大洗 磯前 神社 神 磯 の 鳥居。 大洗磯前神社の神々しさにビックリ!神磯の鳥居もご利益あり

神磯の鳥居と朝日[大洗磯前神社]〜関東初日の出のスポット!海の鳥居と神々しい海からの日の出撮影

大洗 磯前 神社 神 磯 の 鳥居

神社に欠かせないものとして、脳裏をよぎるのは「鳥居」です。 鳥居から先にある空間は聖域であるという目印という意味合いもあり、参道の途中にいくつも連なっていると鳥居をくぐるたびに身が引き締まります。 神社めぐりをしていると、神社そのもの以外にも注目したい部分が出てきます。 狛犬さんにもいろいろな形があるのですが、この神社は特に「鳥居」に注目されていることが多いです。 ご紹介します。 茨城県屈指にパワースポット。 【大洗磯先神社(おおあらいいそさきじんじゃ)】です。 どうですかこの鳥居。 すごいところにあります。 もはやくぐることも難しいくらいですね。 朝、日の出はここから登るそうで、鳥居と朝日の絶景が楽しめる写真スポットとしてもすごく有名です。 そして、昨今のインスタグラムブームに乗り、「インスタ映え」するとしてまた、注目の的になっているそうです。 鳥居の撮影は最後にまわすとして先に神社を参拝します。 いざ、大洗磯前神社 超巨大な鳥居が参道の前に建っています。 高さ15. 6メートル、幅22. 42メートルもあるそうです。 茨城県の東部、太平洋に面した岬の丘上に鎮座する。 那珂川対岸のひたちなか市にある酒列磯前神社と深い関係にあると言われ、2社で1つの信仰を形成している。 中世には戦乱で荒廃するが、近世になって水戸藩主の徳川光圀・綱條により再興した。 本殿・拝殿・随神門が茨城県・大洗町の文化財に指定されているほか、海岸に立つ鳥居で有名である。 引用元: 水戸黄門で有名な光圀さんが再興した神社が現在も健在なんです。 これはこれで楽しみです。 立派な随神門が待ち構えています。 美しも凛々しい拝殿。 御祭神:大己貴命 配祀神:少彦名命 『文徳実録』によると、文徳天皇の斉衡3年 856 12月29日に常陸国鹿島郡大洗磯前に御祭神大己貴命・少彦名命が御降臨になりました。 里人の一人に神がかりして、「我は大奈母知、少比古奈命なり。 昔此の国を造り訖へて、去りて東海に往きけり。 今民を済わんが為、亦帰り来たれり」と託宣され、ここに当社が創建されました。 大洗磯前神社案内より 当時は幾度も地震が発生し多くの人々が動揺し、国内が乱れていました。 大己貴命と少彦名命はこうした混乱を鎮め、人々を苦しみから救う為に降臨されたと伝わります。 やはり徳川家の再興。 いささか派手な造りがそれらしいです。 この茅葺屋根が美しい仕上がりです。

次の

初日の出前に願いを込めて…臨んだ大洗神磯の鳥居とだるま朝日!今日は絶対撮れる!と確信した朝日撮影

大洗 磯前 神社 神 磯 の 鳥居

神社に欠かせないものとして、脳裏をよぎるのは「鳥居」です。 鳥居から先にある空間は聖域であるという目印という意味合いもあり、参道の途中にいくつも連なっていると鳥居をくぐるたびに身が引き締まります。 神社めぐりをしていると、神社そのもの以外にも注目したい部分が出てきます。 狛犬さんにもいろいろな形があるのですが、この神社は特に「鳥居」に注目されていることが多いです。 ご紹介します。 茨城県屈指にパワースポット。 【大洗磯先神社(おおあらいいそさきじんじゃ)】です。 どうですかこの鳥居。 すごいところにあります。 もはやくぐることも難しいくらいですね。 朝、日の出はここから登るそうで、鳥居と朝日の絶景が楽しめる写真スポットとしてもすごく有名です。 そして、昨今のインスタグラムブームに乗り、「インスタ映え」するとしてまた、注目の的になっているそうです。 鳥居の撮影は最後にまわすとして先に神社を参拝します。 いざ、大洗磯前神社 超巨大な鳥居が参道の前に建っています。 高さ15. 6メートル、幅22. 42メートルもあるそうです。 茨城県の東部、太平洋に面した岬の丘上に鎮座する。 那珂川対岸のひたちなか市にある酒列磯前神社と深い関係にあると言われ、2社で1つの信仰を形成している。 中世には戦乱で荒廃するが、近世になって水戸藩主の徳川光圀・綱條により再興した。 本殿・拝殿・随神門が茨城県・大洗町の文化財に指定されているほか、海岸に立つ鳥居で有名である。 引用元: 水戸黄門で有名な光圀さんが再興した神社が現在も健在なんです。 これはこれで楽しみです。 立派な随神門が待ち構えています。 美しも凛々しい拝殿。 御祭神:大己貴命 配祀神:少彦名命 『文徳実録』によると、文徳天皇の斉衡3年 856 12月29日に常陸国鹿島郡大洗磯前に御祭神大己貴命・少彦名命が御降臨になりました。 里人の一人に神がかりして、「我は大奈母知、少比古奈命なり。 昔此の国を造り訖へて、去りて東海に往きけり。 今民を済わんが為、亦帰り来たれり」と託宣され、ここに当社が創建されました。 大洗磯前神社案内より 当時は幾度も地震が発生し多くの人々が動揺し、国内が乱れていました。 大己貴命と少彦名命はこうした混乱を鎮め、人々を苦しみから救う為に降臨されたと伝わります。 やはり徳川家の再興。 いささか派手な造りがそれらしいです。 この茅葺屋根が美しい仕上がりです。

次の

日の出に映える大洗磯前神社の神磯の鳥居 @茨城県東茨城郡大洗町

大洗 磯前 神社 神 磯 の 鳥居

APS-C78mm F13 13sec ISO80 はじめに 茨城県の絶景スポットといえば、こちら。 海に立つ鳥居、その名も 「 神磯(かみいそ)の鳥居」。 風景を撮る方で近隣の方、近県の方で知らない方はいないだろうとまで言えるほどの有名スポット。 鳥居を日の出や月と絡めたり、天の川や星と一緒に撮るのが好まれています。 の鳥居で、他に陸地にも2つ鳥居があります。 休日はもちろん通常の日の出でもだいたい人がいますし、特に元旦には多くの人が初日の出を拝みに鳥居の周りに集まります。 アクセス 神磯の鳥居は大洗磯先神社とは別の場所にあり、Googleで調べると「神磯(かみいそ)の鳥居」で単体で検索できます。 高速は東京方面からだと常磐道から北関東道を大洗方面へ進み、水戸大洗ICで降りると行きやすいです。 しかし、お車の方は目の前に駐車場はありませんので、ちょっと歩きますが少し北にある大洗公園駐車場を利用しましょう。 間違っても路上駐車はNGです。 電車の方は、常磐線で水戸駅まで行き、臨海大洗鹿島線に乗り換え、大洗駅で降ります。 そこからはバスがよいでしょう。 私は主に車移動ですので、そちらをメインでご案内します。 大洗公園案内図(最初にあった看板の裏側) 駐車場から鳥居まではこんな感じです。 大事なことなのでもう一度言いますが、岩場には絶対に上らないようにしましょう。 作例紹介 それでは神磯で撮った写真を少しご紹介させていただきます。 こちらは初日の出ではありませんが、日の出を撮ったものです。 明るくなってくると鳥が鳥居にとまることもしばしば。 時期によって太陽の位置が違うので、真ん中に合わせるのは多少根気がいります。 この日は人が少なかったという事もあり、移動しながら位置を合わせました。 ただ、あらかじめスマホのアプリで日の出の方角を確認しています。 こちらは、月のこよみを確認せずに星グルグルを撮ろうとしてたら、途中で月が昇ってきてしまったの図。 そして完成したものがこちらですw。 フリーの比較明合成ソフトを使用しています。 こちらは月が昇ってきて、海に照らされた月明かりが神様の通り道のように見えてとても神々しく感じた瞬間でした。 自分でもすごくお気に入りで、試しに投稿したところフェイスブックの東京カメラ部のページでシェアしていただきまして、めちゃくちゃうれしかったです。 波が怖いのでだいたいは堤防?の上から撮るのですが、この時は下に降りて低めのアングルで撮りました。 こちらは天の川を強調した、夜の鳥居です。 ここでの天の川は肉眼でも少しは見えるし、長秒露光すればそれなりに写りますが、南方に強い光害がありますので薄めです。 ひとそれぞれ「写真」の定義は違いますので、気に入らない方はとばして下さい。 空と前景は同じ場所、同じ時間ではありますが別撮りです。 要は合成ですね。 星はPENTAXの機能の一つ、アストロトレーサーを使い星が流れないように、かつ長秒露光しました。 (詳細は割愛します。 )前景は通常の長秒露光で、Photoshop(フォトショップ)でつなげました。 いつからだったか、街灯の光とその影がちょっと邪魔をしてくるようになりまして、鳥居の左下の黒い線がその影です。 そこまで消す技術は持ってませんので私はそのままにしています。 こちらは朝日が昇る前の薄明の鳥居です。 潮位が上がってくると鳥居の下の岩礁に水の流れができて、いい感じです。 高潮で撮ったことはないのですが、荒々しい波のしぶきをいつか撮りたいです。

次の