モグワン 添加物。 モグワンは危険なドッグフード?原材料・添加物の気になる情報を調査

モグワンの悪評や評価って?実際に試した口コミや安全性を徹底解析!

モグワン 添加物

今大人気の「プレミアムドッグフード」って? 犬をペットとしてを飼っている方なら、プレミアムドッグフードという言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。 実は「これがプレミアムドッグフードである」という明確な規定があるわけではありません。 必ずしもこれに当てはまるとは言えませんが、プレミアムドッグフードと言われるものの特徴をあげてみます。 価格が高い 普通のドッグフードの1㎏当たりの値段を数十円~400円程度と比較して、プレミアムドッグフードと呼ばれるものは1㎏あたり1,000円~1,800円程度と高額です。 これは、ドッグフードの原材料やドッグフードに含まれる成分が大きく関係してきます。 穀物類の含有量が低い 普通のドッグフードには穀物類が多く含まれています。 犬は雑食もしますが、本来は肉食獣です。 穀物は犬にとって基本的に不必要な成分であるばかりか、消化器官に不要な負担をかけてしまう可能性があります。 対して、プレミアムドッグフードは穀物が入っていたとしてもごく少量で、多くの成分を肉類が占めているのが特徴です。 ミールが入っていない ドッグフードの成分を見ると「チキンミール」などの「ミール」と表示されているものがあります。 例えばチキンミールの内容は、「材料は鳥だけれども肉ではない部分、皮や骨、内臓や排泄物、そして食肉として出荷できなかった病死した鳥などを粉砕し乾燥させたもの」がほとんどです。 一部、ミールの中にも食用の肉を乾燥し粉にしたものなど優良なもののありますが、安価なフードに含まれるミールは製造方法や原材料からして余り好ましくないものが多いのです。 ほとんどのプレミアムドッグフードにはミールが入っておらず、入っていたとしても優良なミールの場合が多いです。 肉類の含有量が高い プレミアムドッグフードの主原料はチキンやターキー、ビーフ、ラムなどの肉類です。 野菜や果物も入っていますが、肉に比べると含有量は低いです。 そのため、肉食獣である犬の消化器官にかける負担が少ないと言えるでしょう。 添加物が少ない 普通のドッグフードにはたくさんの人工添加物が入っていますが、プレミアムドッグフードの大半は無添加。 含まれていても自然由来のものが多いです。 それに比べて、普通のドッグフードには保存料としてなどの添加物が何種類も入っています。 BHA・BHTなどの保存料は発がん性があるとされていますが、低価格の質の悪いドッグフードには少量とはいえ、これらの保存料が含まれていることがあります。 詳細な成分表示 普通のドッグフードにも何が含まれているかの成分は明示してありますが、どのくらいの含有量なのかまでは表示されていません。 それに比べてプレミアムドッグフードは、何%入っているかまで詳細に書かれています。 成分に自信があってこそできることで、プレミアムドッグフードと呼ばれるゆえんかもしれませんね。 子犬からシニアまでOK ほとんどのプレミアムドッグフードが子犬からシニアまでの全年齢が対象になっています。 年齢によって量を調節すればOK。 多頭飼育をしていて、さらに年齢が違う場合などはとても便利です。 与える量が少なめ 普通のドッグフードに比べると、プレミアムドッグフードは1日の給餌量が少なく済む場合が多いです。 犬にとって必要のない原材料がほとんど入っていないので、少量で栄養が取れるようになっているからでしょう。 普通のドッグフードに比べて高額ですが、1日の量が少なめなことを勘案すればそれほどコストパフォーマンスが悪いわけではないのです。 今回は、プレミアムドッグフードの中でも カナガン、ネルソンズ、アランズナチュラルドッグフード、モグワン の4つを比較していきます。 筆者が実際に愛犬に食べさせてあげた上で、感想を綴っていきますので参考にしてみてください。 カナガン、ネルソンズ、アランズナチュラルドッグフード、モグワン…4種類のプレミアムフードを実食 ドッグフードであっても、人間の食べ物の求める品質とあまり変わりはありません。 必要な栄養素は人間とは異なっていても、保存料や着色料が含まれておらず良質な素材を使ったフードが高品質だというのは共通で、それをかなりの部分で満たしているのがプレミアムドッグフードと呼ばれるものです。 今回は、その中から カナガン、ネルソンズ、アランズナチュラルドッグフード、モグワン の4つのドッグフードを試食してみました。 ドッグフードの風味もそれぞれ異なり、筆者の愛犬の好みも別れましたので参考にしていただければ幸いです。 グレインフリーとは穀物不使用のことです。 そのとおり、小麦などの穀物は一切入っていません。 グレインフリーのフードは他にもありますが、カナガンが穀物の代わりに一番多く使っているのが生肉で、こんなに高コストな生肉を多く原材料に使っているフードは珍しいです。 しかも、すべての肉の含有量が全体の51%という高い割合。 本来の犬の食生活に近い内容になっています。 また、着色料や危険性が疑われる保存料は入っておらず、非常に優良なドッグフードです。 カナガンの見た目や色香り 形は丸く真ん中に穴が開いています。 穴が開いていると手作りスープに絡みやすいので、筆者の個人的にはここは高評価。 粒は小さく、小型犬から大型犬まで食べられるようにできています。 香りは他のドッグフードに比べると少し香ばしいように感じました。 少しかじってみたところ、一般的なドッグフードの味ではありますが、いつまでも口に残るしつこさがあまりなく、試した4種の中で人間的には一番おいしかったです。 カナガンを実食 うちの3匹の犬達に試食してもらったところ、3匹ともペロリと完食。 ボリボリと勢いよく食べていましたし、とてもおいしかったようです。 結果、うちの犬達はカナガンが一番好きでした。 カナガンを食べた後のトイレ カナガン試食後のウンチは色が黒っぽい濃い色になりましたが、状態は悪くありませんしウンチの量は少なめです。 穀物類などの消化が悪いものが入っていると量が多くなりますが、グレインフリーのため、もちろんそのようなことはありませんでした。 カナガンは他のフードより色が濃い目なので、ウンチにもそれが出たのでしょう。 カナガンを食べた後のウンチが臭いという方もいるようですが、それほど気になりませんでした。 固すぎ、柔らかすぎず、いいウンチです。 カナガンの総合評価 わんちゃんにとっての美味しさで言ったら、我が家ではこれが一番。 食いつき方が他のドッグフードと全く違いました。 ドッグフード的なにおいがあまり好きではない私もカナガンのフードの香りは臭いと感じません。 もちろん本来の好みは人間とは違うでしょうが、犬は人間の食べ物が好きですし、人間がいい匂いと感じたフードは犬にとってもいい匂いなのかもと思いました。 もちろん、添加物は使用していません。 腸内環境をよくするオリゴ糖や、関節をサポートするグルコサミンやコンドロイチンが配合されているのも特徴。 多くのプレミアムフードと同じく、ネルソンズも全ライフステージに対応しています。 ネルソンズの見た目、匂い あまり匂いが強くなく、オーソドックスなドッグフードの香りに近い感じです。 かじってみた感じも、いつもあげているフードとほぼ変わらない味のように思います。 少し大きめの粒でぷくっとした三角形。 口が小さい犬には少し食べにくいかもしれません。 ネルソンズを実食 3匹ともに完食しましたが、先ほどのカナガンと比べるとすごくおいしい!という感じではなく食べっぷりは通常通り。 独特なにおいや味がない分、食べやすいフードなのかもしれません。 ネルソンズを食べた後のトイレ グレインフリーなのでウンチの量は少なめ。 穀物がたくさん入っているとウンチの量が多くなります。 粗悪なフードを食べるとウンチの量が多いのは消化されず排出されるからです。 ネルソンズ食後のウンチは、固さもちょうどよく良いウンチでした。 ネルソンズの総合評価 ネルソンズは割とオーソドックスなフードという感じがしますので、好き嫌いがあまり出にくいフードだと思います。 成分的には安心ですし、全く食べないという心配が少ないフードかなという印象です。 体の小さい犬にとっては、人間よりも添加物の影響は大きいでしょう。 さらに、人間には使ってはいけない添加物や安全性が確認されていない添加物もドッグフードには使われていることがありますが、アランズナチュラルドッグフードはその心配もありません。 安心して愛犬に与えられるドッグフードですね。 アランズナチュラルドッグフードの色、香り 小粒で穴が開いているドーナツ型。 個人的には手づくりフードと併せてあげるときに、穴が開いていると絡みやすいので好みです。 アランズナチュラルドッグフードは香りが独特。 原材料の55%生ラム肉なので、ドッグフードからもラム肉のにおいがします。 通常はあまり特定の肉のにおいはしないので、これは大きな特徴と言えるでしょう。 アランズナチュラルドッグフードを実食 うちの犬3匹に試食してもらいましたが、3匹中1匹はにおいが嫌だったのか口を付けず。 もう1匹は、「まあ普通かな」という感じで落ち着いて食べていましたが、残りの1匹には好みの味だったようで大好評でした。 スープをかけたり手づくりフードをトッピングしてあげたりしたところ、「まあ普通かな」の反応だった子も喜んで食べるようになりました。 味になれたのかもしれません。 ただし、3匹中1匹は全く食べなかったので、好みが分かれるようです。 アランズナチュラルドッグフードを食べた後のトイレ 色、量ともに問題なし。 固すぎず柔らかすぎず、いいウンチでした。 ラムが55%も入っているのでウンチはくさくなるかなと思いましたが全くそんなことはなく、子犬のウンチのようなミルクくさい甘さが強くなった感じでした。 アランズナチュラルドッグフードの総合評価 ラム肉は犬にとって栄養価の高い肉ですが、独特の匂いがするので好き嫌いが分かれます。 無添加だという点は安心度が大きいですね。 ココナッツオイルは犬や猫にもいいとされており、これが配合されている点が個人的には高評価です。 グレインフリーで着色料、香料、遺伝子組み換え原材料が無添加となっています。 そして、他のフードと大きく違うのが、サーモンがかなり入っていることです。 参加防止や目の疲労回復などに効果があるアスタキサンチンや、血液サラサラ成分のDHAなど、サーモンの栄養素は犬にとってもおすすめです。 モグワンの見た目、匂い 匂いはあまり強くなくオーソドックスなドッグフードの香りです。 小粒で穴が開いたドーナツ型。 手づくりフードと合わせやすいので、スープをかけたりトッピングをしたりと、バリエーションも楽しめます。 モグワンを実食 3匹とも完食しました。 2匹は美味しそうにボリボリ食べていましたが、1匹は「えー、これだけ?」という感じでちょっとしぶしぶ感が。 筆者を始めとしてドッグフードのきつい匂いが苦手な方は多いので、においがあまり強くないモグワンは人間側としても扱いやすいフードに感じました。 モグワンを食べた後のトイレ モグワン食後のウンチですが、驚いたことにほとんど匂いがありませんでした。 ウンチですから全く匂わないわけではないですが、ウンチしたことを筆者もしばらく気付かなかったくらいです。 かなり鼻を近づけでも少ししか匂わず、量・固さともに健康的なウンチでした。 モグワンの総合評価 金額的にはかなりお高い方ですが、それに見合うだけの魅力はあると感じました。 モグワンのおすすめポイントはなによりも成分。 犬にとって非常に健康的なものが満載です。 普段与えているドッグフードに手づくりフードで補いたいと思うものが、すでにモグワンにはたくさん含まれています。 手づくりするときにこれだけの種類を全部入れるのは相当な手間になりますが、モグワンはそれを可能にしてくれています。 プレミアムドッグフードを選ぶにあたって:最後に 愛犬の健康のために、毎日の食事は品質のいいものを与えてあげたいところです。 今回ご紹介したドッグフードはどれも高品質で安心なものばかり。 しかし、わんちゃんの好みもありますし、せっかく高級なドッグフードを買ったのに食べなかったらもったいない。 お試しできる場合もあるので、事前に試食してみるのがおすすめです。 それから、プレミアムドッグフードは高たんぱくということもあり一般的なドッグフードよりも量が少なめでいい場合が多いです。 販売元の公式サイトや外装袋に明記されている体重や年齢を考慮して、適切な量を調節してあげてくださいね。 ドッグフードをお探しの方におすすめの関連記事.

次の

モグワン・ドッグフードの口コミ評判や原材料・添加物・価格を徹底解説

モグワン 添加物

このページの概要(各項目へ移動できます)• モグワン ドッグフードの原材料と成分は安全か? まずは原材料と成分を確認しましょう。 なので危険物質にチェックが入りません。 危険な物質がある場合は、以下の例のように赤いチェックが入ります。 危険な原材料が含まれるドッグフード(市販)の例 肉類 チキンミール、 家禽ミール 、 とうもろこし、 小麦、 動物性油脂、 乾燥ビートパルプ、 家禽エキス、 植物性タンパク、フラクトオリゴ糖、 大豆、STPP トリポリリン酸塩 、ひまわり油、ビタミン類 A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸 、ミネラル類 亜鉛、カリウム、クロライド、セレン、銅、ナトリウム、マンガン、ヨウ素 、酸化防止剤 BHA、 BHT、 エトキシキン 赤い文字が危険な原材料になります。 チェックすべき原材料とは 危険な原材料は一切ないんだね。 1つ1つ見て行きましょう。 成分は正式には「保証成分値」といい、ドッグフードには必ず販売用のパッケージに表示する義務があります。 それらは「粗たんぱく、粗脂肪、粗繊維、粗灰分、水分」の5つを指します。 その中で特に重要なものが粗たんぱく、粗脂肪、粗繊維です。 粗たんぱく 粗たんぱくは身体の筋肉や被毛など組織を作る栄養成分です。 少ないと体が弱り免疫力が落ちて病気になり易くなります。 しかし、過剰に摂取しすぎても肝臓に負担がかかると言われています。 粗脂肪 脂肪は身体を動かすエネルギー減で、体温を維持したり、細胞膜やホルモンを作りビタミンを吸収するなど重要な栄養素です。 不足すると痩せたり被毛が艶が無くなり皮脂に影響が出てきます。 成長期には発育不足にもなりかねません。 ただし、過剰摂取は肥満、急性膵炎など病気を引き起こしやすくなります。 そのため肥満犬・老犬には多く必要ありません。 高たんぱく・低脂肪・低カロリーが健康的な体型維持のポイントです。 粗繊維 繊維は直接は栄養源にはならず、消化されずに便となって排出されます。 しかし、腸内の老廃物を絡めて排出してくれるため、便通が良くなり、また消化器官内の善玉菌を活性化したりします。 ただし、過剰な摂取は消化器官に負担がかかり返って便秘になったり下痢になったり胃腸の調子を悪くします。 モグワンの成分まとめ 上記の通り、モグワンは成分について全て理想的な数値となっており、危険な値はありませんでした。 このことから原材料と同様に安心して愛犬に与えられるドッグフードではないでしょうか。 モグワンの原産国は「イギリス」 人間の食料としての輸入は「アメリカ、中国、ドイツ、ブラジル、カナダ、オーストラリア」などが多く、イギリスからの食品ってあまり聞かないので、イメージが湧きませんよね。 品質は大丈夫?安全性は? そんな心配もあると思います。 実はイギリスは世界的に見ても、最も古くからペットフードが作られている国でなのです。 そしてイギリスは動物愛護の国。 特に犬や猫に関する規制も多く、ペットショップで生態を販売すらしていない状況なのです。 犬や猫はブリーダーから直接買うか、動物愛護施設から引き取る、知人から譲り受ける、この3パターンしかないのです。 イギリスで動物に関する法律が出来たのが何と明治時代だそうで、動物愛護のレベルが日本とは全く違うのです。 犬のしつけはプロから習うのが当たり前なのでマナーも良いため、バスなど交通機関も利用できますし、ホテルにも泊まれます。 そのようなペット先進国ですから日本とドッグフードのレベルが違っても当然なのです。 製造者への要望、製造レベルも桁違いなのです。 イギリスのドッグフードには、欧州食品安全庁の規則でしっかりと法的に規制されています。 またFEDIAF(ヨーロッパペットフード工業会連合)による製造、栄養などに関する基準の設定も行っています。 このようにドッグフードに対する表示義務が日本よりも遥かに厳しく、製造工程も管理された工場での製造が義務付けられているのです。 また、イギリス国内の工場でも多くが、国際的な基準にプラスした自社管理基準を採用しています。 そのため、モグワンの製造がイギリスで行われていることに関して、安心してご使用いただけることと思います。 モグワンの添加物は大丈夫なの? モグワンは無添加ドッグフードなのか? 安心安全なドッグフードなので当然無添加では? と お思いでしょう。 でも 実は添加物はあるのです。 しかし、それは 自然の添加物! つまり危険な添加物はないのですので、安全安心は変わりありません。 モグワンには危険とされている酸化防止剤(BHA、BHT)エトキシキン、着色料など発がん性を指摘されている物やアレルギーを誘発する恐れのあるものは一切ありません。 モグワンに含まれる添加物• ミネラル類• ビタミン類 これらが含まれています。 ミネラルやビタミンはドッグフードの製造工程で失われてしまう大切な栄養素です。 そのためしっかり摂取する必要があるので、安心できる天然成分で補給しているのです。 モグワンの原材料・成分・原産国・添加物のまとめ モグワンには危険な原材料、成分、添加物は一切ないこと。 日本より遥かにドッグフードのレベルが高いイギリスが生産国であること。 これらがハッキリわかったことです。 そのため安全性に関して心配することは一切無いと考えます。

次の

モグワンは危険なドッグフード?原材料・添加物の気になる情報を調査

モグワン 添加物

モグワンは高品質な肉をたっぷり。 そのかわりにステーキをたくさん食べるようなドッグフードでした。 ヒトでもお肉食べ過ぎで内臓に負担をかけると言います。 獣医学でも、食べ過ぎたり肉が多すぎると悪い例もありました。 もちろん一部の病気がちな犬に限ってます。 ほとんどの犬では高タンパク高脂肪だからといっても、健康被害は出ないのです。 モグワンはおいしいごちそう。 愛犬に豪華な食材をプレゼントできます。 かわりに肥満に注意です モグワン食べてくれる? モグワンのつぶつぶ Twitterやショップや掲示板などでも「食べてくれる」という意見が多いです。 もちろん100%ではありません。 自分の愛犬がたべてくれる? 老犬でも食べたという意見はありました。 小型犬でプードルのような犬種だと評価が分かれることはあります。 実は犬の好物はサツマイモだったのです。 モグワンにはサツマイモが入ってます。 甘みがあって大好き。 ブリーダーや獣医師が言うには、甘いごはんが食いつきが良いと言います。 犬は肉が多い食事が好きです。 だから食いつきは好評でした。 安全性は?危険な添加物ない? モグワンはBHA、BHTなどの強い添加物は使っていません。 天然成分を使って、品質保持の保存料を入れています。 体調が悪いというのは病気かもしれません。 運動不足やストレスがたまっていたりすると体調が悪くなります。 欧米の安全基準を満たしている。 安心できる素材ですが、エンドウマメ類が合わないという犬もいました。 もともとグレインフリーフードは食物アレルギー対策。 下痢や軟便しがちな犬におすすめです。 モグワンは獣医師監修なので、犬に悪いような食材は入っていません。 他の激安ドッグフードだと、添加物たっぷり。 ミールや粉状の低品質な食材を使っています。 モグワンのアレルギーについて 犬は隠れアレルギーがあるといいます。 これは食事以外の原因もあるのです。 ドッグフードが原因ということも。 小麦やコーンを食べると、かゆがったり炎症が起きたりとします。 モグワンはアレルギー原因になるような食材を使っていないのです。 モグワンでは獣医師が監修しているから、安心感があったのです。 特にかゆがったりしているなら、ノミやダニ?ドッグフードが原因で、食事で違いが出たという例もありました。 獣医師より 犬にもアレルギーがあります 便は臭くなる? ウンチがすごくくさい。 これは主に食べすぎが原因です。 消化不良を起こすほど食べるから臭う。 モグワンを食べると便がくさいのでしょうか?食べたからとくさくなるという、はっきりしたことはないのです。 原材料の中に便のニオイをきつくするようなものはないのです。 おいしすぎて食べすぎてしまうこと。 一日の給与量の目安以上に食べさせると、胃腸に負担がかかります。 獣医師によると犬は胃腸が弱くて消化不良を起こしやすいといいます。 給与量以上に与えないようにしましょう。 5kg 76~83g 体重5~6kg 104~118g 体重10~12kg 175g~203g.

次の