ガンダム デスティニー スカイ。 【ガンプラ】HGBD ガンダムダブルオースカイ レビュー

【ガンプラ】HGBD ガンダムダブルオースカイ レビュー

ガンダム デスティニー スカイ

概要 [ ] が製作した。 とのによるバトルで大破したが生まれ変わった姿であり、その魂を受け継ぐ機体として大改修を行っている。 なお、改修にはのメンバーの協力も得た他、から渡されたダブルオーダイバーエースに関する改造案や問題点をまとめた分析表も参考にしている。 「に他作品のガンダムの要素を付加する」というコンセプトで作られており、特に『』に登場する「」のデザインや機能性が強く表れている。 また、これまでにリクが得たでの冒険や強敵とのバトルの経験もフィードバックされた。 背部のはデスティニーのウイングユニットを組み込む事でスカイドライヴユニットへと変化し、による光の翼が形成されるようになっている。 後にバックパックごとスカイドライヴユニットを下部へ移動させて肩の可動域を広げた格闘形態「ラッシュポジション」へと移行できるように改修された(ちなみにバックパックの移動機構は『』シリーズに登場する「」のそれに近い)。 「」も「トランザムインフィニティ」へと強化された他、リクが必殺技を手に入れてからは「ハイヤーザンスカイフェイズ」と呼ばれる形態へと移行できるようにもなっている。 武装も一新され、デスティニーの物を参考にバスターソードやロングライフルをスカイドライヴユニットにマウントしている。 これらのマウント部は共通化されており、両方に同じ武器をマウントする事も可能。 他にもバルカン砲が増設され、両腕部と両脚部にはスカイブレイサーとスカイレガースが装着されている。 近接戦闘が主体だったダブルオーダイバーエースと比べると、格闘戦能力を強化しつつも遠距離からの砲撃戦も可能となった事でバランスの良い汎用型の機体となっている。 胸部のクリアパーツの下はツカサとのバトルでつけられた傷がそのままになっており、「これまでの戦いを忘れないように」というリクの意思で敢えて残されている。 登場作品と操縦者 [ ] ダイバーは。 が同乗する事もある。 において初めて使用され、のコアユニット破壊に貢献した。 その後も様々な強敵とバトルを行い、その度に大破している。 装備・機能 [ ] 特殊機能 [ ] トランザムインフィニティ トランザムシステムとデスティニーの光の翼を融合させた本機独自のシステムで、高濃度のGN粒子を全面開放する際にウイングユニットでその開放量を加速させるというもの。 これによって、一時的ではあるがトランザムシステム以上の凄まじい性能強化ができるようになった。 なおトランザムシステムは使用時に全身が赤く染め上げられていたが、トランザムインフィニティではスカイブレイサーとスカイレガースのみが赤く染まり、それ以外の部分は赤みがかったカラーリングになる。 ハイヤーザンスカイフェイズ 必殺技を会得した事でトランザムインフィニティが更に変化した状態。 機体の内部を循環する高濃度GN粒子の速度が限界まで向上する事で、装甲表面の輝きが赤から高輝度の青へと変わる。 主に必殺技を使用する際に使う。 ラッシュポジション バックパックを下部へ移動させた格闘形態。 この状態では機体の重心が下がり、パワーこそ低下するが動作基点のスピードがアップすると同時に素早さとしなやかさを両立させた機動が行えるようになるので、格闘戦のみならず回避メインのバトルスタイルでも有効となる。 武装 [ ] バルカン砲 頭部に2門内蔵。 威力は高くない為、主に牽制や迎撃等に使用される。 ビームライフル 新規に製作された携行式のビーム砲。 複合兵装だったスーパーGNソードIIと違って射撃兵装としての機能に限定されており、それ故にスタイルはとてもベーシックなものになっている。 その一方で火力や精度はかなり高められる事となった。 ちなみにダブルオースカイ作成時にリクが描いたアイデアノートには、銃身部に「のビームライフルを参考にする!」、エネルギーパックに「のエネルギーパック?」と書かれている。 ロングライフル スカイドライヴユニットの左側にマウントされている大型のビーム砲。 デスティニーガンダムの「M2000GX 高エネルギー長射程ビーム砲」を基に考案・製作された物で、不使用時は折り畳まれている。 格納式のグリップが砲身の左右に設置されていて、ミッションに応じて右側にも装備できるようになっている。 バスターソード スカイドライヴユニットの右側にマウントされている大型剣。 デスティニーガンダムの「MMI-714 アロンダイト ビームソード」を基に考案・製作された物で、不使用時は折り畳まれている。 刀身部からビーム刃を形成し、相手を一刀両断する。 その威力は大型ですら破壊できる程とされる。 こちらもロングライフル同様、ミッションに応じて左側にも装備可能。 ビームサーベル 腰部フロントスカートに2本マウントされている。 収束率を強化した為、通常のビームサーベル以上の切断力が与えられている。 なお、GNビームサーベルのように出力を調整してビームダガーにできるかどうかは不明。 スカイブレイサー 両腕部に装着されている手甲型ユニット。 のアームカバーに似た形状になっており、先端部のフィンガーパーツを展開したマルチクローモードでは多様なビーム運用を可能とする。 また矢じり型のビームシールドを形成可能なシールドモードも存在する。 ちなみにリクのアイデアノートには「ゴッドガンダムかデスティニーガンダムを参考にする」と書かれている。 スカイレガース 両脚部に装着されている脛当て型ユニットで、リクが得意とするサッカーから採り入れられたと思われる。 ユニットを下側にスライドさせ、矢じり型のビームフィールドを展開させる事で相手が発射したビームを 蹴り返す事ができるようになる。 この状態では「ダイバーシュート」と呼ばれるエネルギー弾を直に蹴り出す攻撃も行える。 ちなみにこのビームフィールドはシールドとして転用可能で、射撃武器のように撃ちだす事もできる。 マーメイド・トライデント の武装。 ロータス・チャレンジで相手から奪い、要塞のコアユニット破壊の為に投擲している。 技・必殺攻撃 [ ] 格闘 ラッシュポジション時、徒手空拳での格闘攻撃を行う。 光の翼 スカイドライヴユニットから形成されるGN粒子の翼。 機体の推進力としては勿論の事、のように大型のビーム刃やビームシールドとして攻撃や防御にも優れた性能を発揮する。 ムゲンシュート スカイレガースからビームフィールドを展開し、をボール代わりにして相手に向かって蹴り飛ばす連携技。 ちなみにはこの技を繰り出す際、「 ボールは友達!!」という台詞を叫んでいる。 ハイパースカイザンバー ランクC以上で使用可能な攻撃。 バスターソードを一旦地面に突き刺し、光の翼をソード全体に纏わせてから取り出して相手に向かって振り下ろす。 におけるのとのバトルで使用可能となり、その威力はジーエンアルトロンの雷神散打をも超える程と非常に強力。 だが機体の完成度が追い付いていない為、使用するとその反動で動けなくなってしまう。 第25話(最終回)ではフェニックスモードのを媒体に光の剣を形成。 そのままにトドメを刺している。 ハイパースカイシューティング バスターソードではなくロングライフルを使用して、巨大な弓に変化させて矢を放つ技。 第24話の有志連合との戦いで使用している。 対決・名場面 [ ] 関連機体 [ ] 、 ベース機。 改修にはこの機体の要素が特に色濃く反映されている。 、、 改修案を作成する際に参考にした機体の一部。 『』に登場するガンプラ。 こちらもダブルオースカイと同様、チームのメンバーが協力して改修を行っている。 ヘビーウェポンシステムを装備した決戦仕様。 商品情報 [ ] [ ] 資料リンク [ ]• リンク [ ]•

次の

ニコニコ大百科: 「デスティニーガンダム」について語るスレ 2101番目から30個の書き込み

ガンダム デスティニー スカイ

HGBD ガンダムダブルオースカイ まずはボックスアートから。 パーツ分割での色分けが優秀なため、シールは少なめ。 関節にHGダブルオーガンダムのランナーが使われていますが、ダブルオーダイバーエースと違い 武器・外装は全て新規造形となります。 こちらが付属品一覧。 そして完成したHGBDガンダムダブルオースカイがこちら。 ダブルオーダイバー系ではガンダム顔でしたが、 ダブルオースカイではデスティニーやエクシア系統の顔になりました。 また、 脚まわりがガッチリとしたマッシブなデザインになっています。 関節・手・スカイドライヴユニットを支えるパーツがHGダブルオーガンダムからの流用パーツになります。 グレー以外のランナーは全てダブルオースカイの新規ランナーになっていたため、ほぼ新規キットといっていいと思います。 そして可動域は、最新ガンプラとして恥じない動きっぷりを見せてくれます。 手足は水平まで上がり膝立ちは余裕。 腰も360度回転するだけでなく、 脚はロール可動、そして かなり後ろまで持っていくことができます。 頭部は前後で合わせ目が出ます。 シバのバカ売れガンプラ、アストレイノーネイムに付けられた傷もバッチリと再現。 さすが主役機ですね。 胴体側面、肩上も合わせ目がありません。 バックパック側面の合わせ目の方が目立つぐらいで、ほぼ目立たないと言っても過言ではありません。 肩は前方向にこのぐらい可動します。 また、「デスティニーガンダムのウイングユニットを組み込んだ肩部」は先端紺色のウイングパーツを展開する事が可能です。 二の腕は筒状のパーツ、前腕部は段落ちモールド風の合わせ目になっているため 腕部は合わせ目が出ません。 肘関節外側は、HGダブルオーガンダム同様クリアパーツが使用されています。 腕側面の手甲型ユニット「 スカイブレイサー」は取り付け位置を変える事が出来ます。 モモ側面に合わせ目が出ます。 膝の外装パーツ下のグリーンはシールで補います。 カカト付近にも合わせ目アリ。 足裏は残念ながら肉抜きがあります。 アンクルガードは後ろについており、上下に結構動きます。 足先の可動域も優秀で、角度が自由に付けられます。 そのため接地性はバツグン。 つま先、カカトも。 通常版では再現できませんが、ハイヤーザンスカイフェイズ版のスカイレガース(シュート攻撃)展開用に設計されています。 バックパックとスカイドライヴユニットの接続はボールジョイントになります。 HGダブルオーライザーの頃からですが、このあたりの接続強度は丁度良くストレスフリーになっています。 デスティニーガンダムの高エネルギー長射程ビーム砲と同じような展開方法ですね。 ロングライフルで攻撃するダブルオースカイ! 武器がそこそこ重く、ハンドパーツが外れやすいです。 気になるモデラーさんは要加工ポイント。 次はバックパックの位置を下げ、 ラッシュポジションにさせてみます。 ガンダムダブルオースカイ、ラッシュポジションがこちら。 展開方法も超簡単なので一瞬で形態変化させる事ができます。 ロータスチャレンジで サハギンガンダム マーメイドガンダムと交戦するダブルオースカイ! ロングライフルでマーメイドガンダムの頭部を撃ち抜くダブルオースカイ! 地味に マーメイド・トライデントをパクっていたリク。 16話で超強い スーパーショックガンダムに負けそうなダブルオースカイ! 「行くわよー、りっくん!」 「オーケー!」 「ボールはともだち!」 「必殺!ムゲンシュート!!」 この二人の 息ぴったり感いいよね……。 HGBDモビルドールサラと。 バックパック中央のカバーは開きます。 同日発売の スカイハイウイングスを装備させてみた。 このカスタムパーツ、 想像以上にデカいので迫力あってオモロイぞ!w HGBDガンダムダブルオーダイバーエースと比較。 外装全てや顔、武器、シルエットが違うので全くの別機体になりました。 ハイヤーザンスカイフェイズのダブルオースカイと比較。 主な変更点は成形色の他、 クリアのエフェクトパーツが付属する点になります。 ビルドダイバーズ集合! 満足じゃ……。 HGBD ガンダムダブルオースカイの感想 という事でHGBD ガンダムダブルオースカイのご紹介でした。 目立つ本体の合わせ目は頭部とモモの側面程度で、 パーツ分割による色分けも良く、 可動域も広いという さすが最新ガンダム作品の主役機といったガンプラでした。 敢えて弱点をあげるとすれば、バスターソードの重さで手首が垂れ落ちる点・ロングライフルのドライヴへの接続が多少ポロリしやすいぐらい。 どこも軸を太らす等の小加工で解決できそうな点なので、誰にでもオススメのガンプラといった感じ。 ハイヤーザンスカイフェイズの方が豪華版というような成形色ですが、こちらの 落ち着いた通常モードの成形色も綺麗でかっこいいと思います。 ただ、 この通常版は光の翼やスタンドは付属しないため「追加エフェクト類が全部欲しい!」というモデラーさんは、多少値段が上がりますがハイヤーザンスカイフェイズ版の方がおすすめです! 以上、「HGBD ガンダムダブルオースカイ」のガンプラレビューでした!.

次の

ホビーサーチ

ガンダム デスティニー スカイ

ネオ・ロアノーク Neo Roanoke [ ]• 登場作品:、• 声優:子安武人• 種族・性別:・男• 生年月日:• 年齢:--歳• 身長:---cm• 体重:---kg• 血液型:• 役職・称号など:指揮官、パイロット• 主な搭乗機:、、• キャラクターデザイン: の特殊部隊「」指揮官。 直属の部隊で、、、の3人のを部下に持つ。 の最新型群「」を奪取し、追撃を受けながらも持ち前の指揮能力で相手を出し抜く。 命令を尊守し、優れたパイロットであると同時に優れた指揮官でもある優秀な軍人。 精神的に不安定なエクステンデッド3人もネオを強く信頼しており(研究所での「調整」によってそうされているとの資料もある)、人柄もひとかどのものではないことが伺える。 パーソナルカラーは赤紫で、搭乗機は宇宙では、地上ではを駆る。 にステラを乗せ、その護衛に付くが撃墜されて機体からを投げ出された。 から見えた彼の姿は死亡したと思われたであった。 地球連合軍に救出されたムウはジブリールにより偽の記憶を植えつけられ、ネオとして生きていた。 暫くはアークエンジェルで拘束されたまま過ごすが、ザフトがオーブ侵攻の際にを与えられ解放される。 だが地球連合軍へは戻らずマリューのもとにいることを選択。 自分の本当の居場所はアークエンジェルであると悟り、共に戦うことを誓った。 その後からを託された。 最終局面でミネルバの陽電子砲をその身で受け止めた際にフラッシュバックを起こし、ムウとしての記憶を取り戻す。 そして、アスランと供にアカツキでザフト軍を正面突破し、レクイエムを破壊して勝利に貢献した。 その後は愛するとの感動の再会をし、戦後は共にオーブで過ごした。 「DESTINY」放映開始から「ネオの正体はムウでは?」という話題は多く聞かれた。 あまりにもわざとらしいほどに「ムウっぽさ」が多かったため、ミスリードを誘う目的ではないかとさえ言われた。 彼の正体を声優から推察するにあたっては「仮面の貴公子はガンダムWでやった(子安武人氏はミリアルド・ピースクラフト=ゼクス・マーキス役)」頭髪がムウと同じ金髪であることに関しては「2年で伸びるには長すぎる」「フルフェイスの後ろ髪だけではなんとも言えない、ウィッグの可能性もある」など決め手に欠け、一方劇中では若々しく真っ直ぐで裏表のないムウ・ラ・フラガと異なり、人心掌握に長けた謀略家という正反対な性格であった。 一時は「ラウ・ル・クルーゼがアル・ダ・フラガのクローンであったことから、ネオはムウのクローン」説も流れたほど。 そしてなにより前作「SEED」のTV放映時の最終話では バイザーの割れたムウのヘルメットだけが宇宙空間に漂っているカットがあったため、「宇宙空間をヘルメットなしで生存するという不可能はさすがに可能にできない」「救出された後に捨てたのでは?」などなど様々な憶測が流れた。 これは後にスペシャルエディションで修正されている。 登場作品と役柄 [ ] 人間関係 [ ] 彼の直属の上司。 彼の命令には逆らえなかった。 彼の部下。 ステラから慕われていたが、結局、彼女を道具として使ってしまった。 自軍の同胞を悉く奪っていった怨敵……ではあるが、囚われの身となっていたステラを返してくれたことから悪い様には思っていなかった。 ムウと感動の再会をするが、彼は「ネオ」と思い込んでいたため、悲しんでいた。 しかし…。 名台詞 [ ] 「ああ、ステラもこれでまた、戦わないとな……でないと怖いものが来て、私達を殺す」 ステラに怖いものを殺せば、ステラも心から解放されると言った。 「はぁ…なんでお前までそう呼ぶの?俺はネオ・ロアノーク、た・い・さ!」 アスランに「」と呼ばれて。 この反論を聞いた後、アスランは遅まきながら居るはずのない人物が今目の前に居る事に気づいて驚く。 ちなみに二階級違えばその立場は天と地ほども違うと言われ、作戦中に命を落とせば二階級特進=階級二つは命の重さ。 そう考えればネオも頭に来るというもの。 「大丈夫、あんたらは勝てるさ。 なんたって俺は不可能を可能にする男だからな。 」 スカイグラスパーで逃げるように勧められたにも拘わらずにアークエンジェルを助けた際の言葉。 無意識の内に言ったこの言葉は改めてマリューに彼がムウだと確信させる。 「アンタが苦しいのは分かってるつもりだ。 でも、俺も苦しい…」 マリューを気遣い、アークエンジェルで彼女を守るため戦うことを決意した。 「大丈夫だ!もう、俺は、どこにも行かない!」 「終わらせて帰ろう…マリュー!!」 撃沈されるという瀬戸際でアークエンジェルを守ることで再び不可能を可能にし、ムウとしての記憶が戻った瞬間。 「えらい数だな、こりゃあ…。 が、数だけいたってねえ!」 アカツキを駆り、複数のザフト軍モビルスーツをあっさり撃墜するムウ。 完全復活して生き生きとしている。 搭乗機体・関連機体 [ ] 商品情報 [ ] 話題まとめ [ ] 資料リンク [ ] リンク [ ]•

次の