新幹線eチケット 在来線乗り継ぎ。 お得な割引もあり! JR東日本・JR北海道・JR西日本の新幹線チケットレスサービス「新幹線eチケット」での予約・購入方法

新幹線の乗り継ぎ割引|JR新幹線ネット

新幹線eチケット 在来線乗り継ぎ

新幹線eチケットの使い方 新幹線eチケットは、JR東日本・北海道のインターネット予約サービス「 えきねっと」のサービスです。 利用するには「えきねっと」の 会員登録が必要です(無料)。 会員登録は、クレジットカード情報と個人情報を入力するだけです。 その場合は、「e5489」の会員登録が必要です。 チケットレスサービスを使いたい場合は、手持ちの交通系ICカード番号も登録します。 使用できるICカードは、 Kitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCAの10種類です。 モバイルSuicaも利用できます。 チケットレスサービスを利用しない場合は、ICカード登録は必要ありません。 チケットレスサービスを利用する場合は、乗車当日、改札口に登録した交通系ICカードをかざすだけです。 チケットレスサービスを利用しない場合は、当日までにJR東日本・JR北海道・JR西日本(北陸新幹線のみ)の指定席券売機や駅窓口で紙のチケットを受け取ります。 受け取りには登録したクレジットカードが必要です。 紙のきっぷ受け取り後は、そのきっぷで改札口を抜け新幹線に乗車します。 最大6名までの複数人で利用することが可能です。 新幹線eチケットで購入できるチケット 新幹線eチケットで購入できるチケットは、乗車券・料金券が一体となったチケットで、 新幹線各駅相互間のみに設定があります。 東京駅~仙台駅といった設定はありますが、有楽町駅~仙台駅といった設定はありません。 この場合、有楽町駅~東京駅間は別運賃が必要です。 新幹線eチケットの価格は、指定席の場合、通常運賃・料金の合計額から一律200円引きです。 繁忙期・通常期・閑散期の区分もあります。 自由席は、通常の運賃・料金の合計額と同額です。 そのほか、「えきねっとトクだ値」や「お先にトクだ値」といった割引チケットを購入できます。 新幹線eチケットの注意点 新幹線eチケットそのものは「割引きっぷ」ではありません。 価格は、通常のきっぷとほぼ同じです。 指定席・グリーン席価格は、通常価格より200円安く設定されていますが、自由席は通常価格と同額です。 新幹線eチケットでは特定都区市内駅制度が適用されず、 新幹線駅相互の間の利用しかできません。 それ以外の区間へ乗り越す場合には、別途乗車券が必要です。 そのため、 通常の紙のきっぷより値段が高くなることもあります。 通常の新幹線チケットでは、東京駅も上野駅も新宿駅も同価格で乗り降りできますので、その点は新幹線eチケットは不利になります。 運賃面を別にすれば、乗車駅でICカードをタッチし、新幹線改札もICカードで抜けて、降車駅までICカードだけで利用できます。 その点はとても便利です。 新幹線eチケットには閑散期や繁忙期の区別があります。 これは通常のきっぷと同じです。 予約したチケットの変更は、原則として自由です。 通常のきっぷでは変更は1回までという制約がありますが、スマートEXではそれはありません(ただし、チケットレス乗車をする場合か、紙のきっぷを受け取る前に限る)。 新幹線eチケットで購入できるお得なきっぷ 新幹線eチケットでは、以下のようなお得なきっぷを購入できます。 えきねっとトクだ値 「えきねっとトクだ値」は、新幹線eチケット専用の格安チケットです。 東北・上越・北陸・北海道・秋田・山形の各新幹線の主要区間に設定があり、時期により値段は変わります。 列車・席数は限定で、だいたい5〜15%程度の割引率に設定されています。 えきねっとトクだ値は、新幹線eチケットで予約、決済し、チケットレスまたは紙のきっぷを受け取って乗車します。 予約は乗車日の13日前の午前1時40分までです。 インターネットで新幹線の列車予約ができる点がまず便利ですし、SuicaやPASMOといった、手持ちのICカードで新幹線に乗れるのもメリットです。 モバイルSuicaも利用できますから、スマホで乗車も可能です。 一方で、ICカードを使わない人も、紙のきっぷを受け取れば利用できます。 年会費が不要な点も大きなメリットです。 クレジットカードさえあれば誰でも利用できます。 価格面では、大きなメリットはありません。 価格は通常のきっぷとほとんど変わらず、指定席券で200円ほど安くなっているだけです。 特定都区市内駅制度が使えないので 利用区間によっては通常価格より高く付く場合もあります。 したがって、値段だけなら、金券ショップで回数券のばら売りのほうが安いこともあります。 とはいえ、金券ショップで回数券のばら売りを購入するのも煩わしいですし、トクだ値などの割引制度を使えば、金券ショップより安くなります。 もう一つ忘れてはならないのは、 新幹線eチケットでは乗り継ぎ割引がない、ということです。 したがって、新幹線と在来線特急を乗り継ぐ場合は、新幹線eチケットのほうが駅窓口購入のきっぷより高くなる場合もあります。

次の

タッチでGo!新幹線

新幹線eチケット 在来線乗り継ぎ

乗継割引の適用条件(東海道新幹線の場合) 東海道新幹線の場合、乗継割引は「東京・品川駅以外で新幹線と在来線特急を乗り継ぐ」ときに適用されます。 つまり、東京駅で成田エクスプレスや房総特急(さざなみ、わかしおなど)、あずさなどを利用する場合は適用範囲外です。 また、新横浜~新大阪の全ての駅で乗継割引は適用されますが、ふだん特急列車が走っていない駅もあるので、利用する際は注意が必要です。 それでは、以下で東海道新幹線の乗継割引をできるだけ多く紹介していきます。 東京・品川方面とはまかいじ、熱海・浜松方面とはまかいじを乗り継ぐ場合にはこの制度が利用できます。 東京・品川から新幹線で、熱海・伊東方面まで特急(かその逆)、そして横浜方面から特急で熱海・三島方面まで新幹線(かその逆)、の場合に乗継割引が適用されます。 また、名古屋・静岡方面から新幹線で、熱海から伊東方面まで踊り子号(かその逆)の時、そして、本数は少ないですが、踊り子号の三島・修善寺方面行きと熱海駅で乗り継ぐ場合も適用されます。 サンライズを使って岡山方面から移動してきて、熱海から新幹線、という場合も適用されますが、こちらは熱海駅での接続時間が1時間以上あるので、あまり便利とは言えません。 が、三島~修善寺はJRではなく私鉄路線になるので、 東京・品川~三島まで新幹線、三島~修善寺を踊り子 の場合は、乗継割引は適用されません。 代わりに静岡方面の新幹線+三島~熱海・東京方面の踊り子、という組み合わせだと乗継割引は適用されますが、わざわざ利用する機会はほぼないかと思います。 これらと新幹線を乗り継ぐ場合に乗継割引が適用されます。 乗継割引が適用されるのは以下の列車です。 まとめ いかがでしたか。 今回は東海道新幹線で乗継割引が適用される特急列車をまとめました。 マニアックな列車やパターンもありますが、使えそうなものがあれば是非利用してみて下さい。 合わせてこちらの記事もご覧下さい。

次の

【初心者向け】はじめて新幹線に乗る人必読!新幹線の乗り方をイチから徹底解説

新幹線eチケット 在来線乗り継ぎ

広告 新幹線の途中下車とは? JR線で途中下車とは、旅行の途中で改札口を出ることをいいます。 新幹線の途中下車という場合は、新幹線の改札口を出ることをいいます。 もちろん、さらに在来線の改札口を出ることも途中下車です。 「途中下車前途無効」とある場合、改札口を出たら、きっぷはそこで回収されてしまいます、という意味です。 新幹線で途中下車できるきっぷは? 途中下車できるきっぷには条件があります。 まず、「新幹線特急券」は途中下車できません。 途中下車したら前途無効です。 つまり、新幹線改札口を出る場合、新幹線特急券は回収されてしまいます。 グリーン券やグランクラス券も途中下車した場合は前途無効です。 一方、乗車券は途中下車ができる場合があります。 途中下車できる乗車券は、「片道の営業キロが101km以上の乗車券」です。 たとえば、東京〜大阪の旅行の場合、東京〜大阪間は101m以上ありますから、乗車券で途中下車可能です。 途中の名古屋駅で改札口を出ても、また改札口から入って旅行を続けることができます。 しかし、新幹線特急券は途中下車が一切できませんので、もし「東京〜新大阪」の特急券を持っていた場合は、名古屋駅の改札口で回収されてしまいます。 対策としては、新幹線特急券を「東京〜名古屋」と「名古屋〜新大阪」に分けて買っておくといいでしょう。 広告 新幹線回数券は途中下車できない 新幹線回数券は「乗車券」と「新幹線特急券」がセットになったチケットですが、これは一切途中下車ができません。 途中下車した場合、全てが前途無効になってしまいます。 インターネット専用きっぷも途中下車できない 「EX-ICサービス」「トクだ値」「スーパー早特きっぷ」などのインターネット専用の割引きっぷも、ほとんどの場合、途中下車できません。 途中下車した場合、前途無効になるか、全ての料金を全部定価で購入を求められる場合もあります。 おトクなきっぷは途中下車できる場合も 新幹線回数券やインターネット専用きっぷ以外の「お得なきっぷ」類も、多くの場合、途中下車できません。 一部には乗車券部分のみ途中下車可能な場合もあります。 ツアーのきっぷも途中下車できない 旅行会社のツアーに申し込んで渡されるきっぷも、ほとんどの場合、途中下車できません。 途中下車した場合、前途無効になるか、全ての料金を全部定価で購入を求められる場合もあります。 「ぷらっとこだま」や「バリ得こだま」も同様です。 広告 「東京都区内発」の場合、都区内では途中下車できない 都区内発着や市内発着の乗車券の場合、同じゾーンでは途中下車できません。 東京都区内発のきっぷの場合、新宿駅や池袋駅から乗車できますが、それらの駅で改札口を通ってしまったら、同じ都区内の東京駅や品川駅で途中下車はできません。 東京駅の大丸で弁当を買おうと思っても、外に出られないのです。 到着地の大阪市内も同様で、大阪駅まで行きたいのに、新大阪駅で降りてしまったら、きっぷは回収されてしまいます。 途中下車の改札口の通り方 途中下車する場合、乗車券と特急券を両方とも自動改札機に入れれば、途中下車可能なきっぷのみ判別して、改札機から出てきます。 たとえば、東京〜大阪の乗車券で名古屋駅の自動改札機を通した場合、乗車券は改札口から出てきます。 不安な場合は、有人改札口で確認をしてから、自動改札を通るなどすればいいでしょう。 きっぷの有効期間と途中下車 途中下車できるのは、きっぷの有効期間内だけです。 きっぷの有効期間は、200kmまで2日、400kmまで3日、600kmまで4日、800kmまで5日、1000kmまで6日です。 東京〜大阪なら600kmまでなので、4日が有効期間となります。 東京を出て、名古屋に3泊して、4日目に大阪に到着する、というスケジュールなら途中下車して問題ありません。

次の