慢性心不全 看護計画。 心不全に関するQ&A

スペシャリストナースの活動:教育について|南風病院 看護部

慢性心不全 看護計画

呼吸器疾患• 気管支喘息• 肺血栓塞栓症• 肺癌 循環器疾患• 心筋梗塞• 慢性心不全・うっ血性心不全• 不整脈• 高血圧・動脈硬化症 消化器疾患• 逆流性食道炎• 食道癌• 胃・十二指腸潰瘍• 大腸癌• イレウス(腸閉塞)腸重積• 肝硬変・門脈圧亢進症• 肝臓癌• 胆嚢炎・胆石症• 膵炎 代謝疾患• 糖尿病• 脂質異常症(高脂血症)• 肥満 内分泌疾患• 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)• 甲状腺・下垂体・副腎疾患 血液・造血器疾患• 貧血 腎疾患• 慢性腎不全 泌尿器疾患• 腎・尿路結石(腎結石・尿管結石・膀胱結石)• 前立腺肥大症• 尿路感染症(腎盂腎炎・膀胱炎) 免疫疾患• 関節リウマチ 神経・筋疾患• 脳出血・くも膜下出血• 脳梗塞• 脳腫瘍• パーキンソン病 精神疾患• 認知症(血管性認知症・アルツハイマー型認知症)• 統合失調症• 抑うつ(うつ病) 感染症• 多剤耐性菌感染症 運動器疾患• 椎間板ヘルニア• 変形性膝関節症・変形性股関節症• 大腿骨頸部骨折・転子部骨折• 骨粗鬆症 皮膚疾患• アトピー性皮膚炎 眼科疾患• 白内障• 緑内障 耳鼻咽頭科疾患• アレルギー性鼻炎.

次の

尿毒症の看護|原因や症状、治療方法、看護計画のポイント

慢性心不全 看護計画

高齢者の心不全の特徴 公開日:2016年7月25日 13時00分 更新日:2019年4月15日 11時11分 高齢者の心不全の症状 心臓は大きく4つの部屋に分かれており、右側の心臓は肺へ血液を送りだす一方で、左側の心臓は全身へ血液を送りだす働きを担っています。 心不全の場合は特に心臓の左側の働きが悪くなる「左心不全」と右側の動きが悪くなる「右心不全」に分かれます。 左心不全による症状 心拍出量の低下による症状 左心(心臓の左側)は、右心から肺へ送り出された血液が再び心臓に戻ってくる場所です。 そして、肺から戻ってきた血液は左心から全身に送り出されます。 左心不全では肺に血液が溜まり(肺うっ血)、やがて肺が水浸しの状態(肺水腫)になるため、呼吸困難になります。 また、心不全によって心臓の拍動が弱まると、心臓から押し出される血液の量が減ってしまうため、疲れやすくなったり、手足が冷えたり、全身に様々な影響を及ぼします。 具体的な症状としては、• 易疲労感(疲労を感じやすくなる)• 低血圧• 冷や汗• 四肢チアノーゼ(手足の末端の血色が悪く、青白くなる)• 意識障害(脳に十分な酸素が行き届かなくなるため)• 乏尿(ぼうにょう・尿の量が1日400ml以下になる) などがあげられます。 肺うっ血による症状 心臓と肺は、太い血管でつながっています。 そのため、心不全によって心臓機能が低下すると、肺には血液がたまってしまい、「うっ血状態」になります。 肺うっ血状態になると、呼吸がしづらくなり、以下のような症状が出ます。 動作時の息切れ• 呼吸回数の増加• 咳や喘鳴(ぜんめい)• 起座呼吸(寝ていると苦しいが、起き上って座ると呼吸が楽になる) 右心不全による症状 右心不全の特徴として、一部を除き、左心不全が起こると続発して右心不全も起こる、両心不全状態になるということです。 右心(心臓の右側)は、全身をめぐった血液が心臓に戻ってくる場所です。 そして、戻ってきた血液は右心から肺へ送り出されます。 右心不全になると肺へ血液を送り出すことができないため、心臓に戻ってくる血液を受け入れることができなくなり、静脈に血液が溜まります。 そのため、下肢や顔面などがむくんだり、肝臓が腫れたり(うっ血肝)、お腹に水が溜まったりと、以下のような症状が出現します。 食欲不振• 吐き気、嘔吐• 腹水貯留• 浮腫(足首から上に起こる)• 体重増加(2~3キロほど) 右心不全が進行すると、体全体の血液循環が悪化するために、左心不全の症状は緩和する一方で、全身状態が悪化するリスクが高まっていきます。 高齢者の心不全の診断 心不全の診断には、上に挙げた症状の他に、聴診器による肺音の聴診、血液検査と胸部レントゲン、心臓エコー検査の結果により総合的に、心不全かどうかを診断します。 血液検査 採血にて、「脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)」という値が高値になります。 胸部レントゲン レントゲンを取ると、心臓が通常よりも肥大しており、胸水がたまっているなどの肺うっ血の所見が見られます。 心臓エコー 心臓エコーによって、心臓の内部が拡張しているかどうかを見ます。 高齢者の心不全の治療 心不全は主に、薬による治療が中心となります。 薬によって心臓の働きを補助し、血液を押し出す力が改善するように働きかけます。 主な薬の内容としては「利尿剤」、「血管拡張薬」、「強心薬」などがあげられます。 薬を飲むことが難しい、薬の種類によっては点滴による治療が行われます。 高齢者の心不全の予後 心不全には、ニューヨーク心臓協会(New York Heart Association)が作ったNYHA分類という、自覚症状による重症度分類が使われています。 各分類は表のとおりです。 一方で、心不全状態を示す「BNP」の値そのものは、数値が高い=予後が悪い、ということはなく、症状の改善によって劇的に数値が減少する、ということもよく見られます。 高齢者の場合には、本来は症状が出ているはずの状態でも症状を自覚できずに過ごしてしまっていることも多いため、注意が必要です。 高齢者の心不全の看護・ケア 高齢者の場合は、加齢に伴い慢性的に心臓の機能や筋肉が衰えてしまう影響で、一度心不全を発症すると慢性的に繰り返してしまうことが少なくありません。 そのため、増悪予防のためにも自己管理が重要となります。 具体的には、「塩分を控える」「水分の取りすぎに注意する」「適度な運動を行う」「確実に薬を飲む」などがあげられます。 こうして少しでも心臓の働きを助けてあげることで、心不全の再発を防ぐことができます。

次の

慢性心不全の症状、治療、看護について知りたい|ハテナース

慢性心不全 看護計画

第1部:慢性心不全看護認定看護師 資格取得までの道のり Q.認定看護師制度って何ですか? A. 国民への質の高い医療の提供を目的に、日本看護協会が運営する資格認定制度です。 詳細は日本看護協会のホームページをご確認ください。 Q.慢性心不全看護認定看護師を目指そうと思ったきっかけは何ですか? A1. 急性心不全の治療が終わってもQuality of Life (QOL)や日常生活の困難さは変わらない患者さんを多く見てきて、患者さんに必要なことは色々あると感じ始めたのがきっかけです。 また高齢で多くの障害・疾患を抱える心不全患者さんが多く、そのような心不全患者さんの生活を支援するには、限局した疾患への介入だけでは不十分であり、患者さんを生活の視点から包括的に支援する者が必要と感じたからです。 Q.金銭的な負担はありますか? A. 全員共通でかかる費用と、各々の状況に応じてかかる費用とがあります。 共通でかかる費用 教育機関によって異なりますが、おおむね以下のようになります。 入試検定料 約5万円 入学金 約5万円 授業料(実習費等含む) 約70万円 認定審査費用 5万円 認定費用 5万円 合計 約90万円 各々の状況に応じてかかる費用 生活費の他に、教育機関の場所が自宅から通学圏内かどうかで家賃や引っ越し費用、交通費などが変わってきます。 病院により研修期間中の扱いは様々です。 ご自身の施設の支援内容を調べることをおすすめします。 日本看護協会は、認定看護師教育課程受講者を対象に奨学金(学費及び生計費)を貸与しています。 詳細は日本看護協会ホームページをご参照ください。 Q.教育機関ではどんなことを学びますか? A. 授業は看護協会が定めるカリキュラムに則ってすすめられます。 カリキュラム は「共通科目 」 と「専門科目 」にわかれています。 共通科目は 、「看護管理 」「リーダーシップ 」「情報管理 」「看護倫理 」などからなり、専門科目では 、「心不全看護概論 」「心不全の病態生理と診断及び治療 」「慢性心不全患者の症状マネジメント 」「慢性心不全患者の生活調整 」「慢性心不全患者の療養支援 」など、心不全の病態生理から日常生活支援まで講義や演習、グループワークを通して学んでいきます。 教育課程の後半に は「臨地実習 」があります。 約1か月半、実習施設で看護過程の展開を行い、療養支援プログラムを作成します。 また 、実習先の施設などで 、勉強会の開催やカンファレンス 、事例検討を通して指導や相談対応などを行います。 実習が終わると、事例発表会を行い臨地実習での学びを発表します。 カリキュラムの詳細は日本看護協会のホームページをご参照ください。

次の