ヘアカラー 暗髪 おすすめ。 市販のヘアカラーおすすめ8選!セルフでキレイに染まる使い方とケア方法も!

市販のヘアカラーおすすめ8選!セルフでキレイに染まる使い方とケア方法も!

ヘアカラー 暗髪 おすすめ

暗髪は基本的には黒の主張が強い茶髪なので、アジア系の顔立ちにもとてもマッチします。 茶髪の赤さもあるので、赤みが強いと言われる日本人の髪質にも最適なヘアカラーです。 暗髪は、トーンが6以上の明るい髪色でも、他の髪色に比べると落ち着いているので、様々な顔立ちに馴染みやすいのが特徴です。 そのため、髪を染めても失敗するということが少ないです。 先ほど言ったように、暗髪はトーンが6や8などの明るい髪色でも違和感が出にくい特徴があります。 そのため、髪型を選ばず、基本的にはどんなヘアスタイルでもしっかりキマるのが魅力の一つです。 黒髪に近い茶髪「暗髪」のトーン1~8 黒髪に近い茶髪「暗髪」のトーン:黒髮好きはトーン1~3 暗髪に似合う髪型の4つ目は、ハーフアップです。 暗髪のロングヘアは、トーンによっては重く古風に見えてしまう場合があります。 よりおしゃれに見せるには、ハーフアップで個性的に仕上げるのがおすすめです。 ハーフアップなら、色落ちした髪色や黒染めしたような光沢のある髪色でも、ヘアカラーを選ばずおしゃれが可能です。 ハーフアップの詳しい髪型・やり方は、以下の記事を参考にしましょう。 就活や仕事関係で黒染めをしなくてはいけないという人は、なるべく低めのトーンを選ぶのがポイントです。 トーン3以下の黒髪を主張する髪色でも良いですし、嫌な場合はトーン4~6程度がおすすめです。 同じトーンでも、地毛が明るい人と暗い人では仕上がりに差が出てきます。 思ったように明るくならない、もしくは黒染めできないという場合が出てくるので、美容院で地毛の明るさを見てもらってからトーンを決めるのがおすすめです。 髪の毛が細い人は、髪を染めると色落ちしやすく普通の人よりも明るくなるのが早いです。 そのため、トーン7や8では明るくなりすぎてしまう可能性があります。 できればトーン6以下の暗めの髪色を選ぶのがおすすめですが、どうしてもトーン8くらいの明るさを保ちたいというのであれば、しっかりヘアケアを欠かさないようにしましょう。 おすすめのヘアケアグッズは、以下の記事に詳しく載っています。 すべての人に当てはまるわけではありませんが、一般的に肌がイエローベースの人はブラウン系の色、ブルーベースの人はダーク系の色が似合うと言われいます。 そのため、イエローベースの人はトーンが6以上の明るめの髪色に、ブルーベースの人はトーンが5以下の暗めの暗髪にするのがおすすめです。 化粧の仕方などでも変わるので、鏡を見ながら決めましょう。 画像の泡カラーは髪色戻しなので、明るい髪を暗くするヘアカラー剤です。 ナチュラルブラウンの仕上がりになるので、髪が傷んでいたり髪色が明るすぎる場合以外は、暗くなり過ぎない自然な色合いになります。 黒染めと書いてある通り、髪色を黒く染める目的のヘアカラー剤です。 しかし、完全に真っ黒になることはありません。 髪色が明るめの人ならば、ダークブラウンのような仕上がりになります。 黒く染めたいという人以外にも、髪色をトーンダウンさせたいという人にも向いています。 トーン7や8くらいの明るめの髪色を少し暗くさせたいという人は、このヘアカラー剤を使ってみましょう。 ミルクジャムヘアカラーの生チョコガナッシュカラーは、明るい髪色を暗くしたい人はもちろん、トーンが暗めの人が少しブラウンを入れたいときにもおすすめです。 ダークブラウン系なので、色落ちも目立ちにくいです。 自分に合った暗髪のトーンを見つけてみよう! 黒髪に近い暗めの茶髪「暗髪」のトーンをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 一口に「暗髪」と言っても、トーンによってイメージがガラリと変わります。 また、地毛の明るさによっても、染めた時の仕上がりに差が出てきます。 落ち着いた印象にしたい人はトーンを低めに、ブラウンを強調したいという人は、トーンを高めにすると良いでしょう。 注目の髪色「暗髪」で、大人なおしゃれを楽しみましょう。

次の

【徹底比較】市販メンズヘアカラーのおすすめ人気ランキング5選

ヘアカラー 暗髪 おすすめ

くすんだようなカラーが独特の雰囲気で、とってもおしゃれに決まると人気のヘアカラーです。 アッシュカラーの不思議なところは、灰色のようなくすみがプラスされるのに透明感・ヌケ感が出るところ。 これはアッシュカラーが黄色味や赤味を抑えてくれるから。 そのため、色落ち後の黄ばみや赤味が気になる方にもおすすめです。 アッシュにも色んな種類があるので、自分に合ったアッシュ系ヘアカラーを見つけてみてください。 これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。 こちらの画像を参考にしながらセルフヘアアレンジに挑戦してみてくださいね。 効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もございます。 各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。 かゆみ、赤み、痛み等の異常を感じた場合は、使用をやめ、医療機関を受診する等の適切な対応をしてください。

次の

イルミナカラーで暗髪ヘアカラー・秋は暗めのヘアカラーもおすすめです

ヘアカラー 暗髪 おすすめ

毎年春から開始される就活、なるべく自分をよく見せようとこれまで明るかった髪色を変更した、と言う方も少なくはないでしょう。 また就職してから髪色が暗くなくてはいけない職場に配属されてしまった、などダークトーンにする理由はさまざまでしょう。 しかし環境がだめだからとってあきらめられないのがカラーリングです。 しかし、人によっては黒髪に戻してしまったことによって童顔に見えてしまったり、垢抜けない印象になってしまうので出来れば避けたい!そう思っているからもいるのではないでしょうか。 そうでなくても、出来ればこれまで明るかった髪を活かして、真っ黒に戻したくはないと思う人が多いですよね。 「真っ黒な髪色」と言うのは、清楚感やクールな衣装を与えてくれる半面、全体的に重たい印象を持ってしまいます。 さらに、日本人はもともと黒髪ですから、何も施されていない髪色というのは人によっては「おしゃれをしていないそのままの髪色」と捉えられてしまうのがデメリットであると言えるでしょう。 ダークトーンでもカラーリングがしたい:派手な髪色は避けたい 日本人は黒髪が魅力的、とも言われていますが黒か見すぎても垢抜けないものであると先ほど述べましたね。 今では髪を染めていない人のほうが少ないのではないでしょうか?しかし、明るめの髪色にしたいと思ったとしても、派手すぎる髪色にしたいわけではありませんよね。 ましてや職場によってはそれぞれ規定があったり、これからくる就活のため奇抜な色は極力避けたいとも思うでしょう。 そんなあなたにおすすめなのが「ダークトーンのヘアカラー」です。 ダークトーンカラーであれば、比較的染めていると気づかれにくいですし、通常の黒髪よりも重たいイメージを解消できます。 「ダークトーンヘアカラー」は黒髪風の髪色であるとも言われています。 また昨今では暗めの色のほうが人気が出ているとも言われているそうです。 そんなダークトーンの髪色について、さらに詳しく掘り下げてるこちらの記事も合わせておすすめですので、是非一読されてみてはいかがでしょうか? 大人な女性に大人気のヘアカラーなのが「ミルクティーベージュ」です。 ミルクティーのカラーリングはつや感でやすいカラーリングであると言われていて、きれいな髪色であり根元の延びた色味も目立ちにくいため、長期間そのままで痛い女性にも人気があります。 髪色の厳しいオフィスでも大丈夫な髪色です。 「ミルクティー系」のカラーリングと言うのは、長きに渡って根強い人気を持っています。 そこへ、昨今のトレンドである「ベージュ」カラーをも加えたことで、明るさを抑えたミルクティーカラーを目指せるのが「ミルクティーベージュ」なのです。 アッシュ系の色味を加えることによってくすんだミルクティー色を目指せますよ。 黒髪よりもさらにおしゃれ感を引き出してくれますので、黒髪よりもおとなな印象をもたれたいと考えているからにもおすすめできますよ。 また先ほどご紹介した「ミントグレージュ」と同様に、こちらのカラーリングスタイルも風のなびきや、毛先の動きによっても軽さが感じられておすすめなのです。 重たい印象をもたれてしまう、黒髪よりも大人でクールな女性になれるのに加えて、ゆるふわな軽さを演じられるなんて一石二鳥な、ダークトーンのへカラーですね。 本当に職場では髪を染めるのが厳しい…と悩んでいる人でも染められるカラーリングです。 太陽の日に照らされない限りはブルー色が全面出でることは少ないでしょうし、青っぽく見えたとしてもなんら問題ないくらいの暗さですよ。 またブルー系の色味を入れているので、真っ黒で何も施されていない黒髪と比べるとつや感や、全体的に与えられる雰囲気にも違いが見られますので、何もしないで黒い髪色のままにしておくよりは「ブルーブラック」などの少しだけ色味を加えられた髪色を取り入れてあげると、大人で垢抜けたような印象にしてくれますよ。 ほんのりと色味を出すことが出来るので、全体的に軽めのイメージを出してくれますよ。 就活の時期、と言うのは会社や面接官などによって、もたれてしまう印象がまったく変わってしまうのが難しいところでしょう。 そのため、面接のうちはなるべく「清楚感」や「まじめさ」を引き出してくれるダークトーンにしておくと、面接において相手が受ける印象がいいとも言われているのです。 しかし真っ黒はいやだな、と思うようであればダーク系のベージュによってある程度明るい印象を持たせてくれますし、重たいイメージをもたれるよりも有利になるかもしれません。 また入社した会社によってはある程度カラーリングOKの場合もありますから、見極めるまではダーク系の色だといいかもしれませんね。 ダークトーンと一言にあらわしても、さまざまな種類があり、それぞれによって相手に与えられる印象もまた変わってくることがわかりましたね。 ここからはダークトーンの髪色におすすめなコーデについてみていきましょう。 まずはじめにダークトーンの髪色におすすめなコーディネートとしてあげられているのが「シースルーコーデ」です。 黒髪やダークトーンの髪色の場合、どうしても明るめの髪色と比べてしまうと「重たさ」が出てしまいます。 どんなに抜け感のあるダークトーンでも、明るいカラーリングよりは重たく見えてしまうでしょう。 そんなときは、「シースルー」コーディネートによって、重たくなってしまう印象を払ってあげましょう。 特に長くて暗めの髪色では重たさが前面に出てしまうのでトップスやスカートなどに抜け感のある素材を選ぶようにしましょう。 黒髪・ダークトーンの髪色(ヘアカラー)に合うコーデ:小花柄ボタニカル柄 いかがでしたでしょうか?ここまで、ダークトーンからの髪色や、それに似合うようなコーディネートについて、詳しく掘り下げてきました。 明るくしてはいけない状況にあるけれど、真っ黒髪には戻したくなくて悩んでしまっている人も少なくはないでしょう。 そんなときは、ぜひダークトーンの髪色の中から選びましょう。 ダークトーンカラーの中にも、「ベージュ系」、「アッシュ系」などさまざまなカラースタイルがあります。 中には抜け間の目指せる「カーキ系」、大人の色気を演出できる「ブルー系」などダークトーンと言っても、バリエーションは豊富ですよね。 中から自分にあったヘアカラーを選んで、暗い色でもおしゃれを楽しみましょう。 今回は「ダークトーン」の髪色について掘り下げてきましたが、中には「アッシュ系」の髪色が多く含まれていましたよね。 アッシュ系の髪色は昨今のトレンドとしても取り入れられています。 そんなアッシュ系の中でも人気が高い「アッシュベージュ」にスポットを当てて、詳しくまとめられているこちらの記事もおすすめですよ。

次の