小式部内侍が大江山の歌の事 御簾。 十訓抄『大江山』問題(1)

小式部内侍が大江山の歌の事・ 現代語訳・品詞分解・読み方

小式部内侍が大江山の歌の事 御簾

「黒=原文」・ 「青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら 問題はこちら 和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、 和泉式部が、保昌の妻として、丹後へ下った時に、都で歌合があったところ、 小式部内侍、歌詠みにとられて、歌を詠みけるに、定頼中納言たはぶれて、 小式部内侍が、歌合せの歌人に選ばれて、歌を詠んだが、定頼中納言がふざけて、 小式部内侍、局(つぼね)にありけるに、「丹後へ遣はしける人は参りたりや。 いかに心もとなくおぼすらん。 」と言ひて、 小式部内侍が局(部屋)にいた時に、「(母の和泉式部に代作してもらうために)丹後へ派遣した人は帰って参りましたか。 どんなに待ち遠しく思いなさっているだろうか。 」と言って、 局の前を過ぎられけるを、御簾(みす)より半らばかり出でて、わづかに直衣(なほし)の袖を控へて 局の前をお通り過ぎになったのを、(小式部内侍は)御簾から体を分ほど出て、少し(定頼の)直衣の袖を引きとめて、 大江山 いくのの道の 遠ければ まだふみもみず 天の橋立 (母のいる丹後までの)大江山を越えて生野を通って行く道が遠いので、まだ(丹後の名所である)天の橋立に足を踏み入れていませんし、(母からの)文も見ておりません。 と詠みかけけり。 思はずにあさましくて、 と詠みかけた。 (定頼は、小式部内侍が即興ですぐれたこの歌を詠んだのを)意外だと驚いて、 「こはいかに、かかるやうやはある。 」とばかり言ひて、 「これはどういうことか、こんなことがあるか。 (いや、ない。 )」とだけ言って、 返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられけり。 小式部、これより、歌詠みの世におぼえ出で来にけり。 返歌もできず、袖を引き払ってお逃げになった。 小式部は、これ以降、歌人の世界でよい評判が出て来た。 しかし、定頼は小式部内侍がこれほどの秀歌をとっさに読むとは思っていなかったため驚き、その秀歌に対してふさわしい返歌を思いつかず、いたたまれなくなって逃げだした。 これはうちまかせての理運のことなれども、 これは当然の道理のことなのだけれども、 かの卿の心には、これほどの歌、ただいまよみ出だすべしとは知られざりけるにや。 あの卿(=定頼)の心には、(小式部内侍が)これほどの歌を、即座に詠むことができるとは、お考えにならなかったのであろうか。 lscholar.

次の

「十訓抄/大江山の歌」

小式部内侍が大江山の歌の事 御簾

前回に引き続き、授業での取り組みについて考えてみたいと思います。 今回はひと通り文法の確認ができた段階で行いたいことをまとめていきます。 そこに生徒自身が考えるの隙間はあまりなく、教師の講義によって進められる場合がほとんどです。 私はほとんど答えが決まっている中で生徒が自らの力で教材に関する発見をする機会をできるだけ与えたいと考えています。 それは品詞分解が必要でないというのではありません。 私自身大学では古文を専攻しましたし、学ぶ中で文法知識がきちんと見についていることの重要性を感じてきました。 どんなに面白く読みたい、どんなに新しい発見をしたいと願っても適切に読む技量がなければそれが叶わないのです。 そのため文法を学ぶのは非常に重要なことだと思います。 しかし学ぶ過程でテストのような「この文での単語の扱いや内容は必ずこうなる」というような押しつけは間違っていると思います。 なぜなら単語や内容の解釈には幅をもたせることができるからです。 それが文字の芸術として表れているのが掛詞です。 前回でまとめた助詞「に」の扱いも幅を持った解釈ができる部分です。 そのような要素に目を向け、「あなたならどう考えましたか?」という問を投げかけたいと考えています。 どのような捉え方ができるかを挙げ、あなたはどの解釈を支持しますか?理由も答えてください。 オーソドックスなものだと思います。 大切なのは自分で疑問を持って考えること、調べることです。 なぜこのような言い方をしたんだろう、というものに目を向けていってもらいたいです。 いわゆる遊びのある設問で、ただ知識を受け取るだけではなく、自分発信で古典と向き合うきっかけになってほしいと思います。 御簾の構造を理解し、少し上に上がった御簾の下から上半身を出したという話をすると面白がる生徒もいます。 このような絵を描くのは御簾だけでなく当時の服装や建物の構造、慣例にも興味が向きますし、内容把握に役立ちますね。 また古語で和歌を読もうとすることで単語や古語文法の習得にも役立つと思います。 和歌に関連するものであれば、俵万智が伊勢物語の和歌で行ったように和歌を現代短歌にリメイクするというのも取り入れてみたいと考えています。 受身の授業よりも生徒が身を乗り出して取り組んでもらえるような授業の方が、私も授業を行う立場として面白いですから。 そのための話の持って行き方や生徒のノせ方は日々勉強です。 動画撮影で自分の発信力のなさを痛感しました。 今回挙げているものはありきたりなものだと思いますので、他にもいいものがあればぜひ教えて下さい。

次の

十訓抄『大江山』問題(1)

小式部内侍が大江山の歌の事 御簾

「黒=原文」・ 「青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら 問題はこちら 和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、 和泉式部が、保昌の妻として、丹後へ下った時に、都で歌合があったところ、 小式部内侍、歌詠みにとられて、歌を詠みけるに、定頼中納言たはぶれて、 小式部内侍が、歌合せの歌人に選ばれて、歌を詠んだが、定頼中納言がふざけて、 小式部内侍、局(つぼね)にありけるに、「丹後へ遣はしける人は参りたりや。 いかに心もとなくおぼすらん。 」と言ひて、 小式部内侍が局(部屋)にいた時に、「(母の和泉式部に代作してもらうために)丹後へ派遣した人は帰って参りましたか。 どんなに待ち遠しく思いなさっているだろうか。 」と言って、 局の前を過ぎられけるを、御簾(みす)より半らばかり出でて、わづかに直衣(なほし)の袖を控へて 局の前をお通り過ぎになったのを、(小式部内侍は)御簾から体を分ほど出て、少し(定頼の)直衣の袖を引きとめて、 大江山 いくのの道の 遠ければ まだふみもみず 天の橋立 (母のいる丹後までの)大江山を越えて生野を通って行く道が遠いので、まだ(丹後の名所である)天の橋立に足を踏み入れていませんし、(母からの)文も見ておりません。 と詠みかけけり。 思はずにあさましくて、 と詠みかけた。 (定頼は、小式部内侍が即興ですぐれたこの歌を詠んだのを)意外だと驚いて、 「こはいかに、かかるやうやはある。 」とばかり言ひて、 「これはどういうことか、こんなことがあるか。 (いや、ない。 )」とだけ言って、 返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられけり。 小式部、これより、歌詠みの世におぼえ出で来にけり。 返歌もできず、袖を引き払ってお逃げになった。 小式部は、これ以降、歌人の世界でよい評判が出て来た。 しかし、定頼は小式部内侍がこれほどの秀歌をとっさに読むとは思っていなかったため驚き、その秀歌に対してふさわしい返歌を思いつかず、いたたまれなくなって逃げだした。 これはうちまかせての理運のことなれども、 これは当然の道理のことなのだけれども、 かの卿の心には、これほどの歌、ただいまよみ出だすべしとは知られざりけるにや。 あの卿(=定頼)の心には、(小式部内侍が)これほどの歌を、即座に詠むことができるとは、お考えにならなかったのであろうか。 lscholar.

次の