テドロス エチオピア。 WHOテドロス事務局長の発言がヤバい!エチオピアで受け入れたら?【クルーズ船拒否を批判】

「テドロス氏を守ろう!」と中国紙、エチオピア外相時代に1兆円融資と明かす

テドロス エチオピア

2017年12月14日、東京都にて(右)と 公共の保健機関で働き、2017年からの事務局長(Director-General)。 エチオピア政府で2005年から2012年にかけてを 、2012年から2016年にかけてを務めた。 テドロスは、を卒業後、1986年に保健省に入った。 国際的に認められているマラリア研究者、として、テドロスは、保健サービスを提供し、主要な結果を大幅に改善したことで、革新的でシステム全体の健康改革を称賛された。 その中には、約40,000人の女性を健康増進労働者として雇用し訓練したことが挙げられ、乳児死亡率を2006年には出生1,000人あたり123人の死亡から、2011年の88人まで削減し、医師や助産師を含む健康幹部の雇用を増やした。 2009年7月、2年間の任期で()の理事長に選出された。 テドロスは、2017年5月23日、総会での事務局長に選出された。 2017年7月1日から任期は5年間。 初期の人生と教育 テドロスは、1965年にの で、Adhanom GebreyesusとMelashu Weldegabirの間に生まれた。 家族はティグレイ州のエンデルタ・アラジャ出身で、子供の頃、彼はマラリアによって引き起こされた「死に直面する不必要な苦痛」を体験した。 1986年、から生物学の学士号(BSc)を取得し 、公衆衛生の専門家(junior expert)として(エチオピアの旧体制)保健省に加わった。 の退陣後、テドロスは衛生学熱帯医科学院( LSHTM ) で感染症の免疫学の修士号を取得。 その後、2000年、で地域保健学の博士号(Ph. )を取得し、「エチオピア北部のティグレイ地域でのマラリア伝播に対するダムの影響と適切な管理措置」に関する博士論文を発表した。 初期のキャリア ティグレイ地域保健局長 2001年、テドロスはティグレイ地域保健局長に任命された。 局長として、テドロスは、この地域の罹患率を22. 3%削減し、の症例を68. 5%削減したとされている。 地域のほとんどの病院と診療所にコンピューターとインターネット接続を整備し、ICTアクセスを改善するキャンペーンを監督した。 医療スタッフの配置が50%増加した。 はしかの予防接種率は子供の98%に引き上げられ、12か月未満のすべての子供の合計予防接種は74%に引き上げられた。 Tigray Regional Health Bureauに対する政府の資金提供の割合は65%に増加し、外国からの資金援助の割合は35%に低下した。 全体として、人口の68. 5%が10km以内にヘルスケアサービスを提供された。 保健大臣 2003年後半、彼は保健副大臣(deputy minister)に任命され、1年強務めた。 この間、野心的な健康改革アジェンダを作り始めた。 保健大臣 テドロスは2005年10月に首相によって保健大臣(Minister of Health)に任命された。 貧困、貧弱なインフラ、世界的な経済状況の悪化という観点から保健省が直面する多くの課題にもかかわらず、健康指標の進展はエチオピアでは「印象的」と考えられていた。 2005年から2008年にかけて、エチオピア保健省は4,000のヘルスセンターを建設し、30,000人以上の健康増進労働者を訓練および配置し、病院管理専門家の新しい幹部を開発した。 さらに、2010年、エチオピアは米国国務省により、米国グローバルヘルスイニシアチブプラス国の1つとして選ばれ、米国は革新的なグローバルヘルスの取り組みを支援することとなった。 2005年に保健大臣に就任すると、テドロスは強いビジョンを持つ省庁を継承したが、そのビジョンを満たす能力はほとんど無かった。 経済的余剰はほとんどなく、国は独自の医療システムを構築する能力を欠いており、健康のためのエチオピア人的資源の多くは国外へ逃げ出した。 たとえば、にはエチオピア国内よりも多くのエチオピア人の医師がいる。 テドロスは、何千人もの医師、看護師、薬剤師、検査技師、および保健担当者の訓練と展開をもたらした医療従事者の「洪水(flooding)」改革戦略を設計した。 医師の労働環境とモチベーションを改善する革新的な努力で、特に評価されている。 保健大臣として、テドロスは元アメリカ大統領と、を含むほとんどの世界的な健康キープレーヤーと密接な関係を築くことができた。 クリントンと厚労省のパートナーシップの根拠は、平等なパートナーの関与の上に構築された。 テドロスは、選ばれた議題に焦点を当て続けるリーダーシップ、必要に応じて立法を可能にすることを促進する政治的影響力、必要なものの直接的な知識を、パートナーシップにもたらした。 その結果、テドロスは、その目標をよりよく達成するために、省を再構築し改革することができた。 グローバルヘルスイニシアチブ エチオピア・テドロス保健大臣としての時代には、グローバルな健康イニシアチブに非常に積極的であり、グローバルな健康アーキテクチャのより広い領域での彼の影響の足跡を残した。 エチオピアは、国際保健パートナーシップ署名した最初の国である。 彼は、ロールバックマラリアパートナーシップ()の議長 (2007-2009)、プログラム調整委員長(2009-2010)、世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバル基金)議長 ()(2009-2011)および 妊産婦、新生児および小児の健康( )共同議長 (2005-2009)を務めた。 彼はまた、ワクチンおよび予防接種のためのグローバルアライアンス ( ; GAVI)委員、健康指標および評価研究所(Institute of Health Metrics and Evaluation; IHME)および結核撲滅パートナーシップ調整委員会( )のメンバーも務めた。 アスペン研究所 やハーバード大学公衆衛生学 など、いくつかの学術的および世界的なヘルスシンクタンクのメンバーでもあった。 また、2007年5月14〜23日に開催された第60回世界保健総会()の副会長も務めた。 2008年から2009年まで、彼はと共同議長を務める、医療システムのための革新的な国際金融に関するハイレベルタスクフォース(High Level Taskforce on Innovative International Financing for Health Systems)のメンバーだった。 テドロスは、2009年7月に2年の任期でグローバル基金の理事長に選出された。 2010年4月に公開されたプロフィールで、の報告によると、テドロスが理事会議長として選出される前は「グローバル基金事務局の一般名」であったが、彼のリーダーシップによりエチオピアの発展が模範として挙げられるようになったことが、グローバル基金で定期的に引用された。 グローバル基金理事長就任スピーチで、彼は「この圧倒的な支持の投票の名誉は私の国、エチオピアに属し、私は代表することを非常に光栄に思っている。 私はこの選出を謙虚に受け止め、それに伴う責任の重さを認識している。 グローバル基金は今後大きな課題に直面する。 しかし私は、このユニークで革新的な組織が今後も成功し続けることを確実にするために、私たちが今持っている素晴らしい機会について楽観的である。 」と述べた。 テドロスは在任中、重要な課題に対処し、包括的な改革アジェンダとより効率的かつ効果的なグローバル基金の開発につながる重要な決定を下すようにリードした。 理事会は、在任期間終了時点での彼の卓越したリーダーシップを認め、「彼は高いコミットメントと情熱をもってグローバル基金に貢献してきた。 彼はコミットメントと決意をもって包括的な改革アジェンダを主導した。 」と評した。 ミレニアム開発目標 エチオピアは、(MDG)を達成するという点で、国連によって「成功物語」の1つとして注目されている。 8つのMDGのうち3つ(目標4〜6)は、健康問題に直接関係する。 子どもの死亡率を減らす• 妊産婦の健康状態の改善• 乳児死亡率は、出生1,000人あたり77人から59人へ23%減少し、5歳未満児死亡率は、出生1,000人あたり123人から88人へ28%減少した。 2011年のエチオピア人口統計調査によれば、熟練を受けた者の介助で出産した妊婦の数は、2005年の6%から2011年の10%に増加した。 結核 テドロスの在任中、結核予防および治療は健康増進のための労働者による包括業務の1つとして含まれていたため、パフォーマンスが大幅に向上し、結核のMDG目標時間よりもかなり早く達成された。 マラリア マラリアによる死亡者は2005年から2007年にかけて50%以上減少した。 同期間中、マラリアの新規入院者数は54%減少し、診療所で報告された小児マラリアの症例数は60%減少した。 保健省は、2005年から2008年にかけて、マラリアが発生しやすい地域で1000万人以上の家族を保護するために殺虫剤処理したを2050万張配布した。 WHOアフリカ事務所(WHO-AFRO)によれば、2011年にテドロスが保健大臣であったとき、エチオピア国土の75%と人口の60%がマラリアにさらされていたが、近年、マラリアの入院と死亡がわずかに減少した(afro. who. html)。 2012年にテドロスがエチオピア保健省から外務省に移る前に作成した、国のマラリアガイドライン(The National Malaria Guideline)の第3版は、「5,200万人(68%)がマラリアのリスク地域に住んでいる」と記述されている。 この文書はさらに、「エチオピアはアフリカで最もマラリアを起こしやすい国の1つであり、罹患率と死亡率はにより劇的に(すなわち3. 5倍)増加する」(p. 15、詳細はmalariaconsortium. orgを参照)とし、2013年まで保健大臣であったテドロスの重大な政策失敗を主張している。 「エチオピアは、熟練した医療従事者の不足、離職率の高さ、医療従事者の定着不足など、医療の人材に関連する多くの課題に直面している」と主張している(p. 64)。 これらの課題に加えて、国のマラリアガイドラインは、「健康介入とパートナーの調整実施における深刻な問題」(p. 65)を再度強調している。 エイズ テドロスの下で、保健省は、アフリカで最も多くの新規HIV感染を出していたエチオピアの記録を覆すことができ、その数を劇的に減らした。 有病率は2桁だったが、都市部で4. 2、農村部で0. 6に減少した。 HIV治療を開始する人の数は、2005年から2008年の間に150倍以上増加した。 感染率の低下は、医薬品を提供し、さまざまな啓発プログラムを組織する保健省の協調した努力に起因している。 人々をHIV予防と制御活動に統合することに成功した。 病気について一般市民に知らせるための幅広いメディアキャンペーンは、行動の変化を起こすことに役立ち、間違いなく有効だった。 コンドームの使用などの予防策の広告は、の実践とコンドームの使用を促し、病気に対する認識の高まりとともに急増している。 家族計画 テドロスの在任中、エチオピアの家族計画に対し対処されていなかった要求は低下し、避妊具使用率は5年で倍増した。 現在の傾向に基づいた予測では、避妊具使用率は、620万人の女性と思春期の少女に到達することにより2015年までに65%に達するとされた。 保健省は、幼い母親による育児が乳児死亡率の主要な要因であることを認識し、家族計画が必要で最も対処されていない思春期の少女(15〜19歳)を対象としている。 2012年11月、テドロスは、党首(兼首相)として承認された後、の内閣改造の一環として、に任命された。 第3回開発のための資金調達会議(FfD3) テドロスは、2015年7月13〜16日にエチオピアのアディスアベバで開催された会議の成功に貢献し、交渉と合意形成スキルを示した。 彼は二極化されたポジションを近づけることで、フォーラムを崩壊から救う重要な役割を果たした。 アディスアベバ・アクション・アジェンダ (; AAAA)と呼ばれる成果文書は、(SDGs)の実施を支援するために、金融、技術、革新、貿易、およびデータのすべてのソースを利用する加盟国による政策行動を設定している。 しかし、会議は、プロセス中にSDGsを実施するための新しい資金を見つけられなかったため数名のオブザーバーによって批判された 、一方、コミットメントを監視するフレームワークのモニターは、Economic and Social Council Forum in April 2016において、さらに懐疑的なコメントを出している。 テドロスは、元世界銀行総裁兼英国首相が議長を務める、ヘルスシステムズの革新的資金調達のためのハイレベルタスクフォース(High Level Task Force for innovative financing for Health Systems)のメンバーを務めた。 アフリカ連合のアジェンダ2063 テドロスは、2014年のアフリカ連合(AU)理事会の議長として、アフリカの政治的および社会経済的ガバナンスと開発におけるパラダイムシフトが、アフリカ大陸の長期的な課題を実現するために必要であると強調した。 彼は、アフリカが、経済解放、平和と安定、急速な経済成長の加速、ガバナンスと民主化の問題に焦点を合わせる必要性を強調した。 在任中、AUはアジェンダ2063の最初の10年の実施計画を採択した。 これは、包括的成長と持続可能な成長に基づき、繁栄したアフリカを達成するためのロードマップである。 紛争解決における彼のリーダーシップとスキルは、医療サービスの提供を改善し、ソマリア市民の安全とセキュリティを保護するために重要であったソマリア連邦政府とジュバランド政治主体間の合意などの、地域紛争の解決にも役立っている。 西アフリカのエボラ危機 テドロスは外務大臣として、アフリカ連合のエボラ流行への対応において極めて重要な指導的役割を果たした。 彼は特に、国の所有権の拡大を促進し、国際保健規制の完全な実施を含むWHOガイドラインの遵守を各国に促した。 また、エボラ危機はプライマリーヘルスケアを強化し、重大な安全保障問題としての健康の重要性を強調するユニークな機会を提供することを主張した。 2014年11月に開発コンサルタントのデベックス()が行った取材で、テドロスは、エボラに対する世界的な対応で彼を「失望させた」こと、アウトブレイクを克服するための連帯の重要性、致命的なウイルスがどのように変化し、健康を超えた危機に至ったかについて語っている。 また、公衆衛生上の緊急事態の管理とサーベイランス(保健大臣だったときに作成したイニシアチブにより)で、高度に訓練された200人のエチオピアの医療従事者をアフリカ連合対応チームに参加させた。 ヒダーゼ論争 2013年5月、エチオピアがダム建設のためにを流用し始めたため、スーダン近郊のに建設中のヒダーゼダム(Hidase Dam)をめぐる論争が激化した。 その時点で22%以上が完成し、ダムは6,000メガワットを生産するアフリカ最大の水力発電所になる予定だった。 約700億立方メートルの貯水能力を持ち、2014年に貯水開始予定とされた。 エジプト、エチオピア、およびスーダンは、ダムの調査報告書を審査および評価するため、国際専門家委員会を設立した。 委員会は3カ国から6人、国際的に4人の計10人で、水資源および水文モデリング、ダム工学、社会経済、および環境の分野の専門家構成された。 委員会は2012年11月にアディスアベバで4回目の会議を開催した。 ダムの環境への影響に関する文書をレビューし、現地を視察した。 委員会は2013年5月末に予備報告書をそれぞれの政府に提出した。 完全な報告書は政府によってレビューされるまで公開されないが、エジプトとエチオピアは詳細を発表した。 エチオピア政府は、報告書によると、ダムは国際基準を満たしており、エジプト、スーダン、エチオピアにとって有益であると述べた。 エジプト政府によると、報告書はダムの面積と容積を変更する必要があるとしている。 2013年6月3日、大統領と国際専門家委員会の報告について議論している間に、エジプトの政治指導者は反政府勢力への支援を含め、ダムを破壊する方法を提案した。 会議に出席している人々が知らずにテレビで生中継された。 エチオピアは、エジプト大使に説明を求めた。 モルシ大統領の首席補佐官は「恥ずかしい思いをさせたこと(unintended embarrassment)」を謝罪し、閣僚は「どちらの当事者も他方を傷つけることなく、良好な隣人関係、相互尊重、共同利益の追求」を促進する声明を発表した。 モルシは、エチオピアを強制するよりも、エチオピアに関与する方が良いと考えていると伝えられている。 しかし、2013年6月10日には、「エジプトの水安全保障はまったく侵害されない」ため「すべての選択肢が開かれている」と述べ、「戦争を求めていない」が、エジプトの水資源が危機にさらされていることを認めなかった。 テドロスは、ダムは発電専用に使用され、エジプトの水安全保障上の懸念を考慮した方法で建設されていると述べた。 同年6月18日、テドロスとエジプトのMohamed Kamel Amr外相は、「二国間の相互関係を強化し、信用により両国間すべての未解決問題に関して意見を一致させる努力を調整し、約束と関係性の前向きな発展」と繰り返した。 両者は、国際専門家委員会の報告書を見直し、その提言を実行することで合意し、緊張を和らげ、危機を緩和するよう努めた。 世界保健機関事務局長 立候補と選挙 2016年5月24日、第69回世界保健総会 World Health Assembly 会合で、テドロスは、からの支持を得て、唯一の候補者として事務局長に立候補することを公式に発表した。 ジュネーブでの正式な出馬には、委員会Nkosazana Dlamini-Zuma委員長、およびの外務大臣、アルジェリア保健大臣が出席した。 テドロスの指名は、功績と彼の豊富な国家的および世界的信任に基づいていることが強調された。 彼の選挙運動におけるキャッチフレーズは「より健康な世界のために(Together for a Healthier World)」だった。 選挙運動のトップはエチオピア系アメリカ人弁護士と、産婦人科教授であるSenait Fissehaだった。 選挙期間中、彼女はスーザントンプソンバフェット財団の国際プログラムディレクターでもあった。 彼女は2015年から女性の健康と生殖の権利を世界的に推進するために務めている。 彼女は後にテドロスの移行チームを率いた。 エチオピアの国連およびジュネーブの国際機関の大使であるNegash Kebret Botoraも、この選挙運動で重要な役割を果たした。 この選挙運動一部は、東アフリカ諸国による基金によって支援された。 テドロスはまた、米国に本拠を置くロビー活動会社であるMercury Public Affairsも登用した。 2017年1月に開催された第140回会議で、の執行委員会が2回非公開の投票を行い、6人の候補者の中から最優秀候補者としてテドロスを選出した。 彼は双方で最も多く票を集めた。 2017年5月23日、テドロスは185人中の133票という圧倒的得票数で、世界保健機関の次期事務局長に選出された。 この選挙は歴史的であり、WHOを率いる最初のアフリカ人になり、すべての加盟国に開かれた投票で選ばれた最初の事務局長になった。 在任中 Houlin Zhaoとテドロス(2017年) テドロスは、の最優先事項としてを掲げた。 この問題について運動を行い、事務局長としての彼の最初のスピーチ、および第72回のセッションを通し、この焦点を繰り返した。 2017年10月、シニアリーダーシップチームを発表した。 60%を女性が占めている。 テドロスは、男女平等へのコミットメントを称賛された一方、透明性の欠如に対する批判も受けた。 彼は、のTereza Kasaevaに、市民社会の意見を求めずにWHO世界結核プログラムを主導するよう任命した。 市民社会団体は、任命の数日前に、プログラムの新主導者を任命するための、公開された競争過程を求める公開状を発行していた。 ムガベ親善大使の論争 2017年10月18日、テドロスは、の 大統領を、アフリカの非感染性疾患()への取り組みを支援するWHOに任命したことを発表した。 テドロスは、ジンバブエは「すべての人々にヘルスケアを提供する政策の中心に普遍的な健康保険と健康増進を置く国」だと述べた。 ムガベの任命は厳しく批判され、WHO加盟国および国際機関はジンバブエの医療制度が実際に彼の政権の下で後退したとし、ムガベの多くの人権侵害を指摘した。 また、ムガベ自身が自国の医療制度を使用せず、治療のためにシンガポールに旅行することも指摘された。 オブザーバーは、選挙運動での働きに対する功労人事を行った、とした。 マリのミシェル・シディベ とセネガルのアワー・マリエ・コル・セック()を同等に(一部からは、さらにひどく言われている)扱わず、テドロスが唯一のアフリカ連合候補として不透明な過程で選出された際、ムガベはアフリカ連合の議長を務めていた。 ムガベ判断はソーシャルメディアで広く疑問視された。 著名な医学雑誌Lancetの編集長は、テドロスを(事務総長; Director-Generalではなく) Dictator-General(独裁者)と呼称した。 広範囲から非難された後、2017年10月22日、テドロスはムガベの親善大使の役割を廃止した。 批判とスキャンダル コレラ流行隠蔽疑惑 WHO選挙の直前の2017年5月、エチオピアで発生した可能性のある3つのコレラ流行(2006年、2009年、2011年)の隠蔽についての話題が浮上した。 の重要性を軽く扱おうとして、は検査により の確認がなかった場合、コレラの症状である「急性水様性下痢」(acute watery diarrhea; AWD)と間違った診断をされた、と言われている。 国連当局者は、発生がコレラと確認された場合、より多くの援助とワクチンがエチオピアに届けられた可能性があると述べた。 ライバル候補である英国のデイビッド・ナバロ()の顧問を務めていたアメリカの法学教授ラリー・ゴスティン()によって申し立てがあった。 アフリカ連合の国連代表団は、 に掲載された報告書を「根拠のない未確認の名誉棄損政治工作であり、選挙の数日前に都合よく発表されたもの」として、却下した。 テドロスは、隠蔽の申し立てを否定し、彼自身が「土壇場の名誉を傷つける政治工作」と呼ぶものについて「まったく驚いていないが、非常に失望している」と述べた。 テドロスは誇張された業績と経歴についても批判されているが、その批判とは彼の業績や経歴がの健康状態に関するWHOの声明「 エチオピアの健康状態は、低収入のに属しているとしても貧弱なものである。 HIV、マラリア、結核、腸内寄生虫、急性呼吸器感染症、下痢症などの予防可能な疾患の大きな負担に苦しんでいる」と矛盾しているとするものである。 2019新型コロナウイルス流行への対応に対する批判 2020年に入り、前年から中国・武漢を皮切りに全世界にわたって爆発的に流行している(Covid-19)の対応を巡り、テドロスを筆頭としたWHOがたびたび中国への配慮や擁護を繰り返す発言を行い、結果ウイルスの世界的な拡散を招いたとして批判の声が上がっている。 オンライン上の署名サイト「Change. org」では「即座に辞任すべき」とテドロスの解任署名キャンペーンが1月31日から始まり、4月25日時点で約100万9000筆もの署名が全世界から集められている。 WHOへの最大の資金拠出国であり、特に感染被害が大きいアメリカの大統領は、WHOが中国寄りのスタンスを取り続け、世界に不適切な提言を行っていると批判し、WHOへの拠出金を停止する考えを表明する など強硬姿勢を強めているが、テドロスは同月22日の会見でアメリカの資金拠出停止への翻意を訴えるとともに、「人の命を救うという神聖な仕事に、これからも昼夜問わず取り組む」と強調し、辞任を否定している。 受賞と著作 世界的に有名なマラリア研究者であるテドロスは、Annals of Tropical Medicine and Parasitology, The Lancet, Nature and Parasitologia and the British Medical Journalといった著名な科学雑誌で、マラリアや他の世界的な健康問題に関する多数の論文を共著している。 テドロスの独創的な研究により、アメリカ熱帯医学衛生学会から最優秀若手研究者賞を受賞し、2003年にエチオピア公衆衛生協会から若年公衆衛生研究者賞を受賞した。 2011年、米国感染症財団により授与されたJimmy and Rosalynn Carter Humanitarian Awardの最初の非アメリカ人受賞者になった。 2012年3月、ロンドンスクールオブハイジーンアンドトロピカルメディシンのHonorary Fellowship、およびイェール大学のStanley T. Woodward Lectureship 2012 を受賞した。 彼はまた、2016年5月19日に開催された第4回Women Deliver Conferenceで、女性と女児の生活を改善するための精力的な努力に対して、Women Deliver Awardを受賞した。 1997年に博士課程の一環としてコースを受講したスウェーデンのウメオ大学から、2018年10月、名誉医学博士号を授与された。 同様の栄誉が2019年にから授与された。 2012年 世界を変える50人のうちの1人 テドロスは、英国のによる「2012年 世界を変える50人」の一人に選ばれた。 「テドロスは革新的な技術を使用し、何百万人ものエチオピア人の命を救ってきた。 高価な病院を建設するのではなく、35,000人の医療従事者を訓練するプログラムを立ち上げた。 医療従事者たちはその後、エチオピアのほぼすべてのコミュニティ、特に最も脆弱で、十分なサービスを受けていないことが多い女性と子供たちにケアを提供し続けた。 この結果、女性は家族計画を利用できるようになり、出産のタイミングと間隔を計画できるようになった。 そして今、子どもたちは、肺炎、マラリア、下痢などの致命的な病気から命を救うワクチンを接種し、治療を受けられるようになった。 5年間で、彼の研究により、5歳未満のエチオピアの子どもの死亡率が28%減少した。 Does it get more inspiring than that? (これ以上刺激的なことってありますか?)」 2015年 最も影響力のあるアフリカ人100人のうちの1人 イギリスで最も売れている汎アフリカの雑誌であるニューアフリカンマガジンは、テドロスを、2015年の政治と公共サービスの分野で最も影響力のある100人のアフリカ人の1人として挙げた。 雑誌は「先駆者」と名付け、エチオピア保健大臣として革新主義者のアジェンダを表明し、そこで健康増進労働者の大規模な展開を通じて国の健康部門を変革し、結果として大きな利益を得たことを評価した。 同誌は、テドロスが外務大臣として再び人民を政策の中心に置き、大規模なSNSフォロワーに言及した、と述べた。 エチオピアの戦略的な地域介入と、スーダンとソマリアの調停における重要人物としての彼の役割は、2015年のアフリカでもっとも影響力のある一人として名を挙げることに貢献した。 私生活 テドロス・アダノムは既婚者で、5人の子どもがいる。 2017年2月14日時点のよりアーカイブ。 2018年10月10日閲覧。 AFPBB News. 2020年3月19日. 2020年3月19日閲覧。 STAT 2017年5月23日. 2019年7月14日時点のよりアーカイブ。 2017年7月7日閲覧。 2017年7月1日. 2018年4月18日時点のよりアーカイブ。 2017年7月31日閲覧。 Ministry of Foreign Affairs. Ethiopian Ministry of Foreign Affairs. 2012年7月5日時点のよりアーカイブ。 2013年6月18日閲覧。 Harvard University. 2013年10月13日時点のよりアーカイブ。 2013年6月18日閲覧。 USAID Ethiopia. USAID. 2020年2月7日閲覧。 The Lancet 375 9724 : 1429. 2013年6月18日閲覧。. Jr, Donald G. Mcneil; Cumming-bruce, Nick 2017年5月23日. The New York Times. の2017年5月23日時点におけるアーカイブ。 2017年5月23日閲覧。 World Health Organization 2017年5月23日. 2017年5月25日時点のよりアーカイブ。 2017年5月25日閲覧。 Belete, Pawlos 2011年12月19日. Capital Ethiopia. の2013年10月12日時点におけるアーカイブ。 2013年6月18日閲覧。 Bulletin of the World Health Organization the World Health Organization 87 7. 2009-07. 2020年3月21日閲覧。. The Rockefeller University 2017年6月5日. 2020年3月21日閲覧。 Electronic Theses Online Service. 2014年3月7日時点のよりアーカイブ。 2013年6月18日閲覧。 Bureau of Health, Government of the National Regional State of Tigray. 2008年7月24日時点のよりアーカイブ。 2013年6月18日閲覧。 Ministerial Leadership Initiative for Global Health. 2014年3月7日時点のよりアーカイブ。 2014年3月7日閲覧。 Global Health Governance V 1. 2013年6月18日閲覧。. Roeder. HSPH News. 2013年10月12日時点のよりアーカイブ。 2013年6月18日閲覧。 プレスリリース , WHO, 2009年5月9日 , 2020年2月22日閲覧。 The Global Fund 2011年5月12日. 2016年1月21日時点のよりアーカイブ。 2020年2月22日閲覧。 IRIN. 2010年12月16日. の2014年3月7日時点におけるアーカイブ。 2013年6月18日閲覧。 AIGA Forum. 2013年9月17日時点のよりアーカイブ。 2013年6月18日閲覧。 AllAfrica. 2012年7月11日. の2014年3月7日時点におけるアーカイブ。 2013年6月18日閲覧。 United Nations 2015年. 2019年3月28日時点のよりアーカイブ。 2017年6月29日閲覧。 CCUN. org. 2015年7月22日. の2017年2月2日時点におけるアーカイブ。 2017年1月21日閲覧。 United Nations 2016年. 2019年7月4日時点のよりアーカイブ。 2020年1月24日閲覧。 Robert Fryatt; Anne Mills 2010. Bulletin of the World Health Organization 88 6 : 476—477. 2016年4月17日閲覧。. Jacques Jimeno 2014年11月17日. 2017年2月22日時点のよりアーカイブ。 2017年2月22日閲覧。 The Africa Channel 2014年12月20日. 2017年2月22日時点のよりアーカイブ。 2017年2月22日閲覧。 Tesfa-Alem Tekle 2012年12月1日. Sudan Tribune. の2012年12月2日時点におけるアーカイブ。 2020年2月22日閲覧。 Inside Ethiopia. 2013年6月1日. の2013年6月22日時点におけるアーカイブ。 2013年6月7日閲覧。 Egyptian State Information Service. 2013年6月2日. の2018年2月28日時点におけるアーカイブ。 2013年6月7日閲覧。 New York Amsterdam News. 2013年6月6日. の2013年6月15日時点におけるアーカイブ。 2013年6月7日閲覧。 Business Insider 2012年10月13日. 2013年6月8日時点のよりアーカイブ。 2013年6月7日閲覧。 Washington Post. 2013年6月6日. 2013年6月7日閲覧。 2013年6月10日. の2013年6月11日時点におけるアーカイブ。 2013年6月10日閲覧。 Kortam, Hend 2013年6月18日. Daily News Egypt. の2013年6月19日時点におけるアーカイブ。 2013年6月18日閲覧。 Ministry of Foreign Affairs Website. Ministry of Foreign Affairs of Ethiopia. 2014年3月7日時点のよりアーカイブ。 2013年6月18日閲覧。 World Health Organization. 2018年1月3日時点のよりアーカイブ。 2018年1月13日閲覧。 allAfrica. com. 2016年5月24日. の2018年1月14日時点におけるアーカイブ。 2018年1月13日閲覧。 Tedros for WHO Director-General. 2018年1月27日時点のよりアーカイブ。 2018年1月13日閲覧。 University of Michigan. 2018年1月28日時点のよりアーカイブ。 2018年3月6日閲覧。 World Health Organization. 2018年1月10日時点のよりアーカイブ。 2018年1月13日閲覧。 The Lancet. の2018年10月17日時点におけるアーカイブ。 2017年10月22日閲覧。 allAfrica. com. の2017年10月17日時点におけるアーカイブ。 2017年10月22日閲覧。 POLITICO. 2016年11月22日. の2017年12月8日時点におけるアーカイブ。 2017年12月8日閲覧。 Women Deliver. 2017年5月23日. の2017年5月23日時点におけるアーカイブ。 2017年5月23日閲覧。 Byass, Peter 2017-05-17. The Lancet 389 10084 : e6—e7. 2017年8月3日閲覧。. Jr, Donald G. McNeil; Cumming-Bruce, Nick 2017年5月23日. The New York Times. の2018年1月24日時点におけるアーカイブ。 2018年1月13日閲覧。 Council on Foreign Relations. の2018年1月14日時点におけるアーカイブ。 2018年1月13日閲覧。 World Health Organization. 2018年1月15日時点のよりアーカイブ。 2018年1月13日閲覧。 BBC News. 2017年5月23日. の2018年1月8日時点におけるアーカイブ。 2018年1月13日閲覧。 Time. 2018年1月24日時点のよりアーカイブ。 2018年1月13日閲覧。 UHC2030. の2018年1月13日時点におけるアーカイブ。 2018年1月13日閲覧。 World Health Organization. 2018年1月19日時点のよりアーカイブ。 2018年1月13日閲覧。 Schiegg 2017年10月3日. Huffington Post. 2018年3月26日時点のよりアーカイブ。 2018年1月13日閲覧。 Devex. 2017年12月21日. の2018年1月13日時点におけるアーカイブ。 2018年1月13日閲覧。 POLITICO. 2018年1月10日. の2018年1月13日時点におけるアーカイブ。 2018年1月13日閲覧。 2017年10月18日. の2017年12月15日時点におけるアーカイブ。 2017年12月7日閲覧。 2017年10月21日. の2017年10月21日時点におけるアーカイブ。 2017年10月22日閲覧。 2017年10月21日. の2017年10月21日時点におけるアーカイブ。 2017年10月22日閲覧。 The New York Times. の2017年12月8日時点におけるアーカイブ。 2018年1月12日閲覧。 richard horton [ richardhorton1] 2017年10月21日. ツイート. より 2020年2月22日閲覧。 2017年10月22日. の2017年10月22日時点におけるアーカイブ。 2017年10月22日閲覧。 2017年10月22日. の2017年10月22日時点におけるアーカイブ。 2017年10月23日閲覧。 Rice, Xan 2007年2月22日. の2017年10月26日時点におけるアーカイブ。 2017年10月26日閲覧。 McNeil, Donald G. 2017年5月13日. の2017年10月26日時点におけるアーカイブ。 2017年10月26日閲覧。 Saez, Catherine 2017年5月17日. Intellectual Property Watch. の2017年10月26日時点におけるアーカイブ。 2017年10月26日閲覧。 ECADF Ethiopian News. 2017年10月26日. の2017年12月8日時点におけるアーカイブ。 2020年2月22日閲覧。 - ダイヤモンドオンライン 2020年3月19日• - ハフポスト日本版 2020年3月26日• - 日刊スポーツ 2020年4月22日• - 日刊スポーツ 2020年4月25日• - Bloomberg 2020年4月15日• - 東京新聞 2020年4月22日• Newcastle University 2019年7月17日. 2020年1月10日閲覧。 WIRED UK 2012年1月24日. 2017年9月15日時点のよりアーカイブ。 2017年9月15日閲覧。 2017年5月23日. の2017年6月27日時点におけるアーカイブ。 2017年6月27日閲覧。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 DrTedros -• 公職 先代: Kebede Tadesse 2005 - 2012 次代: 先代: () (代行) () 2012 - 2016 次代: () 外交職 先代: (WHO)事務局長 第8代:2017 - 次代: (現職).

次の

テドロス「ハッピー!イースター!」世界を煽る「4ねよエチオピア野郎」「クソニガーが」「イカレてんのか」等の声多数

テドロス エチオピア

WHOテドロス事務局長クルーズ船拒否を批判 報道内容まとめ 【WHO クルーズ船拒否を批判】 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、新型コロナウイルスの感染拡大を恐れてクルーズ船の入港拒否が相次いでいることを批判。 「事実に即した危機評価に基づかずに行われている例がある」と指摘した。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は12日、ジュネーブで記者会見し、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大を恐れてクルーズ船の入港拒否が相次いでいることについて「エビデンス(根拠)に基づくリスク評価がされていないことが多い」と批判した。 【写真】マスクの出品についてメルカリが発表したコメント その上で、WHO憲章が定める国際保健規則にのっとり、船舶や乗員乗客を適切に扱うことを各国に求める声明を出すことを明らかにした。 横浜港に停泊中の「ダイヤモンド・プリンセス」に関しては、日本政府と緊密に連絡を取っていると説明。 また、各国に拒否された「ウエステルダム」の入港をカンボジアが許可したとして「われわれが求めている連帯を示した」と評価した。 WHOテドロス事務局長の発言がヤバい!エチオピアで受け入れたら?【クルーズ船拒否を批判】 2月12日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が、新型コロナウイルス肺炎の感染拡大を恐れてクルーズ船の入港拒否が相次いでいることについて「エビデンス(根拠)に基づくリスク評価がされていないことが多い」と批判しました。 この発言に対し、ネット上では大炎上。 テドロス事務局長への批判が相次いでいます。 ただし、残念ながらエチオピアには海がないそうです・・・。 残念ながらエチオピアには海がないんですよね 事務局長もそれを承知で強気な発言でしょうか? — ほんね(大村痴事リコール!) honneiwachan 確かにテドロス事務局長の発言を聞くと、このような気持ちになるのも理解できますね。 この人にとってはどこか他人事のように聞こえてしまいます。 「WHO、入港拒否を批判 「根拠に基づかず」 新型肺炎」 WHOが国民を守ってくれるわけでもないのに💢忖度テドロス事務局長💢💢 — Xiu kato1109 テドロスの無責任と中国忖度は、ホントいい加減にしてほしいレベル。 安全な場所から名指しで非難はするが、自ら足を運んて何かするつもりも予定も無い。 もはや世界政治的に中立な立場では無いので、WHOの存在自体が不要。 世界政治的に中立な立場でなければ、WHOの意味がなくなってしまいますね。 「エビデンス(根拠)に基づくリスク評価がされていないことが多い」と批判していますが、中国への忖度には明確なエビデンス(根拠)があったのか?と突っ込みたくなってしまいますね。 日本はテドロスの妄言に屈せず、自国を守る対策を講じ続けて欲しい。 ネットの反応 「WHO、入港拒否を批判 「根拠に基づかず」 新型肺炎」 WHOが国民を守ってくれるわけでもないのに💢忖度テドロス事務局長💢💢 — Xiu kato1109 テドロスってRPGのボスにいそうな名前ですよね。 実際やってることも悪魔そのものだし。 それならお前の国で引き受けろやぁー!! — 度々アカンウトロックされます 爆笑 26I5C8jl6E0HoAy テドロス事務局長!頭おかしいんじゃない? 入港拒否は当然だろ。 その一方、べったりの親中派も当時からの筋金入り。 後、クリントンとクリントン財団の紐付いてんだと。 — x68064 x68064 テドロスの罪を問うべき — 近藤 QBGum3OsOr4GLqH 平和主義者なのであまり人をぶん殴るとかはしないのですが、WHOの事務局長が目の前にいたら誤ってぶん殴っちゃうと思います。

次の

テドロスWHO事務局長の黒歴史ならぬ「真っ赤歴史」を暴露する

テドロス エチオピア

Contents• WHOから 新型肺炎ウイルスが パンデミック 状況にあるという発表がされました。 パンデミックは世界的大流行って意味ですね。 WHOが過去にパンデミック宣言をしたのは 5回あり、そのうち世界的大流行といえたのは2回だけで、外れてしまうこともありました・・・ もっとも有名なのが 2009年の新型インフルエンザですね。 世界的大流行が発生すると思ったけど、実際は普通のインフルエンザと大差なかったということでWHOはかなり批判をされました。 テドロス・アダムス事務局長の経歴 テドロス・アダムス事務局長は エチオピア出身の方です。 エチオピアって聞いたことあるけど、場所まで知ってるよって人は少ないですね。 エチオピアはアフリカにある国です。 ホームベース型で有名なエジプトから南へ2ついった場所にあります。 在留邦人は250名ほどしかいないので、あまり馴染みがある人はいませんね・・・ そんなエチオピアの政治の舞台で活躍したのが、テドロス・アダムス事務局長です! テドロス事務局長はエチオピアで 2005年から2012年まで保健大臣を務め、 2012年から2016年までは外務大臣を務めました。 この保健大臣と外務大臣の期間にその政治手腕を発揮します。 最も評価が高いのが保健大臣の時に行った乳児死亡率の改善です! 就任当時2005年は12. 3%もあった乳児死亡率ですが、退任直前の2011年は8. 8%まで改善をしました! ただ日本は1. 9%なので、エチオピアはまだまだ高い水準であることは間違いありません。 こうした功績を残したテドロス事務局長は、 2017年にWHOの事務局長に就任しました! ちなみに、テドロス事務局長は元々は感染症を専門とするお医者さんです。 だから、こうした問題に強いんですね~ 評判が悪いテドロス事務局長の対応 しかし、このテドロス事務局長・・・今回の新型肺炎ウイルスの対応で世界中からあまり良い評価を受けていません。 実際、著名サイトの 「Change,org」中だけでも、 45万人の人がテドロス事務局長の辞任を求めていることが分かっています。 一生懸命毎日テレビに出て、世界に新型肺炎ウイルスの状況を伝えているのに、なぜこんなに評判が悪いのでしょうか? それは、 中国の肩を持つからですよ~!!! テドロス事務局長、テレビに出るたびに、「中国の対応は素晴らしい。 」「封じ込め政策は完璧だ」なんていうものだから、各国から「ふざけるな!」っていうことになります。 だって、今回の新型肺炎ウイルスは 中国武漢から発生して、もっと早く対策してれば世界中に広がらなかったかもしれないのに・・・ それなのに、WHOみたな世界で最も権威のある保健機関が中国の対応は素晴らしいっていうのはね~ってなりますよね。 何で?テドロス事務局長は中国の肩を持つの? でも、テドロス事務局長が中国の肩をなぜ持つのか、不思議じゃないですか? 不思議ですよね。 WHOは国連の専門門機関だし、テドロス事務局長はエチオピア出身の人だし。 中国関係ないじゃんってなりますよね。 でも、 テドロス事務局長、実は中国政府とめっちゃ仲が良いんですよ! テドロス事務局長と中国政府の関係は、テドロス事務局長がエチオピアで政治家をしていた時から続いています。 2016年にエチオピアと隣国ジブチを結ぶ アジスアベベ・ジブチ鉄道が開通しました。 アジスアベベはエチオピアの首都です。 首都と首都を結ぶ国際化鉄道としてエチオピアの悲願でもありました。 しかし、 この鉄道の建設費資本の7割が中国輸出銀行から出ていて、中国企業がメンテナンスを行っているのです! え~!ってなりますよね。 分かりやすくいえば、エチオピアとジブチに中国鉄道ができちゃったということです。 この時にテドロス事務局長は外務大臣ですから間違いなく中国政府とも連絡を取っていたはずです。 さらに、 中国の対エチオピア投資は2019年度は2018年度実績で12%上昇しており、操業中の事業だけでも20万人の雇用を生んでいます。 つまり、エチオピアの20万人近い人は中国資本のおかげで生活ができているのです。 そりゃ、中国のご機嫌を損ねるわけにはいきませんよね・・・ テドロス事務局長の対応がもたらす弊害 こうした背景もあってテドロス事務局長は中国寄りの発言になってしまっています。 「中国は迅速にウイルスの遺伝子を識別して世界と共有し、他の国々が診断や感染対策の準備が出来た。 国際社会は中国が勝ち取った機会を十分利用すべきだ」 「中国は感染の拡大を遅らせるために多くのよいことをしている」 そりゃ、中国にエチオピア国内の鉄道の権利と国民生活を握られていたらね~。 しかも中国はWHOにこうした発言の後に、 21億円の寄付を行うことも決めて、なんだかきな臭いですよね。 ただ、中国とテドロス事務局長の関係がどうであれ、世界的な流行を終わらせなければなりません。 このままでは日本で東京オリンピック・パラリンピックの開催も出来ません! あれ?IOCは「オリンピックの開催はWHOの指示に従う」って言ってたよね。 でも、そのWHOは中国の言いなり? そうです、 中国とテドロス事務局長が東京オリンピック・パラリンピックの開催可否の権限を持っているといっても過言ではないのです! いや~知らなきゃよかったって思います・・・。 なんだか、新型肺炎ウイルスの問題はウイルス感染症の問題から世界各国を巻き込んだ政治ゲームになってきましたね。 はぁ~。 WHO テドロス・アダムス事務局長。 一体どんな人?分かりやすく説明。 まとめ テドロス事務局長と中国政府の関係はわかってもらえたと思います。 他にも国連への各国拠出金(運営費)を比較すると 、中国は1位アメリカと2位日本に次いで3位です。 しかし、中国の拠出金は増えており、 2位になる日はすぐそこまで来ています! 結局、政治的発言の裏にはお金がある・・・それが事実かもしれません。 ただし、世界で15万人を超えた新型肺炎ウイルスの感染者。 WHOの発表がどうであれ、各国は封じ込め政策をしていかなければなりません。 なぜ、 イタリアや韓国で感染者がこれだけ爆発的に増えて、致死率が高いのか。 こうした分析の方が大切です! もし、テレビやネットでテドロス事務局長が発言していたら、「 ちょっと中国に遠慮してる人」ってぐらいで見てみると良いかもしれませんね。 しかし、東京オリンピック・パラリンピックの開催が中国に握られてるというのは、なんだかな~。 以上、今回はWHOテドロス・アダムス事務局長のまとめでした!.

次の