ソフトバンク 機種 変更 必要 な もの。 ソフトバンクの基本プラン(音声/データ)てなに?オプションは必要か

ソフトバンクで名義変更するのに必要なものとかかる費用・手続きの流れ

ソフトバンク 機種 変更 必要 な もの

【現金キャッシュバック】を受けたいなら代理店を使って機種変更を! 出典: ソフトバンクで機種変更を行う際、現金でキャッシュバックを受けたいという方は代理店から申し込みましょう。 ソフトバンクの下取りプログラムなどを利用すると、最大で40,800円相当のPaypayボーナスを受け取ることができますが、現金キャッシュバックはありません。 一方で、代理店を利用して機種変更を行うと現金でのキャッシュバックを受け取ることができます。 ソフトバンク公式の販売代理店は数多くありますが、その中でも「ソフトバンク乗り換えキャッシュバック. com」が最もおすすめです。 契約台数が50万件を突破している信頼性の高い代理店となっています。 ソフトバンク乗り換えキャッシュバック. comから機種変更を行うと、 5,000円の現金キャッシュバックを受け取ることができます。 また、ソフトバンク乗り換えキャッシュバック. comでも下取りを行っているため、さらにキャッシュバック額が増える可能性も! 電話・メールでの申し込みが可能なので、機種変更を考えている方は一度相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。 機種変更でも使える!ソフトバンクのキャンペーン ソフトバンクでお得に機種変更するためのポイントは、現在実施されているキャンペーンをうまく活用することです。 ソフトバンクなどの大手キャリアは、上手に組み合わせると、かなりお得になるキャンペーンを行っています。 ソフトバンク公式が行っている機種変更をお得に済ませる各種キャンペーンをご紹介しましょう。 ソフトバンクのキャンペーンには2つのパターンがある? 前提として、ソフトバンクのキャンペーンには2つのパターンがあります。 1つは「キャリアが実施しているキャンペーン」です。 ソフトバンク自体が行っているキャンペーンなので、多くの方に適用されます。 もう1つ、「各ソフトバンクショップや家電量販店などで行っている独自のキャンペーン」もあります。 そのショップでしか適用されないため、訪れた人しか恩恵を受けられません。 中には高額キャッシュバックやポイント還元などで、かなりお得になるケースもあります。 店頭でしか告知していなかったり、ネットなどで大々的に告知しなかったり、期間・台数限定で行うキャンペーンも少なくありません。 なお、キャリアのキャンペーンとショップ独自のキャンペーンは併用できることがあります。 そうなれば、よりお得にiPhoneを購入できるでしょう。 キャンペーンといえば、新規契約者向けのものを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、キャリア・ショップともに機種変更向けのキャンペーンも増えています。 必ずチェックしておきましょう。 下取りプログラム|PayPayボーナス最大40,800円相当をゲット 出典: 対象となるiPhone・Androidを購入する場合に限り、それまで使っていた古い機種を下取りに出すと、最大で40,800円分のPayPayボーナスを受け取ることができるキャンペーンとなっています。 機種変更前に使用されていたスマートフォン・ケータイが不要な方は、ぜひ活用してみてください。 利用方法などの詳細を知りたい方は以下記事をご一読ください。 対象機種を48分割で購入した後25ヶ月目以降に機種変更すると、端末の残債が不要になるキャンペーンです。 48分割の内24回分の支払いがなくなるということは、つまり 端末を 実質半額で購入できるのです。 出典: 例えば96,000円のスマホを購入した場合、最大48,000円が無料になるというお得なキャンペーンになっています。 25ヶ月目以降に機種変更を希望しない場合は、端末をソフトバンクに回収してもらって PayPayボーナスをもらうこともできます。 トクするサポート+は、 2020年3月27日以降に発売された機種が対象です。 2020年3月26日以前に発売された端末は「トクするサポート」の対象となるため、注意してください。 ソフトバンクの機種変更で使えるクーポン ソフトバンクのみならず、大手3キャリアには 「引き止めポイント」というものがあります。 これは、機種変更時に利用できるポイントで、場合によっては 最大30,000ポイントがもらえます。 しかし、引き止めポイントは各キャリア公式に発表しているものではありません。 結論から言うと、引き止めポイントは以下の表の通りです。 【要点!引き止めポイントとは】• 継続ではなく他社への乗り換えを伝えると、引き止めるためにもらえるポイント• 非公式情報のため、確実にもらえるわけではない• 引き止めポイントは次回の機種変更時に割引として利用できる• 場合によっては最大3万円分もらえることも それでは、さっそく引き止めポイントについて詳しく見ていきましょう。 機種変更で使える引き止めポイントの特徴 引き止めポイントとは、他社にMNPしたいと電話でソフトバンクに伝えた際に、ソフトバンクのカスタマーサポートから提案される割引ポイントのことです。 引き止めポイントは、主に「機種変更」時に使えるポイントに限定されています。 しかし、冒頭でも述べたように引き止めポイントは非公式情報なので、電話で他社に乗り換える旨を伝えたからと言って必ずもらえるわけではありません。 引き止めポイントをもらう方法 結論から言うと、ソフトバンクで引き止めポイントをもらう方法は以下の通りです。 【要点!引き止めポイントをもらう方法】• 「0800-100-5533」に電話する• ナビダイヤルに従って、オペレーターに繋いでもらう• オペレーターに「MNP予約番号を発行したい」と伝える 基本的には、オペレーターがMNP先の情報とソフトバンクを解約する際のデメリットを伝えてきます。 場合によっては、全く引き止められずにMNP番号が発行されてしまうこともあります。 しかし、MNP番号の有効期間は15日間となっているので発行から15日が経ってしまうと無効となって、ソフトバンクとの契約は継続されます。 そのため、引き止めポイントが欲しいという方は失敗してしまうリスクも考えて、1か月間ほどの余裕を持ってMNP番号の発行をするといいでしょう。 ソフトバンクの機種変更はどの窓口から申し込むとお得? 機種変更ときいて、多くの方が「ソフトバンクショップ 実店舗 」を思い浮かべるかもしれませんが、その他にもいくつかの販売場所があります。 それぞれのメリット・デメリットをまとめました。 【おすすめ】ソフトバンクオンラインショップで購入する|頭金分がお得に! 公式オンラインショップでも機種変更は可能です。 もちろん、最新のiPhoneシリーズもラインナップされています。 オンラインショップでの機種変更であれば、直接店頭まで足を運ぶ必要はありません。 仕事などで忙しいという方でも、気軽に機種変更の申請が可能です。 また、専用フォームなどもしっかりと作り込まれているので、初めての方でも特に戸惑わないでしょう。 ソフトバンクショップ 店頭 に比べると、オンラインショップは商品在庫が豊富とても豊富です。 品薄になりがちな最新モデルも手に入れやすく、ストレージ容量毎のモデルやカラーバリエーションモデルも充実しています。 好みの機種が手に入りやすいことから、スマホにこだわりを持っている方にもオンラインショップはおすすめです。 また、オンラインショップでの申し込みの場合は通常5,000円~10,000円かかる頭金を支払わなくても良いという金銭的なメリットもあります。 デメリットはほぼありませんが、強いて挙げるならば、購入前に現物を確認できない点です。 初めてiPhoneを手にする方は、機種によっては片手でグリップできないケースもあるため、一度触れた方がよいでしょう。 総合的に考えると、ソフトバンクでiPhoneを機種変更する場合は、オンラインショップの利便性が最も高いといえます。 現物に触れられないデメリットこそありますが、それ以上のメリットがたくさんあるため、一度公式オンラインショップを覗いてみてください。 ソフトバンクショップで購入する 全国各地に店舗を構えるソフトバンクショップ。 地方にも数多く点在するため、お店が見つからないということもないはずです。 店頭でiPhoneを購入するメリットは、対面で詳しい説明を受けられる点に尽きます。 様々な機種を用意する店舗なら、現物に触りながら選ぶことも可能です。 ここ最近でいうと、iPhoneにもいくつかのバリエーションが登場しています。 iPhone Xのようにホームボタンを撤廃した機種があったり、iPhone XS Maxのように 大型ディスプレイを採用した機種もあるので、現物に触れられるメリットは非常に大きいといえます。 詳しくは後述しますが、ショップ独自のキャンペーンを利用できるのもメリットです。 デメリットとして挙げられるのは、直接店頭まで行く必要がある点です。 遅い時間まで営業している店舗はそれほど多くないので、仕事の関係で平日はお店に行けない方もいるでしょう。 かといって土日は混雑しているケースが多く、想像以上に時間もかかります。 実店舗は身近にあるものの、足を運ぶのが手間だったり、時間が合わなかったりするのがデメリットといえます。 そしてもう一つ、店の在庫状況によっては、購入当日に持ち帰れないこともがあります。 とりわけカラーバリエーションが多いiPhone XRの場合、店の在庫は人気カラーに偏りがちです。 カラーへのこだわりが強い方は、事前に店頭の在庫状況を確認しておきましょう。 家電量販店で購入する 今日では、家電量販店にもソフトバンクの窓口が設置されています。 メリット・デメリットは基本的にソフトバンクショップと同様です。 家電量販店ならではのメリットを挙げるとすれば、販売されているアクセサリー類が豊富な点でしょう。 スマホケースはもちろん、充電ケーブルやワイヤレス充電器など、各種アクセサリーが充実しています。 そのため、iPhoneを購入して、手続きをしている間にアクセサリーを選ぶのもよいでしょう。 デメリットは、店舗によって「新規契約のみ」受け付けているケースが多いこと。 つまり、機種変更の申し込みができないのです。 大手家電量販店であれば機種変更にも対応していますが、事前に確認しておくと安心ですよ。 ソフトバンクの機種変更に必要なもの ソフトバンクで機種変更する際に必要なアイテムとは一体何でしょうか。 契約書などをイメージしている方が多いかもしれませんが、基本的には以下のアイテムさえあればOKです。 これまで使用していたスマホ• SIMカード• 身分証明書• MNP予約番号 MNPの場合のみ 契約内容を確認できる書類があれば、よりスムーズに手続きを進めることが可能です。 MNPで他社からソフトバンクに乗り換える場合、現在契約しているキャリアの予約番号が必要です。 MNPの予約番号は電話などで簡単に取得できるので、忘れずに用意しておきましょう。

次の

ソフトバンクの機種変更で必要なもの!かかる時間はどのくらい?

ソフトバンク 機種 変更 必要 な もの

ショップと量販店の機種変更の違い ドコモ・au・ソフトバンクのキャリアショップと量販店、基本的にどちらで機種変更をしても、新しいスマホの代金だけでなく頭金や手数料がかかったり、待ち時間がかかるため同じです。 違いは、『 データ移行』です。 家電量販店の場合は、基本的に自分でしてわからない場合はになります。 ショップでした場合、わからない場合は ショップの店員さんに教えてもらったりドコモならショップに 備え付けのドコピーでデータ移行をすることができます。 なので、データ移行が不安な人はショップでの機種変更をおすすめします。 お金と時間を節約したい方はこの後紹介するを検討して下さい。 機種変更以外に、ショップや量販店は違いがあります。 わかりやすく表にまとめました。 家電量販店の機種変更はおすすめは『どこで契約するか迷っている方』 家電量販店とはヤマダデンキやヨドバシカメラ、Ksデンキ、ビックカメラなどの電化製品を取り扱っているお店です。 家電量販店の場合、ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル・UQモバイルなど複数のキャリアを扱っています。 そのため店舗によっては キャリアメーカーを乗り越えて料金プランの全プランを熟知している方や販売してる端末機種全般に詳しいかたもいらっしゃいます。 ショップの場合、ドコモショップだとドコモには詳しいけどauやソフトバンクのことは知らない店員さんが多いです。 毎日、端末やキャリアのプランなどをお客様に説明しているから詳しくなるんでしょうね。 ただし、家電量販店の場合お店によっては人件費の面から携帯・スマホに詳しくない バイトを雇っていることもあります。 詳しく説明を聞きたいのに、アルバイトの人だった場合は携帯・スマホに詳しい担当の人を呼んでもらいましょう。 家電量販店のメリット・デメリット 家電量販店での機種変更のメリットとデメリットです。 こちらもわかりにく場所だけピックアップして詳しく説明します。 頭金とは一般的な、分割払いの頭金ではなく、手数料という意味です。 この手数料が量販店の利益になるため、量販店にとっては死活問題のため『料金表を見たら0円で契約できる』と思ったら頭金が0円の変わりに、オプションでアプリやタブレットをつけないといけないお店もあります。 頭金の相場は3,000円~10,000円(税抜き)です。 値引き交渉はできないので、量販店で購入する方は多めにお金を持っていてください。 一括0円・ポイント付きキャンペーンは注意 家電量販店だと、お店独自ポイントがついたり『0円・割引きキャンペーン』をやっているからお得と思っていませんか? 家電量販店独自ポイント付きキャンペーンは注意が必要です。 全員にポイントが付くのではなく 分割支払いをした場合ポイントはつかないので注意して下さい。 また、ポイントキャッシュバックをもらっても、頭金の手数料を支払うと大赤字ということもあります。 ポイント数も例えば10万円を一括購入の場合 ・10%ポイントの場合は1万円 ・1%ポイントの場合は1千円 新型iphoneは1台10万円以上するのに1%しかつかなかったら損した気分じゃないでしょうか。 その時によってつくポイントの数字が違うため買う前に確認してください。 データ移行は基本有料 量販店の場合、機種変更した後 のデータ移行は有料になります。 データ移行によって、古い端末に入っているデータを消してしまう可能性があるため有料になっています。 量販店大手のについては、有料になっています。 iPhoneのSIMフリー端末のみ購入なら量販店 2019年11月22日から家電量販店でもsimフリーiPhoneが販売されました。 ヤマダ電機オリジナルモデルの端末だと安い機種で、 1万円以下で購入できるのもあります。 ただし、iPhone11やProなどの最新モデルは発売されていません。 また、取り扱っている店舗が一部のため店舗によっては置いてない所もあるためSIMフリー端末が欲しい方はお店ごとにチェックをしてください。 注意しておきたいのは一見安いプランに見えても、タブレットを割賦購入することが条件だったり、他のオプション契約が必須だったりして、契約する人主体ではなくショップの売り上げ優先でプランを勧められることがあります。 料金プランはただでさえ分かりにくいうえ、 最近は来店予約システムもできていますが、やっぱり 相談内容によるため前の方の話が長く待つことが多いです。 待ち時間も長いうえ料金プランや勧誘の話が長々と説明されると疲れて「わかった、わかった、契約する」と言ってしまいがちになってしまいます。 そのためあらかじめ料金プランを少しでも勉強しておいた方がショップの人の言いなりにならずに済みます。 営業終了時間も決まっています。 テナントなどに入っていると営業の延長ができないため機種変更の受付時間が決まっています。 ショップで機種変更をする場合は、営業終了時刻の1時間前に行くようにしましょう。 安く・時間も節約するならオンライショップでの機種変更 オンラインショップを初めて聞いた方もいらっしゃると思うので説明すると。 オンラインショップは、 各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)が直接運営しているネットショップです。 オンランインショップなら直営店なので頭金がかかりません。 またドコモオンラインショップなら、頭金だけでなく事務手数料もかかりません。 広告がでることはあっても自分でクリックで選択をして選ばない限り、時間を無駄にすることはありません。 配送時間に間に合わない方は、ショップ受け取りというように選ぶことができます。 また、時間の面だけでなく新しいiPhoneやスマホを買ったけど操作がわからないと不安な時はキャリアショップにお届けにしてショップの店員さんにスマホの使い方を教えてもらうことができます。 ショップ受け取りにしたからといって、オンラインショップで購入の手続きをすれば頭金などの手数料はかからないので心配しないでショップ受け取りにして下さい。 ドコモ・au・ソフトバンクではオンラインショップで機種変更をした場合無料でできます。 メーカーによっては2,500円以上と送料の上限を決めている所もありますが、 機種変更の場合2,500円はかかるので送料は実質無料と考えて大丈夫です。 オンランインショップでもあるデメリット 何かとお得なオンラインショップでもでメリットはあります。 スマホの料金プランなどよくわからない, 自分に向いている機種がわからない。 そんな困った時もショップなら対面で教えてもらうことができます。 スマホやパソコンだと対面じゃないから疑問を解決できないと思っている方が多いです。 しかし、 オンラインショップでも相談や質問をすることはできるのです。 それが チャットです。 【ドコモスマホ版チャット】 オンラインショップ(ドコモ・au・ソフトバンク)では購入前でも事前にチャットで質問することができます。 私も実際にしたことがあるのですが、要点だけをわかりやすく説明してくれて、文字の打ち込みに自信が無い方も、チャットの担当の方はじっくり待ってくれます。 だから、料金プランも機種変更のお悩みも問題なく解決することができます。 だからか、人気の機種iphone8やiPhoneXや新型iphoneなど在庫ありになってもすぐに、在庫なしになってしまいます。 在庫が無い場合は、予約をして入荷したら連絡がもらえるのですが今すぐ欲しいという時は数日時間がかかってしまいます。 ただ、数日かかってもお金の面を考えるとやっぱりオンラインショップがお得なためほとんどの方は予約待ちをされます。 その 予約待ちの方から端末機種が配布されてしまうためオンラインショップの在庫無し状態が多いのです。 売れないからではなく、 オンラインショップは人気すぎて在庫がないのです。 まとめ スマホ・iphoneの機種変更は、ショップと家電量販店よりも安く・時間も節約するなら オンラインショップがお得です。 機種変更すると、毎日使うスマホやiphoneがパワーアップするから毎日の生活が今以上に楽しくなります。 しかし、後から時間やお金が大幅に節約ができたとわかったら悲しい気持ちになりますよね。 浮いたお金で、ケースや画面につけるフィルムも買うことができたな・・・。 そんな、後悔をしないためにも機種変更はオンラインショップでしてください。

次の

【体験談】SoftBankで機種持ち込みで機種変更を行った話【AndroidからiPhoneへ】|スマホっとライフ

ソフトバンク 機種 変更 必要 な もの

機種変更では違約金はかからない 2年縛りの契約は、ソフトバンクのサービスを契約更新月よりも前に解約すると違約金や解約金が発生するというものです。 そのため、機種変更をしてもソフトバンクのサービスを継続するなら、解約金がかかることはありません。 ただし、利用している割引プランによっては、機種変更のタイミングが悪いと損をしてしまうことはありますし、お得に機種変更ができるタイミングもあります。 ソフトバンクで機種変更をするタイミング ソフトバンクでは、定期的にお得なキャンペーンが行われている他、機種変更の際に利用できるお得なプログラムやサポート制度が完備されています。 こうしたサポート制度を上手く利用することによって、機種変更の際にかかる費用を最小限に抑えることができます。 端末購入価格が半額になる「半額サポート」 機種変更の際にぜひ利用したいのが、「」というキャンペーンです。 もともとはiPhoneのみが対象だったキャンペーンでしたが、現在ではAndroid OSのスマホにも対象機種を広げています。 販売価格が高額な端末が対象となりますが、半額で購入できるのでとてもお得です。 このキャンペーンは終了しています。 最短1年で機種変更できる「機種変更先取りプログラム」 いつも最新の端末を使いたいという人におすすめなのが、ソフトバンクの「」です。 これは、端末を24回の分割払いにすると、最大で7か月分の支払いが免除されるというお得なプログラムです。 最終的に端末をソフトバンクに返却するという条件がついているものの、機種変更を少しでもお得にしたい人にとっては、おすすめです。 半額サポートを利用している場合の機種変更のタイミング ソフトバンクの半額サポートを利用する場合、機種変更のベストなタイミングは、 25ヶ月目以降となります。 機種変更をするまで分割払いの支払いは続くため、25ヶ月以降はできるだけ早めのタイミングで機種を変更したほうが、総合的にはお得度が高くなります。 半額サポートを受けられる条件とは ソフトバンクの半額サポートを受けるためには、端末購入の際に 48回の分割払いにすることが条件となります。 12回払いとか24回払いを選択してしまうと、半額サポートを受けることができないので注意してください。 また、半額サポートを受ける際には、機種変更をする際に既存の端末をソフトバンクに返却することも条件です。 返却しない場合には、機種変更後の返済が免除になりません。 対象になる機種がある 半額サポートは、すべてのスマホや携帯電話が対象になるわけではありません。 ソフトバンクでは対象となる機種をリストアップしているため、このサービスを利用したいと考えている人は、事前にどの機種ならOKなのか目星をつけておくと良いでしょう。 例えばiPhoneの場合には、iPhone 6シリーズからiPhone XSシリーズまでが対象となりますし、Android OSのスマホだと、XperiaのXZモデルやAQUOSのXx3シリーズ以降のモデルなどが対象となります。 対象となる加入プラン 半額サポートを受けるためには、 対象となる機種を選ぶことに加えて、加入プランも対象となるプランを選ぶことが条件です。 対象となるのは、データ定額プラン各種とパケットし放題フラットプランです。 スポンサーリンク うっかり別のプランを契約してしまうと、半額プランを受けられなくなってしまうので注意しましょう。 また、機種変更後にも、再び半額サポートに加入することが条件となるため、加入プランを変更する際にも対象となるプランの中から選ばなければいけません。 機種変更後には古い端末を返却すること 半額サポートの特典をうけるためには、機種変更をした後には 古い端末をソフトバンクに返却することが条件となります。 古い端末の返却は、機種変更を行った月の翌月までに完了しなければいけないので注意しましょう。 もしも返却するタイミングが遅くなってしまったり、故障などで返却しても使い物にならない状態だった場合には、 違約金として2万円がかかることになります。 旧機種を回収してもらえないことがある? ソフトバンクの半額サポートを利用して、機種変更の際に旧機種を返却することになります。 しかし、端末の状態によっては回収してもらえない場合があるので注意しましょう。 電源が入らない 端末を購入してから24ヶ月程度しかたっていないのに、電源が入らないというのは、普通の使い方をしている場合には起こることがありません。 もしも電源が入らない場合には、故障が考えられます。 故障している端末は、残念ながらソフトバンクで引き取ってもらうことはできないため、違約金を払うことになります。 初期化されていない 多くのユーザーが経験するトラブルに、端末を初期化していないというものがあります。 返却の際には、必ず初期化した状態で返却することが条件となります。 もしも初期化していないことが原因で回収を拒否された場合でも、しっかり初期化をして再返却すれば問題ありません。 しかし、旧機種の返却期限までに手続きを終了しないと違約金が発生するので注意しましょう。 製造番号が確認できない 携帯の使い方が悪かったり傷がつくなどして、端末に記載されている製造番号(IMEIなど)をソフトバンク側で確認できない場合には、残念ながら回収してもらうことはできません。 保証対象外になっている 携帯電話端末の保証は、メーカーが販売している状態のままで使うことが条件です。 もしも改造してしまうと、その時点でメーカーの保証から外れてしまいます。 メーカーの保証から外れている端末は、残念ながらソフトバンクで引き取ってもらうことはできません。 この場合にも、半額サポートの条件を満たさないということで違約金が発生します。 「1年買い替えオプション」なら25ヶ月前でも機種変更可能 ソフトバンクの半額サポートでは、48回の分割払いでも25ヶ月目以降に機種変更をすれば、残りの分割払いの返済が免除されるという特典がついています。 そのため、違約金を払わないためには、25ヶ月間はその端末を使い続けなければいけません。 しかし、「」を付けることによって、半額サポートを利用している場合でも25ヶ月目が来るのを待たずに違約金なしで機種変更ができます。 1年買い替えオプションとは? 1年買い替えオプションとは、契約してから13ヶ月目以降なら、機種変更の際に分割払いの前倒しができるというオプションです。 支払いが免除されるわけではありませんが、支払いが必要な残債を一括で返済できるため、早めに機種変更をしたい人にとっては人気のオプションとなっています。 いくら支払えばよいの? 半額サポートに「1年買い替えオプション」を付けている場合には、13ヶ月目以降に、半額サポートの特典を受ける条件となる25か月目までの分割払い分を支払うと、25ヶ月まで待たずに機種変更ができます。 スポンサーリンク 48回の分割払いでも、半額サポートの特典として25か月目以降の支払いは免除になるため、1年買い替えオプションで支払わなければいけない金額は、24回目までの分割払いの合計ということになります。 機種変更先取りプログラムを利用している場合 ソフトバンクの機種変更先取りプログラムは、最短1年で機種変更ができるというキャンペーンです。 端末購入の際に新スーパーボーナスという24回の分割払いにしなければいけないという利用条件は付いているものの、12回の支払いを終了した後なら違約金なしで機種変更ができます。 さらに、残った分割払いの残債が最大7か月分まで無料となるので、お得です。 対象となる端末機種 機種変更先取りプログラムでは、対象となる機種が限定されています。 例えばiPhoneならiPhone SEからiPhone XSシリーズまで、Android OSのスマホなら、XperiaやAQUOS、DINGOやHUAWEIなどが対象となります。 モデルや容量によって対象となるかどうかが変わるので、事前にきちんとチェックすることをおすすめします。 対象となるプラン ソフトバンクの機種変更先取りプログラムは、すべてのプランが対象となるわけではありません。 データ定額シリーズの各種プラン、そしてパケットし放題フラット4G・4G LTEプランが対象となります。 そして、今回の機種変更だけではなく、次の機種変更においても対象となるプランに加入することが特典を利用するための条件となっています。 機種変更にベストなタイミングはいつ? 機種変更先取りプログラムを利用している人にとってベストとなる機種変更のタイミングは、 契約してから19か月目から25か月目です。 このプログラムでは、契約から13ヶ月すれば機種変更することが認められていますが、残債免除は最大7ヶ月なので、勇み足で機種変更してしまうと、旧機種の残債分の支払いが残ってしまいます。 そうすると、新機種と旧機種の両方の分割払いを支払わなければいけないため、経済的な負担が大きくなってしまうでしょう。 機種変更に手数料がかかることも 機種変更先取りプログラムの特典では、13ヶ月目から機種変更が可能です。 しかし、残債の支払いが免除となる19か月目よりも前、つまり契約してから13か月目から18か月目の間に機種変更をすると、前倒し手数料として2,000円がかかります。 19か月目以降に機種変更する場合には、手数料がかからないので、少しでもお得に機種変更したい人は、19ヶ月目まで待ってから変更の手続きをすると良いでしょう。 ソフトバンクの機種変更でかかる費用 ソフトバンクで機種変更をすると、事務手数料が3,000円と端末購入の際の頭金がかかります。 必要な頭金の金額は、端末の購入価格によって異なりますが、目安としては3,000円~1万円と考えると良いでしょう。 こうした初期費用は、ソフトバンク系列のショップで統一されているため、このショップだと安いとか、このショップでは無料ということはありません。 事務手数料をゼロにする方法 ソフトバンクの機種変更でかかる事務手数料を、無料にする方法があります。 それは、ソフトバンクの正規販売代理店である「」というオンラインのショップで機種変更をする場合です。 このショップを利用すると、機種変更にかかる事務手数料が無料になるだけでなく、端末購入の際にかかる頭金も必要ありません。 つまり、初期費用がゼロ円になるのです。 これはビッグなお得感でしょう。 他社のキャリアからソフトバンクへ乗り換える場合 現在、NTT Docomoやauを携帯キャリアを利用していて、ソフトバンクに乗り換えることを検討している人は、乗り換えと同時に機種変更することもできます。 スポンサーリンク 乗り換えと機種変更を同時に行う際には、まず電話番号をキープするために乗り換え前のキャリアからMNP番号を発行してもらい、それを持ってソフトバンクで新規契約および機種変更の手続きをするという順序となります。 お得度が最大な「スマホ乗り換え. com」 他キャリアからソフトバンクへ乗り換えると同時に機種変更もする際には、ソフトバンクの公式サイトやソフトバンクの店舗で手続きをするよりもお得な方法があります。 それは、ソフトバンクの公式代理店でもある「 」を利用する方法です。 キャッシュバックがある スマホ乗り換え. comでは、店頭で乗り換えと機種変更の手続きをしても、ネットで手続きをしても、キャッシュバックがついています。 しかも、店頭で手続きをすれば、その場でキャッシュバックを受け取ることができるという特典付き。 ネットで手続きをした場合でも、7営業日以内にキャッシュバックを振り込んでもらえます。 ソフトバンク公式のキャンペーンと併用できる ソフトバンクの正規販売代理店の中には、お得なキャンペーンが複数あっても併用できないケースが少なくありません。 しかしスマホ乗り換え. comでは、 ソフトバンクが公式に行っているキャンペーンを併用することができるので、お得な割引を最大限に享受できます。 機種変更でも1万円のキャッシュバック!「ソフトバンク乗り換えキャッシュバック. com」 他キャリアからソフトバンクに乗り換える際に機種変更をする事でキャッシュバックを受け取ることができるサービスは、「」もおすすめです。 他社からの乗り換えでは2万円のキャッシュバック、機種変更だけでも5,000円のキャッシュバックを受け取ることができるので、お得度がビッグです。 旧機種の下取りが最大58,000円 ソフトバンク乗り換えキャッシュバック. comでは、旧機種の下取りも行っています。 機種によって下取り価格は異なりますが、最大で58,000円とビッグ。 ソフトバンクの買取価格よりも高く買い取ってもらえる場合もあるため、機種変更の際にはその辺も比較した上で決めると良いでしょう。 乗り換えキャンペーンの注意点 ソフトバンクヘ乗り換える際に機種変更をする人はたくさんいます。 その際、正規販売代理店を利用する以外に、ソフトバンクの店舗およびホームページを利用して機種変更をしたいという人もいるでしょう。 ソフトバンクでは随時たくさんのキャンペーンや割引プログラムをラインナップしているのでお得に乗り換えやすくなっているのですが、その際には注意したい点もあります。 キャンペーンの利用条件を確認する 乗り換えと機種変更を同時にする場合、キャンペーンを利用することによって端末の購入価格を大幅に割り引いてもらうことが可能です。 しかし、キャンペーンにはそれぞれ条件があり、該当しないとお得な割引を受けることができません。 例えば、電話番号を持ち込むMNPのみがキャンペーン対象となっている場合などがあるので、しっかり条件を確認した上で手続きを始めることをおすすめします。 MNPの方法は簡単 ソフトバンクへ乗り換えようかなと考えている人の中には、既存のキャリアを解約してからソフトバンクで新規申し込みをしようという人もいるでしょう。 しかし、場合によってはMNPで番号を持ち込んだほうが大きな割引を受けられる可能性があります。 MNPは難しいものではないので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

次の