飲食 店 営業 時間。 営業時間短縮、土日休み…飲食業界の働き方改革! 正社員が働きやすくなる事例を紹介 飲食店.COM

飲食店の営業時間の決め方とは?注目するべきポイントはココ!!

飲食 店 営業 時間

飲食店を開業する際に決めることの1つとして「定休日」「営業時間」があります。 いつ休みを取ればいいのか?特に個人営業の場合はどの日にするか悩むことが多いでしょう。 また、営業時間もお店のジャンルによって変わってくるため、決める際に悩むことも多いのではないでしょうか。 今回はお店のジャンルやターゲット別の定休日・営業時間の決め方についてご紹介します。 一般的な定休日の決め方 まずは一般的な飲食店の定休日の決め方を知っておきましょう。 飲食店のほとんどは月曜・火曜が定休日となります。 次いで、水曜日が定休日となる日が多くなります。 土日はどの飲食店も忙しくなることが多く、その忙しい2日間が過ぎてから休みを取るという形式をとっているお店が多いです。 しかし最近は月曜が祝日となることが多く、土曜・日曜・月曜と3連休になることもよくあります。 そのため、月曜は「稼ぎ時」となり火曜日を定休日にするお店が増えてきました。 次いで定休日となることが多い水曜日は市場が休みのことが多く、この日を定休日としているお店もあります。 また、周囲のお店が火曜日定休日としているところが多いため、あえて水曜日を定休日としている場合もあります。 定休日を決めず、年末年始など以外は無休で開業しているお店もあります。 定休日を決めないというのも1つの方法ですが、オーナーを含むすべてのスタッフが週に1日は休めるようにスケジュール設定・スタッフ採用するようにしておきましょう。 開業からしばらくは定休日なしで営業し、営業に慣れてきてから定休日を定めるという方法もあります。 一般的な営業時間の決め方 昼食の時間としてAM11時~PM2時。 夕食の時間としてPM5時~PM8時は最も飲食店が忙しくなる時間と言えます。 そのため、これらの時間はどのジャンルでも基本的に営業時間に入れておくといいでしょう。 しかし居酒屋やバーといった夜しか営業しないというスタイルのお店であればこの限りではありません。 営業時間は提供する料理のジャンルによって大きく変わります。 そのため、お店のジャンル別に考える必要があります。 飲食店の人気ジャンル3つの営業時間についての考え方をご紹介します。 カフェ・居酒屋やバー・ラーメン店の営業時間の考え方 ・カフェ カフェの場合はモーニングなどを提供するならAM6時・AM7時ごろには開業しておくといいでしょう。 近年は朝活などで通勤前にカフェなどを利用する顧客も増えています。 閉店時間は立地にもよりますが仕事帰りのサラリーマンやOLといったターゲットが見込めるなら20時くらいまで開店しているお店もあります。 ・居酒屋・バー 立ち飲みスタイルのお店や焼き鳥屋の場合はPM3時頃からと営業時間を早くしているお店が多いようです。 一般的にはPM5時~AM1時頃までが目安となります。 ランチ営業をしている居酒屋も中にはあります。 小さい規模の居酒屋なら閉店時間はきっちりと決めず、最後のお客さんが帰るまで開業しているということもあるでしょう。 しかし「ラストオーダー」の時間はちゃんと決めておくように心がけておきましょう。 居酒屋やバーで0時以降も営業する場合は「深夜酒類提供飲食店」となり、届け出を出さなければ営業できない場合がありあす。 届けを出さない場合は警察署から指導されることがあるので注意しましょう。 ・ラーメン店 ラーメン店は仕込みに時間がかかることが多いため、あまり営業時間を長くすると負担が重くなってしまいがちです。 基本的には実働時間が8時間前後になるようにするといいと言われています。 お昼をメインとするか、夜をメインとするかは立地やターゲットにもよります。 夜に訪れる顧客が多い場合は深夜に営業するラーメン店もあります。 そういったラーメン店はランチ営業をしていない場合もあります。 一般的にはAM11時~PM2時、PM5時~8時と分けて営業しているところが多くなります。 スタッフを何人か雇える場合は営業時間を増やしてもいいでしょう。 立地やターゲットをよく考えて決めよう 定休日は基本の考え方に沿って決めるとよいですが、営業時間は業種はもちろん立地やターゲットによって非常に大きく変わります。 最初は周囲のお店に合わせて一般的な営業時間を決めておいて、ニーズがあれば営業時間を変えていくというスタイルでもいいでしょう。 個人営業の小さいお店なら営業時間の変更も比較的融通が利くので臨機応変に対応していくことをオススメします。 今回ご紹介した定休日や営業時間についての考え方はあくまでも一般的な例であり、場所やメインとなる顧客の層によっては全く違った営業時間にしたほうが売り上げが上がることもあります。 あくまでの1つの参考材料として心にとどめておきましょう。 営業時間を長くすれば売り上げは上がりますが、負担となる場合もありますし、営業時間外にしなければならないこともあります。 そういったことを考えながら無理のないように決めましょう。 そして立地やターゲット、周囲のお店に対する調査をしっかり行って、より売り上げがアップできる営業時間にしていきましょう。

次の

営業時間短縮、土日休み…飲食業界の働き方改革! 正社員が働きやすくなる事例を紹介 飲食店.COM

飲食 店 営業 時間

飛び込み営業のコツ飲食店の場合は? 飲食店への飛び込み営業、ハードルが高いなぁと感じている人も多いんじゃないでしょうか? 私は、個人宅・飲食店・法人、全てにおいて飛び込み営業をしてきましたが、飲食店が一番、楽だと思います。 というのも、個人宅や法人よりも、決裁者がいることの方が多いです。 どんな営業においてもそうですが、決裁者と会うというのは、最も重要なことですよね。 あと、飲食店のオーナーさんは、基本的に良い人が多いです。 よく、お茶や食べ物をいただいたものです。 飲食店に飛び込み営業を行ううえで、コツはいくつかあるのですが、 今回は簡単に出来るものを紹介します。 特に新しい営業エリアに行った時や、新しい業種に営業する時に効果的です。 飛び込み営業をしていて、話しは弾むけれども、今は購入時期ではないので対象ではないな、という方いますよね。 そういう人に当たった時には、周辺の情報やその業種のことについて、色々教えてもらいましょう。 例えば、「この辺りは、昔からのお店が多いのか?」「自分が扱っている商品と同じような営業がよく回っているか?」、あとは、その業種のあるあるネタなんかも聞き出すと良いですね。 飲食店のオーナーさんは、ほとんどの方が同じことで悩んでいますので。 もし、ご自身が取り扱っている商品が、何年かに1回買い替えるものであれば、1つの目安にはなると思います。 古くからのお店が多い場合は、オーナーの年齢層が高い場合が多いので、長年入れ替えていない事もあります。 あと、2代目に変わっている場合なんかは、一気に変えてもらえたりもします。 あまり営業を受けていない場合も多いので。 逆に、お店の入れ替わりが多い地域であれば、居抜きの物件も多いので、オーナーさん自身も何年使っている物なのか把握出来ていないケースが多いです。 そういう場合はチャンスですよね! 毎回、これをやってしまうと時間の無駄になってしまいますが、お客さんからの情報や断りをトークに活かすというのは、営業の鉄則ですので、ぜひ、やってみてください。 あと、自分が扱っている商品と同じような営業がよく回っているかどうか?というのは、悲観的に考える為ではなく、断りが強烈な場合もあるので、それを想定した上で飛び込みをする為ですよ。 物事には、なんでもタイミングがありますので、無理な人に営業をかけても疲れるだけですし、精神的にも良くないので、さっさと立ち去った方が良いですよ。 こちらから、いきなり訪問しているので、仕方のない事かもしれませんが、そういう場合はさっさと退散した方が良いですよ。 誰に対しても優しい態度の人は、他で契約をしている可能性が高いですからね。 結果の出ないタイプの営業マンに多いのが、飛び込む前に「ここ何屋さんかなぁ?」とか「お店の中の様子を確認する」などの人がいますが、まず結果は上がりません。 こちらのでも紹介しましたが、考えている間に訪問できますからね。 飲食店を対象にしている営業であれば、お寿司屋さんなのか、ラーメン屋さんなのかを事前に知る必要はありません。 お店の中に入れば、何屋さんなのかは、だいたいわかりますので、事前に何屋さんかを確認するのは無駄な作業です。 あと、「お店の中の様子を確認する」というのも、基本的に無駄です。 あとで、飲食店の飛び込み営業のベストな時間をお伝えしますが、その時間帯であれば、中の様子を確認するだけ無駄です。 もし、中に入ってみて、お店の方が慌ただしくされているようでしたら、改めれば良いです。 お客さんがいらっしゃっても、料理を出した後で、特にやることがないので、話しを聞いてくれるオーナーさんも多いですよ。 飲食店へ飛び込み営業をする時間でベストなのは? 飲食店へ飛び込み営業をする時の時間でベストな時間帯についてです。 ランチもやっているお店と、ディナーのみのお店でも違ってきます。 【ランチもやっているお店】 ランチの時間が11時30分~14時までとします。 飛び込みのベストな時間帯は、11時30分までと言いたい所ですが、ハードルが高いと思います。 ですので、 11時までと、13時以降がベストです。 えっ、13時?14時以降が良いでしょ、と思った方もいるかもしれません。 なぜ、14時ではないのか? 14時だと、オーナーさんが帰っている可能性もあるからです。 ランチのピークが過ぎると、お店を出ていってしまうオーナーさんも多いので、13時がベストです。 【ディナーのみのお店】 ディナーの時間が17時からとします。 ディナーの時間帯は、ご自身が営業で回る時間が何時までかによっても変わってきます。 ベストな時間は18時迄です。 もちろん、仕込みの時間もベストな時間です。 17時オープンの場合、17時までと思う人もいるようですが、実は、17時オープンのお店って意外とオープンしてから暇なんです。 私は、色んなオーナーさんとお会いして、契約をいただいてきましたが、17時以降の時間を希望するオーナーさんも結構多かったです。 一人でやっているオーナーさんでも、何人か雇っているオーナーさんでも、17時以降は仕込みが終わって、お客さんもいないので、意外と暇なんですね。 何店舗も経営していて、お店にあまり入っていないオーナーさんの場合は、上記の限りではありません。 スポンサーリンク 飛び込み営業のトークで飲食店で有効なのは? 飛び込み営業のトークで飲食店に飛び込む際、有効なトークについてです。 今、やっていらっしゃるトークをやたらといじらなくても、言い方や雰囲気で同じトークでも結果が変わります。 今は、どんな挨拶で飛び込みをしていますか? 「お忙しいところ、すみません、私~」などでしょうか? これは、間違いではありません。 営業に必要なのは、礼儀正しく、丁寧なキッチリした感じが大切です。 ただ、この「お忙しいところ、すみません」の部分ですが、同じ言葉でも言い方一つで、その後の結果が全く変わってしまいます。 気を使いすぎている感じを出してしまうと、その後のトークが下がって暗い雰囲気になってしまいます。 なぜ、こうなってしまうかというと、礼儀正しく・丁寧なキッチリした感じだけだからです。 私の会社にも、飛び込み営業の方は来ますが、多くが上記のタイプです。 飲食店のオーナーさんは、自分が興味を持てない人と長話しをされるほど、暇ではありま せん。 同じようなタイプの営業マンは、毎日のように来ているので、正直飽き飽きしている方が多いです。 そこを突破する為に必要なのは、図々しさです。 礼儀正しく、丁寧なのは当たり前で、+図々しさが大切です。 例えばですが、仕込みをしているオーナーさんであれば、こんなトークは有効です。 「お忙しいところ、すみません(明るく)、忙しいと思うので、手はそのまま止めなくて大丈夫です、耳だけ聞いててください」 これだと、話しを聞いてもらうことは当たり前のスタンスです。 しかも、「手はそのままで良いです」と相手への気づかいも入れています。 ほんの少しの事ですが、それだけで結果が変わるのも営業の世界です。 結果が出ない時は、断られているのではなくて、断らせてしまっている事が多いですよ。 飲食店への飛び込み営業まとめ 飲食店へ飛び込みされる時のコツやトークなどについて、お話ししました。 飲食店に限らずですが、飛び込みは相手の仕事中や休憩中に訪問するので、礼儀正しさや、相手への気づかいを忘れないようにしてください。 営業でで決まります。 そのうえで、一歩踏み込む図々しさが大切ですよ。

次の

緊急事態宣言で飲食店の営業時間はどうなる?営業短縮や休業の現状・補償を紹介

飲食 店 営業 時間

飲食店をオープンさせる際、営業時間で悩むオーナーは珍しくありません。 飲食店の営業時間は提供するものや立地条件などによっても変わってきます。 また、営業時間しだいで店の売り上げが大きく変わってくるでしょう。 そこで、今回は営業時間の決め方のポイントをご紹介します。 立地条件によっては、意外な時間に売り上げが上がることもあるのです。 飲食店をオープンさせたいのだが、営業時間に悩んでいるというオーナーの方はぜひこの記事を読んで参考にしてくださいね。 飲食店の営業時間とは?• 長時間営業のメリットとデメリット• 営業時間の決め方• 定休日の決め方• おわりに 1.飲食店の営業時間とは? 最近は、24時間営業の飲食店も珍しくありません。 しかし、個人経営の店では難しいでしょう。 だからこそ、営業時間の設定が売り上げを大きく左右することもあるのです。 通常、飲食店の営業時間は提供する飲食物の種類によって決めます。 たとえば、飲み物と軽食がメインならば、朝から夕方まで。 コース料理やお酒とおつまみがメインの場合は夕方以降に顧客が入りやすいでしょう。 しかし、立地条件によっては意外な時間に顧客の需要があるケースも珍しくありません。 たとえば、24時間稼働している工場が密集している地域では、朝から店を開けている居酒屋があります。 また、繁華街では夜遅くまでオープンしている喫茶店がたくさんあるのです。 つまり、「うちは軽食がメインの店だから、昼間の営業に力を入れよう」などと決めつけてはいけません。 店をオープンする場所の人の流れをまずはよく観察しましょう。 2.長時間営業のメリットとデメリット 店によっては、朝から夜遅くまで休憩をはさみながら営業しているところもあります。 長時間営業のメリットは、顧客を獲得しやすいところです。 「ほかの店は閉まっている時間でも、あの店ならば開いている」ということが広く知られれば、顧客は増えていくでしょう。 また、売り上げがそれほど上がらない時間があったとしても、そのほかの営業時間でカバーできます。 しかし、その一方ですべての営業時間で同じメニューを提供するというわけにはいきませんので、オーナーの負担は大きくなるでしょう。 また、いくら工夫しても、食材のロスは出やすくなります。 さらに、毎日長時間働かなければならないため、体の負担も無視できません。 ですから、安易に長時間営業をしない方がよいでしょう。 常に人通りがとぎれない場所に店をオープンする予定で、スタッフがたくさん確保できた場合にだけ選択肢のひとつとして考えた方がよいですね。 3.営業時間の決め方 では、実際に営業時間を決める場合、どのような点に注意すればよいのでしょうか? この項では、営業時間を決めるポイントをご紹介します。 ぜひ参考にしてください。 3-1.ライバル店を観察する よほど郊外でない限り、オープン予定の場所の近くにはライバル店もあるでしょう。 その様子をまずは観察しましょう。 何時ごろに顧客の入りのピークがやってくるのかが分かるだけでも、大いに参考になるでしょう。 ただし、ライバル店と全く同じ営業時間にすればよいか、というとこれも難しい問題です。 たとえば、ライバル店の方が古くから営業していて常連客がついている場合は、なかなか顧客が増えないかもしれません。 ですから、営業時間やメニューの差別化をはかるなど工夫が必要です。 3-2.人の流れを観察する 競合店と同時に、店の前の人通りを観察しましょう。 何時ごろにどのような人が通るのかをよく調べてください。 たとえば、うどんやそばの店はランチタイムに売り上げのピークがきやすいでしょう。 しかし、通勤や通学する人が店の前をたくさん通るという場合は、朝に営業をしても利益が見込めます。 逆に、周囲が居酒屋やバーが多い繁華街の場合は、夜間に営業しても一定の集客が見込めるでしょう。 また、オフィス街や商店街に店をオープンさせる場合は、そこで働いている人たちの昼食時間にも注目してください。 オフィス街の場合は、全社一斉にランチタイムを取るところが多いでしょう。 しかし、商店街の場合は、店を閉めるわけにはいきませんから従業員が交代でお昼を取るところが多いです。 ですから、ランチタイムを長めに取った方が売り上げはアップする可能性があります。 3-3.人件費と光熱費を計算する 飲食店を経営するには材料費のほかに、家賃や人件費、光熱費がかかります。 家賃は営業時間を長くするほどお得になるでしょう。 しかし、人件費や光熱費はその逆です。 特に、夜遅く営業する場合は、自給をアップしないと人が集まらないということもあります。 ですから、人件費と光熱費を抑えたい場合は最も顧客が集まりやすい時間だけ集中して営業した方が、利益が出るということもあるでしょう。 そのあたりは、まず営業してみてから徐々に調節していくという方法もあります。 4.定休日の決め方 では最後に、定休日の決め方をご紹介しましょう。 実は、営業時間以上に決めにくいのが、この定休日なのです。 4-1.立地条件で決める オフィス街に店をオープンさせる予定で売り上げのピークをランチタイムに設定した場合、土日はほとんど売り上げが望めないでしょう。 しかし、連休にすると売り上げが厳しいという場合は、どこかにもうひとつ売り上げのピークを持ってくる必要があります。 たとえば、土曜日は家族連れをターゲットにしてランチメニューを変えてもよいでしょう。 また、夜間に一定の人通りがある場合は、夜にアルコールと軽食を出しても売り上げが見込めます。 また、商店街などで店の定休日が横並びの場合は、それに合わせてもよいでしょう。 4-2.しばらく営業をしてみて決める チェーン店でもない限り、年中無休で営業するのはオーナーの体がもちません。 最低でも週に1回は休みを取りましょう。 しかし、駅前などいつも一定の人通りがあるという場合は、定休日が決められないという方もいると思います。 そこで、一定期間だけ無休で営業してみて、売り上げを日ごとに比較してみましょう。 そうすれば、売り上げがあまり上がらない日が見えてきます。 そこを定休日にすればよいのです。 また、ライバル店がある場合は、その店の定休日と合わせないようにしましょう。 特に、提供する飲食物が似たようなものの場合、ライバル店の定休日は自分のお店の味を知ってもらう格好のチャンスです。 より顧客を呼び込めるようにサービスデイにしてもよいでしょう。 5.おわりに いかがでしたか? 今回は飲食店の営業時間の決め方などをご紹介しました。 商業施設に入っている店舗の場合は、営業時間はどうしても決まってきます。 ですから、メニューやサービスで差をつけるしかありません。 一方、営業時間を自由に決められる場所の場合は、営業時間の決め方しだいで売り上げが大きく変化することもあるでしょう。 ですから、安易に決めないように、時間をかけて考えてください。 また、ライバル店が多い場合は、あえて営業時間をずらすという方法もあります。 ほかの店が閉まっている時間に、1軒だけ開いている店というのは、重宝されやすいもの。 人通りを観察して「採算が取れる」と判断した場合は、チャレンジしてみるのもよいでしょう。 また、大学など長期休みがある施設の付近は時間帯だけでなく、時期によっても顧客の入りが変わります。 ですから、可能ならば、人通りが最も少ない時期にも調査をしてみましょう。

次の