芦田愛菜 年収。 芦田愛菜の「年収」の噂検証

芦田愛菜の現在!中学と高校・親や兄弟・驚きの年収まとめ

芦田愛菜 年収

— 2018年 2月月19日午後1時49分PST プロフィール 生年月日 2004年6月23日 出身地 兵庫県西宮市 身長 145cm (2017年6月現在) 血液型 A型 学歴 慶應義塾中等部 所属 ジョビィキッズプロダクション 略歴 2007年 3歳で芸能界入り 2009年 子役デビュー 2010年 『Mother』で新人賞を多数受賞 2011年 『さよならぼくたちのようちえん』で史上最年少主演 2012年 ブルーリボン賞 新人賞を史上最年少で受賞する 2013年 映画『パシフィック・リム』でハリウッドデビュー 2014年 『明日、ママがいない』で連続ドラマ初の主演を果たす 2014年 映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』で映画初の主演を果たす 2017年 慶應義塾中等部に入学 芦田愛菜の父親の職業は? 芦田愛菜さんの父親は早稲田大学商学部卒で、現在は 三井住友銀行の支店長をしている人物だと言われています。 年齡は40代後半で、過去にもいくつかの支店を任されているエリート銀行員と言う事です。 それらの情報を元に色々調べてみると、現在三井住友銀行の吉祥寺支店長に 「芦田博文」と言う方がいましたので、この方でほぼ間違いないと思います。 また、芦田愛菜さんの父親は管理職として部下にも慕われていて、現時点で同期入社の出世レースではトップを走ってるそうなので、かなり優秀な人物と言えます。 さらに、このまま行けば間違いなく将来は役員や頭取にもなれるとも言われているので、何も無ければ数年後には三井住友銀行の頭取となっているかも知れません。 また、芦田愛菜さんの父親が三井住友銀行に勤めてるのには理由があります。 実は芦田家の親戚は、海運会社の大手である 「商船三井」の会長 芦田昭充(あしだあきみつ)氏なのだそうです。 「商船三井」は 日本郵船・川崎汽船と並ぶ日本の 三大海運会社の1社で、東証一部上場の大企業です。 芦田愛菜さんは、芦田昭充氏の 大姪にあたるようです。 親戚にそんな人がいる関係で、芦田愛菜さんの父親は三井住友銀行へ入ったのではないでしょうか。 そして、一流銀行に勤める父親の年収もかなりすごいと思われます。 通常、大手銀行のエリートと言われる人の年収は、30代で 約1000万円と言われています。 なので、現在40代後半で支店長を務める芦田愛菜さんの父親は、現時点で相当な年収だと思われます。 しかし、そんなすごい年収も恐らく芦田愛菜さんのCM1本には敵わない事を考えると、父親もかなり複雑な心境かもしれませんね・・・。 芦田愛菜の母親も高学歴? 芦田愛菜さんをスターへと導いた母親の学歴はどうなのでしょう? 色々調べてみましたが、母親が専業主婦で 「高学歴」という書き込みは多いですが、具体的な学校名はほとんど出てこないので、ひょっとすると父親と同じ早稲田大学出身なのかも知れません。 ただ、それだと両親は学生の時に知り合ってる事になるので、その時に交際していたのならもっと早く子供が生まれていても不思議ではありません。 母親が芦田愛菜さんを産んだのが32歳の時と言う事なので、結婚は30歳くらいだったのではないでしょうか。 となると、大学で知り合ったわりには結婚が遅すぎるとも思うので、やはり父親と母親の大学は別かも知れません。 その辺は今後詳しい事が分かり次第、また追記したいと思います。 芦田愛菜の年収や驚きのギャラとは? 芦田愛菜さんの2012年に稼いだ年収は、 約1億9000万円と言われています。 これは子役の中ではダントツのトップですし、通常の女優と比べてもかなり高いランキングに入っています。 ちなみに2012年当時のランキングは以下の通りです。 2012年度版 女優推定年収ランキング 1位 綾瀬はるか 4億1,000万円 2位 黒木メイサ 3億2,000万円 3位 佐々木 希 3億1,000万円 4位 吉瀬美智子 2億9,000万円 5位 杏 2億8,000万円 6位 吉高由里子 2億6,000万円 6位 武井 咲 2億6,000万円 8位 香里奈 2億3,000万円 9位 長澤まさみ 2億1,000万円 10位 井上真央 2億円 11位 芦田愛菜 1億9,000万円 12位 天海祐希 1億6,000万円 13位 仲間由紀恵 1億5,000万円 14位 石原さとみ 1億4,000万円 そして、芦田愛菜さんの現在のギャラは、1時間のバレエティ番組に出演すると 100万円以上と言われています。 通常の子役だと 20万円~30万円と言われてるので、この時点ですでに破格のギャラと言えるでしょう。 また、CMのギャラが 1本2500万円 で、全盛期は 6500万円にまで上がったと噂された事もありました。 しかし、2013年にはCMのギャラが 1000万円~1500万円に下がったと言われていて、理由はテレビの過剰な露出が原因と言う事です。 基本、女優や俳優はバラエティー番組などに出過ぎると 「希少価値」が薄くなり、CMの単価は下がると言われています。 なので、芦田愛菜さんも2010年以降は、テレビに引っ張りだこ状態で毎日見ない日は無いくらい出まくっていたので、その反動で2013年以降は露出も減っていたようですね。 ただ、露出が減った時期と受験の時期が重なったのもタイミングとして良かったのではないでしょうか。 そこで一旦仕事をセーブして勉強に集中し、難関の慶應義塾中等部に入り、それがまた話題となって少しずつ露出を増やしていく、と言う計画だったのかも知れません。 また、最近は身長もかなり伸びてイメージもけっこう変わったので、少し期間を開けて再開する必要もあったのではないでしょうか。 そして、芦田愛菜さんが入学した慶應義塾中等部は、芸能活動にかなり寛容だと言う事なので、今後はまた本格的に芸能活動を再開されると思います。 そうなると、今後は一体どれだけ稼ぐようになるのか気になる所です。 恐らくすぐに今の有名女優並みの年収を稼ぐようになるのではないでしょうか・・・。 現在の女優の年収ランキングは以下の通りです。 2017年度版 女優推定年収ランキング (日間大衆データ) 1位 綾瀬はるか 6億5,500万円 2位 有村架純 5億7,000万円 3位 吉田羊 4億7,700万円 4位 石原さとみ 4億3,800万円 5位 新垣結衣 4億3,500万円 6位 天海祐希 4億3,000万円 6位 広瀬すず 4億2,900万円 8位 波留 3億7,700万円 9位 長澤まさみ 3億1,500万円 10位 米倉涼子 2億9,000万円 ただ、これを見ると、やはり今の年収の方が昔に比べてかなり上がって来ているので、ここに食い込むには相当頑張らないと厳しいかも知れませんね・・・。 しかし、どうなるかは今後の活躍しだいなので、小学生から中学生となった芦田愛菜さんの今後の女優としての展開が非常に楽しみです! こちらの記事もどうぞ! 終わりに 芦田愛菜さんのおじいさんの兄弟が大企業 「商船三井」の会長で、父親が三井住友銀行のエリート銀行員と言う、やはりただの家柄では無かった芦田愛菜さん。 また、現在の芦田愛菜さんがあるのは、3歳から芸能界に入れて教育している母親の賜物だとも思うので、父親もすごいですが母親も相当なやり手だと思います。 そんな両親に育てられた芦田愛菜さんの今後の活躍に注目です!.

次の

【超絶エリート一家】芦田愛菜の両親の職業は銀行員!学歴や年収を調査!

芦田愛菜 年収

プロフィール 名前:芦田 愛菜(あしだ まな) 生年月日:2004年6月23日 出身地:兵庫県西宮市 血液型:A型 身長・体重:120㎝・20kg前後 所属事務所:ジョビィキッズプロダクション 芸能界に入ったきっかけは、3歳の時に母親から勧められてオーディションを受けたからなのだそうです。 そして、翌年(2010年)にドラマ「Mother」で道木怜南(鈴原継美)役を演じ、「第65回ザテレビジョンドラマアカデミー賞」でザテレビジョン特別賞・新人賞を受賞し、他にも「第20回 TV LIFE 年間ドラマ大賞2010」「第7回 ドラマ・オブ・ザ・イヤー2010」で新人賞を受賞しています。 また、同年に映画「半分の月がのぼる空」で夏目未来役として映画デビューを果たし、声優としてやCMなどのお仕事を始めています。 2011年、ドラマ「さよならぼくたちのようちえん」で山崎カンナ役として日本のドラマ史上最年少初主演を務めました。 また同年に笹倉薫役として主演を務めたドラマ「マルモのおきて」の主題歌でもある「マル・マル・モリ・モリ! 」でCDデビューをしました。 翌年(2012年)には映画「うさぎドロップ」で鹿賀りん役として、映画「阪急電車 片道15分の奇跡」では萩原亜美役を演じ、史上最年少で第54回ブルーリボン賞の新人賞を受賞しています。 2013年では映画「パシフィック・リム」でマコ 役(幼少期)としてハリウッドデビューを果たしています。 その後も映画やドラマ、CMなど幅広く活躍されています。 性格は? 年齢にしては発言が大人びている感じですが、性格はどんな感じなのでしょうか?気になったので調べてみました。 調べてみると、 「愛菜ちゃん」でなく「愛菜さん」と呼ばないと不機嫌な態度になったというエピソードがありました。 また、大人びた発言に対して「可愛くない」という風に感じている人のコメントなどもありました。 そして、テレビでは標準語で話していますが、普段は関西弁で話すそうです。 関西弁は、他の地域の人からキツく聞こえたりするので誤解の原因になっているのかもしれませんね。 実際のところ、同世代の人と比べるとかなりの「 努力家」であり、「 勉強熱心」なんだそうです。 幼くして「海外でも通用する女優さんになること」という夢を持ち、子役としてハリウッドデビューするには同世代の子たちが遊んでいる中、ひたすら努力をしていなけえば出来ない事ですよね。 メガネかけているけど視力は? メガネをかけている場面があったので、「目が悪いのかな?」と思った方もたくさんいたと思います。 私も「視力はどのくらいなの?」という疑問が湧き、気になったので調べてみました。 調べてみると視力がなんと!「 0. 2」なんだそうです。 まだ、幼いのにめちゃくちゃ視力が低い!と思ったのは私だけでしょうか? 理由としては、本を1ヶ月に60冊読むこともあるほどの「愛読家」なんだそうで、仕事で台本なども読んでいるとさすがに視力も悪くなったりしますよね。 スポンサードリンク 気になる年収は? 人気子役として、映画やドラマ、CMなど幅広く活動している芦田愛菜さんですが、実際どのくらい貰っているのでしょうか?さっそく調べてみましょう! 調べてみると・・・ まずは、2012年では年収1億9000万円だったそうです。 子役の年収とは思えないですね! お次にCMのギャラが 1000万~1500万円という情報がありました。 CM本数が6本だとすると、低く見積もっても 6000万円は貰っているみたいですね。 一時期は2500万円だったらしいです(汗)スゴすぎて絶句しちゃいますね。 さらに調べてみるとドラマ出演料が1話あたり 200万円なんだそうです。 ドラマ1本あたり約 2000万円ということになります。 ハリウッドデビューで他の仕事を減らしていたようですが、低く見積もっても 1億円は貰っていると思います。 視力が0. 2とかなり悪いですが、これ以上悪くならないように気を付けてくださいね。

次の

芦田愛菜の年収と驚きのギャラとは!父親の職業や母親の学歴は?

芦田愛菜 年収

— 2018年 2月月19日午後1時49分PST プロフィール 生年月日 2004年6月23日 出身地 兵庫県西宮市 身長 145cm (2017年6月現在) 血液型 A型 学歴 慶應義塾中等部 所属 ジョビィキッズプロダクション 略歴 2007年 3歳で芸能界入り 2009年 子役デビュー 2010年 『Mother』で新人賞を多数受賞 2011年 『さよならぼくたちのようちえん』で史上最年少主演 2012年 ブルーリボン賞 新人賞を史上最年少で受賞する 2013年 映画『パシフィック・リム』でハリウッドデビュー 2014年 『明日、ママがいない』で連続ドラマ初の主演を果たす 2014年 映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』で映画初の主演を果たす 2017年 慶應義塾中等部に入学 芦田愛菜の父親の職業は? 芦田愛菜さんの父親は早稲田大学商学部卒で、現在は 三井住友銀行の支店長をしている人物だと言われています。 年齡は40代後半で、過去にもいくつかの支店を任されているエリート銀行員と言う事です。 それらの情報を元に色々調べてみると、現在三井住友銀行の吉祥寺支店長に 「芦田博文」と言う方がいましたので、この方でほぼ間違いないと思います。 また、芦田愛菜さんの父親は管理職として部下にも慕われていて、現時点で同期入社の出世レースではトップを走ってるそうなので、かなり優秀な人物と言えます。 さらに、このまま行けば間違いなく将来は役員や頭取にもなれるとも言われているので、何も無ければ数年後には三井住友銀行の頭取となっているかも知れません。 また、芦田愛菜さんの父親が三井住友銀行に勤めてるのには理由があります。 実は芦田家の親戚は、海運会社の大手である 「商船三井」の会長 芦田昭充(あしだあきみつ)氏なのだそうです。 「商船三井」は 日本郵船・川崎汽船と並ぶ日本の 三大海運会社の1社で、東証一部上場の大企業です。 芦田愛菜さんは、芦田昭充氏の 大姪にあたるようです。 親戚にそんな人がいる関係で、芦田愛菜さんの父親は三井住友銀行へ入ったのではないでしょうか。 そして、一流銀行に勤める父親の年収もかなりすごいと思われます。 通常、大手銀行のエリートと言われる人の年収は、30代で 約1000万円と言われています。 なので、現在40代後半で支店長を務める芦田愛菜さんの父親は、現時点で相当な年収だと思われます。 しかし、そんなすごい年収も恐らく芦田愛菜さんのCM1本には敵わない事を考えると、父親もかなり複雑な心境かもしれませんね・・・。 芦田愛菜の母親も高学歴? 芦田愛菜さんをスターへと導いた母親の学歴はどうなのでしょう? 色々調べてみましたが、母親が専業主婦で 「高学歴」という書き込みは多いですが、具体的な学校名はほとんど出てこないので、ひょっとすると父親と同じ早稲田大学出身なのかも知れません。 ただ、それだと両親は学生の時に知り合ってる事になるので、その時に交際していたのならもっと早く子供が生まれていても不思議ではありません。 母親が芦田愛菜さんを産んだのが32歳の時と言う事なので、結婚は30歳くらいだったのではないでしょうか。 となると、大学で知り合ったわりには結婚が遅すぎるとも思うので、やはり父親と母親の大学は別かも知れません。 その辺は今後詳しい事が分かり次第、また追記したいと思います。 芦田愛菜の年収や驚きのギャラとは? 芦田愛菜さんの2012年に稼いだ年収は、 約1億9000万円と言われています。 これは子役の中ではダントツのトップですし、通常の女優と比べてもかなり高いランキングに入っています。 ちなみに2012年当時のランキングは以下の通りです。 2012年度版 女優推定年収ランキング 1位 綾瀬はるか 4億1,000万円 2位 黒木メイサ 3億2,000万円 3位 佐々木 希 3億1,000万円 4位 吉瀬美智子 2億9,000万円 5位 杏 2億8,000万円 6位 吉高由里子 2億6,000万円 6位 武井 咲 2億6,000万円 8位 香里奈 2億3,000万円 9位 長澤まさみ 2億1,000万円 10位 井上真央 2億円 11位 芦田愛菜 1億9,000万円 12位 天海祐希 1億6,000万円 13位 仲間由紀恵 1億5,000万円 14位 石原さとみ 1億4,000万円 そして、芦田愛菜さんの現在のギャラは、1時間のバレエティ番組に出演すると 100万円以上と言われています。 通常の子役だと 20万円~30万円と言われてるので、この時点ですでに破格のギャラと言えるでしょう。 また、CMのギャラが 1本2500万円 で、全盛期は 6500万円にまで上がったと噂された事もありました。 しかし、2013年にはCMのギャラが 1000万円~1500万円に下がったと言われていて、理由はテレビの過剰な露出が原因と言う事です。 基本、女優や俳優はバラエティー番組などに出過ぎると 「希少価値」が薄くなり、CMの単価は下がると言われています。 なので、芦田愛菜さんも2010年以降は、テレビに引っ張りだこ状態で毎日見ない日は無いくらい出まくっていたので、その反動で2013年以降は露出も減っていたようですね。 ただ、露出が減った時期と受験の時期が重なったのもタイミングとして良かったのではないでしょうか。 そこで一旦仕事をセーブして勉強に集中し、難関の慶應義塾中等部に入り、それがまた話題となって少しずつ露出を増やしていく、と言う計画だったのかも知れません。 また、最近は身長もかなり伸びてイメージもけっこう変わったので、少し期間を開けて再開する必要もあったのではないでしょうか。 そして、芦田愛菜さんが入学した慶應義塾中等部は、芸能活動にかなり寛容だと言う事なので、今後はまた本格的に芸能活動を再開されると思います。 そうなると、今後は一体どれだけ稼ぐようになるのか気になる所です。 恐らくすぐに今の有名女優並みの年収を稼ぐようになるのではないでしょうか・・・。 現在の女優の年収ランキングは以下の通りです。 2017年度版 女優推定年収ランキング (日間大衆データ) 1位 綾瀬はるか 6億5,500万円 2位 有村架純 5億7,000万円 3位 吉田羊 4億7,700万円 4位 石原さとみ 4億3,800万円 5位 新垣結衣 4億3,500万円 6位 天海祐希 4億3,000万円 6位 広瀬すず 4億2,900万円 8位 波留 3億7,700万円 9位 長澤まさみ 3億1,500万円 10位 米倉涼子 2億9,000万円 ただ、これを見ると、やはり今の年収の方が昔に比べてかなり上がって来ているので、ここに食い込むには相当頑張らないと厳しいかも知れませんね・・・。 しかし、どうなるかは今後の活躍しだいなので、小学生から中学生となった芦田愛菜さんの今後の女優としての展開が非常に楽しみです! こちらの記事もどうぞ! 終わりに 芦田愛菜さんのおじいさんの兄弟が大企業 「商船三井」の会長で、父親が三井住友銀行のエリート銀行員と言う、やはりただの家柄では無かった芦田愛菜さん。 また、現在の芦田愛菜さんがあるのは、3歳から芸能界に入れて教育している母親の賜物だとも思うので、父親もすごいですが母親も相当なやり手だと思います。 そんな両親に育てられた芦田愛菜さんの今後の活躍に注目です!.

次の