新聞。 朝日小学生新聞は有名人や芸能人にも購読者がいることで知られています。 「過去に朝日小学生新聞を読んでいた」 「朝日小学生新聞を現在読んでいる」 という有名人を【元読者】【現読者】に分けてリストアップしてみました。 【元読者】 皇太子妃雅子さま ジャニーズ「嵐」の櫻井翔さん 女優・高田万由子さん 【現読者】 タレント・清水みちこさん お笑いコンビ「ロッチ」のコカドケンタロウさん ちびっこ兄弟漫才師「まえだまえだ」さん どうでしょう、「えっ!!?」という方、いましたか? 雅子さまも読んでいたんですね~。 小学生の頃、朝日小学生新聞をとっていたようです。 しかもですよ?なんと小学生の雅子さまは懸賞で自転車をGET、その自転車と一緒に写った写真を編集部に送ったことがあるそう。 「へぇぇ!」じゃないですか、これ!? お笑い系の方は「ネタ作りのために」という理由が多いようですね。 子供のみならず、幅広い年齢層・職業のひとに読まれているのは、とにもかくにも通常の新聞よりも噛み砕きつつ、やわらかい視点でニュースを紹介してくれているからなのでしょう。 テレビやメディアでいろいろ発言する立場のひとは、いろんなものの捕らえ方があったほうがいいのは言うまでもなく。 ここにはあがっていませんが、コメンテーターやタレントの方なども、小学生新聞、読んでいる人、多そうですね。

次の

小学生新聞比較表【2020決定版】|小学生新聞読み比べ!

朝日 小学生新聞

中学受験や学校のテスト対策にも役立つ、朝日小学生新聞の人気学習読みものシリーズ「ドクガク! 」の 第6弾は、科学。 小学校で習う理科の科学分野を拡大、発展させて、物語仕立てで楽しくわかりやすく解説しています。 本書は「宇宙・地球のふしぎ」「生活のふしぎ」「食べものや乗りもののふしぎ」の3部で構成。 「星座ってどれくらい種類が あるの? 」「虹はどうしてできるの? 」「どうして望遠鏡は遠くまで見えるの? 」「卵の白身はどうして温めると白くなるの? 」 など、身のまわりにある65のギモンに答えます。 難しいと思われがちな科学。 苦手意識をもってしまうお子さんも少なくありません。 しかし、「日常の生活」に置きかえてみることで、科学の基礎が楽しく身につけられます。 イラストや図など、豊富なビジュアルでお子さんを飽きさせません。 1テーマが見開きで完結するので、朝の10分間読書にもおすすめです。 科学を教えるのは加減が難しいと思います。 専門過ぎると分からないのはもちろんですが、簡単すぎるとそれもまた逆効果になります。 要するに科学は原理の本質を理解すると面白い学問です。 そうでなければ知識が上滑りして分かったような分からないような感じになり、結果方法論だけを暗記することになります。 専門家レベルでなくとも何となく本質が分かるような理解ができることが大切だと思っています。 例えば本書では「月の満ち欠け」が説明されています。 いくら新月、上限の三日月、半月、満月などに分類されると教えても、それでは結局暗記で終わってしまいます。 大事なことはどういう理由でこのように見えるのか?というイメージを持たせることだと思います。 そのためには図表を書いた上での説明が必要になります。 この説明は言うほど簡単ではありませんし、時間も相当掛かると思います。 その上での理解が必要になると思うのですが、多分この本を読んでもさっぱり分からないだろうと思います。 これを分かった大人で、しかも説明上手な人がいないとなかなか分かった喜びには至らないだろうと思ったりします。 こういうところで、なるほどと思える工夫があったら素晴らしいと思いますが・・・・。 そのためにはいい教材や資料、そして何より指導者(先生・親兄弟)の「環境」が大事ではないかと思っています。 この本を広げて、横に説明できる家族がいたりすると意味はあるのかなと思うのですが、この本を子供に与えて「読んでごらん」と言っても科学は分からないし好きにもならないような気がします。 読んで無駄だとは決して思いません。 難しいだろうなあと思うだけです。 こんなものだろうと思うからです。 結局試行錯誤を繰り返し自分で理解する努力をしないと駄目なのだろうと思います。

次の

朝日新聞 お近くのASA検索

朝日 小学生新聞

1の『読売KODOMO新聞』は、 発行部数20万部を超える「人気No. 1」の子供新聞です。 最大の魅力は、なんといっても イラストや写真、図表が充実しているところ。 視覚的に理解することができるため、「勉強が苦手」「読書が嫌い」というお子さんでも読みやすく、気軽に楽しめる構成になっています。 また、 名探偵コナン、ポケモン、AKB48などコラボコンテンツも多く、子供の興味を強く惹きつけてくれるところも『読売KODOMO新聞』の魅力といえるでしょう。 さらに、人気の英語・英会話コンテンツはもちろんのこと、あの 「四谷大塚」が監修に入り、中学入試問題解説やリアルタイムニュースを掲載しているため、中学受験志望者にも重宝されています。 こんなお子さん・お母さんにオススメ• 勉強や読書が苦手なので、初心者向けの子供新聞を探している。 もう少し勉強をしてほしい、勉強の時間を増やしてほしい。 ニュースや時事ネタ、世の中のことに興味を持ってほしい。 無理やりではなく、自然に知識や考える力を身につけてほしい。 「中学受験」のリアルな問題を練習してほしい。 「中学受験」の新しい情報を知りたい。 ココがポイント! 『読売KODOMO新聞』は 「ビジュアル」や「コラボコンテンツ」へのこだわりが強く、まるで 「図鑑」や「雑誌」を読んでいるような充実した時間を体験することができます。 そのため、日頃から読書慣れしているお子さんはもちろんのこと、 特に勉強が苦手なお子さんでも取り組みやすい子供新聞といえるでしょう。 もちろん「中学受験」や「成績アップ」を念頭に置くことは大切ですが、学力とは「知識」や「言葉の力」を身につけてこそのもの。 子供新聞によって勉強のできる子を育てるためには、 そもそも子供新聞に興味を持ってもらわなければ意味がありません。 その点、視覚的に楽しめる『読売KODOMO新聞』は、勉強が苦手なお子さんでも読みやすいと評判。 結果的に成績アップにつながるケースも多く、子供に自然に勉強を勧めたいと考えている親御さんにもピッタリです。 他の子供新聞(小学生新聞)と比較した際、 もっとも入門者向けの子供新聞としておすすめです。 読売KODOMO新聞の気になる口コミ• 小学5年生になる息子は勉強や読書が大嫌いで、周囲で評判の良い教材も買い与えてみましたが、どれもほとんど効果はありませんでした。 でも初めて『読売KODOMO新聞』を取り寄せたとき、紙面のイラストに興味を持ったのか、とくに何も言っていないのに自分から読み始めたので本当に驚きました。 それ以来毎週親子で新聞を読むようになり、自然と家族の会話も増え、息子が日々賢くなる様子を実感しています。 写真や解説用の図が充実しているので、大人でも楽しめるくらいです。 あまり勉強が好きなタイプの子ではありませんでしたが、私と一緒に読んでいるうちにあれこれと質問をしたり、物事に興味を持つようになりました。 コナン君の時事ニュースを切り取って、ノートにペタペタ貼っていくのが楽しいようです。 学校の成績も少しずつ上がっているので、間違いなく子どもの教育に効果はあると思います。 中学受験対策として子供新聞を読んでおいたほうが良いと聞かされたので、とりあえず3紙取り寄せてみたのですが、子どもいわく『読売KODOMO新聞』が一番面白いということだったので、定期購読することにしました。 新聞を読み始めてから、すっかり母親の私より世間の情報に詳しくなり 笑 、気づけば私も一緒に読むようになっていました。 学校や塾の先生からも勉強ができるようになってきたとお褒めの言葉をいただき、子供新聞を読ませて本当によかったと思っています。 最近では中学受験の副教材的ポジションを確立しつつある日刊子供新聞であり、そのせいもあってか 学習コンテンツ、時事ニュース、政治、経済などに力を入れている様子がうかがえます。 用語説明もわかりやすく、漢字にはすべてふりがなが振られているため、中学受験を意識した小学校低学年の購読者も少なくないようです。 ちなみに『朝日新聞』といえば「天声人語」が有名ですが、『朝日小学生新聞』にも「天声こども語」という同様のコラムがあり、国語教育ツールとして用いられることがあります。 こんなお子さん・お母さんにオススメ• 早くから「中学受験」対策に取り組みたい。 受験に出題されそうな時事ニュースを知ってほしい。 比較的勉強はできるので、難しめの教材に取り組ませたい。 活字を読む習慣を身につけさせたい。 ココがポイント! 『朝日小学生新聞』といえば、やはり 「中学受験対策」として購読している方が多いようです。 内容的にも 受験向けの学習コンテンツが充実しており、そのボリュームは3紙の中でも断トツのトップ。 さらに 「天声人語」シリーズも2種類掲載されているため、活用すれば読解力・文章力を鍛えることができます。 またニュースの量が多く、とくに受験に出題されそうな時事ニュースには力を入れているため、早い段階で中学受験を希望しているお子さんにはおすすめです。 その反面、勉強が苦手、嫌いというお子さんにはやや興味を持たれづらい印象もあり、また「日刊」=「毎日読まなければならない」というプレッシャーを負担に感じてしまう可能性もあるようです。 『読売KODOMO新聞』が万人受けする初心者向けとすれば、『朝日小学生新聞』は中学受験を意識した上級者向けといえるかもしれません。 そのため、「早くから受験対策をしたい」「比較的勉強ができるので、次のステップに進ませたい」という方におすすめできます。 ちなみに、本家の『朝日新聞』には「しつもん!ドラえもん」という子供向けのミニコンテンツがあります。 朝日新聞&小学生新聞を購読し、家族でドラえもんコーナーを楽しむのも良いかもしれませんね。 朝日小学生新聞の気になる口コミ• 中学受験の教材として購読を始めました。 大人からすると、政治の話などは難しいようにも感じられましたが、意外にも子供は素直に興味を示し、ときには私にもわからないような内容を理解し、語り出すことがあったほどです。 知識だけでなく、受験に必要な読解力も身につけられるということなので、今後も購読を続けたいと思います。 子供が中学受験に取り組むようになったので、塾の先生の勧めで『朝日小学生新聞』を取り寄せてみました。 最初のうちはあまり関心がなかったようですが、親子で一緒に読み進めるうちに、少しずつ知識を身につけ、新聞はもちろん、世の中のことにも興味を持つようになってくれました。 ある日突然「年金問題」について話し始めたときは本当に驚かされました 笑。 『朝日小学生新聞』はもともと中学受験のために購読したのですが、意外にも子供の食いつきそうなマンガやイラストも多く、固すぎるという感じではないと思います。 小学校低学年の下の子も(ほとんどマンガばかりではありますが)一緒に新聞を読むようになり、最近では家族のコミュニケーションツールになりつつあります。 受験に役立つかどうかはまだ分かりませんが、少なくとも無駄にはならないと思います。 「総合教育情報紙」というポリシーのもと、ニュースを深く掘り下げ、分かりやすく解説することにより、 子供の「読み解く力」「考える力」を伸ばすことを目的としています。 人気のメニューも充実しており、 池上彰さん解説の時事ニュースコラム「教えて!池上さん」、科学を学べる「銀河教室」、子供に好評の歴史・文化コンテンツ「おもしろ古典塾」など、親子で楽しめる豊富なコラムが多数掲載されています。 こんなお子さん・お母さんにオススメ• 時事ニュースや世の中に興味を持ってほしい。 自分で考える力を伸ばしたい。 新聞(文字)を読むことを習慣化させたい。 ココがポイント! 新聞社ならではのニュース解説は、大人にとっても読み応えがあるほど興味深く、また池上彰さんをはじめ、豪華著者による豊富なコラムで 子供たちの読解力・思考力を育む仕掛けが多数用意されています。 また、『読売KODOMO新聞』同様に タブロイド判(普通の新聞の半分程度のサイズ)なので、子供の小さい手でも持ちやすいという特徴があります。 ただし、紙面に派手さはなく、他紙と比較してイラスト・写真、図表などの占める割合が小さいことから、とりわけ勉強が苦手であったり、新聞を読み慣れていなかったりする子供の場合には、やや関心を惹きづらいという評価もあるようです。 毎日小学生新聞の気になる口コミ• 子供と一緒に読んでいると私自身勉強になり、また親子の会話にもつながるので、他の方にもおすすめしています。 中学受験どうこうというより、単純に文章を読んでほしい、知識や情報を身につけてほしいと思い、購読してみました。 下の子は科学のコラムが好きみたいで、そこだけ楽しそうに読んでいます。 上の子は新聞を読む習慣が身についてきたようで、毎朝父親と並んで新聞を読んでいる姿が微笑ましいです。 なんとなく読ませていた『毎日小学生新聞』ですが、いつの間にか国語と社会の成績が良くなっていることに気づき、これはどうやら新聞のおかげだと思われます。 先生いわく、国語ができると他の教科も自然と成績が伸びやすくなるということだったので、引き続き小学生新聞を読ませたいです。 子供新聞ってなに? 子供新聞は、小学生向けにやさしく作られた新聞です。 一般的な新聞に比べて、写真やイラスト、グラフなどが多用されており、ニュース以外の特集コーナーも充実しているため、小学生でも読みやすいのが特徴です。 漢字にはふりがなも振られているため、小学校低学年のお子さんでも安心して購読することができます。 また、中学受験用の学習コンテンツが掲載されているのも、子供新聞ならではの特徴といえます。 子供新聞は主に活字慣れや学力向上、知識・教養を身につける目的で購読されています。 なお、子供新聞には 『読売KODOMO新聞』『朝日小学生新聞』『毎日小学生新聞』の3紙があります。 子供新聞を読ませた方が良い5つの理由 新聞はもともと「情報を得ること」が目的ですが、子供新聞にはそれ以外にもさまざまな効果が期待されています。 たとえば、活字に慣れること、言葉を覚えること、学校の成績が良くなること、などが挙げられます。 それではもう少し具体的に、「子供新聞を読んだほうが良い5つの理由」を考えてみましょう。 理由1:「言葉の力」が成長する 子供は文字で書かれた長い文章を読み、自力で理解することに慣れていません。 換言すると、活字慣れ・読書慣れしていないのです。 文字に慣れるためには、本を読むしかありません。 しかし、そもそも読書慣れしていない子供にいきなり本を読ませようとしても、なかなかうまくいかないもの。 そこで注目されたのが子供新聞です。 新聞であれば(書籍に比べて)少量の文字を、定期的に読むことができます。 読書を「習慣づけ」することにより、子供はたくさんの言葉に触れ合い、少しずつ「言葉の力」を身につけていくのです。 理由2:学力が向上する 出典: 上のグラフ(文部科学省調査)からも分かるように、 「新聞を読む子供は学力が高い」ことは周知の事実です。 新聞を読むと、子供たちの「言葉の力(言語能力)」が成長します。 そして「言葉の力」が成長すると、次のようなことができるようになります。 つまり、 「言葉の力(言語能力)」を身につけると、必然的に「読解力・思考力・表現力」もあわせて成長することになるのです。 教科書や先生の説明を理解でき、理解した内容をもとに自力で考え、考えた内容を正確に書いたり話したりすることができれば、勉強ができて当然です。 子供新聞にはこのように、言葉の力を育て、学力を向上させる効果があるのです。 新聞の本来の目的は、知識や教養を身につけることにあります。 特に子供新聞は、 子供にもわかりやすいような優しい文章で書かれており、また解説やイラスト・図表等も多く、楽しみながら知識を獲得できる工夫がところどころに用意されています。 ちなみに、余談ではありますが、子供新聞の読者は子供だけではありません。 子供新聞を購読している「大人」もいます。 それほどまでに、子供新聞は分かりやすく面白いものなのです。 一般的な本や参考書にはなかなか取り組んでくれないというお子さんには、まずは子供新聞から始めてみると良いかもしれませんね。 理由4:子供と一緒に楽しめる 「子供との会話が増えた」「話題に困らない」「一緒に新聞を読むのが楽しい」といった声が多数見られるように、 子供新聞が家族のコミュニケーションに好影響を与えていることが分かっています。 テレビ・ゲーム・スマホ・マンガが娯楽の中心になった昨今では、子供が小さい頃からすでにコミュニケーション不足に陥っていることが少なくありません。 それは家族関係のトラブルにつながるだけでなく、 コミュニケーションが不足している子供は、言語能力の発達が遅れ、勉強を苦手とするケースが多いといわれています。 そのような問題を解決するためにも、コミュニケーションのきっかけとなり、同時に子供たちに考える時間を与えてくれる子供新聞は、多くの親御さんたちに求められているのです。 理由5:中学試験に役立つ 子供新聞は、中学入試を意識したコラムを持っています。 代表的なところでいうと、『読売KODOMO新聞』には中学入試で出題された実際の問題や、「四谷大塚」によるその解説が掲載されており、受験シーズンが近づくと、中学入試のポイントや最新ニュースを教えてくれます。 また、子供新聞が取り上げている時事ニュースや政治・経済・社会ネタは中学入試でも出題されることがあり、普段から新聞を読み、そのような知識を身につけることが推奨されています。 とくに 『朝日小学生新聞』は中学受験を意識したコンテンツが多く、難関中学校合格者の4割が購読しているというデータもあるほど。 中学受験をお考えのご家庭には、もはや必須のアイテムといえるかもしれません。 いつから読ませるべき? 子供新聞・小学生新聞を読ませるべき年齢に正解はないようですが、 割合としては小学4年生から始めるご家庭が多いようです。 これは恐らく、中学受験を意識し始める時期と重なると思われます。 とはいえ、「小学生新聞」と名付けられているだけあって、 基本的には小学生、つまりは小学1年生から読むこともできます。 新聞には多くの漢字が使われていますが、もちろん「ふりがな」が振られているので、低学年のお子さんでも問題なく読めるようになっています。 むしろ早い子は幼稚園の年長くらいから読み始めるようです。 もしお子さんが苦戦しているようであれば、お父さん・お母さんが一緒に読み、難しいところを解説してあげると良いでしょう。 もともと子供の教育において、お父さん・お母さんと一緒に勉強をすることは大変に効果的であることが分かっています。 そのため、あまり年齢にはこだわらず、早い時期から子供新聞を取り入れ、家族の学習ツールとして日常生活に浸透させておくのがベストかもしれませんね。 もちろん3紙に優劣はないので、 お子さんに合ったものを選択するのが一番です。 ただ統計的なことをいうと、 お子さんには『読売KODOMO新聞』の人気が高く、お母さんには『朝日小学生新聞』の人気が高い傾向があるようです。 お子さんは「写真やイラストがいっぱいで面白い」という理由で『読売KODOMO新聞』を選び、お母さんは「中学受験の教材として人気」という理由で『朝日小学生新聞』を選んでいるからだと思います。 どの子供新聞を選んでも効果は同じ? 誤解を恐れずに言うと、 おそらくどの子供新聞を選んでも「新聞の効果」に大きな違いはないはずです。 違うのはあくまで「伝え方」。 そのため、知識・教養はどの新聞を読んでも身につけることができます。 どの子供新聞を選んでも、同じように効果を得られます。 上記を踏まえると、子供新聞3紙に実質的な「優劣」は存在しないことが分かります。 だからこそ、あまり前評判や周囲の意見に振り回されるのではなく、お子さんが読みやすい、面白いと感じる新聞を選ぶのがベストな方法なのです。 『読売KODOMO新聞』vs『朝日小学生新聞』 「3紙のどれを選んでも効果に大きな違いはない」と仮定した場合、基本的には最初に述べたように、お子さんの好みに合わせるのがベストです。 勉強や読書が苦手なお子さんの場合は、 まずは「読んでもらう」ことが大前提となります。 その点『読売KODOMO新聞』は、こだわりの写真・イラストや図表を多用することで、視覚的に子供の興味を惹くことができ、またポケモン、名探偵コナン、AKB48とのコラボコンテンツや、エンタメ系の情報も多いため、 勉強というより娯楽の一部として楽しく取り組むことができます。 また他の2紙が日刊であるのに対し、 『読売KODOMO新聞』は週刊であるため、新聞を毎日読まなければならないというプレッシャーもありません。 価格も月額550円 税込 とたったワンコインで利用できるため、初めて子供新聞を購読する方におすすめしやすい「初級者向け子供新聞」といえるでしょう。 一方、勉強・読書が得意で、「次のステップに行きたい」「中学受験を考えている」という方には『朝日小学生新聞』がおすすめです。 内容的には『読売KODOMO新聞』よりもやや難しいものが多く、ある意味 「上級者向け子供新聞」といえるでしょう。 最近では中学受験の副教材的ポジションも確立しつつあるため、 難関校を目指しているお子さんにはピッタリです。 もちろん、 『読売KODOMO新聞』で「読む力」を身につけてから『朝日小学生新聞』へ移行するという方法もアリでしょうね。 子供新聞比較ナビの使い方 子供新聞比較ナビは、現在発刊されている子供新聞の概要・特徴・価格などをまとめ、比較するサイトです。 子供新聞には現在、『朝日小学生新聞』『読売KODOMO新聞』『毎日小学生新聞』の3紙があります。 決して多い数ではありませんが、 書店等での取り扱いがないため、実際に手に取って中身を確認することができません。 そのため、とくに初めての方にとって、お子さんにピッタリの新聞を見つけることは難しい状況です。 そんなときは、ぜひ子供新聞比較ナビをご利用ください。 当サイトでは、各新聞の価格や発行日といった基本情報はもちろん、新聞の特徴、掲載されているコンテンツ、どのようなお子様に向いているか、受験勉強のための活用法など、多くのお役立ち情報を取り扱っています。 教育や受験に精通したスタッフが実際に購読し、内容を分析・比較しているため、情報は信頼できるものばかり。 また、口コミ投稿を採用し、すでに子供新聞を購読している方々からも生の意見を集めています。 子供新聞について知りたい方、各紙を比較検討したい方は、ぜひ当サイトをご覧ください。 子供新聞コラム.

次の