転職エージェント 面接対策。 自己紹介で好印象を!面接対策と回答例【例文付き】| type転職エージェント

転職エージェントの書類添削や面接対策 | リクルートエージェント

転職エージェント 面接対策

Contents• EYACCの中途面接:傾向と対策 選考プロセス エントリー、書類選考後、2~3回の面接が一般的な選考フローのようです。 面接担当者は、1次が人事担当、2次はマネージャー、最終面接はパートナーという場合が多くなっています。 EYACCでは他のファームと同様に経験者、もしくはSIerなどのシステム関連でコンサルティングに近い業界経験者などの採用を強化しています。 他のBig4に比べると未経験者からも引き続き採用を続けているファームのようで、 実際に編集部メンバーにもビズリーチや転職エージェント経由で面談のオファーが来ています。 EYの「採用」ページには仕事内容のメンバーインタビューが掲載されているので、目を通しておくと具体的なイメージを持てるでしょう。 中途面接の内容傾向 ケース面接は無く、志望動機や「なぜEYACCか」を問われるオーソドックスな面接のようです。 現在、EYACCで働くコンサルタントは「どんなコンサルタントになりたいか?」や「仕事で乗り越えた困難は?」といった質問が多いとのことです。 コンサルタントに必要とされる「コミュニケーション能力」「論理的思考能力」「協調性」を意識し、カルチャーフィットするエピソードを複数準備した上で、落ち着いて回答できるように準備しておきましょう。 EYACCの基礎知識 EYACCの戦略「Connected(つながり)」とは? 参照:EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社 Corporate Profileより 代表取締役社長 兼 会長のビルファレル氏は、EYAXXのグローバル戦略上、コネクテッド(つながり)を重要テーマとしています。 クライアントが必要とするソリューションを世界中のメンバーファームからナレッジを集め、提供していくことができます。 この海外を含めたコネクテッド(つながり)の強化が未来につながると考えており、世界で最も連携力の優れたファームの一つとして、戦略的に優位にあると信じています。 代表取締役社長 兼 会長 ビルファレル EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社 Corporate Profile EYACCの社風って? 業務を開始したのが2017年1月と最も新しい組織です。 そのため、会社に強い社風やカルチャーがなく、 むしろ個人が自由にやりたいことを主張できるという声を聞きます。 (成果を出していることが前提ではありますが) 今はデロイトやPwCは数千人単位の組織になり、各ファームに傾向はありつつも組織や部署によって大きく違うので、参考程度に考えておくのが良いと思います。 社風やカルチャーマッチはベンチャーなどの小さく、新しい組織では非常に大切ですがBig4のようなコンサルファームでは、 「成果が出せるか」が重要視されます。 案件の特徴(カッティングエッジソリューションズ) EYACCでは、カッティングエッジソリューションズとして、注力テーマを定めています。 こうしたテーマで如何に貢献できるか、知識や経験が足らない領域でもキャッチアップできるかを伝えられると、より良いでしょう。 もちろん新型コロナウイルスの影響で、クライアントニーズが大きく変わり、EYACCでも注力領域が変わっているはずです。 例えば、「今のオフィススペースは不要ではないか?」「オフィスで感染を広げないためにどうしたらよいか?」「リモート環境下での評価・管理制度の検討」などです。 こうした最新の情報を集めて転職準備をするには、実績と長期間の各コンサルティングファームとの信頼関係があるに登録して情報収集するのが良いでしょう。 特にの転職エージェントは、担当者が直接訪れて各ファームの人事から情報収集をしています。 最新の求人状況や必要な経験・スキルを知るには、最も効果的です。 ちなみにコンサルティング業界は年収水準が高いので、中小の泡沫エージェントからも求人提案が来ますが、 相当条件が良くてもアクシスなどの業界特化エージェントに2重確認することをオススメします。 私達も何度か、中小のエージェントから提案を受けましたが、 「情報不足で会話する時間がもったいない」と思うことがありました。 業界未経験だと騙されてしまう可能性もあるので、 フェアに他ファームと比較できる業界特化のと相談してみてください。 EYACCの中途面接で聞かれた質問 Q. なぜEYACCを志望しますか? A. 会社の設立年度が他のファームよりも浅く、良くも悪くも社内の文化やカルチャーが固まっていな い自由な雰囲気であるとEYACCで働く友人から聞いたエピソードと共に回答しました。 ただ、自由だから自分がやりたいことをやりたい!ではなく、まずは様々な経験を積み、より自身の経験を活かして貢献できる!と思った時にチャレンジできると考えたことを伝えました。 モチベーションが上がらない時のセルフマネージメントは? A. 社会人経験も数年あるので、「ヤル気」でやらないことは無いことは伝えました 笑 それだと質問の回答になっていないと思ったので、相対的に「ヤル気」が少ない時にどうするかという意味で、 「ヤル気」が出ない状況や要因を紙に書いて自分なりに理解するようにしていると回答しました。 コンサルタントとしてどのように活躍できると思うか? A. 業界経験者ではないので、至らない点はキャッチアップさせていた抱きたいと伝えたうえで、 前職での経験を活かせる分野を素直に回答しました。 また、未経験分野に関しても経験分野を活かしつつ、前向きに取り組んでいきたいことを伝えました。 結局、 アサインはプロジェクトの受注状況によると思うので、経験領域でしか使えないと思われるのは良くないなと思いました。 EYACCの面接準備 他社研究「なぜコンサル?」「なぜEY? 」への回答 一般的にはインターネットで他ファームを含めて、情報を集めて、比較すことでファーム間の違いを理解していきます。 ただ、新型コロナウイルスの影響で、クライアントニーズが大きく変わってきています。 EYの注力領域であるカッティングエッジソリューションも変わっている可能性が高く、 転職エージェントに相談して最新の情報を得ておきましょう。 疲れない!転職エージェントとの付き合い方 EYを始めとしたコンサルティング業界への転職であれば、業界特化のがオススメです。 ただ、前提として転職エージェントは担当者との相性があります。 特にコンサルティング業界への転職は、コンサルティング業界から次の転職もあります。 そこまでを見据え、 継続的に信頼関係を作れるエージェントがオススメです。 そういう意味でもは 案件の特徴(カッティングエッジソリューションズ)ので、良いでしょう。 また、1社の話を鵜呑みにしないように、もう1社に登録して、 複数の視点で求人情報の良し悪しを判断するのがオススメです。 転職活動の途中でどちらかとの信頼関係が作れなかった場合でも、 別のエージェントがいれば安心できます。 JACは英語特化ですが、EYACCなどの大手外資系ファームとは長年信頼関係を築いています。 また、アクシス同様に中長期的な転職支援が可能ですので、アクシスのサブとして使うのにオススメです。 EYACCへの転職でオススメできない転職サービス 逆に転職したい業界が決まっているのであればビズリーチなどの転職エージェント紹介サービスはオススメできません。 よくビズリーチを転職エージェントとして紹介している情報を見ますが、登録してもビズリーチの担当者から連絡がくることはありません。 ビズリーチは、 求人企業やリクルートやdodaなどの転職エージェント担当者と求職者のマッチングサービスです。 よって、転職したい業界や企業が具体的になっている場合は、 業界特化か大手の転職エージェントを使うのが効率的かつ効果的です。 むしろビズリーチは泡沫な中小エージェントからも連絡が来るので、 必要以上に手間がかかる場合もあるので、使い分けることをオススメしています。 EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング(以下、EYACC)は実績豊富な新たなリーダーを迎え、新型コロナ流行後も積極的な採用をしています。 そんなEYACCの選考プロセス、面接回数・内容、対策方法を御紹介しました。 選考は、書類選考と面接を人事担当・現場マネージャー・パートナーと行い、面接は、志望動機を「なぜコンサル?」「なぜEYACC? 」の観点で答える準備をしておくという一般的なコンサルティングファームと同じですね。 また、「どんなコンサルタントになりたいか?」や「仕事で乗り越えた困難は?」といった質問の受け答えから、コンサルタントとして活躍できるかを「論理的思考力」や「チームワーク」の観点で見られるようです。 案件の特徴(カッティングエッジソリューションズ)をふまえて、 自身が「どこで貢献できるか」と「未経験領域でも積極的にキャッチアップしていきたい」という2点をアピールできることが大切なようです。 EYの戦略としてConnected(つながり)を重要なテーマとして掲げています。 ただ、デロイト・PwC共に、グローバルに監査法人・税理士法人・FASなどの グループ間連携を強めているので、ここに大きな違いはありません。 よって、転職エージェントやもし知り合いで働いている方がいれば直接ヒアリングをして、 1次情報として他ファームとの違いを説明する準備ができるとよいと思います。 引き続き厳しい状況が続きますが、皆さんの転職活動が少しでもうまくいくことを願っています。 swiper-button-next', prevEl: '. swiper-button-next', prevEl: '.

次の

【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

転職エージェント 面接対策

経験・キャリアを積んできた20代後半から30代は、転職のプロである転職エージェントを利用• ハイキャリア・エグゼクティブであればヘッドハンティングサービスを利用• キャリアが浅い20代で待遇条件にこだわらないのであればリクナビNEXT・マイナビ転職を利用 しかし、今や転職エージェントも進化し20代後半から30代向けの転職エージェント、ハイクラス向けの転職エージェント、そして職歴なし・第二新卒向け転職エージェントとそれぞれの年齢・スキル・経験に合った転職エージェントが増えてきているのです。 そのため転職エージェントを利用する際は自分の年齢・スキル・経験に合った転職エージェントを選ばなりません。 そこで今回、実際に20代のビジネス経験浅いときから転職エージェントを利用し転職を成功させてきた筆者が特徴別に おすすめ転職エージェントを分かりやすくご紹介。 転職エージェント探している方はぜひ参考にしてください。 転職のプロがアナタの転職希望を聞きその人に合った企業を紹介してくれる• アナタの経験・スキル・人柄にあった企業を紹介• 企業の人事担当者・経営層と面識・コネクションがある• 特別な非公開求人をもっていることがある• 転職エージェントの利用は無料• もちろんエージェント(代理人)は企業側の人事担当や経営層と直接連絡できる関係なので、応募を有利にすすめることが可能です。 また転職エージェントは企業と直接やり取りをしているため、非公開求人や特殊ポジションの募集などの案件を持っています。 優秀な転職エージェントに出会うことで、一般的には公開していない求人情報に応募することもできるのです。 利用料金に関しては求職者(アナタ)は無料です。 職種やポジションによっては数百万円の採用費を企業側は転職エージェントに対して支払うので、それなりの人材を期待しますよね。 転職エージェントとしても自分が紹介した人が採用されれば数百万円の売上になるので、必死にサポートしてくれるというメリットがあるのです。 転職エージェントと転職サイトの違い よく聞く「転職サイト」とは厳密に違いがあります。 転職サイトの場合は、サイトに登録して自分で条件を入れて検索をし企業に応募をします。 基本的には企業側・求職者(アナタ)をオンラインで自由にマッチングさせているサービスです。 転職サイトは気軽なのと求人登録数が多いのが特徴です。 転職エージェントが転職サイトを運営しているところも多いから同じ意味で使っている人も多いな。 20代後半から30代全般と幅広い年齢層で、さまざまな業界に対して多数の求人案件をもつ「」。 dodaやマイナビエージェント、そしてリクルートエージェントなどが有名です。 20代若手向けの「」。 マイナビエージェントや20代の転職相談所(ブラッシュアップジャパン)が有名です。 経営者・部長・マネージャー級・特殊資格者を中心とした「」。 BIZREACHやJACリクルートメントなどが有名です。 職歴なし・フリーター・第二新卒向けの「」。 JAICや就職Shop(リクルート)が有名です。 このように年齢・スキル・経験によって利用すべき転職エージェントがことなります。 自分の特性にあった転職エージェントを選びましょう。 転職エージェントを選ぶ際の注意点 日本にはたくさんの転職エージェントがあり、正直なところ質はピンキリです。 転職エージェントもビジネスですから、 悪質な場合は転職希望者に対して本人の意向とは無関係に内定の出しやすい企業を強引に勧めてくる場合などがあります。 担当者の口車に乗せられて自分の意に沿わない転職をしないように、転職エージェントは注意して選ぶようにしましょう。 基本的には、まだ登録してないのであれば 大手の「総合型転職エージェント」1〜2社に登録し、追加で自分の特性にあった転職エージェントを1〜2社登録しましょう。 求職者(アナタ)は登録・利用は無料ですからなるべく多くの転職エージェントを一旦は複数選んで、その後「ここが合いそう」という1,2社に絞り込んでいきましょう。 もちろん大手の転職エージェントでも担当者によってサービスの質が変わることがあるので、担当者と合わないと感じたら担当者を変えてもらうか別の転職エージェントを利用しましょう。 キャリアありではじめての登録は大手転職エージェント2〜3社に登録するのがおすすめだ。 利用しながら担当の違いなどをしっかり比較して欲しい。 総合型おすすめ転職エージェント それではここから当サイトが調査した おすすめの転職エージェントを具体的にご紹介いたします。 () 最初にご紹介するのは、20代後半から30代全般と幅広い年齢層でさまざまな業界に対して多数の求人案件をもつ「 総合型転職エージェント 」です。 一定のキャリアがある20代後半から30代はまだまだ求人案件の種類・ポジションも多く余裕がありますから。 転職エージェントはまずは案件数の多い大手から選びましょう。 おすすめは次の4つです。 どれも大手なのでまだ登録していなところがあれば登録してみましょう。 doda 【おすすめ度】 【公式サイト】 転職エージェントおすすめNo. 1は転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。 老舗・大手ということで案件が豊富で、キャリアカウンセラーからのサポートにチカラを入れているのがポイントです。 紹介される案件は大企業から中規模の企業、伸び盛りのベンチャー企業まで幅広くあります。 dodaはまず登録すべき転職エージェントです。 新卒採用で圧倒的に強いマイナビグループ マイナビAGENTは新卒採用で有名な「マイナビ」グループの転職エージェント。 マイナビならではの非公開求人 新卒採用の強みを活かした非公開優良企業求人が多数• はじめての転職もしっかりサポート 20代ではじめての転職をサポートするキャリアアドバイザー。 リクルートエージェント 【おすすめ度】 【公式サイト】 業界最大手で求人案件数はNo. 1、求人業界トップのリクルートが運営している転職エージェントが「 リクルートエージェント」です。 登録者が多く、非公開求人もトップラスの多さの転職エージェントです。 人材・転職業界でも歴史があるため転職に関するノウハウも豊富です。 dodaに続き、登録しなければ登録するべき転職エージェントのです。 人材派遣のコネクションで他社にはない優良案件あり パソナキャリアは人材派遣の流れで他社にはない非公開求人があります。 取引実績も25万人16,000社以上 転職エージェントとしては大手2社と比べると見落としそうですが16,000社以上の実績あり。 女性に人気の転職エージェント 人材派遣のパソナの流れを受け女性に人気の転職エージェントです。 type転職エージェント 【おすすめ度】 【公式サイト】 type転職エージェントは首都圏(東京・埼玉・千葉・神奈川)の案件を主に取り扱うサービス開始から24年の老舗エージェントです。 @typeというITエンジニアに強い転職サイトを運営している会社です。 年収アップにこだわった転職エージェントで転職者の71%が年収アップに成功しています。 30代で未経験可の案件も多くありますので未経験の業界や職種を希望する場合は相談してみましょう。 新卒採用で圧倒的に強いマイナビグループ マイナビAGENTは新卒採用で有名な「マイナビ」グループの転職エージェント。 マイナビならではの非公開求人 新卒採用の強みを活かした非公開優良企業求人が多数• はじめての転職もしっかりサポート 20代ではじめての転職をサポートするキャリアアドバイザー。 20代の転職相談所 【おすすめ度】 【公式サイト】 第二新卒・20代向け総合転職サービスのブラッシュアップ・ジャパン株式会社が手がけるのが「20代の転職相談所」。 その名の通り20代向けの転職エージェントです。 相談所のエリアは東京・大阪・名古屋・横浜と限られますが、20代に親身になってサポートする転職エージェントとして人気です。 求人数も5,000件と少なめですが、担当者が取材訪問をして「若手が成長できる企業」を紹介してくれます。 ハイクラス外資系企業を目指すならJACリクルートメントおすすめだ。 リクルートの経験豊富なヘッドハンターが求職と企業の間に入り転職活動をサポート。 複数の企業顧問案件などエクゼクティブの方は登録しておくのはいかがでしょうか。 ランスタッド 【おすすめ度】 【公式サイト】 世界39ヶ国で展開する世界最大級の転職エージェント「ランスタッド」。 海外企業や外資系企業に強い転職エージェントです。 求人案件も半数が年収1,000万円以上、またグローバル企業のランスタッドならでは独占求人案件も多数あります。 年収800万円以上狙う転職なら「ランスタッド」登録必須です。 職歴なし・フリーター・第二新卒向け転職エージェント 最後に最近増えてきている・・第二新卒向けの転職エージェントです。 学校を卒業したものの就職のタイミングを失ったしまった20代若手に対してビジネスマナーから書類の書き方、面接の方法まで丁寧にサポートしている転職エージェントです。 まずは正社員になりそこで数年キャリア積んでさらなるステップアップするために・・すぐに辞めてしまった第二新卒はこの転職エージェント利用しましょう。 JAIC(ジェイック) 【おすすめ度】 【公式サイト】 JAICはフリーターや職歴がない既卒に対してビジネスマナーから書類の書き方、面接の仕方までしっかりと研修を行う転職エージェントです。 研修を受ければ書類選考なしで登録企業と面接も受けられます。 またJAICのスタッフは1社1社取材訪問しており、飲食や投資用不動産、保険といった離職率の高い業種や、そもそも若手を育てる気がない企業を排除し、安心して働ける企業を紹介しています。 そのため就職後も定着率94. 3%と高いのです。 「就職Shop」は 安心のリクルートグループの転職エージェントだ。 転職エージェントを利用する際の重要なこと 「総合型転職エージェント」「20代向け転職エージェント」「ハイクラス向け転職エージェント」「職歴なし・フリーター・第二新卒向け転職エージェント」をご紹介してきました。 最後に重要な事をお伝えします。 最終的に 転職エージェント経由で転職するかどうかは別にして転職エージェントは複数登録しておきましょう。 転職は情報量が重要です。 転職エージェントによって扱っている転職情報がまったく異なるのです。 転職エージェントは担当者が一人ひとりついて企業と求職者(アナタ)の間に入って紹介や転職サポートをしてくれます。 そのため求職者(アナタ)に合った求人案件がないと、紹介できる企業がないためそもそも登録を断られてしまうこともあるんです。 もし 断られても落ち込んだりする必要はありません。 それは求人企業側の時期や転職エージェントの他の求職者の登録状況によって変わるからです。 今は断られても半年後は登録できることもありますし、もちろんその逆もあります。 人によってはA社の転職エージェントでは紹介案件がなくてもB社の転職エージェントでは案件多数で登録歓迎される、ということもよくあります。 そのB社から紹介された転職先がまさに希望通りだった!なんてことも。 転職エージェントの上手な活用方法を教えるぞ step 1まずは大手の「 総合型転職エージェント」2〜3社登録 この中でも 「doda」「マイナビエージェント」「リクルートエージェント」の3社は登録必須の転職エージェントです。 まだ登録していない人は登録しておきましょう。 step 2追加で自分の特性に合った転職エージェントを1〜2社登録 「20代向け」「ハイキャリア向け」「職歴なし向け」「総合型」と大きく4つに分類しています。 自分に合った転職エージェントに申し込みましょう。 step 3利用は無料なので複数選んでから最終1〜2社に絞り込む 登録ができたら求人案件の紹介がはじまります。 自分に合いそうな企業を紹介しくれる転職エージェントに絞り込みましょう。 step 4合わないと感じたら担当者変更か別の転職エージェントを利用 転職エージェント担当者との相性も大事です。 どうしても合わなければ別に転職エージェントの利用も検討しましょう。 (そのために複数社登録しておきましょう。 ) 売り手市場の現在では新しい会社に挑戦できるチャンスは確実に増えています。 複数の転職エージェントを上手に使い分け、転職を成功させましょう。 タイプ別おすすめ転職エージェント 一覧 今回ご紹介した転職エージェントを一覧でまとめています。

次の

「面接官はここを見ている!」事務職の転職は面接対策が重要

転職エージェント 面接対策

プレゼンテーション能力が低い人• 志望意欲・やる気が感じられない人• チャレンジ精神や好奇心のない人• 忍耐力がない人• 当事者意識のない人 それぞれの特徴を詳しく確認していきましょう。 特徴1:プレゼンテーション能力が低い人 面接で必要なのは、 自分の魅力を伝える力です。 重要なポイントをまとめて、自分の魅力を伝えられたら、面接官にもあなたの魅力が伝わるでしょう。 ただ新卒の就職活動以来 面接を経験していない人は、プレゼンテーション能力が欠如している傾向にあります。 初対面の面接官と明るく楽しく話せる能力が必要なわけではありません。 大切なのはいかに、自分の魅力をプレゼンできるかです。 履歴書や職務経歴書を見れば、ある程度あなたがどんな会社で働いてきたか分かるので、 面接で1から10まで話す必要はありません。 書類に書ききれなかった、重要なポイントだけを伝えましょう! 特徴2:志望意欲・やる気が感じられない人 たとえやる気があっても、 伝え方が悪ければやる気がないように思われることもあります… 事前に用意できる「志望動機」や「自己PR」ではなく、転職理由やこれまでの経験など、 面接中の態度はもちろん、会話の中で転職者の意欲を見極める面接官がたくさんいます。 そのため、書類にいかに良いことを書いていても、面接時に意欲ややる気をアピールできなければ、面接に落ちる可能性も高くなります。 担当者と1対1の面談形式• 多数の転職者と合同のセミナー形式 それぞれの形式について簡単に説明しておきましょう。 形式1:担当者と1対1の面談形式 1対1の面談形式では、30分〜1時間程度、個別で面接対策を行います。 1対1の良い点は、 あなたに合わせた面接対策が受けられる点です。 実施内容としては、あなたの職務経歴書を見ながら、転職エージェントが応募企業の面接官役となり模擬面接を実施。 良かった点、修正すべき点など、個別に丁寧に教えてもらえます。 形式2:多数の転職者と合同のセミナー形式 大手転職エージェントであれば、面接対策セミナーを開催していることも多くあります。 1時間〜2時間程度の講義形式で、 面接の流れや注意点に関する話を聞くことができます。 面接に自信がない人は、セミナーに参加すれば学びがあると思いますが… やはり1対1の面談形式の方が深く学ぶことは可能です。 応募企業によって、面接で求められることも変わってくるので、 セミナー形式より1対1の面談形式の方が実践的なアドバイスがもらえるでしょう。

次の