シャララいつかきっと。 三浦あずさ(たかはし智秋)、秋月律子(若林直美) シャララ

歌詞 「合言葉 〜シャララ〜」THEイナズマ戦隊 (無料)

シャララいつかきっと

)であり、 夏子の本当の妹である。 埼玉の家政科系女子高を経て、ある千駄ヶ谷の有名洋服会社に就職。 1年間、大宮の丸井で売り子としてバリバリ洋服を売るが、立ち仕事の為か腰を痛めて突然の退社。 しかし、療養の後、実家がプロパンガス屋ということもあり、取引先である、出光のガソリンスタンドで仕事を始める。 実家からも近いし、知り合いも多く、居心地のいい環境の中、オレンジ色の制服に身をつつまれ、 男性の従業員が多い中ひときわ輝いていた。 そのスタンドでは水抜き剤キャンペーンってのがあるらしく、なんと、水抜き剤売上ナンバーワンだとか・・・ きっと、笑顔で同時に2本、お客様のガソリンタンクに無断で投入していたものと思われる・・・。 そして、いつもガソリンを入れに来る近所のおじさんに 「春ちゃん、春ちゃん」とかわいがられ、良く食事に連れて行ってもらっていた。 そして、このおじさんにはどうやら水抜き剤4本入れていたらしい。 悪魔である。 それから数年後、ガソリンスタンドを退社したいと東京の姉に相談すると、 「私お店開くの。 このお手伝いの2週間の間に、姉に焼肉・しゃぶしゃぶ・おすし・イタリアンなど 高級料理店に当たり前のように連れて行ってもらった。 そんな食事が連日続き、そろそろ2週間も過ぎようかというある日に姉から一言、 「ほら、東京って楽しいでしょ?」と聞かれ、すかさず春ちゃん、 「ウン、埼玉より本当に楽しい!だって、埼玉にはこんなおいしい店ないもん!」と 大きくうなずき、気がつけば10年近くもシャララにいる。 実に単純である。 そして、晴れて、2004年4月11日にシャララの向かいの和泉鮨の店長の渡辺氏と結婚。 一戸建ても購入し、新妻ぶりを武器にシャララでも新キャラで奮闘中。 春菜の一番の心配事は嫁に行けない姉の事である・・・。 長所・・・心優しく、面倒見がとてもいい。 責任感が非常に強く、体も非常に強い。 空気を和ませ、みんなを癒す能力に長けている。 趣味・・・・ゴルフ・旅行・たくさん食べる事・インテリアや雑貨を見る事。 休日の過ごし方・・・家のお掃除、お洗濯、お料理・・・と主婦してます。 旦那さんがいない時は、ここぞとばかりにゴルフに行かせてもらってます。 将来の夢・・・子供をたくさん作って、明るい家庭を作る事。 近所に姉を住まわせ、たまに子供の面倒を見てもらいつつ、好きな習い事を始める事。 好きな男性のタイプ・・・お父さんのような人。 (伊藤家の父は、とってもマメな人で家庭菜園を持ち、自分から夕飯も作るし、 いつもニコニコ近所の人気者。 自分はボロを着ていても、お母さんには貢ぐ。 ) HPをご覧の皆さんに・・・ カウンター担当ですので、ぜひお1人で来られた時は一緒にお話しましょうね。 とても素敵なお店です。 これからもよろしくお願いします。

次の

溶岩ヨガ「Lala Aasha(ララアーシャ)」体験。LAVAとどう違う?

シャララいつかきっと

いま秘かに大人気!! 女子のハートをキュンキュンさせる 魅惑かつキュートな 琥珀糖を頂けるカフェ シャララ舎。 きっとあなたのハートも キュンキュンMAXひゃっほー間違いなし! 琥珀糖は、元々和菓子の伝統的砂糖菓子です。 こちらの 琥珀糖は その伝統菓子を、フルーツやリキュールなどで 現代風にお店のお姉さんが独学でアレンジしてすべて手作り。 見た目も楽しくワクワクしますが食べても、外側がシャリッとで 中は柔らかで美味しい。 フルーツやリキュールのお陰で ただ甘いのではなく甘酸っぱさもありいい塩梅です。 宝石の様な魅惑的な 琥珀糖。 色・味もいろいろあり楽しい。 かわいい 琥珀糖もいっぱい!! プレゼントにも人気ですよ。 お酒の入った サファイア琥珀糖。 大人の味で、ウマウマMAXひゃっほー!! 季節ごとに限定の 琥珀糖もあり、 いつ伺っても新しい発見があり楽しい。 カフェでは 琥珀糖はもちろん ハンドドリップの珈琲、 自家製わらび餅など頂けますが オススメは 鉱石のソーダ。 青梅ベースの、青のソーダとレモンベースの赤のソーダがあります。 ちなみに青梅は、お姉さんの御実家の青梅使用です。 上に泳いでる金魚も琥珀糖ですよ!! ソーダに泳ぐ金魚を眺めながら、 まったり過ごすのも良いですよね。 今年は間に合いませんでしたが、琥珀糖を使った かき氷も開発中ですので 来年の夏は登場しそうですよ。 琥珀糖はネット注文も出来ますが、 お近くの方はぜひ1度お店で琥珀糖の魅力にキュンキュンしてみてくださいね!! 紹介しているお店はこちら!.

次の

溶岩ヨガ「Lala Aasha(ララアーシャ)」体験。LAVAとどう違う?

シャララいつかきっと

本当にあっという間ですよね。 最初の頃は、10年も活動を続けられるとは正直思っていなかったので……もちろん続けていきたい想いは強くありましたけど、その間にたくさんのアイドルグループが解散していく状況を見ていましたし、自分たちも解散の危機はありましたし、それでも10年目を迎えようとしている。 本当にうれしいことです。 そう思うからこそ、大人アイドルとしての地位を確立したい。 女性アイドルは男性アイドルに比べてどうしても年齢層が低いんですけど、MAXさんみたいに私たちもいつまでも歌って踊れる格好良いアイドルになりたいなと思っています。 --結婚しても、出産しても、変わらずアイドルで在り続けたいと。 水野まい:そういう存在になれたらいいなと思います。 --続いて、湊さん。 まもなく10年目になるけど、さらに10年後も、20年後も、30年後も活動できていたらいいなと思うので、それに向けて土台はしっかり作っておきたい。 --女性アイドルで40年のキャリアを持つグループはいませんからね。 一同:(笑) --モーニング娘。 ですら20周年を経たばかりですから、実現出来たら凄いことです。 湊あかね:そのとき私も歌い続けられていたら最高ですし、いつまでも在り続けるグループにしたいんですよね。 もしかしたらいろんな新メンバーが入ってくるかもしれないし、世代交代を繰り返して30年後は全く違うメンバーになっているかもしれないけど、それでもprediaがまだ在ったらいいなと思います。 --続いて、ちゃんころぴー。 メンバーとファンの人とライブを続けられるって本当にしあわせなことなんですよね。 そういうことを改めて感じています! --続いて、沢口さん。 今回のツアー【predia 9th anniversary tour 2019 [SHINKA] 】で全国各地をまわって、普段なかなか会えない地方のファンの方々ともたくさんふれあったんですけど、そこで「My Story」というprediaのことを歌っている楽曲を披露しているんです。 そしたら「あの曲は自分の人生にも置き換えられるし、これからどうしよう?と悩むこともあるけど、大人が一致団結して歌っている姿を見て、僕も夢を諦めちゃいけないんだと思いました」みたいなことを言ってもらえたり、最近「夢」というワードをファンの皆さんから聞く機会がすごく多いんです。 「いっしょに夢を叶えましょう」とか「僕の分の夢も叶えてください」とか「prediaの夢は僕の夢でもあるから一生懸命応援します」とか言って下さるんで、そういう人たちの為にも頑張らなきゃなと思っています。 --10代のアイドルだと「夢を叶えてあげよう」みたいなスタンスで応援されるケースが多いですけど、30代でもアイドルとして夢を追いかけているprediaだからこそ「自分も夢を諦めている場合じゃない」と背中を押されたりするのかもしれないですね。 みんなの生き様に魅了されている。 沢口けいこ:そうだと嬉しいですね。 そういう人が増える=売れるということだと思うので。 --続いて、村上さん。 でも最近は「こういうことをやってみたら、お客さんがもっと喜んでくれるんじゃないか」とか「こうしたらお客さんに持って帰ってもらえるモノがあるんじゃないか」とか、自分だけじゃなくファンの皆さんや相手のことも考えるようになりました。 そこも大きな変化だなと思います。 --続いて、桜子さん。 いつもはすぐ自分たちのライブ映像はチェックするんですけど、たぶん、どこか観るのが怖かったんでしょうね。 でもようやく観たときに何よりも「格好良いな、自分ら!」と思ったんです。 それによって気合いが入ったというか、この6人でも「格好良いな、自分ら!」と心底思えるように頑張りたいなって。 --じゃあ、良いタイミングで観れたんじゃないですか。 桜子:そうですね。 今観てよかったです! 新体制になってからの各メンバーの変化と成長 --では、続いて、各メンバーがまわりから見てどんな風に変わってきているか、掘り下げさせて下さい。 今度は桜子さんから。 沢口けいこ:でも、らちょがいちばん変わったんじゃない? 元々熱いモノは持っているんですけど、照れ屋さんだから、10人時代はそれを隠していたというか、内に秘めた熱さだったんですよ。 それが6人体制になってから会議でもガンガン発言するようになったし、本来ならちょっと言いづらいようなことも率先して意見するようになった。 自分たちのグループを客観視することってすごく難しいことじゃないですか。 それでみんなが主観でしか考えられなくなったときに、ふと客観視した意見を言ってくれたりとか、それでハッとさせらることがすごく多いんです。 湊あかね:責任感がめちゃくちゃ強いから、歌に対しての姿勢も分かりやすく変わってきたと思う。 今、歌へのモチベーションがめちゃくちゃ高いから「どうだった?」ってイチイチ聴いてくるんですよ(笑)。 「よかったよね? おいら」って。 一同:(笑) 桜子:たしかに、以前は正直ちょっと自信あったとしても「あんまりだったかな? どうだったぁ?」ぐらいの感じだったんですけど、最近は「よかったっしょ?」って言ってる(笑)。 湊あかね:自信がめちゃめちゃ付いたんだと思います。 --続いて、村上さん。 桜子:元々超完成されてるからね。 芯は変わってないと思う。 ちゃんと自分の考えを持っているし。 でも、なんかさ、最近さ、優しいよね? 沢口けいこ:メンバーをより信頼してくれている。 桜子:愛情を感じるかも。 村上瑠美奈:私、自分で思うのは、この6人って「すごくしっかりしているな」と思うんですよ。 で、10人時代はメンバーにいろいろ言うことが多かったんです。 ということは、卒業した4人に言うことが多かったんだろうなって。 一同:(笑) 村上瑠美奈:だから最近はそんなに言うことがないんです。 桜子:強めの6人が残って、ふんわりした4人が居なくなったから(笑)。 それで負担が減ったんだろうね。 村上瑠美奈:そう、やることが減りました。 --メンバー減ったのにやることが減るパターンもあるんですね。 村上瑠美奈:逆に減った(笑)。 --続いて、沢口さん。 沢口けいこ:吐息お姉さんが強烈すぎて、同じようにやってもモノマネにしかならないし、それって超ダサいじゃないですか(笑)。 だから自分なりの方法でやらせて頂いております。 桜子:ただ、いっぱいいっぱいになったところを見てないから「すげぇキャパあんな、この人」とは思う。 大変じゃないの? 村上瑠美奈:こんなにやること増えたら絶対大変だと思うよね。 いっぱいやることが増えてむしろ楽しいんですよ。 だからキャパオーバーになりそうな感じは今のところないですね。 水野まい:すごい。 村上瑠美奈:やること減った人もいるのにね。 桜子:あなたは元々やること多いから(笑)。 ライブのMCとか気付いたらぜんぶ瑠美奈になってたりしたから! --続いて、ちゃんころぴー。 断捨離。 沢口けいこ:本当に「大家族で育ってきたんだろうな」って感じがします。 ちょっとお姉ちゃんっぽいかも。 率先してそうやって面倒くさいことをやってくれたりとか。 村上瑠美奈:たしかに、お姉ちゃん感出たかも。 まさかの。 --末っ子感しかなかったのに! 言われてみていかがですか? まえだゆう:え! 自分ではあんまり感じてなかったです。 しかし、ちょっと嬉しいです。 お姉さんの感じって言われて。 桜子:おなか空いているときだけテンション下がるけど。 湊あかね:もしくは、眠いとき。 沢口けいこ:子供やん。 まえだゆう:そうですね。 ご飯食べないと生きていけない。 一同:(笑) まえだゆう:てか、おなか空くペースがきっと早いんです! 沢口けいこ:たぶん、どうでもいい話だと思われてるよ(笑)。 まえだゆう:はい、次いきましょー! 今まで追及してきた大人セクシー。 ひとつの答えがここにある。 --続いて、湊さん。 沢口けいこ:あかねんはあかねんなんだよなぁ。 湊あかね:やってることも変わってないから。 村上瑠美奈:たしかに、本当に変わらないかも。 「変わらないでくれて、ありがとう」みたいな(笑)。 --やること増えたり減ったりもしてない? 湊あかね:いや、まったくないッスね。 村上瑠美奈:でも、強いて言えば、ライブ中に煽ったりとか、今まであかねんがやっていてもおかしくなかったようなところって実はいっぱいあったんですけど、それを今は自然とやってくれるようになった。 喋らないのがあかねんのスタイルみたいなイメージがなんとなくあったけど、そこは変わってきてるんじゃないかなって。 湊あかね:そうだね、喋らなきゃいけなくなった。 --イヤなの(笑)? 沢口けいこ:でも、あかねん、元々めっちゃおしゃべりですから(笑)。 楽屋でもめちゃくちゃ喋ってる。 湊あかね:楽屋のほうが楽しいんです。 湊あかね:いや、喋るのは楽屋のほうが楽しいんです(笑)。 桜子:ずっと「ちゃん? ちゃん?」って言ってる。 沢口けいこ:ウザ絡みが多い。 桜子:「ちゃん、何してんの? ダメでしょ、ちゃん!」……ちゃんが犬として扱われているんです(笑)。 まえだゆう:「ちゃん?」って言われて「なーに?」って返しても、特に用事はないんです。 でも常に名前を呼ばれてる。 湊あかね:そうだね(笑)。 --続いて、水野さん。 今日、最初に質問振られてましたけど、あんなの、以前のまいまいだったら死んでた! 水野まい:死んでました。 「水野さん」って呼ばれただけで「ひぃ!」みたいな。 沢口けいこ:たぶん、言葉を発することができずに「じゃあ、またあとで」って後回しにされていたと思う。 桜子:でも今日はちゃんと話していたじゃないですか。 だから知らないうちに成長していたんだろうなって。 水野まい:以前は10人いたから会話に入っていくのも難しくて。 でも6人になってからは「あ、ちょっと入りやすくなったなぁ」と思うし、全員見渡せるから「あ、今、喋れるかな」みたいな。 沢口けいこ:自分の話を自分からしてくれるようになりました。 水野まい:元々喋ることにすごく苦手意識があって、でも一度ラジオ番組をやらせて頂いたことによって、徐々に苦手意識が取れてきて、ようやく今になってですけど(笑)、喋れるようになったのかなって。 --そんな成長し続ける6人のprediaによる新シングル『シャララ・ナイアガラ』が完成しました。 大人セクシーを表現した1曲と言えば「シャララ・ナイアガラ」と今後答えていくことになりそうなナンバー。 でもほどよく懐かしくて、ちょっとキャッチーで、聴いていて、曲の情報量がちょっとパニックになっちゃうぐらい凄いことになっているんですよ(笑)。 --フックが多いですよね。 沢口けいこ:すごく攻撃的な曲だなと思います。 まえだゆう:ちゃんもひとつの呪文みたいに思ってる! 沢口けいこ:ひとつの呪文? まえだゆう:「シャララ・ナイアガラ」というタイトル自体が呪文っぽいじゃないですか。 ですが、しかし、曲のパンチ力もちょっと呪文系で、「シャララ・ナイアガラ! どうだ!」って気持ちで歌っています。 --えーっと、パニック。 まえだゆう:「シャララ・ナイアガラ! どうですか!?」みたいな。 つまり、それだけキャッチーな曲だなって思っているんです。 --すみません、沢口さん、まとめてください。 沢口けいこ:prediaが今まで追及してきた大人セクシー。 そのひとつの答えがここにある。 ドロドロな恋愛の曲を歌わなくてもセクシーは見せられるし、大人感は出せるし、6人それぞれの個性が歌からもよく感じ取れると思うので、そういうところも注目してもらえると、より楽しめるかなと思います。 ぜひミュージックビデオと合わせてチェックしてみて下さい! Interviewer:平賀哲雄|Photo:Jumpei Yamada.

次の