ムキムキ カラス。 筋肉ムキムキ“ゴリラカラス” ゴリラのような風格を漂わせて佇む謎のカラスが目撃される : 社会生活まとめ

「ゴリラカラス」に驚きの声

ムキムキ カラス

一見すると、頭が黒いくちばしを持ったカラスで、身体が筋肉ムキムキのゴリラという謎の生き物が立っているように見える。 その堂々たる姿は、ゴリラの四足歩行「ナックルウォーキング」のよう。 しかし、そう見せているのは、カラスの羽。 開いた2本の足に羽が横から覆うように被さり、羽の内側のシルエットが隆起した筋肉に見えることでゴリラのような姿になっている。 「理解が追いつかない」と解説を望む声や、右フック犬と並び「マッチョアニマル四天王ランクイン」といったコメントなどが寄せられ、動画は800万回以上再生されている。 なお、日本テレビの情報番組「ZIP! 朝から衝撃をありがとう。 りゅう? Nbrnsk I draw the picture. Because your video is so funny. He looks like standing with his four legs.?????????? Fiorevento こういう態勢ぽいです。

次の

中肉中背中年の自分をムキムキに

ムキムキ カラス

古代遺跡で発掘作業をする一行に、アメリカの古生物学者でありカトリックの神学者でもあるメリン神父は、加わっていました。 ひとりの少年・トムが「かけらが見つかった」と報告し、メリン神父は見に行きます。 そこにはランプや矢じり、コインなどがありました。 コインは時代が違うものです。 それが見つかった場所をさらに探ると、メリン神父は古代からの悪霊・パズズの偶像を発見しました。 このパズズという悪霊とはメリン神父は縁が深く、実は10年ほど前にもアフリカでパズズと闘ったことがあります(『エクソシスト2』で触れられる)。 メリン神父は、パズズの復活が近く再び闘わねばならないことを悟りました。 メリン神父はアメリカへの帰国の意志を伝え、手続きを取ります…。 …アメリカ、ワシントン・ジョージタウン。 人気女優のクリス・マクリールは、映画出演のため、娘を連れてジョージタウンの一軒家を借りて住んでいました。 夫とは離婚したクリスは、女手ひとつで娘・リーガンを育てています。 幸いお金には困らないので、住み込みのお手伝いのカール&ウィリー夫妻や、子守をする若い女性・シャロンも家にはいました。 ある夜、クリスは物音を聞きつけて、部屋から出ました。 音は天井から聞こえるようです。 娘・リーガンは隣の部屋でぐっすりと眠っていましたが、窓が開いていました。 窓を閉め、リーガンに毛布をかけます。 翌日、クリスはカールに「天井裏にねずみがいるようだから、ねずみ捕りを仕掛けてくれ」と頼みました。 撮影は順調で、映画監督バーク・デニングスにも気に入られているクリスは、バークと恋の噂をされますが、クリスには再婚の意思はありません。 クリスは娘・リーガンとの生活だけで満足していました。 その娘・リーガンは、家の押し入れにあったというウィジャボード(洋製のこっくりさん)を1人でして「ハウディー船長と話をしている」と言ったり、ベッドが揺れると言って母・クリスのベッドに潜り込んだり、情緒不安定です。 しかしクリスはあまり大変な事態ではないと楽観視していました。 相変わらず家の天井からは物音がしますが、ねずみ捕り器にねずみが捕まる気配はありません。 異変はリーガンの12歳の誕生日に起きました。 誕生パーティーはクリスの家でおこないました。 大勢のお客さんでにぎわいます。 主役であるリーガンが寝静まって夜も更けた頃、ネグリジェ姿のリーガンが起き出してきて居間に来ると、宇宙飛行士の客に向かって「お前は宇宙で死ぬわ」と言い、その場で失禁しました。

次の

Fight of Animals

ムキムキ カラス

カラスが人を襲う、とは聞いていましたが… 今朝6時半頃、会社に向かうため都内の繁華街の大通りを歩いておりました。 都内の繁華街の朝は、カラスがうるさいです。 後ろから「アァー、アァー」という鳴き声が。 すると!私の後頭部に バササ!ガシッ!! と!カラスが蹴りを入れたのです。 ビックリ!恐怖!ちょっと痛い! そのカラスは近くの木に止まり、なおも私の顔ガン見で「アァーアァー」いってます、泣きたいのはこっちだよ… その後少し落ち着き、 なんでカラスに襲われたんだろう? ボケーと歩いてたから? など、色々考えてしまい、なんだか恥ずかしく悔しくなってしまったのです。 小町の皆さん、 カラスに襲われた事ありますか? どうしたら襲われなくなりますか…。 ユーザーID: 9652054686 今は巣作りの時期ですので、ヒナを守るために本能的に黒いモノを攻撃してしまうのです。 他にもカラスが人を襲う理由としては 1.自分をいじめた相手を覚えていて、似ている人がいれば攻撃する。 2.弱そうな相手(女の人、子供)から食べものを奪う。 などがあります。 トピ主さんを攻撃したのはおそらく巣作り中のカラスでしょうから、白い帽子をかぶる、日傘をさすなどして頭が黒く見えないようにすると効果があるそうです 絶対に攻撃されたくない!!って思うのであれば、目玉模様の帽子なんかをかぶってみても良いかもしれないですけどね。 (そんなのかぶってたら人間も怖がるかもしれませんが。 ) 事情があってカラスを飼育したことがありますが、カラスは大変賢く、可愛い動物です。 あまり嫌わないであげてくださいね。 ユーザーID: 3700294042• 「やーまーの古ー巣へ、行ってみてごーらーんー」 カラスの巣の近くを貴方が通過した可能性があります。 カラスは、童謡「七つの子」にあるように、とっても子煩悩です。 もっともカラスに限らず、動物は皆子供を守る母性や父性があるわけですが。 カラスの場合とてもそれが細やかで、また深いそうです。 親子ではなく、仲間の場合でも、例えば、 仲間のカラスが怪我をして飛べずにいると、それに気付かないで接近する人間を 威嚇するそうです。 「馬鹿にされた」などと思わず、 「ああ、カラスにも『可愛い子がある』んだ、大事な仲間がいるんだ」 と思ってみてください。 真っ黒で、ちょっとこわもての彼らが、とてもいとおしく見えてきますよ。 ユーザーID: 2653868216• それは多分 トピ主さん、あなただけではありません。 私もまったく同じことがありました。 白いキャップをかぶり、自転車をこいでいて、突然後頭部にボールをぶつけられたような衝撃があり、「ったく、近頃の子供は!」と思ったら、カラスが目の前の木の上からまるで「ざまーミロ!」という感じで私を見ながら、「カーカー!」と鳴きました。 (トピ主さんとよく似た話でしょう?) なんだかすごく馬鹿にされたような気分になりました。 私の推理はこうです。 このカラスは、白いキャップをかぶった人にいじめられたことがあり、その恨みを「白いキャップをかぶった人物」に晴らし続けているのかな、と。 トピ主さん、何か特徴となるような格好をしていませんでしたか?防止とか変わった色の服とか... ユーザーID: 9794569029• 二回あります カラスのトピに、楽しく、そしてためになるレスを、ありがとうございます! 私が襲われた現場の街路樹は、歩道拡張工事の関係で撤去か移動かされるらしく、根元が掘り出されつつあります。 カラスの巣は確認出来ませんでしたが、もし子育て中のカラスであれば、心穏やかでいられないでしょう… そもそもカラスが野山を追われ、都会に住まざるを得ない状況にしたのは… たまにヒトに蹴りを入れたくなる気持ちも、わからなくはないです。 「カラスも必死」「嫌わないで」というカラス目線の優しいレスを拝見して、そう思いました。 また、「帽子や日傘で自衛を」というレス、大変参考になりました!白いキャップを被ってて被害に遭われた方もいらっしゃいましたが、帽子も日傘もこの時期必需品ですから、導入してみます! 皆様のレス全部、本当にありがたく拝見しました、ありがとうございました。 …一人じゃない、って、心強い…!! ユーザーID: 9652054686• 頭つつかれ血! 最初は、通勤途中に繁華街の道の端を歩いている時。 ボトッと、頭に何か落ちて来た! 手で触ってみると、なんと!白いフン。 電柱の上にいたカラスが、私の歩く速度をはかり、落下のタイミングを狙っていたみたい。 見事、命中!お見事! ・・・なんて、褒めませんよ。 会社に行って、必死で髪の毛についたフンを洗い流しました。 幸い肉食(?)でなかったのか、臭くはなかったです。 それ以来、路上にフンが落ちていたら、上を見るくせがつきました。 しかし、忘れたころに、目の前にミカンの食べかけが落ちて来た。 もう少しで、頭に当たるところ。 やはり、私を狙ったみたい。 またしても、やられた。 ぼけ〜っとして歩いている人間がいる、いる、てな感じでしょうね。 その後、朝のウォーキング中に、後頭部に何か近づいてきて、バサッと音がしたけど、頭には触れずに上昇して行きました。 狙った人とは違っていたのでしょう。 助かりました。 カラスって賢いからなぁ・・・ ユーザーID: 3097798667.

次の