エチケット。 マナー? エチケット?

ネチケットとは

エチケット

「マナー」ということばと「エチケット」ということばとは、どのように使い分けたらよいのでしょうか。 「マナー」と「エチケット」とは、意味の上で重なり合うところの多いことばです。 これらは外来語として日本語に取り入れられたことばです。 現代の日本語で使われている状況を観察してみると、「マナー」はどちらかというと「社会・集団」を意識した場合に用いられているのに対して、「エチケット」は「相手・個人」を意識した場合に使われている傾向があると言えそうです。 まず「マナー」ということばは、社会・集団全体として気持ちよく過ごせるような行動の取り方だと言うことができます。 たとえば「交通マナー」という言い方があります。 これは、「交通ルール」のように違反したら罰せられるものではありませんが、「交通マナー」を守ることによって、歩行者と車の双方が全体として円滑に過ごすことができるようになります。 「喫煙マナー」「(携帯電話の)マナーモード」なども、これと同じたぐいのものです。 また「テーブルマナー」のように、そうすることが望ましいとされている「作法」のようなものを言い表す場合もあります。 一方「エチケット」ということばは、いま目の前にいる相手が不快な気分にならないようにする「気配り」の実践のことだと言えます。 最近のことばでは「ネチケット」という言い方がありますが、これはネット上のメールや電子掲示板などを見た人が不快な気持ちにならないようにすることを言い表したものです。 また、「咳 せき エチケット」(咳が出るときには口に手を当てたりマスクをしたりすること)のように、おもに衛生的なものにかかわる場合にもよく使われます。 昔のフランス宮廷では、宮中の壁に訪問者のとるべき行動を指示した札が貼られており、この札のことを「エチケット」と呼んでいました(『外来語の語源』角川書店)。 このことばが、英語を経て明治のころに日本語に取り入れられ、その後現在のように「相手・個人」を意識したような日本独自の用法になったものだと言えそうです。 (メディア研究部・放送用語 塩田雄大).

次の

エチケット・マナー検定|一般社団法人エチケット・サービス向上協会

エチケット

ネチケットとは、「ネットワーク」()と「エチケット」(etiquette)を組み合わせた造語で、インターネットを利用する際に心がけるべきマナーや規範のこと。 公的な、あるいは何らかの明確に定義された規約があるわけではなく、社会で多くの人に共有されている(望ましいと考えられている)行動指針の総体である。 Webサイトやネットサービス、(BBS)、、、メッセージサービスなどで情報を送受信したり共有したりする際に、他者に不利益を与えたり不快にしないために気をつけるべき事柄をまとめたものである。 一部は時と共に変化し、また、コミュニティやサービスなどそれぞれの「場」によっても違いが見られる。 ネチケットは倫理・道徳の問題であるため、利用規約や法律といったルールの範疇に含まれる事柄は本来取り扱わないが、インターネットが普及して日が浅く、禁止事項や法令違反について一般社会のそれと同じようには認知が進んでいないため、啓蒙の意味を込めてこれらを含めることが多い(著作権問題など)。 具体例 一般社会と共通なものとしては、知らない相手には丁寧に接する、誹謗・中傷・挑発・差別的発言などをしない、やプライバシーを本人に同意を得ずに他人に教えたり書き込んだりしない、他者の著作物や肖像を無断で使用しない、などがある。 ネット社会特有なものとして、などで簡単に調べられるようなことを人に聞かない、同じ質問をあちこちで同時にしない、を転送しない、といったものもある。 技術的な要請とその変化 また、コンピュータやソフトウェア、通信回線などの技術的な要請から必要とされるものもあり、例えば、大容量のデータをに添付しない、を使用しない、や感染のにならないようソフトウェアを最新に保ちで自衛する、といった点がよく指摘される。 技術的な背景は時代によって大きく変わるため、例えば以前はよく聞かれた、ファイルのは地理的に近いサーバを選択する、といった項目は通信回線の高速化やの普及などによりあまり指摘されなくなっている。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

エチケット3つのポイント

エチケット

ネチケットとは、「ネットワーク」()と「エチケット」(etiquette)を組み合わせた造語で、インターネットを利用する際に心がけるべきマナーや規範のこと。 公的な、あるいは何らかの明確に定義された規約があるわけではなく、社会で多くの人に共有されている(望ましいと考えられている)行動指針の総体である。 Webサイトやネットサービス、(BBS)、、、メッセージサービスなどで情報を送受信したり共有したりする際に、他者に不利益を与えたり不快にしないために気をつけるべき事柄をまとめたものである。 一部は時と共に変化し、また、コミュニティやサービスなどそれぞれの「場」によっても違いが見られる。 ネチケットは倫理・道徳の問題であるため、利用規約や法律といったルールの範疇に含まれる事柄は本来取り扱わないが、インターネットが普及して日が浅く、禁止事項や法令違反について一般社会のそれと同じようには認知が進んでいないため、啓蒙の意味を込めてこれらを含めることが多い(著作権問題など)。 具体例 一般社会と共通なものとしては、知らない相手には丁寧に接する、誹謗・中傷・挑発・差別的発言などをしない、やプライバシーを本人に同意を得ずに他人に教えたり書き込んだりしない、他者の著作物や肖像を無断で使用しない、などがある。 ネット社会特有なものとして、などで簡単に調べられるようなことを人に聞かない、同じ質問をあちこちで同時にしない、を転送しない、といったものもある。 技術的な要請とその変化 また、コンピュータやソフトウェア、通信回線などの技術的な要請から必要とされるものもあり、例えば、大容量のデータをに添付しない、を使用しない、や感染のにならないようソフトウェアを最新に保ちで自衛する、といった点がよく指摘される。 技術的な背景は時代によって大きく変わるため、例えば以前はよく聞かれた、ファイルのは地理的に近いサーバを選択する、といった項目は通信回線の高速化やの普及などによりあまり指摘されなくなっている。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の