さんずい 漢字。 さんずいに朱(洙 )の意味、読み方、熟語、使い方

「法」という漢字は、水には関係がなさそうなのに、どうして「さんずい」が付いているのですか?|漢字文化資料館

さんずい 漢字

さんずいに朱 「サンズイ」に「朱」と書く「洙」の部首は「水(すい)」になります。 総画数9画で、部首内画数は「水部6画」になります。 JIS漢字水準は「JIS第2水準」になります。 「洙」の部首は「水」で、「水」を部首に持つ漢字の集まりを「水部」といいます。 「水部」には、「水・河川・川の流れ・液体」という意味があります。 「洙」の漢字は、水の画数+6画で構成されるので「水部6画の漢字」と表現されます。 「洙」の意味には、川名・山東省中部を流れて、泗水に注ぐ・洙水(シュスイ)などがあります。 次に、「洙」の熟語・「洙」の音読み・訓読みを紹介します。 「洙」の熟語・音読み・訓読み さんずいに朱と書く「洙」の意味には、川名・山東省中部を流れて泗水に注ぐ・洙水(シュスイ)などがあります。 「洙」は漢姓のひとつなので熟語には人名があります。 「洙」の文字が入った人名には、「季光洙」・「山県洙川」・「半井宗洙」などがあります。 「洙」は、朝鮮に多い姓になります。 「洙」の音読みは「シュ」です。 「洙」には訓読みはありません。 「洙」の文字を含む姓は、韓国全土に約200名が存在しているようです(2000年調査によります) 「洙」を含む「洙泗」という文字があります。 「洙泗」の読みはシュシです。 「洙泗(シュシ)」は、中国の山東省西部を流れる泗水(しすい)とその支流の洙水(シュスイ)の併称になります。 「洙泗」の流域は、孔子の生地・没地・弟子に道を講じた場所になります。 孔子の学問に「洙泗学」があります。 「洙泗学」は儒学とも洙泗の学とも言われます。 「洙」と同じ読みの漢字 さんずいに朱と書く漢字の「洙」の音読みは「シュ」です。 熟語には、人名の「季光洙」・「山県洙川」・「半井宗洙」などがあります。 「洙」には訓読みはありません。 「洙」と同じ読みの漢字を紹介します。 ・殊・須・種・主・周・首・収・殳・手・收・舟・戍・朱・咒・枢 ・取・呪・侏・茱・洙・株・娶・娵・終・蛛・棕・痩・衆・腫・溲 ・椶・鄒・銖・聚・需・趣・撞・鋳・諏・銹・數・橦・樞・麈・鍾 ・趨・鬆・繻・鰌・鰍・鬚・鑄・珠・酒・修・狩・守などになります。

次の

さんずいに晃(滉)の意味、読み方、熟語、使い方

さんずい 漢字

以前の漢字文化資料館で掲載していた記事です。 2008 年以前の古い記事のため、ご留意ください。 Q0342 「法」という漢字は、水には関係がなさそうなのに、どうして「さんずい」が付いているのですか? A 「法」の成り立ちについては、 Q0302で一度、ちょっとご説明したことがありました。 でも、そのときには、「さんずい」については、めんどくさいので説明をはしょってしまいました。 このご質問は、私の怠け癖を突いた、痛いご質問であります。 言い訳を許してもらえるなら、私が説明をはしょったのは、単に怠け者だからだけではありません。 「法」の成り立ちにはいろいろな説があって、限られたスペースでは簡単に説明できないのです。 そこで、みなさんがQ0302を既にお読みになっていらして、カイチなる霊獣についてはご存じであるという前提で、「さんずい」に関係する部分だけ、説明しておくことにいたします。 「法」に「さんずい」が付いていることに関する1つの説明は、この「水」は「水平」の意味で、基準・標準を表している、というものです。 つまり、善悪を判断できるという霊獣カイチと、基準・標準とを組み合わせて、世の善悪の標準を示す「法」という漢字ができあがっている、とするのです。 また、別の説として、この字は、まわりをぐるりと水で取り囲まれた小島に、霊獣カイチを閉じこめた図を表している、というのもあります。 そうすると、たとえ霊獣といえども自由に動き回ることはできないわけで、そこから転じて、私たちの生活を規制する「法」という意味になる、というのです。 さらに別の説もあります。 この説によると、古代中国の裁判では霊獣カイチを2匹用いたといいます。 今風に言えば、検察側と弁護側に1匹ずつカイチがいるわけです。 この2匹を争わせて、勝った方が裁判にも勝利するのです。 かわいそうなのは負けたカイチです。 敗れ傷ついた霊獣は、文字通り、水に流されてしまうというのです。 「法」に「さんずい」が付いているのは、この「水」を表している、というのが、この説の主張です。 以上、3つの説をご紹介しました。 法というのは、厳密な解釈が必要とされる、一般人からするとちょっと近寄りがたいものです。 しかし、その「法」の起源が、実は曖昧模糊としてはっきりしないというのは、なにやら意味深な感じがしないでもありませんね。

次の

部首「氵(さんずい)」

さんずい 漢字

さんずいに晃 さんずいに晃と書く漢字は「滉」になります。 「滉」は水部の漢字で画数は13画になります。 「水部」とは、水を部首にもつ漢字の集まりのことです。 水部には「水・河川・川の流れ・液体」などの意味があります。 水の画数と部首内画数の10画なので、総画数が13画で、水部10画の漢字です。 JIS漢字水準では、JIS第2水準になります。 漢字検定1級・日本語能力検定では「JLPTN1」になります。 「滉」の意味は、水が深く広いことです。 「滉」の漢字を電子計算機上で取り扱うために、各規格の固有の識別コードがついています。 文字についている固有の識別コードを「文字コード」と言います。 「滉」の文字コードには、「Unicode/UCS」・「JISX0213」・「戸籍統一文字番号」・「住基ネット統一文字」などがあります。 「Unicode/UCS」の文字コードは「U+6EC9」になります。 「JISX0213」の文字コードは、「1-62-70」になります。 「戸籍統一文字番号」の文字コードは、「203230」になります。 「住基ネット統一文字」の文字コードは、「J+6EC9」になります。 次に「滉」の熟語・「滉」の音読みや訓読みを紹介します。 「滉」の熟語 さんずいに晃と書く漢字は「滉」です。 「滉」は人名用漢字なので一般的な熟語はありません。 熟語とは、複数の語や形態素が比較的強く結びつき、独立したまとまりをなす表現を指す用語になります。 「滉」は人名用漢字なので、人名の参考例を紹介します。 「滉」を含む男の子の名前には、 ・滉一(こういち)・滉季(こうき)・滉生(こうき)・滉紀(こうき) ・滉規(こうき)・滉貴(こうき)・滉基(こうき)・滉二(こうじ) ・滉司(こうじ)・滉介(こうすけ)・滉佑(こうすけ)・滉晴(こうせい) ・滉誠(こうせい)・滉太(こうた)・滉汰(こうた)・滉太郎(こうたろう) ・滉平(こうへい)・滉明(こうめい)・滉也(こうや)・滉弥(こうや) ・貴滉(たかあき)・滉人(ひろと)・滉斗(ひろと)・滉歩(ひろと)などがあります。 「滉」を含む女の子の名前には、 ・滉花(こうか)・滉美(ひろみ)・万滉(まひろ)などがあります。 次に、「滉」の音読みや訓読みを紹介します。 「滉」の音読みと訓読み さんずいに晃と書く「滉」は水部10画の漢字です。 人名用漢字なので、一般的に「滉」の熟語はありません。 「滉」の音読みは、「コウ」になります。 訓読みは「ひろい」になります。

次の