推し 武道 漫画。 推し武道、末吉9太郎……ファンのコンテンツ化はなぜ進む? “推し活”を開放的に楽しむ時代へ

『推し武道』アニメ化を記念してコミックス・フェアを開催♪

推し 武道 漫画

推しが武道館いってくれたら死ぬ ジャンル 、 漫画 作者 出版社 掲載誌 レーベル RYU COMICS 発表号 2015年8月号 - 巻数 既刊6巻(2019年10月12日現在) アニメ 原作 平尾アウリ 監督 シリーズ構成 キャラクターデザイン 下谷智之、米澤優 音楽 日向萌 アニメーション制作 製作 推し武道製作委員会 放送局 TBSテレビほか 放送期間 1月 - 3月 話数 全12話 - プロジェクト ・ ポータル ・ 『 推しが武道館いってくれたら死ぬ』(おしがぶどうかんいってくれたらしぬ)は、によるの作品。 略称は『 推し武道』。 『』()にて、2015年8月号より連載中。 を舞台に活躍するとある女性グループと、彼女らを応援するファン(アイドルオタク)たちの様子を描いたコメディ作品。 2017年には「」オトコ編第12位 、第3回「」コミックス部門第11位にランクインした。 あらすじ [ ] のえりは、岡山県で活動している7人組の地下アイドルグループ「ChamJam」の人気最下位メンバー・舞菜の熱狂的ファンで、自他ともに認める舞菜トップオタ。 そんなえりに対して舞菜も好意を抱いているのだが、押しが強すぎるえりと不器用な舞菜の間では上手く会話が成立せず、結果としてだと勘違いされている状態が続いていた。 お互いに想い合っているのにすれ違い続けるえりと舞菜の様子を軸に、ChamJamに加入する前かられおを応援していたくまさ、ファンになったのは最近ではあるものの空音に対して本気で恋をしている基など、様々なアイドルとファンの様子が描かれる。 登場人物 [ ] 声は特記ない限りテレビアニメの。 パン工場でアルバイトをしているの女性。 ある日偶然、ChamJamの野外ライブを観たことがきっかけで熱狂的な市井舞菜オタとなり、収入のほぼ全てを舞菜のファン活動に充てるようになる。 「自分の人生には舞菜の1分1秒が必要」「舞菜にはもっとファンが増えるべき」「舞菜が武道館いってくれたら死んでもいい」と豪語し、実質1人で推し支えている舞菜トップオタだが、その熱狂的すぎるファン活動が逆に周囲の人間を引かせてしまい、舞菜にファンが定着しないという本末転倒な事態を招いている。 一方で、基の妹・玲奈が舞菜のファンであること(「玲奈」の項参照)が判明したときには、やっと舞菜のよさを分かってくれる人物が現れたとたいそう喜んだが、握手会で玲奈には自分からにこやかに話しかける舞菜を見て「私以外に笑いかける舞菜を見るの いやだ」と複雑な心境を独白する。 TPOを問わず、常に高校時代の赤い指定ジャージ姿で活動しているが、これはファン活動費を工面するために私服を全て売り払ったため。 手先は不器用で、メッセージカードなどを可愛くデコレーションするセンスは壊滅的に無い。 また料理もできない。 イノシシに跳ね飛ばされて足を骨折するという不運に見舞われることもあった。 くまさ 声 - 30代半ばの太り気味で眼鏡を着用した男性。 元は会社員だったが、ファン活動に時間を割くために現在はフリーターをしている。 ChamJamの野外ライブを見ていたえりに声をかけ、アイドルファンになるきっかけを作った人物。 れおのことをChamJam結成前から応援しているれおトップオタで、れおの生誕祭の委員なども務める。 かつて推し(れお)が所属していたグループが突如解散してしまったという経験をもつことから、「いつが最後の生誕になるかわからない」等の考えを持ち、常に全力でれおを応援している。 その人柄、れおオタとしての在り方ゆえ、えりぴよを始めとするChamJamオタたちから一目置かれる存在である。 なお、作者はインタビューでくまさのことを「アイドルオタクの考える最高の良オタ」として描いている旨を語っている。 基(もとい) 声 - 20代前半の男性。 塾でアルバイトをしている。 空音推しの新参に分類されるファンだが、トップオタのえりやくまさと交友を持つ。 推しとの交際や結婚を真剣に夢見ている「リア恋勢」と呼ばれるタイプのファン。 体が弱いらしく、初詣では自分の健康祈願していた。 玲奈(れな) 声 - 基の妹。 原作第6話から登場。 空音に顔立ちが似ている美少女。 基と一緒に行った岡山ガールズフェスタで舞菜を観てファンになった。 初登場時からしばらくは受験生であったため、ChamJamのライブなどにはあまり足を運べなかったが、えりぴよ以外のファンとして、舞菜にとても喜ばれている。 ChamJam [ ] 岡山県で活動している7人組の地下アイドルグループ。 メンバーに具体的なモデルはいないが、顔に関してはれおは(元)、眞妃はモデルの、優佳は(元)、ゆめ莉は長谷川愛里(元)、舞菜は女優のを意識して描いていると作者の平尾がインタビューで公言している。 ファンはグループ内で最も少ないが、原因の一端はえりの精力的すぎるファン活動にある。 高校生。 内気で人見知りな性格。 趣味は散歩。 好きな食べ物はパンで、メンバーカラーとしてあてがわれているサーモン=は好きでも嫌いでもない。 えりに対してはになっていることが多いが、実際にはえりのことを嫌っているということは全くなく、むしろ好意を抱いており、親しくなりたいと思っている。 と同時にアイドルであるために自分の気持ちは抑制しなければならないと考えているため、えりとの接し方にしばしば悩んでいる。 ツインテールがトレードマーク。 以前は別のアイドルグループで活動していたが、突然の解散により行方知れずとなり、現在の事務所に所属してChamJam結成の際の主柱となる。 キャリアが長いこともあり、アイドルとしての実力・人気ともに高いにもかかわらず、いたって謙虚な性格で大変な努力家でもある。 また、自分では自分の容姿をあまり良くないと思っている(空音いわく「無自覚美少女」)。 ChamJamのメンバーを大切に想っており、彼女らを精神的に支えて導く存在でもある。 趣味はくまグッズ集め。 趣味はテニスで部活にも所属している。 ファンを大切にしており、ファンレターをくれた基には一目で気づいた。 そのため人気も高く、1巻時点でいわゆる前列組で、れお・眞妃と共にトップ3に入っていた。 アイドルになったのは、野外ライブ中のれおを見て興味を抱き、叔母(声 - )が応募したのがきっかけ。 そのため、れおに対し「理想のアイドル」として尊敬の念を抱いている。 テニス部のチャラいというイメージなどもあり、一時は彼氏がいるのではないかと噂になり人気が落ちたが、これは人違いによるデマであった。 よくエゴサーチをするが何かと誤魔化している。 メンバーで最も仲が良いのはゆめ莉というのは周知だが、それ以上に非常に親密な関係であることが窺える。 曰く「ゆめがどこにいたってわかる」。 従姉妹に香川でアイドルをしている夏未がいる。 眞妃と非常に親密である。 人気投票の際には積極的に前列や人気上位になりたいとは考えず、むしろ眞妃の順位を気にしていたが、彼女の取り組みや計らいにより、ファンのために努力することを決意する。 本名は久賀 夢(くが ゆめ)。 しかしダンスなどは得意。 メンバーでは最年少。 空気が読めないタイプだが、その裏表のなさから一定の人気を持ち、人気投票では3位になった。 趣味はソーシャルゲーム。 妹キャラでロリ枠と言われるように、年齢の割に小さくて幼い雰囲気を持つ。 趣味はアニメ鑑賞。 好きな食べ物は大葉。 メンバー内では優佳と仲が良い。 自ら応募してアイドルになっただけあり、上昇志向が強く、常にセンターを目指して努力してる。 それだけに自身の人気順位の低さが悩みであり、前列組であった空音に対しては一時期、冷淡な態度を取っていた。 また同じく前列組であるれおのことはライバル視していると同時に尊敬の念も抱いており、内心では叶わないと感じている。 そのため元々はれおと同じだった髪型(ツインテール)を、れおと被らないように位置を低く変えている。 努力家だけありダンスの技量は高い。 オフはでアルバイトをしており、そこにはしばしばえりとくまさが訪れている。 その他 [ ] 村井 夏未(むらい なつみ) 香川のアイドル「ステライツ」のメンバー。 眞妃の従姉妹であり、彼女に執着している。 れおが以前所属していたアイドルグループの元メンバーでもある。 美結(みゆう) 声 - えりが働いているパン工場の同僚。 当初はオタク活動について否定的であったが、ふとしたことからアニメのキャラクター・冬太郎(声 - )にハマり、オタクとなる。 吉川、三崎、室田 声 - (吉川)、(三崎)、(室田) ChamJam運営事務所のスタッフ。 書誌情報 [ ]• 平尾アウリ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』 徳間書店(発行)、〈リュウコミック〉、既刊6巻(2019年10月12日現在)• 2016年2月13日発売• 2016年9月16日発売• 2017年6月13日発売• 2018年5月11日発売• 2018年12月13日発売• 2019年10月12日発売 テレビアニメ [ ] スタッフ 原作 監督 シリーズ構成 キャラクターデザイン 下谷智之 、米澤優 サブキャラクターデザイン 西畑あゆみ CGディレクター 生原雄次 色彩設計 藤木由香里 美術監督 益田健太 美術設定 藤瀬智康 撮影監督 浅村徹 CGディレクター 生原雄次 編集 内田恵 音響監督 音響効果 音楽 日向萌 音楽プロデューサー 寺田悠輔 横尾勇亮(キャラソン) プロデューサー 、寺田悠輔 岩中亜梨沙、長谷川嘉範 アニメーションプロデューサー 松尾陽子、大友寿也 アニメーション制作 製作協力 、 製作 推し武道製作委員会、 『月刊COMICリュウ』2018年7月号にてアニメ化することが発表された。 1月より3月まで『』枠ほかにて放送された。 ナレーションは。 制作 [ ] スタッフィング [ ] 監督には、アニメーション制作にはが起用されるなど、TVアニメ『』シリーズのスタッフが多数起用されている。 山本にはエイトビット社長の葛西励から監督へのオファーが来ている。 山本は以前にも別の原作でアイドルを取り扱う作品のオファーが来たが、その時には自身にアイドル作品への適性がないと考えていたため断っていた。 しかし、本作はアイドルだけではなくオタクもメインにしており、地下アイドルを扱う点やコメディ要素があるなどアイドル作品の中でも異色の内容であったため依頼を引き受けた。 キャラクターデザインに下谷智之が起用されたのは端正な絵が描け、絶対に下品にならない絵を描けるため。 本作の内容でデザインを下品な方向にしたら目指すべき作品から大きく脱線する可能性があったため、端正なデザインが描ける下谷が起用された。 シナリオ・演出 [ ] 原作者のは初期段階の打ち合わせから参加しており、担当編集を通してのシナリオ監修や、アフレコにもほぼ毎回参加している。 また、アイドルのコスチュームデザインやキャラクターの私服などは平尾のイメージを最優先にしており、第1話冒頭のえりぴよの私服は当初、原作に忠実な色設定をしていたが、平尾の方から「この頃のえりぴよはもっと派手でパンクな感じ」と別の色を提案され、採用されている。 山本は演出面で、えりぴよのギャグに見えつつも推しに対する真剣な思いを強調するようにしており、ギャグではあるけれどエモーショナルな方向にもドラマが振れる原作の魅力を表現できるように心がけている。 また、えりぴよの過激な言動や行動が視聴者に嫌われないように気を付けている。 原作の雰囲気をアニメーションでも守るため、山本を中心に映像演出からアフレコ、編集に至るまで丁寧な制作が心掛けられた。 山本は本作の制作にあたり実際の劇場(ライブハウス)や地下アイドル、周辺のオタクについて取材をしている。 だが、あまりにも深いところまで描いて生々しいドラマにしてしまわないように、リアルな見せ方を目指しつつオタクと地下アイドルの理想的な関係性をある種のファンタジーとして描き、双方のバランスを大事にして描いている。 また、取材の際に自身の素性はなるべく明かさずにライブや握手会などのイベントに参加し、それで得た雰囲気を作品に取り入れている。 ライブシーン [ ] 作中のアイドル「ChamJam」のライブシーンに関しては近年のアイドル作品で主流となりつつある3DCGでは描かずに、手描きの作画で表現している。 その際の参考映像として、実際のステージでChamJamに見立てた7人のアイドルやダンサーによる踊りを収録し、その映像を参考に作画する手法を取り入れている。 集められた7人はChamJamメンバーの実際の身長比に近いアイドルやダンサーが集められ、髪型やルックス、ダンスの技量も含めてキャスティングされている。 例としてダンスが上手い設定である水守ゆめ莉のダンス担当は実際にダンスの技量が高いダンサーが起用された。 ダンスシーン以外の様子も含め、この収録で得た参考資料や雰囲気はライブシーン以外でも生かされている。 音楽・楽曲 [ ] 作中の音楽・楽曲関連はが担当しており、本作のプロデューサーである寺田悠輔が音楽プロデューサーとして劇伴をメインに担当し、横尾勇亮がキャラクターソングプロデューサーとして劇中歌を担当している。 劇伴では通常の楽曲制作の方法とは別に第3話など一部のシーンにて映像に合わせて音楽を制作するフィルムスコアリングという手法が採用されている。 作中アイドル「ChamJam」が歌う挿入歌に関しては原作者の平尾から「ローカル感を大切に」という希望が出されたため、アニメらしさとローカルアイドルらしさのバランスを探りながらの楽曲制作となった。 ChamJamの曲は劇中歌「ずっと ChamJam」から制作が開始された。 平尾から曲のイメージと参考曲が提供され、それをベースに寺田と横尾が第1話劇中歌の楽曲コンペを実施。 複数の楽曲の中から作詞協力も務めた平尾やアニメスタッフの確認も得たうえで、原作漫画の歌詞やコールが再現されたヒザシ作詞・作曲の「ずっと ChamJam」が採用された。 本楽曲をベースに雰囲気の違う曲が2曲制作され、劇中歌3曲を制作した後にオープニング制作が始まった。 オープニングテーマの「Clover wish」は劇中歌と異なり、今より力をつけていて、もしかしたら武道館にいけるぐらいになっているかもしれない「未来のChamJam」をイメージして制作。 曲調として「ChamJamらしい可愛らしさを残しつつも洗練された感じ」というイメージを表現するため作詞・作曲にが起用された。 エンディングテーマはの「」をえりぴよ役のがキャラクター名義でカバーしている。 本作はオタクを主人公とした物語であるため、えりぴよが歌唱を担当することは早期の段階から決められていた。 当初はオタクの心の叫びを表現するロックな曲になる予定であったが、脚本制作が進むにつれて本編に直結する主題歌として、しっとりとした曲調が物語に合うという判断になった。 また、本作を「人を応援するドラマ」としてみせるために「既存の恋愛ソングをカバーして、そこに推しを想うオタクの感情を重ねる」というコンセプトが決まった。 また、カバー曲を起用することで、オタク以外の人にも「推しを想う」感情を伝えるという狙いもあった。 これらのコンセプトに当てはまる楽曲として「桃色片想い」が選ばれた。 また、舞菜のメンカラーがサーモンピンクであることから「鮭桃色片想い」として解釈できる点、作中の舞台が岡山であり桃とも重なりそうな点など、作品要素と重なりそうなところが多かった点も起用の理由となっている。 歌詞もえりぴよが舞菜を想う気持ちと舞菜がえりぴよを想う気持ちに、双方から解釈できる。 この曲のCDジャケットに描かれたえりぴよは、舞菜に出会って片想いに落ちた瞬間のえりぴよが描かれており、曲自体もこのときの心情で歌われている。 主題歌 [ ] 「Clover wish」 劇中アイドルグループ「」が歌うオープニングテーマ。 作詞・作曲は、編曲は。 「」 主人公のえりぴよ()が歌うエンディングテーマ。 2002年ののシングルのカバーであり、作詞・作曲は、編曲は。 最終回はえりぴよと舞菜()のデュエットとなった。 「ずっと ChamJam」 ChamJamが歌う劇中歌。 作詞・作曲はヒザシ、作詞協力は、編曲は。 作詞は、作曲は、編曲はFunta7。 「Fall in Love」 ChamJamが歌う劇中歌。 作詞は、作曲・編曲はFunta7。 作詞・作曲・編曲は篠原花奈。 「私たちが武道館にいったら」 ChamJamが歌う第12話劇中歌。 作詞は、作曲・編曲は日向萌。 作詞は、作曲・編曲は石倉誉之。 このマンガがすごい!WEB 2017年2月20日. 2019年1月15日閲覧。 コミックナタリー 2017年8月23日. 2019年1月15日閲覧。 ナターシャ. 2019年7月12日. 2019年7月12日閲覧。 コミックナタリー ナターシャ. 2017年4月3日. 2018年2月10日閲覧。 コミックナタリー ナターシャ. 2019年9月2日. 2019年9月2日閲覧。 MANTAN. 2019年7月12日. 2019年11月28日閲覧。 このマンガがすごい!WEB 2017年2月20日. 2020年1月25日閲覧。 アニメ! アニメ! 2019年10月11日. 2019年10月11日閲覧。 2020年2月16日閲覧。 2018年5月19日閲覧。 2020年2月16日閲覧。 2020年2月16日閲覧。 2019年11月28日. 2019年11月28日閲覧。 TVアニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」. 2019年12月15日閲覧。 TVアニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」. 2019年10月12日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 TBS CS[TBSチャンネル]. 2019年12月2日閲覧。 TVアニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」. 2020年1月10日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

アニメ最終回放送記念「推しが武道館いってくれたら死ぬ」第1~6巻が無料公開【24時間限定】

推し 武道 漫画

収入の全額を約3年もの間ChamJamの舞菜につぎ込んでいます! そのために、万年金欠です。 そしてそのせいで、舞菜の券を買い占めるために舞菜のファンが増えないとまで言われています。 赤いジャージはもっていた服をすべて売ってグッズにあてたためです。 「推し武道」えりぴよの性格 『百合ニュース』TVアニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」PVが初公開。 思ったらすぐに行動、そして舞菜のためなら何だってします! しかしその性格が欠点として出てくる場合があります。 それが人の話を聞かないということです。 舞菜が塩対応しているとえりぴよは思っていますが、実は えりぴよが話を最後まで聞けない事と舞菜のおっとりした故に言いたいことをストレートに言えない二人のタイプの不一致から起こっていることのなのです。 「推し武道」えりぴよの特徴 えりぴよの特徴といえば赤のジャージです。 持っていた服をすべて売ってChamJamにつぎ込んでいます。 しかしグッズ販売で買ったTシャツはあまり着ないという謎があります。 またえりぴよは舞菜に感動したりすると鼻血を出すという特徴をもっています。 その感動のあまり、ライブ会場で鼻血を出して、会場から医務室にまで運ばれたこともあります。 「推し武道」えりぴよの職業 えりぴよはフリーターです。 そのためにChamJamのライブやイベントにはほとんど参加しています。 なので仕事は転々としていますが、一番メインで働いているのは、パン工場です。 そこでラインの作業をしています。 作業内容はパンのひっくり返っているものを元に戻すという作業です。 しかし、それでは舞菜のグッズが買えなくなるとわかると派遣などの仕事をしています。 コンビニ、ガードマン、警備員、神社関連、気ぐるみ などなどしています。 そしてたいてい大怪我をしています。 「推し武道」えりぴよが舞菜を好きになった理由 えりぴよが舞菜と出会ったきっかけはChamJamのライブのビラを配っていた時のです。 舞菜はライブに人を呼ぶために直前までビラを配っていました。 それをたまたま受け取ったのが、えりぴよでした。 そしてステージに立っている舞菜を見た時衝撃が走りました。 それ以来、唯一の舞菜推しの古巣ヲタと呼ばれています。 ちなみに舞菜以外にはほとんど興味はありません。 まとめ ・えりぴよは、3年前くらいから、ChamJamのステージに立っている舞菜をみてアイドルオタになった女性です。 ・オタクをつづけるために就職などはせず、パン工場のライン作業を頑張っています。 それでもお金がなくて、ライブや物販に行けないときは派遣のしごとなどをして、無理くりお金を作ってライブに行くというとんでもなく重度のオタクです。

次の

漫画『推し武道』一気読みのすすめ。6巻まで無料(~4/16)

推し 武道 漫画

GL ガールズラブ ともいう。 ブログ主の大好物。 『月刊COMICリュウ』にて、2015年8月号より連載中。 岡山県を舞台にし、とある女性地下アイドルグループの活躍と、彼女らを応援するファンたちの様子を描いたコメディ作品。 (wikiより引用) とまあ、ガチオタクえりぴよ、と売れない地下アイドル舞菜のコメディ漫画なんです、なんですが。 えりぴよ(20)はひょんなことから全く売れない地下アイドルの舞菜のトップオタとなる。 全てのお金を舞菜との握手券へ費やし、CDは買い占めてしまう。 (そのせいで他の人が舞菜を推せず、ファンが増えないと言う)私服はジャージのみ。 ガチで推してるえりぴよに舞菜はそっけなさ過ぎる対応をする。 けれど実は舞菜もえりぴよのことが好きでなんなら個人的な交流を深めたいとすら思っていたーーー。 (両片想いすれ違い百合です本当にありがとうございました) ブログ主のイチオシ回が漫画の第3話です。 岡山のガールズフェスタの舞菜は必見… 慣れない舞台で不安な舞菜。 えりぴよを見つけたとき、嬉しさから涙ぐんでしまう。

次の