ピル ネット 購入。 【低用量ピル通販】正規品を最安値で安全に購入する

ピルオンライン

ピル ネット 購入

ピルは薬局やドラッグストアで購入可能? 避妊に便利な方法としてピル(経口避妊薬)の服用があります。 アフターピルと違って副作用も出にくいピルですが、 この薬は薬局やドラッグストアで購入することはできません。 ピルが薬局やドラッグストアで購入できない理由 ピルが薬局やドラッグストアで購入できないのには理由があります。 日本国内では薬品はすべて「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)」という法律によって管理されており、医療機関を受診する必要のある「医療用医薬品」と、それ以外の「一般用医薬品(OTC医薬品)」に分けられます。 分類理由はさまざまですが、主に副作用が強く安易に使用すると命に危険が及ぶかどうかです。 ピルは「医療用医薬品」に分類されるので、薬局やドラッグストアで直接購入することはできません。 医療機関を受診して、処方せんを発行してもらいましょう。 ピルの正しい購入方法 ピルを購入したい場合は、 婦人科またはレディースクリニックなどを受診しましょう。 処方せんは医師でなければ発行することはできません。 そのため、調剤薬局などに直接行くのではなく、お近くの婦人科やレディースクリニックに受診することをおすすめします。 ピルを病院で処方してもらうメリット 安全性が高い これは、ピルに限らずですが、薬は誰にでも投与ができるものではありません。 年齢や体重、今飲んでいる薬の状況、これまでにかかった病気など、その方の状態を総合的に判断して適切な薬を処方します。 ピルの場合は、「妊娠中」や「授乳中」など、その他多くの項目を見定めた上で処方します。 そのため、 安全が一定水準で保証された上で安心してピルを飲み続けることができるのです。 その他にも、万が一、副作用が出てしまった場合の対処も医師がしてくれます。 自分の身体のことを相談しながら薬を切り替えられたりするのもメリットの1つです。 ピルは病院以外に通販サイトという方法も… ピルを手に入れる方法としてはインターネットで購入する方法もあります。 しかし、先ほどご説明したとおり、 ピルは日本においては医師しか処方できません。 ただ、それは日本国内でのお話。 日本国外においては、日本の法律は適用されません。 そのため、インターネットでも購入することができるのです。 個人輸入に関しても法律があるため、購入するときは法律に抵触しないよう気をつけてください。 ピルの購入を通販サイトでするメリット ピルの値段が安い 海外で流通しているピルは、国内のものよりも安価で取り引きされています。 また、病院を受診してピルを処方してもらう場合、ピルの代金の他にも受診料や処方料が必要となります。 そのため、通販サイトを利用したほうが全体的な費用は安いです。 しかし、コストカットできる費用は微々たるもの。 大量に輸入するのであれば、費用は大幅に抑えることができますが、 個人輸入の法律に抵触する可能性が非常に高いので、避けるようにしましょう。 ピルの通販サイトが安い理由についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。 病院に行かなくても大丈夫 通販サイトを利用する場合、処方せんなども要らないため、わざわざ病院を受診する必要がありません。 そのため、病院までの移動費や移動時間などをカットできるのがメリットですが、医師の診断を聞くことができないというデメリットも。 1回目は医師に処方してもらって、2回目からは…。 と考える方もいるかとは思いますが、そちらもやめたほうが良いでしょう。 やめたほうがよい理由に関しては、「デメリット」の部分で解説いたしますので、チェックしてみてください。 ピルの購入を通販サイトでするデメリット 品質保証がされていない 先ほど、1回目は医師に処方してもらって、2回目は…。 ということに関して触れました。 やめたほうがよい理由としては、品質が保証されていないからです。 通販サイトは、基本的に全て海外を拠点として運営をしています。 また、ほとんどの通販サイトは、中に薬剤師がおらず、個人輸入代行業者が薬を仕入れているだけです。 そのため、 薬の知識などは持たず販売をしています。 ピルの中には偽物や衛生環境が保証されていない工場で安く作っているピルなどもあるため、 不純物が混ざっている可能性もあります。 1回や2回飲んだからといって、すぐに体調が悪くなったりするケースはほぼありませんが、ピルは飲み続けるものです。 結局、体調が悪くなってしまって病院へ行けば、通販サイトを経由してコストカットしていても全て無意味になってしまいます。 事前の診察がない 事前の診察がないため、自分の身体に合っているピルを判断することが非常に難しいです。 また、飲み合わせの説明なども受けることができないため、 効果が出にくくなる場合も。 アレルギーや副作用なども出る可能性があり、 最悪の場合、死に至るケースも珍しくありません。 薬局やドラッグストアで売られている市販薬でさえ、さまざまな副作用のリスクをはらんでいます。 ピルが市販薬で売られていないのは、ここまでご説明したとおりですが、それほど副作用が強いということです。 自分の身体を守るためにも、医師に説明してもらいながら処方してもらうことをおすすめします。 投与後の保証がない 投与した後のことについても、見ていきましょう。 診察は薬を出して終わりではありません。 現在の状態を見て適切な薬を処方したのち、経過も見てくれます。 ピルのようなホルモンバランスをコントロールする薬は 不正出血、吐き気、ほてりなどさまざまな副作用があらわれる可能性があります。 もしもインターネットで購入した薬で副作用が出た場合、病院には行きにくくないでしょうか? 実際は迷わずすぐに行くべきなのですが、医療従事者や知識がなければ二の足を踏んでしまうかもしれません。 そして、病院にかかった際にも、「インターネットで買った良くわからない薬を飲んで体調が悪い」と訴えるよりも「この間ここで処方された〇〇と言う薬を飲んで体調が悪い」と訴えるほうが、対応の確かさは明らかです。 ピルの通販サイトが危険な理由については、以下の記事を参考にしてみてください。 結論|ピルの購入は薬局ではなく「病院」を使おう 以上、ピルの購入に限らず医療用医薬品は必ず病院にて処方してもらいましょう。 いきなり薬局やドラッグストアに行っても購入することはできません。 薬局やドラッグストアにないからといってインターネットで購入することも絶対してはいけません。 インターネットで購入した薬は品質が全く信用できないからです。 体内に取り入れる「薬」というものは、一歩間違えば一生ものの後遺症を負う危険性がある以上、お金よりも安全を最優先に考えなくてはならないのです。 自分の身体を守っていくためにも、通販サイトは利用せず、婦人科やレディースクリニックで処方してもらうことをおすすめします。

次の

【購入体験談】ピルを病院で処方&ネット購入!服用の注意点は?

ピル ネット 購入

決済が失敗する場合があります。 まれにカード発行会社の規制により、国をまたいだクレジット決済がエラーとなる場合がございます。 クレジット決済ができない場合には、カード発行会社にご連絡いただき、クレジット決済をしたい旨をお伝えいただくことで決済が可能となる場合がございます。 【ご注意ください】 本来、医薬品のクレジット決済はカード規約で禁止されています。 医薬品である旨を伝えてトラブルになったケースもあるようですので、ご連絡される際には「海外の通販サイトを利用したいので制限を解除して欲しい」という旨だけとお伝え下さい。 請求金額が異なる場合があります。 昨今は外貨の変動幅が大きく、元から円へのエクスチェンジ時に為替差益が発生しており、1~2%前後の手数料が掛かっております。 購入金額以外に、この為替差益がお客様の負担となりクレジット会社から請求される可能性がございます。 ご負担頂いた3%分を当サイトでは、次回購入時に利用頂けるポイントとして付与しております。 こちらをご理解の上で、クレジット決済をお願い致します。

次の

アイピル通販|1箱1,200円|アフターピル|即日発送|お薬なび

ピル ネット 購入

総評価 支払い方法 銀行振込・クレジットカード・lineペイ(プリペイド式) 商品受け取り 指定自宅住所、または郵便局留め 通販はまとめ買いがかなりお得です 上記でご紹介しましたくすりエクスプレスとベストケンコーがおすすめできる通販サイトです。 このサイトでは、特に 「まとめ買い」がお得です。 もし、買い方や、購入方法が分からないかたは下記のページを合わせてご覧ください。 海外の医薬品を通販のように購入できるサービスです。 個人で輸入する場合の めんどうな手続きが全くありません。 日本でのピルの処方は、医師の処方箋がないとできません。 要するに病院に行かないとピル購入はできません。 病院に定期的に通うことは、時間がかかると共に金銭的にも負担が増えてしまいます。 結論から言いますと、アイピルなどのアフターピルや、トリキュラーなどの低用量ピルを通販で購入することは 違法ではありません!! 薬機法(旧・薬事法)という法律でも認められていますし、も認めています。 では、個人で気を付けたい「違法になる行動」は何かといいますと、 医薬品を購入して、知人や家族に譲渡、または転売することです。 または必要以上に購入することです。 要するに、自分のために自分が使う分だけ購入することは違法性はないということです。 購入したものを、悪用(転売・譲渡など)をしなければ購入しても合法です。 輸入代行サービスのサイトは、その名の通り「輸入の代行」を行います。 そのため購入する側は、普通の通販のように利用できるわけです。 あまり知られてない医薬品や相場より異常に安い薬は注意してください。 したがって、彼氏や彼女、パートナーの分まで購入できないことになります。 ピルの購入の際は、服用に適している体質かを病院で検査してから購入することを推奨しています。 クレジットカードが使用できることも一つのポイントです。 セキュリティがしっかりしていないサイトですと、クレジットカード会社からカード使用の許可が下りません。 服用後に体調を崩したとしてもすべて自己責任です。 出来れば使ったことがあるピルか、口コミ等で高評価のピルの購入が理想的です。

次の