妊娠初期 寒気。 【助産師監修】妊娠初期寒気|原因や種類、風邪との違いや流産との関係は?|cozre[コズレ]子育てマガジン

妊娠初期の寒気の原因と対策!流産との関係性は?|子供守りたい.com

妊娠初期 寒気

広告 妊娠初期の寒気 寒気は妊娠超初期から妊娠初期全体にかけて現れます。 症状としては ・ゾクゾクする寒気 ・冬ではないのに手足など末端が冷える ・めまいや頭痛の伴う寒気 などが挙げられます。 それぞれ原因が異なる寒気ですが、 体そのものが冷え切っている時や めまいや頭痛などがひどい時には十分な注意が必要です。 普段は寒気がすることが少ないのに、 生理予定日より前に寒気が 続くようになったら妊娠の可能性が有ります。 一度調べてみましょう。 寒気がする原因 寒気の原因は数多く考えられ、 妊娠が上手くいっていて起こる寒気と 体調が悪くなって起こる寒気があります。 基礎体温の上昇 女性の基礎体温は周期的に変化するもの。 基本的に生理前は高温期、生理後は低温期となります。 受精卵が着床して妊娠すると、 生理前のような高温期が継続します。 本人の感覚としては微熱のような状態。 基礎体温が高い状態が続いていることが寒気の原因の一つです。 自分の体温が上昇すると、普段よりも 周囲の気温との差が大きくなります。 そのため、気温があまり低くなくても 体が寒いと感じて寒気が起こります。 風邪をひいて熱が出た時の「ゾクゾクする」寒気です。 これは妊娠が進んでいる証拠なので心配ありません。 体の冷え 気温は低くないのに、気が付いたら手先が冷えている。 そんな時には体温が低下しています。 低体温は母体が冷えている証拠。 母体が冷えると胎児も冷えてしまい、十分な血液が 送られずに胎児にも良くありません。 冷えた状態が続くと胎児の成長に 影響があり、切迫流産や早産の原因にもつながります。 もともと冷え性の人は妊娠を機に 自律神経が乱れ、体の冷えを感じやすいです。 体の冷えというのが最も身近でいて 最も胎児に悪影響が出やすい症状です。 貧血 生理中などに起こりやすい 一般的な貧血は「鉄欠乏症貧血」。 血液中の赤血球が不足して めまいなどや疲れやすいなどの症状が現れます。 妊娠初期に鉄欠乏性貧血になると 胎児に血液が不足し、発達障害が 起こる可能性が上がります。 さらに、鉄欠乏性貧血とは箇所が異なる 脳貧血という貧血も起こり得ます。 妊娠すると脳に血液が足りない 「脳貧血」が起こりやすいです。 脳貧血状態だと一時的に血圧が下がり、寒気を感じることも。 血圧低下の影響で、めまいや頭痛などの症状も現れます。 つわり つわりの症状で食べ物が摂れず エネルギー不足により十分な熱量が蓄えられないことがあります。 熱量不足から寒気を感じるのです。 つわりが原因の場合は、つわりを改善すれば寒気は治まります。 外気温と体温の差異 暖かい室内から外に出ると ブルッと寒気を感じることはありませんか? 室内でも薄着であったり、体温が 下がっていると寒気を感じることがあります。 これは寒い時期ならいつでも 起こり得る現象なので、暖かくして過ごすことで防げますよ。 腎盂炎(じんうえん) 可能性は低いものの、「腎盂炎」という 病気もなきにしもあらず。 細菌などの微生物が尿道から 体内に侵入し、腎臓全体にまで感染してしまう病気です。 38度以上の高熱や激しい寒気を 伴います。 背中や脇腹の痛みも感じます。 腎盂炎の前兆として膀胱炎の 症状が現れますので、排尿痛や頻尿などの 症状が出たら病院を受診しましょう。 広告 つわりと寒気の関係性 つわりは ・吐き気 ・食欲不振または増進 ・眠気 など、辛い症状が複合的に起こります。 特に食欲がなくなると、妊娠で 消費エネルギーは増加したのに十分な 栄養が摂れず、エネルギー不足に陥ってしまいます。 その結果、体内の熱量が不足して寒気を引き起こします。 だからと言って無理に食べるのも体に悪いもの。 食べられそうにないときには、 意識して体を温めてあげましょう。 寒気を感じた時の対処法 基本は「体を温める」ことが大切です。 ・発熱インナーを着用する ・生姜など内側から体を温める食材を摂る ・飲み物をホットにする ・お腹や背中にカイロを貼る ・靴下を着用する ・電気毛布で手足を温める ・入浴はゆっくりと湯船に浸かる といった対策が有効です。 中でも、入浴を意識するのが良いでしょう。 毎日のことなので、意識を変えるだけで簡単にできるのでおすすめです。 おすすめ入浴法 1.睡眠の1〜2時間前に入浴する 入浴することで体温が上がり、 徐々に下がっていくタイミングで お布団に入ることで入眠がスムーズになります 2.入浴前に温かい飲み物を飲む 温かい飲み物を飲むことで、 お風呂での発汗作用が高まります。 を一杯飲むことで、 生姜の冷え解消効果を得られるのでおすすめです。 3.冷え解消に効く入浴剤を使う 冷えに効くと言ってもハーブ系は 妊婦さんにNGのものが多いので気をつけましょう。 おすすめの入浴剤は、 です。 メーカーに直接問い合わせを行ったのですが、 妊婦さんでも問題がないと回答を得られています。 ホテルニューオータニなど高級ホテルでも使用されている 高品質のもので、5種類の自然生薬が冷えに効きます。 4.37〜39度のお湯に長く浸かる 冷えを改善したいのにシャワーだけで済ませるのはNGです。 また改善したいという気持ちが強いあまり、熱いお湯に浸かるのもよくありません。 体温よりもちょっと高くて、少しぬるいかなと思う温度で、 ゆっくりと入浴することで体の芯から温まっていきます。 入浴時間は20〜30分ほどが良いでしょう。 5.マッサージを行う ふくらはぎは第2の心臓と言われる部位です。 お風呂に入りながら、ふくらはぎをマッサージしましょう。 両手を使って足首をぎゅっと握って、 下から上に押し流すように動かします。 おわりに 体の冷えは万病のもと。 しっかり温かくしておけば、 赤ちゃんもすくすくと成長できますよ。 ちなみに、もしも、めまい・頭痛・発熱など 寒気以外の深刻な症状が出たら 迷わず医師に相談しましょう。 貧血や低体温、腎盂炎など治療が必要な可能性があります。

次の

【医師監修】妊娠初期に「寒い」と感じるのはなぜ?赤ちゃんへの影響は?

妊娠初期 寒気

兆候 - 01 つねに眠い、昼間に眠くなる 「最近、眠くてたまらない」と思っていたら妊娠していたという人も。 妊娠初期には体温を上げ、妊娠を継続させる働きのあるプロゲステロンというホルモンが増えます。 このプロゲステロンは眠気を強くする働きもあるため、妊娠すると日中にボーッとしたり、眠気が増すという兆候が表れることがあります。 睡眠不足でもないのに、いつも眠いなら、妊娠のサインかもしれません。 兆候 - 02 食欲がなくなった、食欲がありすぎる 妊娠初期には食欲がなくなったり、逆に食欲が増しすぎたりすることもあります。 また食べたいものや苦手なものなど、食べものの好みが変化する人もいます。 「最近、妙に同じものばかりが食べたくなる」という人は、妊娠の兆候かも。 兆候 - 03 においに敏感になった においのきついものが食べられなくなったり、特定のにおいで気分が悪くなったり、というのも妊娠初期によくある症状。 妊娠すると今まで平気だったにおいがダメになるなど、ちょっとしたにおいに過敏に反応するようになることがあります。 兆候 - 04 めまいやふらつき 妊娠初期は貧血や自律神経の乱れ、低血圧などでめまいや立ちくらみといった症状が起こることがよくあります。 ただし、めまいの症状が長く続いたり、目のかすみや頭痛・腹痛を伴うようなめまいが起こる場合は医師に診てもらうのがおすすめです。 兆候 - 05 なんだか熱っぽい 女性の体温は月経の周期によって低温期と高温期の2つに分かれます。 妊娠初期はこの高温期が続くため、「熱っぽいな」「風邪かな」と感じることがあります。 またほてった体を冷やすため、汗をかきやすくなることも。 この微熱の症状は妊娠中期になると落ち着きます。 兆候 - 06 わけもなくイライラする、気分が落ち込む 妊娠初期にはホルモンバランスが急激に変化するので、精神的に不安定な状態に。 感情のコントロールがしにくくなり、妊娠前は気にならなかったささいなことでイライラしたり、気分が落ち込みやすくなる人もいます。 妊娠中期になると体の変化にも慣れ、気持ちが安定してくるようになります。 兆候 - 07 お腹が張る・腹痛 妊娠によって子宮が大きくなり、子宮を支えるじん帯が引っ張られることによって、お腹が張ったり、チクチクした痛みを感じることがあります。 安静にしても症状が治まらなかったり、冷や汗が出るほどひどく痛んだり、出血がある場合は病院で相談を。 兆候 - 08 便秘がち 妊娠するとホルモンの影響で筋肉がゆるんで腸の働きが低下したり、食事が偏ることで便秘になることも。 便やガスが腸にたまることで腹痛を感じることもあります。 兆候 - 09 胸が張る、乳頭がチクチクする 妊娠初期は女性ホルモンの分泌が多くなることで、生理前と同じような胸の張りを感じたり、乳頭に違和感があったり、乳頭がインナーや洋服に触れたりすると痛みを感じたりすることも。 ホルモンの変化に慣れてくると、この症状は治まることが多いようです。 兆候 - 10 おりものの量がふえたり、肌荒れが気になる 妊娠するとおりものの量が増えることはよくあることです。 また肌が荒れてきたと感じる人もいます。 これらの症状は、体内のホルモンの分泌が変化することが要因のひとつです。 たばこをやめる たばこに含まれるニコチンには血管を収縮させる作用があるため、胎児に栄養や酸素が十分に届かなくなってしまいます。 また喫煙には「流産率が2倍になる」「早産率が1. 5倍になる」「低出生体重児になる」など深刻なリスクがあります。 妊娠の可能性がある場合は必ず禁煙してください。 ママ自身の喫煙はもちろん受動喫煙も危険ですので、パパも積極的に協力を。 アルコールをやめる 飲酒は赤ちゃんの脳の発育を阻害する「胎児性アルコール症候群」のリスクを高めることに。 また妊娠中は少量の飲酒でも気分が悪くなりやすいので、ママ自身のストレスにもなります。 お酒はやめて、ノンアルコール飲料に切り替えましょう。 必ず「アルコール0. 00%」という表示を確認して商品を選んでください。 カフェインを控える 妊娠中はコーヒー、紅茶、緑茶などに含まれるカフェインを分解、排泄するのに時間がかかり、摂りすぎると貧血気味になります。 またカフェインは胎盤を通過し胎児に移行。 このため過剰摂取は胎盤への影響や、出産時の低体重などのリスクがあるといわれています。 カフェインレスのコーヒーや紅茶などを利用しましょう。 激しい運動は控える 妊娠超初期~初期は流産しやすいので、ランニングなど心拍数が上がるような強度の運動は避けましょう。 またお腹が圧迫されたり、転倒の危険性があるスポーツも避けて。 妊娠中の運動は、軽いウォーキングや、マタニティ用のエクササイズがおすすめです。 薬の服用は医師に相談する 妊娠中に薬を服用すると、胎児に影響が出ることがあります。 自己判断で勝手に服用しないよう気をつけましょう。 市販薬を服用したい時もまずは医師に相談を。 産婦人科以外で薬を処方してもらう時も、必ず妊娠中であることを伝えてください。 葉酸以外でなるべく積極的に摂りたいのが、妊娠中に不足しやすいビタミンB群。 ビタミンB1は豚肉、そば、マダイなど、ビタミンB6はカツオやマグロ、サケなど、ビタミンB2はウナギやブリ、モロヘイヤなど、ビタミンB12はカキやアサリ、サバなど、ナイアシンはたらこやマグロ、鶏胸肉など、パントテン酸は鶏レバーや鶏ささみ肉、納豆などに多く含まれています。 さらに鉄分は、妊娠前の約3. 1倍必要に。 鉄分は血液の材料となり、不足すると貧血気味になります。 鉄分を多く含む食品は、牛肉やアサリ、レバー、納豆、小松菜、ナッツ類、海藻類などです。 これらを、鉄分の吸収率を高めるビタミンCと一緒に摂るといいでしょう。 ただし、妊娠による食欲の変化で体に必要な食材が思うように食べられないことも。 そんな場合はサプリでもOKです。 栄養バランスのとれた食事をとろう 主食+主菜+副菜がそろった献立を意識して。 いろんな栄養素をたくさん摂ることがポイントです。 間食は控えめにしましょう。 十分な睡眠をとり、疲れをためない 妊娠中は疲れやすくなっています。 夜は早めに寝て睡眠をたっぷりとり、家事も頑張りすぎないようにし、長時間の立ち仕事もなるべく避けましょう。 日中でも、疲れを感じたら少し横になるなど休息を。 からだを冷やさない からだが冷えると血のめぐりが悪くなり、おなかが張りやすくなったり、便秘になるなどいろいろと影響が出てきます。 靴下をはいたり、カーディガンを1枚羽織るなど工夫を。 冬の寒い時期だけでなく、夏の冷房対策も忘れずに。 適度な運動習慣を 妊娠中に運動する際は、妊娠経過に問題がないことが前提です。 無理せずできる範囲で、体を動かしましょう。 軽い運動はストレス解消にもなります。 気になることがあったら、主治医に相談の上で、行いましょう。

次の

妊娠初期の寒気の原因と対策!流産との関係性は?|子供守りたい.com

妊娠初期 寒気

兆候 - 01 つねに眠い、昼間に眠くなる 「最近、眠くてたまらない」と思っていたら妊娠していたという人も。 妊娠初期には体温を上げ、妊娠を継続させる働きのあるプロゲステロンというホルモンが増えます。 このプロゲステロンは眠気を強くする働きもあるため、妊娠すると日中にボーッとしたり、眠気が増すという兆候が表れることがあります。 睡眠不足でもないのに、いつも眠いなら、妊娠のサインかもしれません。 兆候 - 02 食欲がなくなった、食欲がありすぎる 妊娠初期には食欲がなくなったり、逆に食欲が増しすぎたりすることもあります。 また食べたいものや苦手なものなど、食べものの好みが変化する人もいます。 「最近、妙に同じものばかりが食べたくなる」という人は、妊娠の兆候かも。 兆候 - 03 においに敏感になった においのきついものが食べられなくなったり、特定のにおいで気分が悪くなったり、というのも妊娠初期によくある症状。 妊娠すると今まで平気だったにおいがダメになるなど、ちょっとしたにおいに過敏に反応するようになることがあります。 兆候 - 04 めまいやふらつき 妊娠初期は貧血や自律神経の乱れ、低血圧などでめまいや立ちくらみといった症状が起こることがよくあります。 ただし、めまいの症状が長く続いたり、目のかすみや頭痛・腹痛を伴うようなめまいが起こる場合は医師に診てもらうのがおすすめです。 兆候 - 05 なんだか熱っぽい 女性の体温は月経の周期によって低温期と高温期の2つに分かれます。 妊娠初期はこの高温期が続くため、「熱っぽいな」「風邪かな」と感じることがあります。 またほてった体を冷やすため、汗をかきやすくなることも。 この微熱の症状は妊娠中期になると落ち着きます。 兆候 - 06 わけもなくイライラする、気分が落ち込む 妊娠初期にはホルモンバランスが急激に変化するので、精神的に不安定な状態に。 感情のコントロールがしにくくなり、妊娠前は気にならなかったささいなことでイライラしたり、気分が落ち込みやすくなる人もいます。 妊娠中期になると体の変化にも慣れ、気持ちが安定してくるようになります。 兆候 - 07 お腹が張る・腹痛 妊娠によって子宮が大きくなり、子宮を支えるじん帯が引っ張られることによって、お腹が張ったり、チクチクした痛みを感じることがあります。 安静にしても症状が治まらなかったり、冷や汗が出るほどひどく痛んだり、出血がある場合は病院で相談を。 兆候 - 08 便秘がち 妊娠するとホルモンの影響で筋肉がゆるんで腸の働きが低下したり、食事が偏ることで便秘になることも。 便やガスが腸にたまることで腹痛を感じることもあります。 兆候 - 09 胸が張る、乳頭がチクチクする 妊娠初期は女性ホルモンの分泌が多くなることで、生理前と同じような胸の張りを感じたり、乳頭に違和感があったり、乳頭がインナーや洋服に触れたりすると痛みを感じたりすることも。 ホルモンの変化に慣れてくると、この症状は治まることが多いようです。 兆候 - 10 おりものの量がふえたり、肌荒れが気になる 妊娠するとおりものの量が増えることはよくあることです。 また肌が荒れてきたと感じる人もいます。 これらの症状は、体内のホルモンの分泌が変化することが要因のひとつです。 たばこをやめる たばこに含まれるニコチンには血管を収縮させる作用があるため、胎児に栄養や酸素が十分に届かなくなってしまいます。 また喫煙には「流産率が2倍になる」「早産率が1. 5倍になる」「低出生体重児になる」など深刻なリスクがあります。 妊娠の可能性がある場合は必ず禁煙してください。 ママ自身の喫煙はもちろん受動喫煙も危険ですので、パパも積極的に協力を。 アルコールをやめる 飲酒は赤ちゃんの脳の発育を阻害する「胎児性アルコール症候群」のリスクを高めることに。 また妊娠中は少量の飲酒でも気分が悪くなりやすいので、ママ自身のストレスにもなります。 お酒はやめて、ノンアルコール飲料に切り替えましょう。 必ず「アルコール0. 00%」という表示を確認して商品を選んでください。 カフェインを控える 妊娠中はコーヒー、紅茶、緑茶などに含まれるカフェインを分解、排泄するのに時間がかかり、摂りすぎると貧血気味になります。 またカフェインは胎盤を通過し胎児に移行。 このため過剰摂取は胎盤への影響や、出産時の低体重などのリスクがあるといわれています。 カフェインレスのコーヒーや紅茶などを利用しましょう。 激しい運動は控える 妊娠超初期~初期は流産しやすいので、ランニングなど心拍数が上がるような強度の運動は避けましょう。 またお腹が圧迫されたり、転倒の危険性があるスポーツも避けて。 妊娠中の運動は、軽いウォーキングや、マタニティ用のエクササイズがおすすめです。 薬の服用は医師に相談する 妊娠中に薬を服用すると、胎児に影響が出ることがあります。 自己判断で勝手に服用しないよう気をつけましょう。 市販薬を服用したい時もまずは医師に相談を。 産婦人科以外で薬を処方してもらう時も、必ず妊娠中であることを伝えてください。 葉酸以外でなるべく積極的に摂りたいのが、妊娠中に不足しやすいビタミンB群。 ビタミンB1は豚肉、そば、マダイなど、ビタミンB6はカツオやマグロ、サケなど、ビタミンB2はウナギやブリ、モロヘイヤなど、ビタミンB12はカキやアサリ、サバなど、ナイアシンはたらこやマグロ、鶏胸肉など、パントテン酸は鶏レバーや鶏ささみ肉、納豆などに多く含まれています。 さらに鉄分は、妊娠前の約3. 1倍必要に。 鉄分は血液の材料となり、不足すると貧血気味になります。 鉄分を多く含む食品は、牛肉やアサリ、レバー、納豆、小松菜、ナッツ類、海藻類などです。 これらを、鉄分の吸収率を高めるビタミンCと一緒に摂るといいでしょう。 ただし、妊娠による食欲の変化で体に必要な食材が思うように食べられないことも。 そんな場合はサプリでもOKです。 栄養バランスのとれた食事をとろう 主食+主菜+副菜がそろった献立を意識して。 いろんな栄養素をたくさん摂ることがポイントです。 間食は控えめにしましょう。 十分な睡眠をとり、疲れをためない 妊娠中は疲れやすくなっています。 夜は早めに寝て睡眠をたっぷりとり、家事も頑張りすぎないようにし、長時間の立ち仕事もなるべく避けましょう。 日中でも、疲れを感じたら少し横になるなど休息を。 からだを冷やさない からだが冷えると血のめぐりが悪くなり、おなかが張りやすくなったり、便秘になるなどいろいろと影響が出てきます。 靴下をはいたり、カーディガンを1枚羽織るなど工夫を。 冬の寒い時期だけでなく、夏の冷房対策も忘れずに。 適度な運動習慣を 妊娠中に運動する際は、妊娠経過に問題がないことが前提です。 無理せずできる範囲で、体を動かしましょう。 軽い運動はストレス解消にもなります。 気になることがあったら、主治医に相談の上で、行いましょう。

次の