いちおう 戦っ て みよう か なー。 【ドラクエ10】結晶金策をしてみよう! ~その1・使い込み度と結晶のしくみ~

【マイクラJE】コマンドで強い敵モンスターを作ってみよう

いちおう 戦っ て みよう か なー

どうも!パイセンです。 今回はコマンドで強いモンスターを簡単に自作する方法を紹介します。 ぜひ 自分だけのオリジナルモンスターを作って、戦ってみてはいかがでしょうか?!• Java版のみ対応 今回紹介する方法は Java版のみで可能で、残念ですが BE(スマホ・Win10・switchなど)ではできません。 早くBEでもコマンドでデータタグをいじれるようにしてほしいなー・・・。 『MCStacker』を使うとカンタン 今回はコマンドジェネレーターの『 MCStacker』を使ってモンスターを自作します。 これがめちゃくちゃ便利なので、コマンドにちょっとでも興味ある方は使い方を覚えておくといいですよ! 不足しているモンスターがいたらコメントでご指摘願います。 textのEnter Textの部分をクリックし、名前を入力しましょう。 日本語でも何でもOKです。 また、colorで文字の色を変更することもできます。 bold( 太字)、italic( 斜字)、underlined( 下線)、strikethrough( 打ち消し線)、obfuscated(難読化)の設定も必要ならしておきましょう。 また、その下にある 『CustomNameVisible』は名前の表示・非表示を設定できます。 『unset』だと、そのモンスターの方向へ向いたときのみ表示され、Trueの場合は常時名前が表示されます。 Falseだと表示されません。 これはデスポーンの有無を決める項目で、特に設定していない場合は プレイヤーが遠くへ離れると消えてしまいます。 trueにするとデスポーンを防ぐことができるので、特に理由がない限りは 『true』にしましょう。 4.装備の設定 次に装備の設定をします。 装備できる箇所は Holding(利き手,右手)、Offhand(左手)、Head(頭)、Body(胴体)、Leg(膝)、Boot(足)の6か所になっています。 装備させたい箇所の隣の『 S』を押すと、装備させるアイテムの設定画面が開きます。 Itemの項目から装備させるアイテムを選びますが、ちょっと種類が多いですね・・・。 右にある『 Filter』で装備させたいアイテムの名前の一部を入力して、候補を絞りましょう。 また、モンスターが所持しているアイテムの性能も設定できます。 エンチャントの効果やドロップ確率だけ設定しておけば大体は良いでしょう。 Name• アイテム名の設定。 項目はモンスターの名前の設定と同じ。 Lore• アイテムの説明文。 特に色などは設定できない。 Damage• 既に何回使用してるか、を設定。 アイテムの耐久値と同じ値にすると1回使うだけで壊れる。 RepairCost• 金床で修理する時に必要なレベル。 Unbreakble• trueで耐久度が無限。 DropChance• そのアイテムのドロップする確率。 Stops Lootint Enchantmentはドロップ増加の効果を無効化する。 ドロップ確率はモンスターの初期値による。 Count• 所持しているアイテムの個数。 ドロップする時もその個数になる。 CanPlaceOn• そのアイテムを設置できるブロック。 特に設定する必要ナシ• CanDestroy• そのアイテムで破壊できるブロック。 特に設定する必要ナシ• HideFlags• アイテムのステータスを非表示にする。 『S』をクリックし、非表示にしたい情報にチェックを入れよう。 Enchantments• エンチャント効果の設定。 Modifires• 追加効果。 maxHealth(最大体力)、folowRange(索敵範囲、モブ限定)、knockbackResistance(ノックバック耐性)、movementSpeed(移動速度)、attackDamage(攻撃力)、armor(防御力)、armorToughness(耐久値)、attackSpeed 攻撃速度)、luck(運、ドロップ率、プレイヤー限定)が設定可能。 モンスターの能力値は次の項目で設定できるので、 Modifiresはあんまりいじらないほうが良い。 5.ステータス値の設定 一番右下の項目で、モンスターの能力値を設定することができます。 空欄だとそのモンスターの初期値になるので、設定したくない項目は空白にしておきましょう。 Health• maxHealth(最大体力)と同じ値に設定しよう。 ハートの個数x2の値を入力しよう。 maxHealth• 最大体力。 Healthと同じ値に設定しよう。 ハートの個数x2の値を入力しよう。 followRange• 索敵範囲。 単位はブロック。 索敵範囲内にプレイヤーが入るとモンスターが追いかける。 大体のモンスターの索敵範囲は16ブロック、ゾンビは40ブロック。 knockbackResistance• ノックバック (攻撃されると後ろへ吹き飛ばされること) しない確率。 0だと必ずノックバックし、1だとノックバックしない。 ノックバックしない敵だと一方的に攻撃し続けることが一気に難しくなる。 movementSpeed• 移動速度。 この値を約43倍にすると1秒間に進むブロック数になる。 ゾンビの初期値は約0. movementSpeedを0. 46にするとゾンビの2倍の速さになる。 attackDamage• 攻撃力。 ハートの個数x2の値を入力しよう。 armor• 防具の防御力。 20でダイヤ防具フル装備と同じ防御力になる。 特に設定する必要ナシ。 armorToughness• 防具の耐久値。 特に設定する必要ナシ。 spawnReinforcements• 攻撃された時に分裂する確率。 ゾンビ専用。 1で必ず分裂し、0で分裂しない。 ゾンビの初期値は0. 6.その他の設定 最後にその他で使えそうな項目を紹介します。 NoGravity• trueにすると空中で浮くようになる。 落下しなくなるが、移動もできなくなる。 場所を固定したい敵向け。 Silent• trueにすると声が出なくなる。 Invulnerable• trueにすると不死身になる。 ダンジョンで倒せないお邪魔キャラにすると良さそう。 クリエイティブのプレイヤーならダメージを与えて倒すことができる。 Glowing• trueにすると、常に発光のステータス効果が付与される。 発光の効果は壁越しでもそのモンスターが見えるというもの。 大体の場合はチャット欄で実行できないほどコマンドが長くなっていると思うので、コマンドブロックを使って実行しましょう。 0F,0. movementSpeed,Base:0. ノックバックせず、移動速度はゾンビよりも少し早いというシンプルな能力の設定ですが、装備次第ではとても強い敵です。 まとめ 今回はモンスターのステータス値や装備をいじっただけでしたが、コマンドをうまく使えば必殺技を使わせることもできちゃいます。 配布マップのボスモンスターなどを参考にして作ってみてはいかがでしょうか。

次の

【ドラクエ10】結晶金策をしてみよう! ~その3・おすすめ装備と職業~

いちおう 戦っ て みよう か なー

少しずつお金を貯めましょう! みなさーん! こんにちはなのでー! は、 装備の使い込み度が上がりやすくなる 赤帽子クエストの紹介をしました! Ver2をクリアした後なら、 すぐに終わると思うのでやってみてください! 今回は、 赤帽子クエストをクリアしたあ となら 効率よくできる、 人気のお金稼ぎの方法、 結晶金策について見ていきましょう! 結晶金策とは! バザーで 「安くて結晶がたくさん取れる」装備を買い、 戦闘で使い込み度を上げて、 素材屋さんで結晶を取り出し、 取り出した汗と涙の結晶を売る、という方法です。 慣れると、30分で10万ゴールドくらい利益を出せるようになります。 これだけで大儲けするのは難しいですが、 敵と戦っているだけで勝手に使い込み度は上がっていくので、 ほかの金策や レベル上げ、 宝珠・白宝箱ねらいを兼ねながら、 気軽にできるのが人気の金策方法です。 やり方も単純で、事前にちゃんと装備を買いそろえれば、 確実に利益を出せるのが魅力。 わたしも 「敵と戦っているうちにお金が貯まる」というのが好きで、 わりと取り組みやすい金策方法だと思います。 基本的な装備の選び方については、こちらの記事をご確認ください。 使い込み度と結晶のしくみを確認しておこう! そんな 結晶金策ですが、まずは、 使い込み度と 結晶のしくみをおさらいしておきましょう。 使い込み度は、各装備品に設定されていて、 最初は0。 同格以上の敵、 高レベル帯の敵、 特定のダンジョンの敵を倒すと、 戦闘勝利後に使い込み度が上がります。 使い込み度が上がると、 装備部位がキラキラひかります。 特定のダンジョンとは、やなんかがそれにあたります。 使い込み度は 100が最大。 この状態になれば、 結晶の個数として表示されている数の 汗と涙の結晶 を取り出せるようになります。 を クリアしただけの状態だと、 対象となる敵を倒しても、 ランダムで1上がるかどうかでした。 をクリアした後は、 対象となる敵を倒せば、 必ず1体につき使い込み度が1上がります。 また、 赤帽子のクエストをクリアすることで 1回のバトル中に最大3まで使い込み度が上がります。 4匹以上倒しても3しか上がらないので、 結晶金策をする場合は、 1戦で3体ずつ倒していくことになります。 この 使い込み度が 50以上になると、 素材屋さんで 結晶を取り出せます。 ただし 50の状態では、表示されている結晶の数の半分しか取り出せません。 なるべく 100になってから結晶を取り出すようにしましょう。 取り出せる結晶の個数は、 装備品のレベルや ついている錬金の数によって変わります。 高レベルの装備や、 錬金が2~3個ついている装備品は たくさんの結晶が取り出せます。 また、 白宝箱やで手に入れた装備品、 オシャレ用の装備品などは、 使い込み度が上がらず、結晶化もできません。 まとめ ・ 使い込み度は最初が0から始まり、 最大で100まで上がります。 ・使い込み度が50以上になると、結晶を取り出せるます。 ただし、使い込み度に応じて結晶の数が減ってしまうため、 なるべく100にしてから取り出します。 ・赤帽子クエストのクリア後は、 1回の戦闘で最大3まであがります ・ 白宝箱や 防衛軍・ゼルメアの備品、 オシャレ用の装備品は 結晶にできません。 取り出せる結晶の数について 結晶の取り出せる数は、 装備品のレベルと、 付いている錬金の数で決まります。 これについて、 少し詳しく確認しておきましょう。 こちらが、 装備品のレベル・錬金の数に応じた 結晶の数です。 こんな表、全部覚えられないですし、覚える必要もないです。 レベルが上がるにつれて、確かに結晶の数が増えてるなー とだけ確認しておいてください。 これに加えて、 付いている錬金の種類に応じて 結晶の数が増えます。 初級・中級・上級の違いは、 ツボ・ランプ職人さんならよくよくご存知でしょうし、 そうじゃない人は、気にする必要はありません。 バザーに並んでいる 同じレベルの装備品 でも、 結晶の数に違いがある、 ということだけ頭に入れておきましょう。 結晶用の装備は、 費用対効果の面で 初級錬金をつけることが多いです。 素材が安く手に入る中級くらいなら、つけてもいいかなーという感じ。 失敗ばかりも大成功ばかりもあまりないので、 バザーに並んでいるもののほとんどは、 37個か 38個です。 結晶の数が 1つ違うだけで利益に3000~4000Gの差が出てくるため、 注意しておきましょう。 次回は、実際に結晶金策をしている様子を交えながら、 具体的にやり方を見ていきたいと思います!.

次の

【ポケモンGO】GOロケット団対策パーティ解説!

いちおう 戦っ て みよう か なー

シャドウカビゴンのノーマルアタックが 「しねんのずつき」の場合は「マニューラ」もタイプ2重耐性がありおすすめです。 シャドウカビゴンのノーマルアタックが 「したでなめる」の場合は「リングマ」がタイプ2重耐性があるため、ポケモンレベル(PL)30以上まで強化していればカビゴンを1体1で倒すことができます。 「シャドウニョロボン」「シャドウギャラドス」対応のため、 でんきタイプを1体入れておくと便利です。 おすすめは耐久力のある「ライコウ」です。 「シャドウカイリュー」が出てきたら、「いわ」タイプ技持ちの「バンギラス」でゴリ押しするかタイプ相性の良い「メルメタル」で対応します。 「メルメタル」は「シャドウギャラドス」にも有効で、ノーマルアタックが「けたぐり」でなければ「シャドウニョロボン」にも対応できます。 「シャドウサーナイト」には「メタグロス」が最適です。 「コメットパンチ」を覚えていない場合は、「ラスターカノン」でも OK です。 最初から全てのパターンに対応したパーティを用意しておくのは難しいです。 一度負けたり逃げても良いので ロケット団のポケモンと技を確認し、それに合わせてパーティを組んで挑むことをおすすめします。 「シャドウカビゴン」と「シャドウカリュー」の対策ポケモンの最新情報は以下ページにも詳しくまとめています。 入手できるシャドウポケモン 対策のポイント どのタイプの御三家ポケモンが出現しても対応できるよう、 「くさ・ほのお・みず」それぞれの対策となるポケモンを1体ずつパーティに入れておきます。 「くさ」タイプのフシギダネ形ポケモンには「ほのお」タイプで耐久力のある「エンテイ」か「ブレイズキック」でサクサク攻撃できる「バシャーモ」がおすすめです。 「ほのお」タイプのヒトカゲ形ポケモンには「みず」タイプの「ラグラージ」あるいはいわタイプの「ドサイドン」あたりを、「みず」タイプのゼニガメ形には「くさ」タイプの「リーフィア」「ドダイトス」あたりがおすすめです。 GOロケット団バトルは一度ポケモンを交代すると一定時間は交代できないため、相手ポケモンが代わりタイプ相性で不利なバトルとなって交代できなくても倒されたあとに対策ポケモンを出して勝利を目指しましょう。 ゲットできるシャドウポケモン.

次の