リバース オブ シャドール。 【遊戯王】初心者にオススメ!リバース・オブ・シャドール3箱合体デッキレシピ

ストラクチャーデッキ-リバース・オブ・シャドール-3箱で作るデッキ

リバース オブ シャドール

こんにちは、シャドールをいじりすぎて寝不足のくらくです。 これらのデッキを元にお話します。 シャドールのデッキタイプ シャドールは展開系デッキとしても組むことは可能ですが、基本的にはコンデッキとして分類されることが一般的だと思います。 展開系としてはHEROを出張などが考えられますが、個人的にはコンに寄せた方が強いと思っているので、今回はコンシャドールとしての小技なんかを紹介していくというかたちになります。 影依融合<神の写し身とのであることを理解する シャドール使いとそうでない人との見識の違いとして、《 影依融合》と《 神の写し身との》でどちらの方が強いかということです。 基本的に後手に寄せてない限り、《 影依融合》のデッキ融合が通る=上振れと考えるべきで、相手ターンやバトルフェイズにも使え、なんらかの効果にチェーンして使える速攻魔法である《 神の写し身との》の方が断然強いです。 シャドール初心者の方は《 神の写し身との》をあまり積まない人もいますが、このカードはタッチレベルの出張でなければ3積み必須です。 なにせ元ですからね……。 とはいえ影依融合も激つよカードであることには変わりはなく、シャドールが捲りが強いと言われる所以でもあります。 が強いことを理解する シャドールで一番強いモンスターはです。 なぜなら魔法罠を含めた全てのシャドールカードにアクセスできるからです。 の役割はデッキを回すこともありますが、 何より他のシャドールに変わることができる、魔法罠を落とすことができるという部分にあります。 は打点も1800ありレベルも4、リバース効果も及第点なのも良いですね。 チェーン組み方を工夫して蓋をする シャドールの融合が成立した場合、複数の効果が同時に誘発します。 これら は自由にチャーンの順番を決められるため、通したい効果をチェーン1とすることでその効果を通すことができます。 例えば、《影依融合》が通り、《シャドール・》と《聖なる影 ケイウス》 カドシャドール ケイウス を素材として《エルシャドール・》をしたとします。 この場合、チェーン1、チェーン2、チェーン3ケイウスとすることで、との効果をうららから守ることができます。 処理後、と効果でおちたカードも誘発するので、そちらもチェーンの組み方を工夫すると良いです。 通したい効果をチェーンのスタックの底にするように意識しましょう。 展開系のデッキで誘発のケアをする際に覚えておくと損はないと思います。 私もジャンクドッペルなどを使う際にもかなり意識しています。 《墓穴の指名者》を打たれたらどうにもならないので、そこはお祈りするしかないです。 ニビルを喰らわないようにする 《 原始生命態ニビル》は自身をしたのち、ンをするため、《 エルシャドール・ミドラーシュ》が存在する時には効果を使えません。 ニビルを食らうようになる一歩手前でミドラ着地で終える、という動きをするのもありですね。 ただ、ニビルの効果発動にチェーンして、融合してミドラーシュを出した場合はそのまま効果を通され、リリースからまでされてしまうので注意。 ターン1の付いていない効果を使い回す メインに入るシャドールは、いずれかでかつ名称ターン1が付いていますが、 シャドール融合体のシャドール魔法罠を回収する効果や、の時効果などはターン1が付いていません。 これらは蘇生などを絡めて使い回すことで単純にアドバンテージを得られるので覚えておいて損はないです。 シャドール融合魔法は名称ターン1が付いているため、 融合成立から、使っていない方の融合魔法をサーチすれば、連続融合に繋げることが可能です。 《 神の写し身との》は相手ターンでも打てるので回収しておくと良いです。 神の写し身とのでケープ 効果の対象に取られたモンスターを融合素材とし、写し身で墓地へ送ることで逃がすことができます。 融合体をバウンスや除外されてしまうと、サルベージ効果を使えないため、墓地へ送れるのは便利です。 の破壊効果は強制 公式より の効果破壊効果は強制効果であるため、大体のダメステ発動時効果より先に発動することができます。 攻守をいかに変化されようと、されたモンスターは問答無用で効果破壊します。 アストラムでも絶対に倒す。 (そしてバウンスされる……)ヴァレル ロードも一方的に倒すことができます。 ちなみにこれは守備表示の時にも有効です。 しかしこれはデメリットでもあって、 攻撃力がこちらの方が上の場合であろうと強制的に発動するため、ダメージを稼げないといった弱点もあります。 シェキナーガ、エグリスタの効果は処理時に手札にシャドールがなくてもOK エグリスタとシェキナーガの無効効果は発動時に手札にシャドールが存在する必要がありますが、その処理中に手札からシャドールがなくなったとしても効果はそのままノーコストで適用できます。 全体除去にチェーン写し身でミドラをだす ミドラーシュは効果破壊されないため、全体除去に対して後出しで出すことで損失を抑えながらミドラーシュを出すことができます。 融合をしっかり回収する 融合体がやられたとしても、融合魔法を回収でき、ーできることがシャドール強みでもあります。 また、最近でた《グラビティ・コントローラー》は能動的に融合を回収できるカードです。 で倒せないカードを倒せ、自身が闇であり写し身を回収しながら相手ターンミドラを構えられるため、個人的には現在のシャドールには必須だと思っています。 また、超融合、寝フィリムなどでシャドール融合モンスターを出した場合、融合魔法が墓地に落ちないので、回収先がないことがありますよね。 を出した場合は効果で墓地へ送ることができるので回収先を作ることができますね。 融合魔法を墓地へ送る手段が増えたため(など)この問題は少し緩和された感があります。 ここからは新規のお話 新規カードを使った感想はこちら シャドール経由でアプカローネを出す リンク版シャドールは光属性であるため、他のメインに入るシャドールと合わせてアプカローネを出すことができます。 とでコストで除外したシャドールを 公式より を《 影光の聖選士》の墓地効果でリバースすることで、コストで除外したカードをそのままできます。 これを利用した展開ルートが存在し、 破壊耐性アストラム、相手ターンミドラまでいけます。 (また記事にします。 にはあげてます) ウェンディからファルコン ウェンディからファルコンをすることで、墓地の任意のシャドールを蘇生することができます。 を使うもよし、相手の攻撃によってリバースしてもよし。 12月11日追記 シラユキによる墓穴の指名者ケア シャドール融合モンスターはシャドール魔法罠を回収し、損失をーできる点が強いですが、それゆえに《 墓穴の指名者》の的になりやすいです。 《妖精伝姫シラユキ》で《墓穴の指名者》の対象にされたカードをコストで除外してしまうことで、《墓穴の指名者》の効果を不発にし、こちらの回収効果を通すことができます。 仮にそのシラユキ効果に対して、墓穴を打たれたとしても、 シラユキの効果は同一チェーン上でもう一度効果を発動できるため、それすらも不発にすることができます。 (まぁコストがあればの話ですが……) シラユキがうっとおしいと感じて、それの対策するならシラユキのコストが溜まっていないうちに墓穴を打ってしまうのが良いかもしれません。 (他のタイミングで打った方が確実に強いとは思いますが…) の使いかた 《 捕食植物ヴェルテ・》はデッキから融合を打てるというげきつよカードではありますが、 シャドールにおいては簡単にミドラーシュを成立させられるカードとしても有用です。 返しにモンスター2体から超融合を通すという使い方も強いですが、それ以外の使い方もあります。 手札に融合魔法がなく、シャドールモンスターも一枚しかないという状況であっても、ヴェルテ・を成立させることができれば、デッキから《神の写し身との》を墓地に送り《エルシャドール・ミドラーシュ》を立たせることができます。 貧弱なステータスであるをそのまま場に残さない、成立までモンスターを3体しか場に出さない点も評価が高いです。 シャドールは未だ安定しないデッキではありますが、手札が弱くとも少ない要求札から動け、モンスター2体を並べられるようなギミックを取り入れて、融合を素引きできなくとも動けるようにするのが今のシャドールのトレンドな気がします。 (人によると思いますし、そこがシャドールの面白いところでもありますが) モンスターを2体並べる動きは、上振れ時には《クロシープ》成立から強い動きまで持っていくこともできるため、無駄になりません。 さいごに とりあえず色々あげてみましたが、もっとある気がする……。 まだあればまた記事をあげますね。

次の

【遊戯王】初心者にオススメ!リバース・オブ・シャドール3箱合体デッキレシピ

リバース オブ シャドール

今回採用した「シャドール」モンスターで積極的に墓地へ送りたいのは、 シャドール・ビースト デッキから1枚ドロー 影霊の翼 ウェンディ デッキから自身以外の「シャドール」モンスター1体を裏側で シャドール・ヘッジホッグ デッキから自身以外の「シャドール」モンスター1体をサーチ シャドール・ファルコン 自身を裏側で。 の4種類になります。 どれもアドバンテージを稼げるカードなので、手札状況や場面に応じて使い分けたいところです。 特に新規の「影霊の翼 ウェンディ」や「シャドール・ファルコン」は、相手ターンに発動することが多い「堕ち影の蠢き」で落とすことによって、相手の意表を突くことができるかもしれないですね。 その他の「シャドール」では、魔法・罠カードを除去できる「シャドール・ドラゴン」、墓地利用するタイプに対し、お互いの墓地のカードを3枚まで除外する効果を持つ「影依の巫女 」も使えますね。 ただ、能動的にリバース効果を起動させるカードは、このデッキでは、「影光の聖選士」の墓地効果ぐらいしかありません。 なので、相手モンスターの攻撃を待つか、自分のターンで反転召喚するかの受動的な方法での発動になります。 リバース効果が大事なモンスターとしては、「シャドール・ヘッジホッグ」で、「シャドール」魔法・罠カードをサーチできます。 「シャドール」魔法・罠カードには、「シャドール」デッキの重要戦術であるをサポートするカードが多くあるので、重宝します。 他には、前の項目とかぶりますが、デッキから自身以外の「シャドール」をできる「影霊の翼 ウェンディ」や墓地から自身以外の「シャドール」を蘇生できる「シャドール・ファルコン」、カードバウンスができる「シャドール・ドラゴン」やモンスター除去ができる「シャドール・」も狙い目です。 5つの方法で「シャドール」を!! 「シャドール」が最も得意とするです。 今回のデッキでする方法は5つあって、それぞれに特徴やポイントがあります。 この中で狙いたい融合モンスターを挙げると、 モンスターのを制限する「エルシャドール・ミドラーシュ」、 「シャドール」カードを墓地へ送りつつ、されたモンスターに強い「エルシャドール・」、 守備力が高く、されたモンスターの効果の発動を無効にする「エルシャドール・シェキナーガ」の3体が筆頭候補になってきます。 それらのモンスターでは行き届かないところを「エルシャドール・アノ」や「エルシャドール・エグリスタ」、「エルシャドール・アプカローネ」で補うと形を取るといいでしょう。 【スポンサードリンク】 最後に いかがでしたでしょうか? 今回は「-リバース・オブ・シャドール-」のみを使って、【シャドール】デッキ構築をしてみました。 あとはデュエルフィールドの裏側に書いているとおり、「クロシープ」などを取り入れるなどをして、細かい枚数調整をするだけでも、十分戦えますね。 今回は純構築を紹介しましたが、他にも【列車】や【占術姫】、【恐竜】、【】を混合したタイプもあるようなので、さらに「シャドール」を深めたい方は、調べてみるといいでしょう。 3つだけで、「シャドール」の基本形が簡単に作れるので、初心者の方や強いデッキを持ちたいと思っている方は、ここから始めてみるのもいいかもしれないですね。 上記を参考にして、構築してみてくださいね! ではこのあたりで「-リバース・オブ・シャドール-」を使った「シャドール」デッキの紹介を終わりたいと思います。 今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

STRUCTURE DECK リバース・オブ・シャドール

リバース オブ シャドール

手札から1体を表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。 手札から「シャドール」モンスター1体を墓地へ送る。 このターン中、以下の効果を適用する。 デッキから「影霊の翼 ウェンディ」以外の1体を表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。 デッキから「影霊の翼 ウェンディ」以外の「シャドール」モンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚する。 そのモンスターを表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。 そのカードを除外する。 そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。 このカードを裏側守備表示で特殊召喚する。 デッキから1枚を手札に加える。 デッキから「シャドール・ヘッジホッグ」以外の1体を手札に加える。 そのモンスターを破壊する。 デッキから「シャドール・リザード」以外の1枚を墓地へ送る。 そのカードを持ち主の手札に戻す。 そのカードを破壊する。 自分はデッキから2枚ドローし、その後手札を1枚選んで捨てる。 自分はデッキから1枚ドローする。 そのカードを手札に加える。 そのモンスターの表示形式を変更する。 この時、以外のリバースモンスターの効果は発動しない。 この効果は無効化されない。 このカード名のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。 そのカードを持ち主の手札に戻す。 この効果は自分のPゾーンにが存在する場合に発動と処理ができる。 この効果は無効化されない。 このカード名のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。 そのカードを特殊召喚する。 自分の墓地からとを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。 そのモンスターを除外する。 この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。 このカードはもう1度だけ続けて攻撃できる。 相手フィールドのモンスター2体をリリースした場合に相手フィールドに特殊召喚できる。 このカードを特殊召喚するターン、自分は通常召喚できない。 自分は1000ダメージを受ける。 自分の墓地のが3体の場合のみ特殊召喚できる。 そのカードを破壊する。 そのモンスターを裏側守備表示にする。 このカードを特殊召喚する。 この効果は相手ターンでも発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は0になる。 その後、自分は1000ダメージを受ける。 デッキから1体を墓地へ送る。 このカードを特殊召喚する。 その相手モンスターを破壊する。 その後、自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。 そのバトルフェイズを終了する。 デッキからレベル4以下のモンスター1体を墓地へ送る。 自分はデッキから1枚ドローする。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中から魔法・罠カード1枚を選んで手札に加える事ができる。 残りのカードは全て墓地へ送る。 そのカードを破壊する。 属性を1つ宣言してこのカードを発動できる。 によって決められた、このカードの装備モンスターを含む融合素材モンスターを自分の手札・フィールドから墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。 自分・相手フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。 1体を融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。 手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。 そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。 このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは除外される。 そのモンスター5体をデッキに加えてシャッフルする。 その後、自分はデッキから2枚ドローする。 そのモンスターを表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚されたこのカードをの融合素材とする場合、そのカードに記された属性の融合素材モンスターの代わりにできる。 このカードは罠カードとしても扱う。 そのカードを手札に加える。 その後、自分フィールドの裏側守備表示のを任意の数だけ選んで表側守備表示にできる。 手札から1枚を墓地へ送る。 対象のモンスターは攻撃力・守備力が1000アップし、エンドフェイズに裏側守備表示になる。 そのモンスターの効果は無効化され、元々の攻撃力は半分になる。 このカードを自分フィールドにセットする。 この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。 そのカードを破壊する。 この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。 発動後このカードは墓地へ送らず、そのままセットする。 その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。 その後、手札から1枚を墓地へ送る。 そのカードを手札に加える。 このターン、そのモンスターは特殊召喚された相手モンスターとの戦闘では破壊されない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 そのカードを手札に加える。 そのカードを手札に加える。 自分の手札・フィールドから、によって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。 手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、1枚を選んで墓地へ送り、このカードを特殊召喚する。 そのカードの効果を無効にする。 自分のデッキ・墓地から1枚を選んで手札に加える。 その後、手札を1枚選んで捨てる。 デッキから1枚を墓地へ送る。 そのモンスターを破壊する。 そのカードを手札に加える。 そのカードを手札に加える。 その発動を無効にし破壊する。 その後、手札から1枚を墓地へ送る。 そのカードを手札に加える。 EXデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在する場合、自分のデッキのモンスターも融合素材とする事ができる。

次の