太田 市 コロナ 感染 者。 【群馬コロナ】太田市の新型コロナ感染者、勤務先は木崎あおぞら保育園と発表される

県内の最新感染動向

太田 市 コロナ 感染 者

群馬県は7日、県内で初めて新型コロナウイルスに感染していたのは太田市の40代の女性で、職業は市内の保育所に勤務する保育士であることを発表した。 女性は現在群馬県内の医療機関に入院中で重症だという。 発表によると感染の経路や濃厚接触者などは調査中という。 女性は家族と同居しているという。 また発表によると女性は2月27日から体調不良で、勤務先の保育所に出勤したのは27日、28日(早退)、3月2日(早退)。 3日以降は出勤していない。 6日に新型コロナウイルス感染疑いと診断され、7日の群馬県衛生環境研究所の検査により陽性と判明した。 女性に海外渡航歴はなく、発症後の移動は自家用車のみで、公共交通機関は利用していないという。 引用: 群馬県で初となるコロナウイルス感染者は40代女性で保育士の方ということです。 現時点で報道で明らかになっている女性の行動経路をまとめました。 群馬県初のコロナ感染40代女性の行動経路や感染が確認されるまでの症状経過 2月27日:体調不良ながらも太田市内の保育所に出勤。 2月28日:マスクを付け出勤するも体調不良で早退。 2月29日:38度の発熱で医療機関Aを受診。 3月2日:マスクを付け2時間勤務した後、体調不良で早退。 3月3日:別の医療機関Bを受診。 3月6日:自宅療養するも症状は改善せず医療機関Bを再度受診。 肺炎と診断され医療機関Cを受診し検体を採取。 3月7日:衛生環境研究所で検査をしたところ陽性反応 群馬県太田市の40代女性は病院をたらい回しになっていたようです。 体調を崩してからも勤務していたり、病院をいくつか回っていたこともあり、多くの方と接触していた可能性が考えられます。 しかしなぜ最初で受診した病院でコロナ感染を疑われなかったのかが疑問に残ります。 早めにコロナウイルスの感染も考えて検査を受けていればもっと早く適切な処置もできたでしょうし、他の方への感染の可能性も防げたのではないでしょうか。 しかも女性は現在、重症ということで心配です。

次の

常陸太田市で帰省した娘と父がコロナウイルス感染で茨城県64人に

太田 市 コロナ 感染 者

公衆衛生上の必要性はある? 太田市の公式サイトでの発表によると、感染したのは市内に住む保育士の女性。 そのほか、「年齢」「勤務地」「症例経過」「行動歴」「接触者」が明かされている。 清水市長は8日にツイッターで、この女性が勤務する保育園の園長の話として、結婚の有無や職場での立場・評価を書き込み、「まさか、自分が感染してくるとは思ってもみなかったろうに。 気の毒なことだ。 重症化したとのことだが回復するよう願っています」と続けた。 この情報に対してユーザーからは、公衆衛生上の必要性を感じられず、個人情報保護の観点から問題視する声が相次いだ。 感染者をめぐっては、個人情報がむやみに詮索されたり、不当な差別を受けたりするケースも出ている。 情報公開の範囲については自治体ごとにばらつきが出ているが、清水市長の公開内容は異例といえる。 感染症法では、国と都道府県に「感染症の予防のための情報を積極的に公表しなければならない」としつつ、「個人情報の保護に留意しなければならない」と注記する。 本人の同意得た? 市秘書室は9日、J-CASTニュースの取材に、ツイートは8日の記者会見の内容に基づいていると明かした。 結婚の有無や職場での評価は、同席した園長が報告したといい、それぞれの意図を「(既婚で)お子さんがいれば学校で接触があるとの意味も含めて、そちらを心配する人がいるのを考慮して園は出したのでは」「働きぶりは、濃厚接触が一番問題になるので、どのような立場だったのか説明したのでは」と推測する。 感染者本人の同意を得ているかについては、把握していないという。 ツイートは取材時までに削除され、「この文言だけで一人歩きしている部分もあるので、正確な情報を発信する意味でも誤解を招きかねないとして削除した」と説明した。

次の

【太田市在住の40代女性保育士】群馬県のコロナ感染者の感染経路は?

太田 市 コロナ 感染 者

公衆衛生上の必要性はある? 太田市の公式サイトでの発表によると、感染したのは市内に住む保育士の女性。 そのほか、「年齢」「勤務地」「症例経過」「行動歴」「接触者」が明かされている。 清水市長は8日にツイッターで、この女性が勤務する保育園の園長の話として、結婚の有無や職場での立場・評価を書き込み、「まさか、自分が感染してくるとは思ってもみなかったろうに。 気の毒なことだ。 重症化したとのことだが回復するよう願っています」と続けた。 この情報に対してユーザーからは、公衆衛生上の必要性を感じられず、個人情報保護の観点から問題視する声が相次いだ。 感染者をめぐっては、個人情報がむやみに詮索されたり、不当な差別を受けたりするケースも出ている。 情報公開の範囲については自治体ごとにばらつきが出ているが、清水市長の公開内容は異例といえる。 感染症法では、国と都道府県に「感染症の予防のための情報を積極的に公表しなければならない」としつつ、「個人情報の保護に留意しなければならない」と注記する。 本人の同意得た? 市秘書室は9日、J-CASTニュースの取材に、ツイートは8日の記者会見の内容に基づいていると明かした。 結婚の有無や職場での評価は、同席した園長が報告したといい、それぞれの意図を「(既婚で)お子さんがいれば学校で接触があるとの意味も含めて、そちらを心配する人がいるのを考慮して園は出したのでは」「働きぶりは、濃厚接触が一番問題になるので、どのような立場だったのか説明したのでは」と推測する。 感染者本人の同意を得ているかについては、把握していないという。 ツイートは取材時までに削除され、「この文言だけで一人歩きしている部分もあるので、正確な情報を発信する意味でも誤解を招きかねないとして削除した」と説明した。

次の