横浜 市営 地下鉄 定期。 横浜市営地下鉄の運賃が高い! その3つの理由とは?

Suica連絡定期券:JR東日本

横浜 市営 地下鉄 定期

定期券の払い戻しの際の特例について 2020年4月7日(火)に緊急事態宣言が出され、これ以降テレワークで定期券を使用していない方もいらっしゃるかと思います。 2020年4月8日(水)以降、定期券を使ってない場合は特例として 「4月7日(火)に払い戻しの申し出をした」とみなして払い戻しの手続きが可能のようです。 なお、 4月8日以降にその定期券を使った場合は、「その最終使用日を払い戻しの申し出をした」とみなすようです。 そのため、緊急事態宣言が出たあとに、例えば1日だけ通勤のために定期券を使うと損する(その1日は通常のきっぷを購入して通勤した方が得になる)ケースがあるようです。 なお、緊急事態宣言の期間終了後も1年間は、この特例による払い戻しを取り扱うようですので、急いで手続きする必要はなさそうです。 なお、詳細については、鉄道会社によって取り扱いが異なる場合もあるかと思いますので、ご利用の鉄道会社の公式ホームページ等でご確認ください。 スポンサーリンク 定期券払い戻しの際の考え方について 通勤定期券について、長期間のものを買うほど割安になりますので6か月間の定期券を購入している方が多いかと思います。 払い戻し金額の算出について、一般的に適用されていると思われるルールは以下のとおりです。 使用した月数に応じて決まります。 1か月使用した場合:定期運賃(券面の金額)- 1か月定期運賃+手数料• 3か月使用した場合:定期運賃(券面の金額)- 3か月定期運賃+手数料• 4か月使用した場合:定期運賃(券面の金額)- 3か月+1か月定期運賃+手数料• なお、使用した月数というのは、1か月未満の日数は1か月に切り上げられるのが一般的です。 そのため、定期券の残りの有効期間が1か月未満の場合は払い戻しできないことになります。 JR東日本(公式サイト)の発表内容 のとおり発表されています。 スポンサーリンク 横浜市交通局(公式サイト)の発表内容 のとおり発表されています。 横浜市営地下鉄(ブルーライン・グリーンライン)の通勤定期券の払い戻しについて、「2 取り扱い方法」の「通勤定期券又は上記以外の通学定期券(大学生相当の通学定期券、有効期間中に令和2年2月28日を含まない小学校、中学校、高等学校及びこれらに相当する特別支援学校等の通学定期券)」のところに記載があります。 横浜市営バスの定期券は特例の対象外 横浜市交通局の発表内容には、特に横浜市営バスについての記載が見当たりませんでした。 お客様サービスセンターに問い合わせたところ、横浜市営バスの定期券の払い戻しについてはこちらでご紹介している特例は適用されないとのことでした。

次の

京急線から横浜市営地下鉄への定期券

横浜 市営 地下鉄 定期

地下鉄定期券は、PASMOをお勧めします 市営地下鉄の定期券は、ICカードのPASMOと磁気券の2種類を発売しています。 磁気券は、改札口で定期券入れからカードを出す必要がありますが、PASMOなら、定期券入れに入れたままタッチするだけで利用できます。 また、PASMOは紛失しても再発行ができるので安心なほか、あらかじめ金額をチャージしておけばバスや電車に乗車できて、自動的に乗り越しを精算することもできる大変便利なカードです。 また、バスの定期も電車の定期も1枚のカードに収めることができるので、お出かけのときは、これ1枚で済みますし、繰り返し定期券の情報を記録するため廃棄券が発生しないのでとてもエコです。 定期券をお買い求めの際、PASMOをお持ちの場合は、お申し出ください。 をご覧ください。 市営地下鉄定期券の払い戻し 駅の券売機を除く、すべての発売窓口において、その窓口で発売している券種の払い戻しができます。 発売した定期運賃から使用した月数分 有効開始日から払戻し申出日までの経過月数。 1か月未満の日数は1か月に切り上げます の定期運賃と手数料220円を差し引いた額を払い戻しいたします。 払い戻しには、本人確認書類(運転免許証、パスポート、学生証等)及び印鑑(サイン)が必要です。 ハマエコカードで購入した定期券は、現金での払い戻しができません。 購入時に使用したハマエコカードが必要です。 次の払い戻し事由の場合は、以下の計算方法となります。 市バス・地下鉄連絡定期券、他鉄道との連絡定期券の払い戻し等、詳しいことは、または各駅係員におたずねください。

次の

3社連絡地下鉄定期券 横浜市

横浜 市営 地下鉄 定期

1972(昭和47)年に伊勢佐木長者町~上大岡で開業して以来、毎日休むことなく数え切れないほどの人を運び続ける市営地下鉄。 通勤に使っている人は毎日のようにブルーラインやグリーンラインを使っていることだろう。 そういう人たちは、もちろん通勤定期券を使っているはず。 言うまでもなく、毎日切符を買うよりも安い値段で決められた区間の電車に乗るための券だ。 ところが、市営地下鉄の定期券は割引率がイマイチなんじゃないか、という今回のキニナル。 実際のところ、割引率は他社線に比べて低いのか。 そうだとすれば、その理由とはなんなのだろうか。 丁寧に話を聞かせてくれた竹内係長(左)と森兼係長 まずうかがったのは、定期券の値段の算出方法。 おふたりによると、「1ヶ月定期の場合、日数は30日の行き帰りで60回乗るという前提になります。 そこに割引率をかけた額が定期券の値段となります」とのこと。 実際には土日は出勤しないので60回乗るわけではないが、これはどこの鉄道でも同じこと。 キニナルのは、その割引率の方だ。 これについては、「1ヶ月の通勤定期の割引率は35%になっています。 通学定期だと60%です」と竹内さんは話す。 この数字が他社と比べてどうなのか、と率直に聞くと、「近郊の大手私鉄と比べると、割引率が低いというのは事実です」との答えが返ってきた。 例えば、国土交通省プレス資料によれば、他社の1ヶ月の通勤定期割引率は、JRは首都圏と地方によって異なるがおおむね50%、相鉄線で36. 5%、東横線で37. 6%、京急線で41. こちらが実際の市営地下鉄の定期券。 私鉄に比べるとちょっと損? やはり利用者が感じている通り、割引率はよそより低めというのは本当のことで、交通局にもときおり同様の意見が寄せられることもあるんだそうだ。 しかし、それを把握していながら低い割引率を維持しているのだから、なにか理由があるはず。 いったいどんなわけがあるのだろうか。 割引率を上げられない理由とは 2014(平成26)年度の市営地下鉄の経常損益(予算)を見ると、およそ40億円の黒字を計上している。 その前年度の予算も、もうひとつ前の実績もまた黒字。 儲かっているなら運賃を下げたり、定期の割引率を上げてくれてもいいのに、と利用者が思うのも当然と言えば当然だ。 多くの利用者が行き交う市営地下鉄の駅。 割引率は上がらないのか これについて「確かにここ数年は、年単位で見ると黒字になっています」と言うおふたりだが、「ただ、累積欠損金が2000億円ほどあるんです」と衝撃的な話を続ける。 つまり、ここ何年かは儲けが出ているが、開業からのトータルで見ると大赤字というわけだ。 実はこの大きな赤字は、経営が上手くいっていないとかそういう話ではなく、主に地下鉄を走らせるためにかかる莫大な初期費用に起因しているんだそうだ。

次の