認知 特性 診断。 あなたはどのタイプ?~認知特性診断

【認知特性】知らないとその努力は無駄かもしれない

認知 特性 診断

人は誰しも得意不得意がありますし、考え方も違います。 障がいで苦手なことがある方や、自己理解を深めたい方は参考にしていただければと思います。 また、タイプごとにどういった仕事に適性があるのかも少し記載しています。 人それぞれ異なる思考や認知の好みがありますので、会話やSNSでのコミュニケーションが上手くいかない、同じ内容でも理解や表現の仕方が人によって異なるのは当然です。 さらに、この認知特性は生まれながらにある程度決まっており、生活環境の中で伸びていくものなので、急に変えることは難しいとされています。 信じてもらえないかもしれませんが、私は産まれてから1歳の間の記憶が少しあり、小さい頃の記憶も断片的ですが残っています。 現在では一度通った道や一度見た映画の内容は覚えていますし、車の運転などの距離感や方向感覚は良いです。 しかし、耳から聞いた話や約束はよく忘れてしまう、故意ではないですが失礼なことを咄嗟に言ってしまうことがあります。 それではこの認知特性のタイプについて、大きく3つに分けて紹介していきます。 小さい頃に絵をよく描いていた人や、道や手順をすぐ覚える人がこれに当てはまります。 記憶を写真のように頭の中に記憶している人は好きなキャラクターの絵を何も見ずに描くことができたり、ユーモアのある考え方ができるので、写真家や画家、デザイナーなどの仕事に適性があります。 動画として記憶する人は前者とは少し異なり、物事を三次元イメージで捉えるので、人の顔を覚えたり、道を覚えるのが得意です。 私はおそらくこのタイプに当てはまり、地図さえあれば迷う事はありませんし、一度道を通ればお店や信号機などの目印と合わせて覚えることができます。 しかし、人の顔は覚えても名前はなかなか覚えることができませんし、道を人に教える時も言葉では教えることが難しく、自分で地図を描かないと教えることができないです。 このタイプは運転する仕事や機械技術師の様な手順が複雑な仕事、またはテレビ関係の仕事に適性がある可能性があります。 例えば、小学校で読書感想文はすらすら書けていた人や、自己流に図式や単語を書いてノートをまとめていたという人はこのタイプかもしれません。 本や小説を読むと、読んだ言葉から場面を想像したりするのが得意なので、本を読むのが好きだったり、その内容をイメージとして自分の中で整理することができるので、人に教えることや、自分の考えを伝えるのは得意な人が多いです。 私は小さい頃は国語のテストでよくあった「登場人物の心境を100字以内で述べよ」のような問題をイメージするのが苦手でしたし、ノートにまとめることは今でも苦手です。 私がノートにまとめるのが苦手なのは、後の3つ目の項目も関係しています。 このタイプはイメージを言語化する、または言語からイメージすることが得意なので、ライターや雑誌編集者などの作家系の仕事や、教師などの仕事に適性がある可能性があります。 言語という点では、先ほどの言語優位と少し重複していますが、聴覚優位が強い人は言語からイメージ生むのではなくて、言語そのものを使って思考を働かせることができます。 ちなみに私はこの聴覚情報が弱く、話したことを聞いていない、学校でノートに板書はできたけど先生の話を聞いても理解出来ないことが多かったのはこれが関係していたかもしれません。 英語のリスニングも、長文を言われると頭で処理できなくなりパンクしてしまいます。 大人になった今でも電話が苦手で、前職の会社では相手の名前や話の内容が覚えられなくてよく怒られました。 対照的に聴覚優位の人は、映画のセリフの言葉そのものを覚えることや、歌の歌詞を聞いてすぐ覚えることが得意な人が多いです。 言語優位タイプと少し重複しますが、教師や作家系の仕事、またはアナウンサーや作詞家などの仕事に適性がある可能性があります。 また、少数ですが聴覚優位者のなかには音階や音色をイメージとして捉えて、脳内で処理ができる「絶対音感」を持っている人がいます。 歌の歌詞だけではなく、メロディもすぐに覚えて口ずさむことができます。 有名人であればXJAPANのYOSIKIは絶対音感をもっていますし、あのマイケルジャクソンも絶対音感をもっていたと言われています。 まとめ 認知特性を3タイプに分けて紹介しましたが、自分がどのタイプなのか見つけることができましたでしょうか。 自分の特性に気付くと、やってみると意外と得意なことが見つかったり、自分のやりたい仕事を見つけるヒントになるかもしれません。 しかし、過剰反応により集中できなかったり、かえって体調を悪くしてしまう場合もありますので、理解した上で自分の特性に合った環境作りをすることが大切です。 また、各項目で適職を例として挙げましたが、これはほんの一部です。 例えば、言語優位でイメージを伝えるのが得意なら営業や販売職、視覚優位で立体をイメージするのが得意なら建築士や運転手、というように特性が活かせる仕事はたくさんあります。 全ての特性を平均して兼ね備えている人もいれば、苦手な事が多い人、1つの特性が突発して高い人もいます。

次の

【不安になったら】認知症の診断と5つの検査方法(長谷川式スケール・MMSE検査など)|みんなの介護

認知 特性 診断

人は誰しも得意不得意がありますし、考え方も違います。 障がいで苦手なことがある方や、自己理解を深めたい方は参考にしていただければと思います。 また、タイプごとにどういった仕事に適性があるのかも少し記載しています。 人それぞれ異なる思考や認知の好みがありますので、会話やSNSでのコミュニケーションが上手くいかない、同じ内容でも理解や表現の仕方が人によって異なるのは当然です。 さらに、この認知特性は生まれながらにある程度決まっており、生活環境の中で伸びていくものなので、急に変えることは難しいとされています。 信じてもらえないかもしれませんが、私は産まれてから1歳の間の記憶が少しあり、小さい頃の記憶も断片的ですが残っています。 現在では一度通った道や一度見た映画の内容は覚えていますし、車の運転などの距離感や方向感覚は良いです。 しかし、耳から聞いた話や約束はよく忘れてしまう、故意ではないですが失礼なことを咄嗟に言ってしまうことがあります。 それではこの認知特性のタイプについて、大きく3つに分けて紹介していきます。 小さい頃に絵をよく描いていた人や、道や手順をすぐ覚える人がこれに当てはまります。 記憶を写真のように頭の中に記憶している人は好きなキャラクターの絵を何も見ずに描くことができたり、ユーモアのある考え方ができるので、写真家や画家、デザイナーなどの仕事に適性があります。 動画として記憶する人は前者とは少し異なり、物事を三次元イメージで捉えるので、人の顔を覚えたり、道を覚えるのが得意です。 私はおそらくこのタイプに当てはまり、地図さえあれば迷う事はありませんし、一度道を通ればお店や信号機などの目印と合わせて覚えることができます。 しかし、人の顔は覚えても名前はなかなか覚えることができませんし、道を人に教える時も言葉では教えることが難しく、自分で地図を描かないと教えることができないです。 このタイプは運転する仕事や機械技術師の様な手順が複雑な仕事、またはテレビ関係の仕事に適性がある可能性があります。 例えば、小学校で読書感想文はすらすら書けていた人や、自己流に図式や単語を書いてノートをまとめていたという人はこのタイプかもしれません。 本や小説を読むと、読んだ言葉から場面を想像したりするのが得意なので、本を読むのが好きだったり、その内容をイメージとして自分の中で整理することができるので、人に教えることや、自分の考えを伝えるのは得意な人が多いです。 私は小さい頃は国語のテストでよくあった「登場人物の心境を100字以内で述べよ」のような問題をイメージするのが苦手でしたし、ノートにまとめることは今でも苦手です。 私がノートにまとめるのが苦手なのは、後の3つ目の項目も関係しています。 このタイプはイメージを言語化する、または言語からイメージすることが得意なので、ライターや雑誌編集者などの作家系の仕事や、教師などの仕事に適性がある可能性があります。 言語という点では、先ほどの言語優位と少し重複していますが、聴覚優位が強い人は言語からイメージ生むのではなくて、言語そのものを使って思考を働かせることができます。 ちなみに私はこの聴覚情報が弱く、話したことを聞いていない、学校でノートに板書はできたけど先生の話を聞いても理解出来ないことが多かったのはこれが関係していたかもしれません。 英語のリスニングも、長文を言われると頭で処理できなくなりパンクしてしまいます。 大人になった今でも電話が苦手で、前職の会社では相手の名前や話の内容が覚えられなくてよく怒られました。 対照的に聴覚優位の人は、映画のセリフの言葉そのものを覚えることや、歌の歌詞を聞いてすぐ覚えることが得意な人が多いです。 言語優位タイプと少し重複しますが、教師や作家系の仕事、またはアナウンサーや作詞家などの仕事に適性がある可能性があります。 また、少数ですが聴覚優位者のなかには音階や音色をイメージとして捉えて、脳内で処理ができる「絶対音感」を持っている人がいます。 歌の歌詞だけではなく、メロディもすぐに覚えて口ずさむことができます。 有名人であればXJAPANのYOSIKIは絶対音感をもっていますし、あのマイケルジャクソンも絶対音感をもっていたと言われています。 まとめ 認知特性を3タイプに分けて紹介しましたが、自分がどのタイプなのか見つけることができましたでしょうか。 自分の特性に気付くと、やってみると意外と得意なことが見つかったり、自分のやりたい仕事を見つけるヒントになるかもしれません。 しかし、過剰反応により集中できなかったり、かえって体調を悪くしてしまう場合もありますので、理解した上で自分の特性に合った環境作りをすることが大切です。 また、各項目で適職を例として挙げましたが、これはほんの一部です。 例えば、言語優位でイメージを伝えるのが得意なら営業や販売職、視覚優位で立体をイメージするのが得意なら建築士や運転手、というように特性が活かせる仕事はたくさんあります。 全ての特性を平均して兼ね備えている人もいれば、苦手な事が多い人、1つの特性が突発して高い人もいます。

次の

FRONTEO、認知症診断支援AIシステムについて日本での特許査定を取得|株式会社FRONTEOのプレスリリース

認知 特性 診断

この本のテストでは人間の認知特性を、 <視覚優位者>写真(カメラアイ):静止画・二次元・視覚情報の瞬時処理に強いよ! <視覚優位者>三次元映像:動画・三次元・時間空間軸込みの視覚処理に強いよ! <言語優位者>言語映像:言語と映像の相互翻訳・イメージと比喩に強いよ! <言語優位者>言語抽象:難解な文章の図式化・視覚的文字情報に強いよ! <聴覚優位者>聴覚言語:音声言語による思考・聴覚的文字情報に強いよ! <聴覚優位者>聴覚&音:聴覚情報・非言語的な音の処理に強いよ! という6タイプに分けて診断できます。 質問は人の顔の覚え方や子供時代の好きな遊びなど、概ね簡単に答えられるもの。 経験のないこと(合コン)は似たもの(飲み会)に置き換えて考えました。 各質問の答えによって、6タイプの幾つかにポイントが加算されていきます。 最後に各タイプのポイントの合計を出せば、自分の認知特性の強弱がわかります。 <視覚優位者>写真(カメラアイ) 30 <視覚優位者>三次元映像 30 <言語優位者>言語映像 14 <言語優位者>言語抽象 27 <聴覚優位者>聴覚言語 19 <聴覚優位者>聴覚&音 8 14以下は弱い認知特性、15~25は一般的なレベル、26以上は強い認知特性とのこと。 26以上の認知特性に関連した仕事を選ぶと、能力が発揮できていいようです。 つまり私なら、 静止画動画に関係なく、視覚情報を扱う分野だと幸せになれて。 文章・文字を映像変換せずに簡略理解するのは得意で。 聴覚に関しても、言葉として聞き取れるなら人並みにはやっていけて。 だけど文字と映像の行き来と、音楽方面はきっついぞ、ということですね。 文章を使うときは文章だけ、視覚を使うときは視覚だけ。 両者が交わるとよろしくない。 ……あっはっはっはっは。 思い出すのは小学6年、国語の授業です。 お題は宮沢賢治の(青空文庫のページに飛びます)。 作品の中から気に入った場面を選んで、絵を描きなさいと言われました。 当時の私、悲しくなるほど苦戦していました。 クラムボンって何ですか、「かぷかぷ」って何の擬音ですか、「ラムネの瓶の月光」? これどうやって絵に変換すればいいの、視覚情報を文字で大量に埋め込まれても脳内変換難しいよ具体例プリィィィィィズ!!! というか教科書にもう絵があるじゃないですかこれ以上私に何をしろと!? うああああ!!! 大変しんどかったです。 先生の狙いは、子供の豊かな表現力の発露にあるのだろう。 そう推測して、求められている(だろう)模範解答に寄せて。 どうにか課題を仕上げたものの、頭の中は困惑したままでした。 思えば昔は、小説が苦手でしたっけ。 きらびやかな語句盛りだくさんで綴られても、脳内イメージが困難だった。 楽しんで読めるようになったのは、過度の脳内変換を捨ててからです。 描写部分でいちいち想像するのを止めたら、うんと楽になりました。 おわりに 診断の信憑性については、疑う方もいらっしゃるでしょうが…… 私はやってみてよかったです。 自分の得意不得意に、大いに頷けました。 新幹線の乗り方が動画ではっきり理解できたのも、視覚優位ゆえかと。 これからも自分の得意に寄せて、物事を勉強してみたいです。 そういえば発達障害にも視覚優位と聴覚優位があると、本で読みましたっけ。 認知特性に合ったやり方なら、日常生活も仕事も進めやすそうです。

次の