インスタライブ atsushi。 昨夜の清木場俊介のインスタライブ見ましたか?ATSUSHIの今のEXILEへの気...

【当落速報】EXILE ATSUSHI FM802公開収録@あべのキューズモール 当選メール続々!

インスタライブ atsushi

MABUだちからのコメント EXILE ATSUSHI マブアルバム発売おめでとう。 とにかくマブがここまで来る道のりの中で、たくさんのことを経験しながら、 いろいろなことを乗り越えながら、1stアルバムまでたどり着いたことを知っている人間として、 夢に向かって突き進む意思の強さと、パワーみたいなものを感じています。 もちろん楽曲のカッコよさ、踊りのセンス、どれをとっても抜群だけど、そういうこと以上にマブの行動力と、 夢に向かうパワーが目の前の現実を動かしてきたと、思い知らされます。 とにかく心からおめでとう。 そしてこれからもセンスのある楽曲、楽しみにしているし、 先輩として、仲間として、よろしくな!! これからも初心を忘れず、ガンガン上目指して頑張って!自粛終わったらクラブで掛けまーす! EXILE MAKIDAI MABU 1stアルバムリリース、デビュー1周年、そしてお誕生日おめでとうございます㊗ 初のアルバム『BRIGHTEST DOPE』はMABUの歌魂を芯に感じれて、素晴らしい作品だと思います。 EXILE ATSUSHI ~EXILE MAKIDAI Remix~」に参加させて 頂きましたが、スタジオワークにおいても、MABUの音楽への熱量とオープンマインドが最高でした。 クラブ等も一緒にまわり、この楽曲を披露しましたが、お客さんと1つになって会場をガッツリロックしていたのが印象的です。 何度でも聴きたくなる今回のアルバム、皆さんにも是非体感していただけたらと思います。 SWAY 運命しか感じない。 約10年前共通の先輩の車の後部座席で出会って、 今じゃ共に闘う戦友。 そして、何よりも気兼ね無くバカ騒ぎできる音楽仲間。 いや、最高の音楽MABUダチ! 「マジわりぃ。 」は確実に俺たちの普段の遊びから生まれたリリック。 アルバムに参加させてくれたこと心から感謝します! MABU、おめでとう! LOS It was a vibe going to Japan and working with Mabu! Loved his energy and his work. Hip Hop is Hip Hop anywhere you go. Definitely looking forward to working with him again. LETS WIN. YABAI!! 日本でMABUと曲を作れて最高でした! 彼の音楽とエネルギーが大好きです。 世界のどこへいってもヒップホップはヒップホップです。 彼と彼のクルーに出会えて光栄です。 また共演できる日が楽しみです。 YABAI!!! YURINO MABUさん1stアルバム「BRIGHTEST DOPE」リリースおめでとうございます!! MABUさんとわたしが出会った時は店員さんとお客さんでしたね! 今は同じ事務所にいるのが何だか不思議です笑 フレッシュなサウンドが詰まったアルバムだなと思い、天気の良い日に聴きたくなりました!! 塚本高史 夜の高速をドライブしたくなりました。 1日中聴いていたい心地よさ。

次の

清木場俊介 公式ブログ

インスタライブ atsushi

12月7日の最終節(札幌対川崎)を見に札幌に帰省したのに、体調不良で現地観戦できず。。 2日間で何とか体調を万全に戻して、スポンサーパーティ(感謝の集い)に参加してきました。 去年まではパーティの最中に写真撮影のために小野伸二、稲本潤一らに長蛇の列ができてましたが、今年からは進藤亮佑や福森晃斗らに長蛇の列ができてました(武蔵がパーティに参加していれば一番人気だっただろうけど、代表選出で今年はパーティ不参加)。 荒野に子シシを抱っこしてもらいました。 で、会場でインスタライブしてみました。 初期設定で保存設定してなかったようで、24時間で消えちゃうようです。 見ていない人は今日の19時までに再生してみてください! インスタライブ、無事終了しました。 ネタのとれ高、結構凄いと思います。 インタビューした人は、岩崎、駒井、ジェイ、荒野、三上GM、檀崎。 荒野はしっかりネタぶっ込んでくれました。 個人にアップ予定です。 — noteに7千文字を超える長文コラムをアップしました。

次の

清木場俊介 公式ブログ

インスタライブ atsushi

昨夜の清木場俊介のインスタライブ見ましたか? ATSUSHIの今のEXILEへの気持ちやメンバーとの関係が自分の想像してた通りでした 同じこと思った方多いですよね? 第1章が一番、今のEXILEは 気に入らない(清木場とコラボする時TAKAHIROの許可を強調してたのはその裏返しだと思います) HIROのやり方気に入らない、HIROにビビってる TAKAHIROとは仲良くも悪くもない(相方としての絆は多分ある) 初期メンバー以外とは距離ある 酔うと危ない人 多分ATSUSHIがEXILE続けてるのは自分が抜ければEXILEでなくなるという責任感と気の弱さからだと思います が、昨日のを見てると独立も近いのかなとも思います 自分は独立して自由にやってほしいなと思います どう思いますか? 補足HIROやEXILEが気に入らない、メンバーと距離あるとかはATSUSHIが直接言ったことじゃなく自分が勝手に昨日のインスタライブから読み取ったことです すみません (昨日のインスタは見ていませんが、内容は見ずとも大体は分かります) 歌手を目指す人は、全員とは言いませんが、少なくとも一流のアーティストとして活躍するような人は、ずっとグループのボーカルとしてやって行こうと思って歌手にはなっていないはずです。 一人ソロでも十分やれて、むしろ自分がTOPになりたいと思っているでしょうから。 どこぞの有名プロダクションや超超有名企業の会長令嬢でもない限り、そういう心意気がなければ選ばれていないでしょう。 特にATSUSHIさんが歌手になるような頃は、とりあえず何でも良いから、歌手になれる道があるならばオーディションも片っ端から受けて(もちろん選びはするでしょうが)、グループのボーカル募集だったとしても、それまではグループでやって、有名になればソロ活動をするというのが定説だったので、ATSUSHIさんもそう思っていたと思います。 ASAYANのオーディションでは、最後の選考まで残りましたが、TVではどの組み合わせも捨てがたいようた事を言っていましたが、「ソロアーティストを選ぶなら、迷いなくATSUSHIを選んでいた。 けれど、ツインユニットだったので、真っ先にATSUSHIを落とした」と、後に有名なプロデューサー?が語っています。 最高の褒め言葉ですね。 ATSUSHIさんは、ソロでこそ生きるというか、ユニットなどではATSUSHIさんの実力が思う存分発揮できず、はっきり言って勿体無いのだそうです。 そのプロデューサーとは、サシでも話せる仲になっていますから、本人の耳にも実際届いているでしょうし、業界に身を置いている人ですから、あちこちからそういう声は届いているでしょう。 今の音楽業界って、人気=実力な人が本当にいなくて、ファッションと一緒で何でもあり。 本気で音楽をやりたくて業界に入ったレコーディング関係の方や、昔からから業界にいる方は上手い言葉が見つかりませんが、疲れ切っているというか、やる気が出ないというか…ATSUSHIさんや、清水翔太さん、三浦大知さんなど、そういう唯一無二の実力派のレコーディング風景は、滅多に見れませんが、雰囲気が違って、スタッフもプロの気合を感じますし、見ていても素人でも分かるくらい楽しいです。 恐らく、EXILEの人気が第二章のピークの頃からうなぎ上り、もしくはキープ出来ていれば、今頃ATSUSHIさんは抜けていたでしょう。 TAKAHIROさんも抜けて、SHOKICHIさんとNESMITHさんの二人、もしくはどちらかがTAKAHIROさんと組んでEXILEのツインボーカルをやっていたと思います。 2014年頃から、ATSUSHIさんの抜けたEXILE、EXILE TRIBEのシュミレーションが行われてきていますが、答えはいずれも「今抜けられては困る」ですね。 ATSUSHIさん、TAKAHIROさん共に良くぞ辛抱してやってくれていると思います。 ATSUSHIさんの最近の発言は、日本の業界ではタブーとされる政治的な発言も見掛けます。 恐らく、独立していれば社会派的なアーティストになっているでしょう。 とても窮屈そうですし、EXILEのLIVEで発言した時は!ごもっともなのですが、異様に感じられました。 下の所属アーティスト達は、もちろんATSUSHIさんを目標としながら、越えるにはどうすれば良いかと考えながら、日々精進していると思いますが、律儀というか人情というか…野心がありながらも繊細さや、あの事務所独特の考え方がありますので、何だかATSUSHIさんを越えては行けないという雰囲気すら感じます。 ATSUSHIさんの良さも、このままでは発揮し切らないでしょうし、後輩も今の実力以上を越えられないままな気がします。 何というか、コンクリートから芽を出せるのに出せない、そんなイメージです。 YouTube活動もそうですし、インスタは他の tribeメンバーもしていますが他のメンバーと違って tribe全体の宣伝やメンバーとの写真などもイベントなど以外では載せません ATSUSHIと俊の絡みもかなり増えてるように感じます。 前までは触れてはいけない物みたいな感じだったのに.

次の