コロナ 予言 ゲッターズ。 【ゲッターズ飯田が2020年を大予想】ガラっと価値観が変わる運気

2020年の運勢【江原啓之】コロナを予言?カウンセリングや講演会の情報も|ハナの知りたがりブログ

コロナ 予言 ゲッターズ

もくじ• 新型コロナウイルスとは 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、2019年12月に中華人民共和国湖北省武漢市で発生した原因不明の肺炎患者から検出されて以来、瞬く間に広がった新型の感染症。 新型コロナウイルスに感染したコメディアンの志村けんさんが死去したことで、日本人にとっても深く悲しい傷を残しています。 デマ拡散で人々が混乱した水星逆行 2020年2月17日から3月10日に到来した「水星逆行」によって、情報のやりとりが上手くいかないことが多くなる流れでした。 新型コロナウイルス感染について、デマが拡散される一方で、交通やシステム障害も目立っていたのではないでしょうか。 2020年6月18日から開始する「水星逆行」で再び混乱する暗示が出ているので、頭の片隅に覚えておくと良いでしょう。 特に、キーワードは「家庭」で、家族間のトラブルや恋人同士の行き違い起きやすい時期です。 独り暮らし場合は、家賃トラブルや周辺住人との揉め事が発生しやすので気をつけましょう。 春分ゲートで時代が大きく切り替わる 2020年3月20日に訪れた春分によて、時代が大きく切り替わっていきました。 新型コロナウイルスによって、変えていかなければいけない状況になったとも言えます。 春分ゲートの扉は閉まり、世界が大きく2つに分かれていきました。 それは「物質の世界」と「精神の世界」です。 これまでの時代から変化せずに「物質の世界」に残った人々は、ここから一生、物に固執して生きていくことになります。 一方で「精神の世界」に足を踏み入れた人々は、新しい時代の中で生きていくことになるのです。 占い師によっては「目醒め」「新しい時代」など違う言葉で表現されている人もいます。 この大きな流れは200年に一度、その始まりが春分だったのです。 ゲッターズ飯田の「2020年占い」を振り返る 2020年について、ゲッターズ飯田さんは「ライブ配信の年になる」と占っていました。 ライブ配信の年というのは、単純にライブ配信のことを指すのでなく、残らないコミュニケーションが鍵となってくるという意味合いです。 その象徴なのがリモートワークによるライブチャット「ZOOM」かもしれません。 これから、人と遠距離にいながらコミュニケーションするスタイルが、一般的になっていくことでしょう。 また、これまでは常識でなかった「無観客ライブ」や「リモート接客」なども注目されています。 いずれにしても、新型コロナウイルスによって、時代の価値観や常識が一気に崩れていくでしょう。 新型コロナウイルスの収束はいつ? 占い上、新型コロナウイルスの収束はまだ先となりますが、4月末から5月頃に節目を迎えます。 自宅にいる時間を利用して、新しい時代への生き方や考え方を変えていくことは良いのかもしれません。 2002年11月から2003年7月まで流行した「新型SARSコロナウイルス(SARS-CoV)」とよく似ている配置。 また「天平の疫病大流行」で大仏を建てた後に静まったという話もあり、科学が発展した現代社会においても「大仏を建てよう」と機運が高まっているそうです。 新型コロナウイルス終息後の世界 現在、収束のみばかりに気を取られがちですが 「終息後の世界」にも目を向ける必要があります。 家にいないといけないと室内でダラダラとしている人、今この状況下でやれることを一生懸命に探す人では、運命が大きく分かれるのは当然のこと。 200年に一度の流れが来ている今、終息を待つ人々は「新しい世界」「新しい時代」に向けて、足場を固めることが必要です。 何を始めて見れば良いかわからない人は、運の流れに合わせて行動をすると開運に繋がります。 関連記事: ゲッターズ飯田とは.

次の

ゲッターズ飯田が2020年を大予想!

コロナ 予言 ゲッターズ

新型コロナ収束見込み|占い師の予言をチェック! それでは、 占い師による 新型コロナ収束見込みを見ていきたいと思います! 注:占いですので必ず当たるとは限りません。 ただ、このくらいなのかな?と収束することがわかるだけでも気分は違うと思いますので、参考になればと思います。 レイコ・ローラン(占星術研究家) あくまでも占星術的な見方なので、もし当たらなかったらごめんなさい。 引用元: さらに、レイコ・ローランさんの占いによると、 東京オリンピックが新型コロナウィルスにすり替えられたとも・・・! 確かに、年が明けて世間はオリンピックムードに包まれる頃に、コロナウィルスが感染拡大を始めました。 本来なら今頃は世界中が東京オリンピックムード一色になっていたことでしょう。 それが、オリンピックから新型コロナウィルス一色に変わってしまったのです。 さらにレイコ・ローランさんは「医療オリンピック」が始まったとも。 現在、世界中が治療薬、ワクチンを開発するために、研究を繰り返しています・・・まさに医療オリンピック真っ最中なわけですね。 次におなじみ、ゲッターズ飯田さんの予言をチェックしてみましょう。 ゲッターズ飯田氏(オリジナル占術) 占い上、 新型コロナウイルスの収束はまだ先となりますが、 4月末から5月頃に節目を迎えます。 自宅にいる時間を利用して、新しい時代への生き方や考え方を変えていくことは良いのかもしれません。 2002年11月から2003年7月まで流行した「新型SARSコロナウイルス(SARS-CoV)」とよく似ている配置。 また「 天平の疫病大流行」で大仏を建てた後に静まったという話もあり、科学が発展した現代社会においても「大仏を建てよう」と機運が高まっているそうです。 引用元: 今回の新型コロナウィルスは、2002年の「SARS(サーズ)」が発生したときと星回りがよく似ている配置になっているようです。 そして、驚いたことに疫病が大流行した際に、大仏を建てると収まった、収束したという過去があったのですね!今回はどうなのでしょうか。 さらにゲッターズ飯田さんは、2020年は 「ライブ配信の年になる」と予言をされていました。 2020年について、ゲッターズ飯田さんは 「ライブ配信の年になる」と占っていました。 ライブ配信の年というのは、単純にライブ配信のことを指すのでなく、残らないコミュニケーションが鍵となってくるという意味合いです。 その象徴なのが リモートワークによるライブチャット「ZOOM」かもしれません。 これから、 人と遠距離にいながらコミュニケーションするスタイルが、一般的になっていくことでしょう。 引用元: 実際に、緊急事態宣言が出ている地域においては、企業が在宅勤務を命じたり、出張や会議もTV会議で行ったり、あるいは芸能人の方による無観客ライブやYouTubeによる動画配信であったりと、これまでの常識ではありえないことが起こっていますね。 さらにゲッターズさんのワンポイントアドバイスとして、 2020年6月18日から開始する「水星逆行」で再び混乱する暗示が出ているので、頭の片隅に覚えておくと良いでしょう。 特に、 キーワードは「家庭」で、 家族間のトラブルや恋人同士の行き違い起きやすい時期です。 独り暮らし場合は、家賃トラブルや周辺住人との揉め事が発生しやすので気をつけましょう。 引用元: 現時点においても、コロナ離婚などがtwitterのトレンドであがってきているほどです。 こんな時だからこそ、家族が一丸となってこの時期を乗り越えていきたいものですね。 そしてゲッターズ飯田さんによる、 2021年に向けてのメッセージがこちら。 新型コロナを予言していた?占い師・水晶玉子さん(占星術) 水晶玉子さんは、2019年9月に初版発行された水晶玉子さんの書籍「水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2020」の中でゲッターズ飯田さんと対談を行っていました。 その中で、 2020年は、生涯変わらないと思っていたことが変化していく一年。 200年に一度の大きな運気の切り替わりがある と意味深な発言をされていました。 さらに、 未知のものと遭遇し、人々の意識が刷新される 未知のものとは、これはやはり新型コロナウィルスをさすのではないでしょうか。 世間では、 水晶玉子さんが新型コロナウィルスを当てたと噂になっていますね。 今、コロナウイルスで世の中が混沌してるから水晶玉子さん予言してるじゃんってゆう😱😱 — 大房和佳 WakaOofusa そして、水晶玉子さんは 2020年はテレワークが当たり前に普及すると予言しておられたのは、当初は オリンピックで特に都内勤務の方はテレワークになるであろうということだったのかもしれません。 このところ私も、今までなら、会って受ける取材も電話で、集まってする打ち合わせや対談もオンラインでやっている毎日です。 予言、当たっていますよね。 そして気になる 新型コロナウィルスの収束時期ですが、水晶玉子さんは触れておられませんが、ぜひ伺ってみたいものです。

次の

【2020年の運勢】ゲッターズ飯田の無料占いはある?コロナの予言が的中?ツイッターやラインも|ハナの知りたがりブログ

コロナ 予言 ゲッターズ

新型コロナ収束見込み|占い師の予言をチェック! それでは、 占い師による 新型コロナ収束見込みを見ていきたいと思います! 注:占いですので必ず当たるとは限りません。 ただ、このくらいなのかな?と収束することがわかるだけでも気分は違うと思いますので、参考になればと思います。 レイコ・ローラン(占星術研究家) あくまでも占星術的な見方なので、もし当たらなかったらごめんなさい。 引用元: さらに、レイコ・ローランさんの占いによると、 東京オリンピックが新型コロナウィルスにすり替えられたとも・・・! 確かに、年が明けて世間はオリンピックムードに包まれる頃に、コロナウィルスが感染拡大を始めました。 本来なら今頃は世界中が東京オリンピックムード一色になっていたことでしょう。 それが、オリンピックから新型コロナウィルス一色に変わってしまったのです。 さらにレイコ・ローランさんは「医療オリンピック」が始まったとも。 現在、世界中が治療薬、ワクチンを開発するために、研究を繰り返しています・・・まさに医療オリンピック真っ最中なわけですね。 次におなじみ、ゲッターズ飯田さんの予言をチェックしてみましょう。 ゲッターズ飯田氏(オリジナル占術) 占い上、 新型コロナウイルスの収束はまだ先となりますが、 4月末から5月頃に節目を迎えます。 自宅にいる時間を利用して、新しい時代への生き方や考え方を変えていくことは良いのかもしれません。 2002年11月から2003年7月まで流行した「新型SARSコロナウイルス(SARS-CoV)」とよく似ている配置。 また「 天平の疫病大流行」で大仏を建てた後に静まったという話もあり、科学が発展した現代社会においても「大仏を建てよう」と機運が高まっているそうです。 引用元: 今回の新型コロナウィルスは、2002年の「SARS(サーズ)」が発生したときと星回りがよく似ている配置になっているようです。 そして、驚いたことに疫病が大流行した際に、大仏を建てると収まった、収束したという過去があったのですね!今回はどうなのでしょうか。 さらにゲッターズ飯田さんは、2020年は 「ライブ配信の年になる」と予言をされていました。 2020年について、ゲッターズ飯田さんは 「ライブ配信の年になる」と占っていました。 ライブ配信の年というのは、単純にライブ配信のことを指すのでなく、残らないコミュニケーションが鍵となってくるという意味合いです。 その象徴なのが リモートワークによるライブチャット「ZOOM」かもしれません。 これから、 人と遠距離にいながらコミュニケーションするスタイルが、一般的になっていくことでしょう。 引用元: 実際に、緊急事態宣言が出ている地域においては、企業が在宅勤務を命じたり、出張や会議もTV会議で行ったり、あるいは芸能人の方による無観客ライブやYouTubeによる動画配信であったりと、これまでの常識ではありえないことが起こっていますね。 さらにゲッターズさんのワンポイントアドバイスとして、 2020年6月18日から開始する「水星逆行」で再び混乱する暗示が出ているので、頭の片隅に覚えておくと良いでしょう。 特に、 キーワードは「家庭」で、 家族間のトラブルや恋人同士の行き違い起きやすい時期です。 独り暮らし場合は、家賃トラブルや周辺住人との揉め事が発生しやすので気をつけましょう。 引用元: 現時点においても、コロナ離婚などがtwitterのトレンドであがってきているほどです。 こんな時だからこそ、家族が一丸となってこの時期を乗り越えていきたいものですね。 そしてゲッターズ飯田さんによる、 2021年に向けてのメッセージがこちら。 新型コロナを予言していた?占い師・水晶玉子さん(占星術) 水晶玉子さんは、2019年9月に初版発行された水晶玉子さんの書籍「水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2020」の中でゲッターズ飯田さんと対談を行っていました。 その中で、 2020年は、生涯変わらないと思っていたことが変化していく一年。 200年に一度の大きな運気の切り替わりがある と意味深な発言をされていました。 さらに、 未知のものと遭遇し、人々の意識が刷新される 未知のものとは、これはやはり新型コロナウィルスをさすのではないでしょうか。 世間では、 水晶玉子さんが新型コロナウィルスを当てたと噂になっていますね。 今、コロナウイルスで世の中が混沌してるから水晶玉子さん予言してるじゃんってゆう😱😱 — 大房和佳 WakaOofusa そして、水晶玉子さんは 2020年はテレワークが当たり前に普及すると予言しておられたのは、当初は オリンピックで特に都内勤務の方はテレワークになるであろうということだったのかもしれません。 このところ私も、今までなら、会って受ける取材も電話で、集まってする打ち合わせや対談もオンラインでやっている毎日です。 予言、当たっていますよね。 そして気になる 新型コロナウィルスの収束時期ですが、水晶玉子さんは触れておられませんが、ぜひ伺ってみたいものです。

次の