緊急事態宣言 共働き 保育園。 緊急事態宣言、新型コロナと保育園。

夫がワンオペ育児を経験 保育園お迎えの役割交換で見えたお互いの苦労

緊急事態宣言 共働き 保育園

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言が出される前のことですが、わが家の過ごし方に少し変化がありました。 わが家は、私が早朝出勤、夫が遅め出勤の勤務時間を選択し、保育園の送りが夫、保育園のお迎えが私(妻)という分担をしていました。 しかし、私が仕事の繁忙期が迫ってきたので、私の残業が可能になるよう、期間限定で、保育園の送り迎え担当を入れ替えることにしました。 すなわち、夫は時差出勤(早朝出勤)を選択して、残業をせずに保育園のお迎えに行くことになりました。 その結果、夫が、夕食から寝かしつけまでを一人で行う、ワンオペ育児を経験しました。 途中、があったり、したりで、当初想定していた期間や内容ではなかったですが、妻の私から見た、夫のワンオペ育児奮闘記をお送りしたいと思います。 役割交換に至った経緯 わが家は、のため、お互いの仕事の内容がある程度理解でき、繁忙期の期間や忙しさなどが、共有できる状況でした。 幸いなことに、夫の仕事の繁忙期と、私の仕事の繁忙期は時期がずれていました。 そこで、私の繁忙期が近づいたころ、私から夫に、私が残業できるように、私の繁忙期の間、保育園の送り迎えの役割を交代してもらえないかと話し合いをしました。 当時、夫は、自分の仕事の繁忙期がすでに終了しており、夫の繁忙期には多少の愚痴を言いながらも私がワンオペ育児をしていたことがあっため、わりとあっさりと合意が取れました。 役割交換のハードル そこで、互いの上司に報告したところ、私の上司は何の問題もなくOKになりました。 夫の上司は、今まで男性部下しかいなかったこともあり、育児のための時差出勤制度についてあまりご存じではなく、夫が早朝勤務になり周りの人より早く帰るようになることに少し戸惑っていました。 その結果、上司への諸々の説明や調整が必要になったようです。 役割交換をしてよかったこと ある程度予想していたよかったこと まず、ある程度予想していた、役割交換の良かった点を説明します。 夫にワンオペ育児の大変さを知ってもらえた 役割交換をして初めての私の残業の日、帰りが22時過ぎになっていたのですが、夫は、まだ家事していました。 そして一言、「全然ゆっくりする時間がなかった。 」と言いました。 「今まで、私が早く帰ってゆっくりしていると思っていたのか!!」という憤りは、ひとまず置いておいて、「そうそう、座る時間もないでしょ~、大変だったでしょ。 分かるよ~。 お疲れさまでした。 ありがとう。 」と慰めておきました。 ・足元にまとわりつく子どもの相手をしながら夕飯の準備をすること ・遊びたくて気が乗らないと子どもに何とか夕食を食べさせること ・それでも残飯は発生すること(夫は子どもの残飯を捨てることが嫌いで、よく私に「入れすぎなんじゃない?調整できないの?」と苦言がありました。 ) ・お風呂がいやで大泣きする子どもに入浴させること ・お風呂上りの洗面所での格闘 ・保育園の連絡帳にネタをひねり出して記載すること ・寝かしつけで1時間真っ暗闇のなか何もできない時間を過ごすこと ・それでも残った家事をするためには寝られず必死で起きていなければならないこと など、一人で家事と育児をすることの苦労を身にしみて感じたようでした。 なお、わが家の家事分担で、食事は私の担当になっており、技術面の問題でそこは変わっていなかったため、夫は、食事作りはしていません(温めはしてもらいました)。 私は帰宅後、次の日のお弁当を下ごしらえし、お米をとぎ、次の日は早朝からお弁当作りと夕食づくりをしており、夫が私の全ての家事を肩代わりしたわけではありません。 そこも、やんわりと、「遅く帰ってから準備するの大変だよ~」と泣きごとを言って、夫に気付いてもらいました。 私が夫の大変さを知った 逆に、私が、夫の大変さに気付いた場面もありました。 日付を越えて帰宅してから家事に向かうことの大変さ、残業で頭が冴えていて寝つきが悪い中で子どもの夜泣きで起こされる辛さ、それでも朝の早起きや次の日の出勤から逃られられないこと、夜に子ども会えない寂しさ、などです。 本当に、やってみて初めて分かったことが、たくさんありました。 結果、お互いを労わり合うことが増えました。 予想外に良かったこと 次に、役割交換で、予想外に生じたよかったことを紹介します。 夫に育児の応援団が現れた 夫の勤務先には、育児中の女性職員(管理職)がいらっしゃいました。 その方は、早朝勤務(時差出勤)を選択していましたが、帰りの時間が皆と同じ頃になっていたため(つまり少し残業)、夫は、自分が早朝勤務を開始するまで、その方が時差出勤をしていたことに気がついていなかったようです。 夫が早朝出勤になったことで、早朝時間に、育児の苦労を共有したり、経験者のアドをいただいたりしたようで、子育ての苦労を共有できる相手ができて育児が楽しくなったみたいです。 また、朝の会話のおかげで、その女性管理職も、夫が積極的に取り組んでいることを認識し、まわりの職員にも話されたことで、勤務先での夫の応援団が増えることになりました。 その結果、夫が在宅勤務がしやすくなったり、勤務終了時間になったら帰られるように配慮されたり、役割交換期間中の周りの理解が得られて、思ったより過ごしやすかったようです。 私が仕事から帰ったら、よく、「今日はこんな話を聞いたよ」と、管理職女性からいただいた育児アドを教えてくれました。 子どもがお父さん大好きになった もともと、わが家は、夫も積極的に育児参加していましたが、それでも、寝かしつけは私でないとダメだったり、何かあると「おかーさ~ん」と泣きに来たりしていました。 子どもと夫だけで過ごす時間が増えたことで、子どもは、夫でも寝られるようになり、痛かったり悲しかったりすることがあると、「おとーさ~ん」と、夫にも甘えるようになりました。 逆に、夜に会えなくなったお母さんに対しては、ちょっとそっけなくなりました。 母は悲しいですが、これが世の中の、残業が多い時期のお父さんの悲哀なのだと理解しました。 男性の育休取得より簡単な役割交換 男性の育児参加というと、男性の育休取得がまず議論に上がりますが、育児は、休まなければできないわけではありません。 また、男性の育休取得は、物理的にも精神的にもまだまだハードルが高いです。 育休取得と比べると、役割交換で、お父さんが保育園のお迎えとその後の家事育児ワンオペをやってみることは、残業をしないとお父さんが覚悟を決めるだけですぐに始めることができるため、ハードルはぐっと低くなります。 お母さんも、日ごろの苦労を分かってもらえますし、逆にお父さん側の苦労や辛さも分かるため、新しい気付きがあります。 お互いの苦労を共有できる役割交換、本当にお勧めです。 お役に立てましたら、ポチっとお願いします。 に遷移します workingmothermiler.

次の

【東京】緊急事態宣言で保育園閉鎖の渋谷区が話題「渋谷区以外も保育園休園にして」

緊急事態宣言 共働き 保育園

スポンサーリンク 緊急事態宣言中の暮らしについて 実は、今年4月に育児休業明けの予定が、コロナウィルスによる緊急事態宣言で保育園休園と小学校休校が決定。 子ども3人 うち1人は0歳 を育児しながら共働きするのは不可能だと感じ、やむを得ず育児休業を延長することに。 4月復帰するつもりだったので、苦渋の決断でした。 緊急事態宣言がある少し前から、夫は在宅勤務に。 私は子ども3人の育児をしながら家事をこなし、外食や買い物も極力控えていつも手作り料理を用意するなど、修行のような日々を過ごしていました。 救いだったのは、夫がお昼休みの時間に赤ちゃんをあやしてくれたり、昼食を用意してくれたり、かなりそれで助かりましたが、本来ならば私は育児休業が明けて職場復帰しているはずなのに、私は何故こんな事をやっていて、しかもしんどいんだろうと悩む日々を過ごしていました。 職場復帰する予定だった事と目の前の現実とのギャップで悩み、そして息抜きする時間も場所もなく、ストレスが溜まるばかりでした。 ようやく、6月から分散登校ではありますが小学校も徐々に再開される予定なので負担は少しずつ減っていくはず・・・。 長くはないけど暗いトンネルを抜けて明るい光が見えてきた気がします。 下の子は生後9ヶ月になりました。 赤ちゃんのお世話もあり就寝時間がいつも深夜1時を過ぎていますが、赤ちゃんの笑顔がとても可愛くて、それだけで毎日が救われる気がします。 小学校休校中の学習について 小学3年生になる8歳長男については、学校から配布された学習計画カード通りの自宅学習を行っていました。 どの公立小学校でも同じかもしれないのですが、基本的には学習計画カード通りに学習を行っていく学習スタイルです。 それだけで8:30~15:00まで平日は学習で盛り沢山。 これまでやってきた学習内容• 学習計画カードの時間割通りに学習を進め、保護者がチェックシートでチェックする• MXテレビ東京おはようスクールを観る• Zoomによる双方向授業• 週替わり学習プリントを解く 親が学校まで受け取りに行く• 自治体管理のOneDriveの共有フォルダにUPされている学習動画を観る• eラーニングを行う• 身体を動かす• 昆虫・植物の観察• インターネットで課題を調べ、レポートをまとめる Zoomによる双方向授業について 6月から分散登校が始まり、少しずつコロナ前の授業形態に戻っていくのかと思いますが、 Zoomによる授業はコロナに関わらず、インフルエンザなどの感染症流行中にも有効だと思いました。 完全にコロナ前の生活に戻るのは、勿体無いと思いました。 先週は臨時登校が30分間だけありました。 恐らくコロナ前の生活リズムに戻すための慣らしだと思うのですが、長男自ら「30分だけならZoomで十分では?」と意見を言えるようになりました。 その時のツイートが約1万RT、180万インプレッションありました。 メンションをチェックしたところ、大人である私たちも、コロナ後の生活様式についてより良い方法へ変えていきたいと思っている人が多い印象を受けました。 8歳長男に 「急だけど、明日は小学校の登校日になった。 30分ほど先生の話を聞いてきてね」 と伝えたら、 「それZoomで十分じゃん」 とネット授業慣れして戻れない8歳児がいた。 そこまで手厚くやったからこそ、Zoomによる双方向の授業が実現できたのだと思います。 自主的にやってもらったこと 読みたい本を探したり、観察する昆虫や植物を探したり、日々のプリント学習は自分でやってもらいました。 読みたい本が尽きたら書店まで買いに行きました 緊急事態宣言中、図書館は閉館していたので・・・。 やはり実物の本を見ながら購入できる書店はいいですね。 音読や計算の丸付けなどチェックする項目については、親が都度チェックするようにしました。 どうしても飽きるので、お昼休みだったり、プリント課題が早く終わったりしたら、「PCを自由に使って良いよ」とOKしました。 自宅学習で困ったこと プリントの受け取り 基本的に、親の負担がとても多かったな~という感想しかありません。 週替わりの課題プリントは、保護者が代表して学校まで取りに行く必要があるので、こちらもちょっとした負担でした。 eラーニングが使えない 次に、頼りにしていたはずのeラーニングについては、サイトのアクセス集中によりeラーニングのサイト自体が使い物にならないことが判明。 セッションが突然切れることで、意欲的に学習中だった子どものモチベーションが急降下・・・。 仕方が無いので、学習プリントやその他の課題をやってもらう形にしていました。 自治体が外部業者に委託している関係ですぐに改善することは難しいかと思うけど、インフラ周りの設計が想定以上のアクセス数を捌けない様子なので、これはもうeラーニングの利用を諦めるしかないと思いました。 デバイスは1人1台必要 先生達お手製の学習動画については、パスワード付でOneDriveにアップロードされていました。 こちらは自宅のiPadで視聴できるように用意しました。 自分用だったはずの iPad mini 5 が、いつの間にか子どもの学習専用機になってしまい、これはどうしたものかと困りました。 次のエントリーで書きますが、長男が自分のPCを購入したことでiPad は手元に戻ってきました。 今では有効活用されて良かったと思います。 デバイスを8歳長男が占有すると「お兄ちゃんだけずるいー!」と、5歳次男が顔を膨らませて機嫌が悪く、兄弟げんかに発展してしまうので次男にはAmazon Kindle Fire HDを渡しました。 iPad よりもペアレンタルコントロールが簡単にでき、タブレットを長時間観る事のないように制御が可能です。 余談ですが、次男が日本地図パズルに夢中になって、都道府県の位置と名前が分かるようになりましたので、ゲーム感覚で遊べるアプリっていいですね。 休校中の生活で得られた習慣 PCを活用した学習ができたこと 小学校休校中に、PCを使った学習習慣が身に付いたようです。 学校から出される課題も、例えば「興味のある国についてインターネットで調べ、レポートを書くこと」だったりするので、国旗・食文化・言語、有名な建造物などを自分で調べてまとめる事が楽しそうでした。 PCを活用するのは良い面もありますが、親としては長時間の使用を心配しています。 視力低下が一番心配ですね・・・ 気休め程度ですが、長男のPCがWindows 10 のため、Microsoft Familyを使ってファミリーアカウントとして管理をして、とりあえず様子見をしています。 もちろん無料のサービスです。 学校側からアカウントを発行してもらったeラーニングについては前述の通り改善の余地があると思いますが、PCをうまく使えば学習意欲が上がることが分かりました。 小学校の「情報」授業でも活躍中の「Yahoo! きっず」も子どもにとってはとても良いコンテンツだと思います。 小学生新聞を契約したら朝が充実していたこと 長男が本を読み尽くし、読み物が足りなくてどうしようかと悩んだ結果、「小学生新聞」を読んでもらうことにしました。 お値段もそこまで高くなく、ネット上で購読契約をサクッとできました。 どうしても子ども向けインターネットのニュースサイトの内容については、自分の好きな内容に情報が偏ってしまう傾向にあるので、新聞を読むことも大切な習慣になるのでは・・・と思い、とりあえず半年間購読することにしました。 毎朝、自分専用の新聞が届くことが嬉しくて、朝食を食べ終わったら着替えてマンションの玄関まで取りに行ってくれます。 とにかく自宅で過ごす時間が長くなるとダラけてしまいそうだったので、朝食後すぐに着替えて、身だしなみを整える行動が早くなって良かったです。 自宅学習の習慣が身に付いたけど・・・親の負担は大 コロナウィルスによる緊急事態宣言がきっかけで学ぶ手段が増え、気付きや学びも多かったのではと思います。 ただ、自由に遊びに行けなかったり、友達に会えなかったりストレスもあったので我慢の方が多かったのも事実です。 学習についても然りで、本来ならば学校で学ぶ方が効率よく学べると思いますし、自宅学習を毎日サポートをする親の負担は常にストレスでしたし、親が教師代わりになる事も、子どもからしたらストレスだったと思います。 我が家は子どもが3人居る関係で、一人の子どもだけ付きっきりで対応することが難しく、子ども達のフォローが毎日大変でした。 長男から「弟だけ自由時間が多いのはずるい」と意見があって、保育園年長の次男についても勉強するようにお願いして、一日中 子ども達とリビングで過ごしていました。 基本的には子どもが自律的に学習することが望ましいのですが、 子どものモチベーションを維持する手助けについては親のサポートがまだまだ必要だと思いました。 長男はまだ小学3年生だし、仕方無いですよね・・・。 さいごに 今では長男も自宅学習に慣れ、生活リズムが身に付いて落ち着いて取り組めるようになりましたが、遅かれ早かれコロナ前の元通りの学校生活に戻ると思います。 例えば、学校から配布されるプリントが多すぎるので、提出が不要な印刷物はPDFが助かりますし、アンケートはプリント提出よりもMicrosoft Formsで回答した方が有り難いし、集計もきっと楽。 そう考えると、全てが元通りの生活に戻るのは勿体無いですよね。 ICTを活用した学習など、良い所は取り入れて今後も活用してもらえたら・・・と願っています。 次のエントリーに続きます。

次の

別居婚夫婦 コロナ禍を受けて取った行動|共働き夫婦の人生マニュアル

緊急事態宣言 共働き 保育園

1月から新型コロナウイルス関連のニュースばかりで国内及び世界でも大変な状況です。 そんな中、デマによりトイレットペーパーがドラッグストアなどの店頭から消える事態になったりしていますね。 我が家の周りの店舗でもない状況です。 これも困った状況ではあるのですが、もっと困るのが小学校などの臨時休業です。 かなり長い期間になるため、会社を休むとなると、有休休暇で休まないといけないのか? 欠勤した場合、給料はどうなるかなどとても心配です。 共働き世帯では、給料が入ってこないと困ったことになっていまします。 そこで、知っておきたい制度がありますので、ご紹介しておきます。 小学校や保育園が休校・休園になった場合に、会社を休んだら給料はどうなるの? まず、原則として、今回の状況は会社に責任があるわけではないので、有休休暇で休むか欠勤ということになってしまいます。 ただ、有休休暇で休める範囲であればいいですが、今回のように長期となると有休休暇では対応できませんし、ここで有休休暇を多く取得してしまうと、今後、子供が病気やケガ、保育園や小学校の行事で休めなくなってしまいます。 そこで、今回、国からある発表がありましたので、参考にご紹介しておきたいと思います。 働く人を支援する助成金を創設!? 日額、8,330円 今回、国からの要請に基づき小学校等が臨時休業等をすることになったことにより、学校等が休みなってしまうのは、状況が状況なので仕方ないことではあるのですが、今後、状況によっては、学童や保育園までも休みになってしまうことが考えられます。 そうなると、会社を休むしかなくなってしまいます。 そこで、今般の新型コロナウイルス感染症に係る小学校等の臨時休業等により影響を受ける労働者を支援するためとして、従業員を有給で休ませる企業に対し助成する仕組みが設けられることが発表されました。 制度の概要とは 概要は、以下のとおりです。 ただ、詳細は今後公表していくとのことなので、内容が変わっていくこともありますので、続報を確認していくようにして下さい。 (名称) 小学校等の臨時休業等に伴う保護者の休暇に対する助成(新たな助成金 (支給対象) 対象となる事業主は以下のとおりです。 (窓 口) 学校等休業助成金・支援金、雇用調整助成金、個人向け緊急小口資金相談コールセンター 電話:0120-60-3999 受付時間:9:00~21:00(土日・祝日含む) 知っておきたいもう一つの助成金 もう一つ、以前よりあった助成金があります。 それが、「雇用調整助成金」というものです。 雇用調整助成金とは、経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練又は出向を行い、労働者の雇用の維持を図った場合に、休業手当、賃金等の一部を助成するものです。 新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ雇用調整助成金の特例対象が拡大され、 新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主も対象になりました。 コロナウイルの関係で、取引先からの受注がなくなったなどにより、休業などにより賃金が払われないなどの状況になることがあるかもしれません。 場合によっては、解雇なんてこともあり得るかもしれません。 こんな助成金があることを知っていれば、こんな状況を回避できることがあるかもしれませんのでご紹介しておきたいと思います。 この助成金は、あくまでも事業主=会社に支払われる助成金ですので、会社が手続等をしていく制度です。 ただ、会社が知らないこともあると思いますので、知識として働く人も持っておいた方がいいでしょう。 詳細は、厚生労働省のHPをご覧下さい。 この助成金の窓口は、「職業安定所」=「ハローワーク」が窓口になりますので、詳細を知りたい方は、ハローワークに問い合わせるといいと思います。 (労働者向け) (企業向け) まとめ まだ、申請窓口や詳細が分からないので、今後の発表をよく確認して下さい。 学校の休業が発表になった時はどうなるかと思いましたが、こういう制度を設けてもらえるととても助かりますね。

次の