アルキメデスの原理とは。 アルキメデス

浮力とは?アルキメデスの原理を解説! │ 受験メモ

アルキメデスの原理とは

アルキメデスは紀元前212年の第一級・科学者と評価されています。 彼が発見した原理は物理学の謎を解明し、現在は物理学として大学などでも学ばれています。 ここでは、彼の肩書や、発見した原理などをご紹介していこうと思います。 勿論、紀元前のことなので、現在解明されていることすら謎のままの時代のことです。 また、そんな彼の肩書はいくつもあります。 「数学者・物理学者・天文学者・技術者・発明家」が彼の肩書で、理系総なめといったところでしょう。 そもそもアルキメデスは、今で言うとどういう職業に当てはまるのでしょうか?彼が持っていた肩書は多く、現在物理系の学部に通っている人や、そういった仕事をしている方には「そのどれかがあればいい」と思う様な肩書を総なめしています。 ここからは、彼の肩書に注視して、現在でいうとどういった職業に当てはまるか見ていきましょう。 アルキメデスの職業は何? 実はアルキメデスは、肩書がいくつもあったのです。 数学者・物理学者・技術者・発明家・天文学者という理系の肩書総なめの様な感じです。 現在の職種においてどんな職種に当てはまるかというと、おそらく「教授」や「学者」、一般企業ならば「研究職」や「研究開発職」でしょう。 彼は現在の物理学では、当たり前になっているような発見や、発明品を残しています。 アルキメデスの原理の発見 王様からの難題 王ヒロエン2世は、金を加工する職人に金塊を渡し、それで王冠を作るよう命令しました。 無事完成したものの「職人が金を盗み、重さでばれないよう銀を混ぜて作ったのではないか?」と疑いを持ち始めたのです。 しかし、体積でそれを確認するためには、一旦王冠を溶かし、正方形にする必要があり、王は頭を抱えることに…しかし、アルキメデスならいい方法が思いつくだろうと、彼を呼んだのですが、その場では閃かず、一旦持ち帰ることになります。 エウレカ! 王に託された難題を何とか解決すべく、アルキメデスは数日考えたのです。 ある日、彼はお風呂入った時に、頭の仲が暗雲の中から一気に晴れ渡るように閃きます。 彼が浴槽に入った時に、水面が高くなり、縁から水が溢れたことに着目し、体積と同等の水が物を押し上げる力=浮力が働くことを発見したのです。 この時、アルキメデスは「エウレカ!!」と叫んだそうです。 このエウレカという言葉は、ギリシャ語で何かを見つけた時に発する言葉で、日本語に当てはめると「わかったぞ!!」という意味合いだそうです。 それを応用し、天秤の片方に「王冠」もう片方に「釣り合う質量の金塊」を下げ、水の中に入れます。 そうすると、もし王冠に混合物があり、比重が低い場合は、体積が大きくなり冠はその体積分、浮力が生じるため、冠が金塊より上に上がるのです。 この体積と浮力の関係を説いたのが「アルキメデスの原理」です。 アルキメデスの原理とは アルキメデスの原理とは、ものが浮く原理、つまり浮力がどういうものを解明したものです。 ここからは、簡単にアルキメデスの原理を解説していきます。 水の中に物を沈めると物の上部には水圧Aがかかり、物の下部には下からの水圧Bがかかります。 普通、何もない状態だと、水圧はどこに点を置いても、その1点に対し、上からも下からも同等の水圧がかかっているため水は容器の中で静止した状態で保たれます。 ところが、その間に物質があると、物の下部にかかる水圧Bが物の上部にかかる水圧Aに合わせようと、物質の体積同等分、押し上げようとする力が働きます。 その力が浮力で、物が浮くという現象です。 この浮力の原理こそが、アルキメデスの原理です。 てこの原理 アルキメデスが発見した原理で最も有名なのが、「テコの原理」でしょう。 「力点、支点、作用点」という言葉は誰もが聞いたことあるのではないでしょうか。 てこの原理とは、簡単にいえば、大きな物を持ち上げるときに、てこを用いて 力点と支点の距離や、支点と作用点の距離調節することで効率よく重量の大きい物が持ち上げることができる法則です。 力点と支店の距離を長くし、支店と作用点の距離を短く取ることで、より少ない力で物を持ち上げることができます。 アルキメデスは、このてこの原理を使って、ポエニ戦争時に投石機の技術的支援や、重量オーバーの船を滑車とロープを使って進水させるなど、大活躍しました。 彼はそのとき、こんなかっこいい名言を残しました。 「我に支点を与えよ。 されば地球をも動かさん」 アルキメデスのその他の業績 アルキメデスの代表的な発見は、アルキメデスの原理ですが、彼は他にも発見や、発明をし、それが現代にも物理学で応用されています。 ここからは、彼の発見や、発明について簡単にご紹介していきます。 アルキメデスが発明したもの ・アルキメディアン・スクリュー ねじ構造を初めて機械に応用したものです。 現在はスクリュー・コンベヤーや、水力発電所などで応用されています。 ・アルキメデスの鉤爪(かぎつめ) 兵器の一つで、別名「シップ・シェイカー」と呼ばれています。 クレーン上の腕部の先に金属製の鉤爪を付け、近づいた船に引っ掛け、持ち上げて転覆させる装置です。 ・アルキメデスの熱光線 太陽光をレンズに集めその光を船へ向けて反射させ遠隔で船に火災を発生させる装置です。 アルキメデスが発見したもの ・円周率の計算 当時、円周率は約3とされていましたが、アルキメデスは更に計算を重ね現在最も知られている「3. 14」にまでたどり着きました。 ・重心の定義づけ 平行四辺形・台形・三角形などの図形において、重心を定義づけました。 まとめ:新しい発見 アルキメデスは、難題に挑戦したことで、新しい発見をしました。 アルキメデスの定理とは「浮くのは何故?」ということを解明したものでしたが、皆さんはこんな当たり前のことを深く考えようとしたことがありますか?私たちは当たり前のことにこそ盲目になりがちです。 ここで改めて今の当たり前について考えてみませんか?あなたの「何で?」を大切に、新しい発見をしましょう。 <関連記事>.

次の

アルキメデスが浮力の原理で王冠の純金を見破った!

アルキメデスの原理とは

浮力とは 気体と液体は流れる性質を持つので総称して「流体」といいます。 流体中にある物体は軽くなったように感じます。 実際に軽くなっているのですが、これは 流体から物質へ押し上げる力がはたらくからです。 このような力を 浮力といいます。 流体中というと難しくなるので、水中の物体だけを考えていて大丈夫です。 ここでも水中の浮力だけで考えてみます。 原理原則は同じですが関係する数値の大きさが違うので、考えやすい水だけ考えましょう。 とりあえず、水も含め浮力の関係式を見ておきましょう。 密度ついては説明が必要かもしれませんね。 気をつけたいのは、密度の単位です。 浮力を言葉で説明すると 流体中の物体は、それが排除している流体の重さに等しい大きさの浮力を受ける これを アルキメデスの原理といいます。 ちょっと浮力を求めてみましょう。 単位換算、単位を浮力の関係式に合うように変えることから始めましょう。 浮力を考えるとき、力の働き方が理解しにくいです。 浮力というより水圧のかかり方ですが、縦長の物体の上面と下面で水圧は違います。 水圧は深さに比例するので上面より下面の方が水圧が大きいからです。 この上面の水圧と、下面の水圧の差が浮力になります。 水圧は同じ深さだとすべての方向に、同じ大きさであることは思いだしておいてください。 覚える必要はありませんが、原理なのである程度イメージできると良いですね。 上面の圧力は水圧に大気圧を加えたものです。 横方向の水圧も深さで変わりますが、同じ深さならどの方向にも水圧は同じなので左右の力はつり合っています。 だから考えなくて良いのです。 実際の問題になるのは作用反作用がはたらいて、もう少しややこしいことになりますが、 ここでは浮力がどういう力かだけでも理解しておきましょう。 人は水に浮くのか沈むのか 人の比重は人によって違います。 脂肪の多い人は比重が小さめです。 淡水(塩分の少ない水)は比重が小さく、 海水(塩分の多い水)は比重が大きいので、 海水の方が人は浮きやすくなります。 浮力は水に沈んだ体積に比例するので、 水面で手を上げるとその分は浮力がはたらかない上に、重力はかかるので沈みやすくなりますよ。 ところで、水に、水の固体である氷を入れると浮きます。 普通であれば 液体の比重より小さい比重のものは浮きます。 しかし、氷は水なのに浮きます。 これは氷の比重が液体の水より比重が小さいことを意味しています。 といっても比重が極端に小さくなるわけではありませんので液体の水に近い比重です。 水に浮いて見えている氷はほんの一部なので、水面下にはその何倍もの氷が沈んでいるのです。 「氷山の一角」、というわけです。 地球温暖化で北極の氷が溶けても海水面は上昇しません。 水に浮いているだけなので、溶けても体積はほとんど変わりません。 しかし、南極の氷は陸地の上にあります。 溶けるとそのまま海水が増えることになりますので全く意味は違ってきますね。 浮力とはあまり関係ない話ですけど。

次の

浮力とは?アルキメデスの原理を解説! │ 受験メモ

アルキメデスの原理とは

浮力を理解するために、浸る体積がなぜ重要なのでしょうか? 西暦3世紀、ギリシャの哲学者アルキメデスが「ユリイカ!」と叫んで浴室を裸に飛び出した逸話はあまりにも有名で、よく知られています。 (アルキメデスが理解したのは何だろうか? — 中学校科学の教科書から引用) アルキメデスが発見したのは、果たして何だったか深く考えてみましょう。 これまで知られている学説によれば、アルキメデスが発見したのは次のいずれかのようです。 アルキメデスが発見したことは何でしょうか? 果たしてアルキメデスは何を知っていた叫んだでしょうか?• 「不規則な物体の 体積を入手する方法を知った。 エウレカ!」 アルキメデスが風呂に浸かりながら、水が浴槽の外にあふれるのを見て、走れ出た場合は、アルキメデスは、不規則な物体の体積を求める方法を発見された可能性があります。 「物体が水の中で 浮力を受けることが分かった。 ユーレカ!」 第二の可能性としては、アルキメデスが水の中に入るとき、体が軽くなる(体が水に浮く)現象を発見した場合です。 つまり、浮力を発見したことがあります。 まず、当時の王冠の様子を見てみましょう。 上の写真は、アルキメデスが住んでいた時代の純金の冠の中で最も大きなものです。 王冠は、実際の頭の上に被ることができるように十分に大きく、質量は714gです。 王冠装飾の一部が離れていったことを考慮すれば、質量は1000g程度と予想されます。 王冠の装飾が月桂樹の葉に似ているのは、その時点での冠で発見された共通点です。 王冠を水に浸すと、水位が数cmや上がって行きましょうか? 王冠を水に浸したときに水が上がる高さを求めるためには、王冠の体積を水槽の広さで分割します。 王冠の体積は、密度の定義を利用して入手することができ、水槽の広さは王冠のおおよそのサイズを概算して求めることができます。 王冠写真を見ると、装飾が非常に広い面積を占めていることを知ることができます。 頭の直径を1とすると王冠全体の直径は約2. 5倍程度概算することができます。 通常大人の頭の直径を約20cmに概算することができるので、王冠の最長の長さは約50cm程度概算することができます。 したがって王冠を浸すための水槽の直径も50cm程度することができます。 水槽の水面の広さは、次のように求めることができます。 8cm 3 です。 007cm であることを約知ることができます。 第二に、王冠に30%の銀混合場合を考えてみましょう。 純金の密度は約19. 1000gの王冠に30%の銀混合されたのは、金のの質量が700g、銀の質量が300gという意味です。 この合金クラウンの密度は、以下のように計算することができます。 008cm であることを約知ることができます。 結局、アルキメデスが見つけたことは何ですか? 水槽に王冠を浸し、水が上昇する高さを取得する方法は、いくつかの問題を持っています。 まず、王冠が押し出す水の体積がそれほど多くなく、しかも冠を浸す水槽の大きさが大きくならざるをえないので、相対的な水の上昇高さはさらに減少します。 前述したように、水槽に純金の冠を浸す場合、水の上昇高さは約0. 007mmであり、30%の合金冠を水に浸す場合、水の上昇高さは約0. 008cmです。 どちらの場合も、水の上昇高さの差は、約0. 001cm程度しかありません。 微弱な高さの差を、その時点での技術で測定した可能性が低く、しかも、表面張力効果により、水があふれてもできないなど、誤差が生じる要因が多すぎます。 王冠を水に浸して、真偽を見つける最も有効な方法は、物体の浮力を利用する方法です。 棒はかりの両端に同じ質量の純金と冠をぶら下げ、水に浸すと、密度に応じて異なる浮力を受けるため、はかりは傾きます。 より具体的に浮力の違いを知ってみましょう。 水の中に浸るすべての物体は、その物体が水を押し出した体積に相当する水の重量だけの浮力を受けます。 8cm 3であり、浮力は「51. 8g重」になります。 同様に、30%の合金冠の体積は、64. 6cm 3であり、浮力は「64. 6g重」になります。 浮力の差は「64. 6 — 51. 8g重」であり、この程度の質量の差は、アルキメデスの時代の棒はかりを作る技術で十分に測定することができるものと思われます。 このように浮力を利用して、冠の合金かどうかを選別する方法は、表面張力の影響を受けなくてもされるので、簡単で正確です。 また、非常に少ない銀や銅が混ざっていても、簡単に合金かどうかを確認することができるという利点もあります。

次の