行政書士試験範囲。 人気の行政書士試験、どんな科目が出題される?法令・一般知識科目の解説と対策を紹介

行政書士試験の難易度と試験範囲の広さの関係

行政書士試験範囲

【行政法の出題範囲】 ・一般的法理論 ・行政手続法 ・行政不服審査法 ・行政事件訴訟法 ・国家賠償法・損失補償 ・地方自治法 行政法の出題は大きく上記の6つに分かれます。 特に出題が多く重要度が高いのは【 行政手続法・行政不服審査法・行政事件訴訟法】の3つになります。 【補足:行政法とはどのような法律なのか】 行政書士試験において、行政法という範囲があるのですが、実は「行政法」という名前の法律は存在しません。 行政に関する法律をまとめて行政法と呼んでいるに過ぎません。 ちなみに行政法に分類される法律は600種類以上あると言われています。 行政法は国や地方公共団体に関するルールを規定している法律の集まりであり、そのルールを学習していくのが行政書士試験における行政法分野となります。 行政法を少し3つの種類に分けると下記の様になります(詳細は覚えなくても大丈夫です)。 「行政法は暗記科目」ということをよく聞きます。 まさにその通りなのですが、暗記科目と聞いたときに特に気をつけたいのが皆さん暗記科目と聞いたときどのように勉強をされていますでしょうか。 テキストを何も考えずに暗記していくのはとても非効率です。 よくあるのがテキストをひたすら読み続けるというもの。 これはNGでして暗記量が多くあるのでこのような勉強法では合格するためには時間がかかりすぎます。 テキストではそれぞれ離れている箇所に記載がされていることが多いので、自分で上記のようなまとめ表を各ページを確認しながら作成していきましょう。 このように整理をしていくだけで点数が安定していきます。 そのため、まずは過去問演習が基本となります。 最低限、過去問は10年分を5周しましょう。 これは必須です。 過去問演習では一問一答形式がおすすめです。 理由は、本番形式と同じ問題を解くと正解や不正解に気を取られて1選択肢毎の振り返りの精度が弱くなりやすいです。 おすすめの一問一答形式の問題集は下記の記事に記載しております。 過去問は最低限10年分を5周はしましょう。 10年分の過去問を5周ほどすると6割以上の得点は安定するでしょう。 しかし、行政法で6割の得点では合格するためには足りません。 (最低8割を目指すべき) そこで、行政書士の過去問が中心とはなるものの、知識を再確認・補強するために公務員試験の過去問を解いてみることをおすすめします。 過去問を5周すると答えをなんとなく覚えてしまいますよね。 本番で正答するための知識をしっかりと覚えているのか、過去問の答えを覚えてしまっているのかが分かりづらくなります。 なので、行政書士試験と出題範囲が似ている公務員試験の過去問がおすすめです(明らかに行政書士試験で問われなさそうな問題は解かなくて大丈夫です)。 また、覚えている知識があっても違うような質問になったときに応用が利かなくなるケースもあるため、他の資格試験である公務員試験の過去問がおすすめということです。

次の

過去の試験問題

行政書士試験範囲

【行政書士】 試験科目の特性と効率的学習法 先週は、行政書士試験の受験者や合格率についてお伝えしました。 今日は、行政書士試験の試験科目の特性と効率的学習法についてお伝えしていきます。 行政書士試験は科目の内容から大きく2つに分けられます。 法令科目と一般知識科目です。 それぞれの内容と、学習法を見ていきましょう。 日本の法は1500あるとも2000あるとも言われています。 それがすべて出題対象となるわけではありません。 その中のごく一部の限られた法令等から出題されます。 出題されるのは日本の法体系のなかでも、大きな法です。 得点効率は悪いところです。 試験直前期の答練などで出題されるものを中心に押さえておくようにします。 深入りは禁物です。 人権の保障や国家統治の仕組みについて定めた法です。 得点効率が良いところですので、人権は条文+判例を、統治は条文を押さえていきます。 問題演習量に比例して得点は伸びますので、問題演習を丁寧にこなします。 「行政手続法」「行政不服審査法」「行政事件訴訟法」は、条文からの中心となりますので、過去問の演習が有効です。 法律実務で必須の法律ですから、十分な理解が必要です。 事例問題が中心となります。 条文、判例を理解するときには、それが具体的にどのような場面で適用されるのかをイメージしながら学習を進めます。 問題を解くときにも、事案を図に書きながら、事案を読み、分析することが必要です。 5問中2問程度の正解を目標とします。 頻出する「株式」「機関」で過去出題されたところは絶対に間違えないように、知識を固めておきます。 それ以外のところは余裕があればでよいでしょう。 学習効率もよくありません。 行政書士試験用に勉強するというよりも、他の行政書士試験科目の勉強時間を圧迫しない程度に、新聞やニュースなどに目を通します。 そこで、分からない用語が出てきたら、インターネットで検索をかけて、出てきたページを上から1つ2つ見ておくことも有効です。 あとは、直前期の答練やヤマ当て講義的なもので、フォローします。 7問中3問程度取れれば良しとします。 過去問を中心に問題演習を丁寧にこなすことで、比較的容易に得点を伸ばすことができます。 本文内容全体把握問題、空欄補充問題、並べ替え問題などが出題されます。 1つの文章に1問の問題がつきます。 文章の論理性を把握できるかが問われます。 論理性を磨く対策としては、問題の数をこなすというより、問題文を段落ごとに要約しながら、それぞれの段落の関係性を把握するようにすれば、論理的に文章を読む力がついていきます。 他の科目の学習時間を圧迫しない程度に、1、2週間に1、2問程度、解いておくとよいでしょう。 これらのことを踏まえて、試験特性に合わせた無駄のない効率的な学習を心がけましょう。 資格は、資格を使った仕事をするための前提です。 資格試験に合格することが目的ではなくて、私たちの目的はその先にあります。 ですので、資格試験に費やす時間はできる限り最小限に抑えて、合格を勝ち取りましょう。 それでは、次回は、 「 行政書士試験合格後の展望(行政書士の仕事)」 について見ていきます。 お楽しみに! (つづく).

次の

行政書士試験と宅建士試験を比較してみる。難易度は?求人は多い?

行政書士試験範囲

1-1.行政書士試験と宅建試験の難易度比較 どちらの試験も法律に関する試験範囲となっています。 行政書士試験の試験範囲は、法令等の科目が5科目(憲法・民法・行政法・商法及び会社法・基礎法学)、一般知識の科目から6科目(政治・経済・社会・情報通信・個人情報保護・文章理解)となっています。 法令等と一般知識で配点が分かれており、両方の科目で60%以上の得点を取らなければ足切りが行われます。 問題形式は5肢択一式と多肢選択式、さらに記述式問題があります。 宅建試験の試験範囲は、宅建業法、民法等(民法・借地借家法・不動産登記法など)、法令上の制限(国土利用計画法・都市計画法・建築基準法・農地法など)、税・その他の科目から出題されます。 問題形式は4肢択一式問題となっています。 試験範囲や試験内容を比べてみると、宅建の方がやや法律の範囲が広そうに見えるのですが、行政書士試験の行政法と言うのは呼称に過ぎず、行政法を細かく見てみると宅建よりも多くの法令を勉強しなければいけないことがわかるでしょう。 さらに試験の問題形式ですが、 宅建試験は4肢択一式問題だけの構成となっているので行政書士試験よりも難易度的に言えば少し楽に感じるかもしれません。 行政書士試験の記述式問題は受験生の中でも得点しにくい形式となっているので、その点を考慮しても行政書士試験の方が難しいと言えるでしょう。 この2つの資格を取得して実際に役立つのは独立・開業してからになるかと思います。 どのような形で役立つかと言うと、宅建の仕事はほとんどが不動産関係の仕事となり主に不動産の売買が中心となってきます。 行政書士の仕事は幅広いですが、相続関係の仕事や離婚問題の書類作成及び相談業務などがあります。 例えば 相続問題や離婚問題の依頼を受けた時に、依頼者が土地や建物も処分したいと思っていた場合に同時に対応することができるのです。 こうした場合にダブルライセンスがとても役に立ってきます。 報酬的な観点からみると正直、不動産業の方が儲かっているケースが多いです。 そうなってくると 宅建の資格をメインで仕事を進めていく方が儲かります。 だったら行政書士の資格は必要ないのではないかと思いがちですが、不動産業を行っている人であればわかるかもしれませが行政書士に依頼することと言うのが結構あるのです。 その依頼することを自分でできるのであれば出費も抑えることができますし、逆に自分がその依頼を受けることできるのです。 行政書士も宅建も人が増えてきていて独立開業を行ったところで収入が少なくて生活するのでいっぱいいっぱいの人も結構いるようです。 難しい資格を時間を掛けて取得したにもかかわらず収入が少ないからという理由で一般企業に再就職する人もいます。 そうならないためにも仕事を受けられる幅を広げて、他の事務所や不動産業とは違うものを持っていかなければこの競争に勝ち残るのが厳しくなってきています。 そういった意味でもダブルライセンスを取得することに大きな意味はあるかと思います。 2019年度行政書士おすすめ通信講座!.

次の