つつみ込むように 歌詞。 歌詞 「つつみ込むように・・・」MISIA (無料)

つつみ込むように・・・

つつみ込むように 歌詞

90年代を牽引!Misia 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のエンディングテーマを歌っているMISIA。 90年代から活躍するアーティストです。 圧倒的な歌唱力が光る名曲『つつみ込むように…』 そんな MISIAの 『つつみ込むように…』 は1998年リリースの彼女の代表曲の一つ。 MISIAが歌い上げるからこそ、この歌唱力があるからこそ映える曲ですね。 ブラックミュージックの要素が強いですが、実は全て日本語歌詞の曲です。 日本情緒にあふれている歌詞。 ちなみにMISIAは 『忘れない日々』という曲も持っています。 この 『忘れない日々』は、 『つつみ込むように…』の続編のつもりでMISIAが歌詞を書いたと言う曲。 こちらは 「恋人と呼び合えるのはこれで最後」という歌詞。 別れの曲ですね。 二人でいた日々を忘れないという歌です。 恋人と呼び合える時間の中では、どんな言葉も特別になるということ。 「いくつ」の音が高くエモーショナルな印象を与えます。 時間というのは限りがあるので、話せることにも限りがある。 ゆえに 「いくつ」話せるかというのが不確定で、であるがゆえにここに気持ちがのるんですね。 花鳥風月の概念を連想させます。 花鳥風月は、日本人が美しいと感じるものの例え。 自然と風景です。 夢に花を添えるように、花に風が吹くように、君に愛を込めて特別な言葉を交わす。 そして孤独も包み込んで言葉をおくる。 言葉に、自然や風景や特別な気持ちを「包み込んで」いる。 タイトルが何を何で包み込むようになのか。 このサビで分かります。 「そして孤独を」のフレーズ。 この歌詞はラストに「そして明日を」になります。 孤独という一見マイナスな概念を包み込んで、その先の明日に目を向ける。 歌詞の主人公の気持ちが前向きになっていくことが分かります。 現代人は満たされてないと感じている人が多いわけです。 インターネットの普及で人々が幸せにつながるのかと思いきや、満たされない人が増えてしまいました。 たわいもない出会いや無意味な言葉もあふれてしまいました。 だからこそ特別な出会い、特別な言葉というのが貴重。 青空という表現を 「空に青」としているところも良いですね。 青が希望を表す色になっていることが分かります。 羽、青、勇気、そして命と全て希望を持てるものになっています。 人を遠ざけ、逃げ続けていた歌詞の主人公が 「君を守りたい」と希望を持てるようになる歌だったんですね。 アイドルポップ全盛の昨今。 アイドルにはアイドルの良さがありますが、 こういった本格的ボーカリストの名曲もより多くの人に知ってもらいたいですね。 TEXT:改訂木魚(じゃぶけん東京本部).

次の

つつみ込むように…

つつみ込むように 歌詞

人に曲を勧めた時、相手がその曲に素直に興味を示してくれるかと問われれば、そうではないことの方が多い気がする。 まるでその曲を好きになるか嫌いになるか、聴く前から無意識に決めつけられているかのように感じることが多々あるからだ。 逆の立場に立って考えてみると、実は私にもそういう節はある。 自分の中にある「好きな音楽」の軸にどこか共鳴する部分があるものはすぐ受け入れて「好きな音楽」と囲い込むのに対して、その囲いの外にある音楽は「なんとなく嫌い」として聴かず嫌いしていたり。 いざ聴いてみたとしても「好きにならないだろうな」という前提の元で聴いていたり。 こういう人がたくさんいるので、「自分の好きな曲を勧める」という事は期待通りに運ばないことが多いと思う。 ただごくまれに、 「この曲って誰に勧めても良い曲って思われるんじゃないの?」 と感じずにはいられない曲に出会うことがある。 どんなジャンルの音楽を好きな人でも、聴いたら絶対好きになってしまうんじゃないかと思う曲。 この曲を聴いたことがない人に勧めてみたくて、今この文章を書いている。 初めて聴いた時、ガツンとパンチをくらったような衝撃があったというよりは、とにかく心地がよかった。 メロディや歌詞、声、曲全体の雰囲気、全てが言い表せない絶妙さで絡み合っていて、不思議なかっこよさと優しさを放っている。 懐かしく、温かくて、でもどこか切なくて、どんな気持ちか一言では表せない。 心地良さの中にあるその不安定さが、私をじわじわとその曲の虜にしていった。 それから何度繰り返し聴いても、初めて聴いた時の感情は一向に褪せる気配がない。 初めて聴いた時からもう何年も経って、私は大きく変わっているはずなのに、不意にイヤホンから流れてくると、いつでもその時々の私の感情にすっと寄り添ってくる。 飽きも、違和感も一切生まれない。 いつ聴いてもとにかく心地が良い。 また、はかない時の流れを感じさせる歌詞は、曲を聴く度にメッセージ性を増していき、私をより切なくさせる。 〈恋人と呼びあえる時間の中で 特別な言葉をいくつ話そう〉 〈誰も皆 満たされぬ時代の中で 特別な出会いがいくつあるだろう〉 何度聴いてもその度にハッとさせられてしまう。 聴く回数を重ねても色褪せないままの魅力と、増していく新たな魅力。 この二つが合わさって、いつ聴いても、やっぱりこの曲が大好きだとしみじみ思う。 長々と書き連ねてきたが、百パーセントの人が好きだと思う曲なんてそう無いことは分かっているし、私がこれ程好きだと思うこの曲も、誰かにとってはなんでもない曲なのかもしれない。 ただこの曲は、変化していく私をずっと包んでくれる大好きな曲だ。 変化する私を受け入れてくれる曲なら、どんな人でも包み込んでくれる本当に素敵な曲なのではないか、と思いこの文章で問いかけてみたくなった。 投稿いただいたコメントはロッキング・オンが公開可否審査を行った上で掲載します。 コメントの前に、かならずを読んでください。 音楽文事務局が不適当と判断したコメントについては掲載しない場合がございます。 また、一度掲載されたコメントも、音楽文事務局の判断で削除させていただく場合がございます。 ご了承の上ご利用ください。 コメントの掲載基準や掲載可否についてのお問い合わせにはご対応いたしかねます。 ご了承ください。 利用規約に違反している可能性があるコメントを見つけた際は、当該コメントの「…」ボタンより「報告する」を押してお知らせください。 お知らせいただいたコメントは1件ずつ確認し、対処いたします。 犯罪予告や名誉棄損、侮辱、信用棄損、業務妨害罪などに該当する場合など、コメントの内容によっては警察に通報する場合があります。 本コメント機能はベータ版となります。 予告なく終了する場合がございます。 ご了承ください。

次の

つつみ込むように… 歌詞「Misia」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

つつみ込むように 歌詞

『つつみ込むように』をダウンロードする手順• music. 曲を検索する• ポイントを使って実質無料でダウンロードする 他の曲やDVDも一緒に宅配レンタルできるTSUTAYAディスカスと比べるとお得感は半減。 ただ『つつみ込むように』をすぐに聴きたいなら、music. jpを使った方が早く曲をダウンロードできますね。 もし初月に解約したいときも、『メニューの設定』から『プレミアムコース解約』を選べば簡単。 退会する前に登録時にもらったポイントを使い切るのがオススメ このようにMISIAの『つつみ込むように』を無料でダウンロードしたいなら、TSUTAYAディスカスかmusic. jpのどちらかを選びましょう。 他の曲も聴きたいならTSUTAYAディスカス、今すぐ『つつみ込むように』を聴きたいならmusic. jpがオススメです。 紅白でも披露されたMISIA『つつみ込むように』の歌詞やインタビュー内容などの曲紹介 最後にMISIAの『つつみ込むように』の曲紹介をします。 曲紹介 曲名 つつみ込むように アーティスト名 MISIA 作詞・作曲 作詞作曲:島野聡 公式サイト 公式SNS Wikipedia 歌詞 今回の曲『つつみ込むように…』は、MISIAのデビューシングルとしてリリースされました。 ちなみにPVには、のちにEXILEのメンバーとなったMAKIDAIさんがバックダンサーとして参加していました。 作詞・作曲をした島野聡は音楽活動していた時にこの曲を製作。 ただレコーディングをしてもボーカルの声が納得がいかず断念。 『いつかこの楽曲を歌いこなせる歌手に巡り会うまで』と、封印していたという逸話があります。 MISIAの名曲『つつみ込むように』をmp3で無料ダウンロード!アルバムをレンタルすればフルで聴ける 今回はMISIAの『つつみ込むように』のフル音源をmp3形式でダウンロードして視聴する方法を紹介しました。 『つつみ込むように』をダウンロードしたいなら、TSUTAYAディスカスのお試し期間を使ってCDを宅配レンタルしてもらいましょう。 『つつみ込むように』以外のCDやアルバムを選ぶと、MISIAの他の曲も一緒に聴けるのでお得ですよ。 また以前から観たかった映画やドラマのDVDを借りたりと、お試し期間で音楽や映画・ドラマを満喫しましょう。

次の