ポケモン ソード エルフーン。 【ポケモン剣盾】エルフーンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

【ポケモン剣盾】害悪?究極の補助型エルフーンの育成論【ソードシールド】

ポケモン ソード エルフーン

どうも皆様初めまして。 初投稿なので優しい目で見てくださると嬉しいです。 コメントでアドバイスなどくださると喜びます。 タイプ不利のエースバーン、積まれまくった受けやアタッカーを粉砕出来る夢の詰まった型になります。 持ち物 きあいのタスキ 初手メロメロが突破された場合の保険です。 がむしゃらにも繋がる為確定とさせて頂きました。 ダイマックスやラムの実では治らず、交代するまで永続します。 ・みがわり メロメロと相性が非常に良いので確定 メロメロ状態で行動不能になった場合、みがわりをはりつつ安全圏から確実に相手を叩けます。 この型は、みがわりを貼りつつ行動不能になった際に叩くので非常に相性が良いです。 また、初手メロメロ失敗でタスキが発動したり、相手が同性だった場合に嫌がらせが出来ます。 ・ムーンフォース タイプ一致の最大火力、いたずらごころが効かないあくタイプに強く出れる様になります。 基本的にがむしゃらの残りを削る役割ですが、自分の体力が多い場合はこちらでごり押ししましょう。 エナジーボールでも良いのですが、フェアリータイプに比べ技の通りが悪いのでおすすめしません。 立ち回り 初手出しをすると確実にロトムや同性などで対策をされるので、チームの抑えとして出す様にしましょう。 相性の良い味方 カバルドン・ナットレイ・アーマーガア辺りは流石に苦しいので、確実に狩れるエースバーンやロトムなどが手持ちに居るととても戦いやすいと思います。 私はトリルを張った後のはらだいこヨクバリスやエースバーンなどのおさえでよくエルフーンを使用しています。 最後に 最後まで見て頂けて嬉しく思います。 見にくい文章ではなかったでしょうか? ポケモン自体も浅い為、知識不足で不快に思われた方が居たら申し訳ありませんでした。 素晴らしい運ゲーバトルをお伝え出来ていれば幸いです。 運ゲーエルフーンは本当に楽しいので是非使って頂きたいです。

次の

【ポケモン剣盾】「エルフーン」のシングル・ダブル単体考察まとめ【ソードシールド】

ポケモン ソード エルフーン

5倍 0. コメントでのご指摘ありがとうございました。 解説 特性「いたずらごころ」によって 変化技を先制で出す事が出来るのを活かして「おいかぜ」「おきみやげ」壁系などで味方のサポートを行ったり、「コットンガード」による大幅な防御アップを利用した物理受けを行ったり「アンコール」「ちょうはつ」などで相手の動きを制限したりと 器用なポケモンです。 シングルバトルでは「やどりぎのたね」で回復と定数ダメージを稼ぎつつ、「コットンガード」「みがわり」で物理受けを担うのを多く見かけます。 素の素早さも高く、特攻も著しく低いわけではないので弱点を突ける相手であれば殴り合いも可能です。 「いたずらごころ」によって先制する技はあくタイプには無効化されてしまうという点や、「ちょうはつ」を使用されると機能停止しやすい点には注意が必要です。 コットンガードを使用すると防御が実質2倍以上になる上に、2回使用すると最大段階まで上がるので積んでいない 物理アタッカー相手であれば多くの相手を受け切る事が出来ます。 特殊相手は受けるダメージも大きいので、ドラパルトなど 物理も特殊も存在する相手は型をしっかりと見極めてから動きましょう。 「ちょうはつ」を撃たれた際や、ドラゴンに最低限の打点を出せるようにムーンフォースを採用していますが、より定数ダメージを稼げて相手との読み合いを発生させられる「まもる」や、相手のちょうはつを先に止められる「ちょうはつ」も選択肢として有用です。 相手がスカーフだった場合は先制してだいもんじを撃たれてしまいますが高確率で耐え、反撃のムーンフォースでサザンドラを倒す事が可能です。 ただしだいもんじを受けた時点でHPが大きく減っているのでそこから更に物理受けの役割を果たすのは難しくなってしまうので、ほぼサザンドラとの1:1交換、相手後続にやどりぎのたねを入れる分若干有利くらいの気持ちで臨みましょう。 物理耐久特化と比べると 本来の役割である物理受け面がやはり脆いので、一長一短の調整です。 メインメニュー•

次の

エルフーン

ポケモン ソード エルフーン

はじめに きびと申します。 投稿は今回が2回目です。 今回はアタッカーエルフーンを今の世代でも使ってみるとどうかと思い、フォークの育成論を投稿させていただきました。 H,A,B,C,D,Sなどの略称を使います。 ダメージ計算はポケマス様のものを使用させていただきました。 採用理由• 奇襲が成功しやすい。 特性や覚える技により、補助技がメインであることが多いポケモンである故に例え相性が不利 特に草技弱点 であっても 相手が引かないことが多いです。 また、この点は他のこだわりアタッカーとの差別化にもなります。 優秀な技範囲。 弱点をつけるタイプとして 水 ガマゲロゲ、トリトドン、ウォッシュロトム、インテレオン、パルシェン 地面 カバルドン、ヌオー 岩 ドサイドン ドラゴン ドラパルト、サザンドラ、オノノクス、パッチラゴン、ウオノラゴン 悪 ブラッキー、オーロンゲ 格闘 ローブシン がいます。 そして高い素早さ 116族 から後出しを許さず、そこそこ多くのポケモンに負荷をかけやすいです。 代わりに全く相手をすることができない相手も多い点は注意です。 貴重な草枠。 最近環境に多い草タイプはエルフーンの他だとカットロトムくらいです。 また、草枠は粉技、やどりぎのタネを無効化することができることとエルフーンのいたずら心挑発が周知されていることから、それらへの抑止力になり得ます。 かわいい。 なんやかんやで一番大事なポイントですね。 まじもふもふ。 性格・努力値 今回はできるだけ多くのポケモンの上を取りたい点と足りない攻撃力をできるだけ確保するため臆病CSとしました。 残りB。 このBにより、珠ドラパルトの鋼の翼をギリギリ確定で耐えるようになります。 Sの調整をしたい方は サザン抜き意識の準速CS 最速100族抜き などもありだとは思います。 ただし基本的に確定数は変わりませんし、ダイジェット決めたときのメリットが少なくなるので非推奨です 後述。 持ち物• 拘り眼鏡 今回はこちらで確定とさせていただきました。 火力を上げることができたり、トリックで押し付けて相手を撹乱させたりと今回の型と相性が良いと思います。 命の珠はダメ計をしてみると割と重要なところで乱数が絡んでしまうので今回は見送りにさせていただきました。 ダイジェットとは相性悪くね? と思ったそこのあなた! その通りです。 ダイマックス前提ならば命の珠の方がいいと思います。 ただ、このエルフーンは 基本的にはダイマックスせずに運用することから今回はこちらで採用させていただいております。 すり抜け 今回はこちらで確定としています。 理由として、 身代わりや壁に強い点があります。 また、この型では補助技メインのポケモンにメガネトリックを決めたくなることが多いです。 その際にあくタイプ 主にブラッキーやオーロンゲ に補助技を防がれない点からこちらを強くお勧めします。 壁技を持つポケモンとして、 今後ラプラスなども増える可能性があり、 増えるどころか大量発生してますね… 攻撃上のタイプ相性が有利なのも良いポイントかと思います。 いたずらごころ トゲキッスやギャラドス、パッチラゴンなどのダイジェットアタッカーやドラパルトに先制で置き土産などの補助技を打ち込むことができるので便利です。 ただし、壁張りや身代わりに弱くなるのでそこは注意です。 葉緑素 晴れパなら一考の余地あり、でしょうか。 ただし今の環境だと天候を変えられやすく、エルフーン自身、日本晴れくらいしか晴れにする手段を持つことができないのであまりお勧めはできません。 確定枠以外は打つ機会が少なめです。 確定枠 ムーンフォース 命中安定で通常時最大火力のメインウェポン。 ダイマックスでミストフィールドを貼ることも可能です。 それにより、あくびループを無理やり断ち切ることも可能です。 エナジーボール ダイマックス時はグラスフィールドを貼ることができることからこの型の最大火力になり得る技です。 葉緑素で運営を考える場合はソーラービームの方が良いかもしれません。 追加効果で相手のDを下げることがあり、この効果のおかげで突破ができた、なんてことも起こり得る技です。 選択技 暴風 選択技の中だと強くお勧めします。 アタッカーエルフーンにおける第8世代と他の世代との大きな違いの一つだと思います。 こだわっていることが バレてしまった後はエナジーボールを打つタイミングでドラゴンが出てくるなんてこともあります。 また、草タイプ 主にエルフーン への打点となります。 パルシェンがからやぶしてくるタイミングでダイジェットできれば被害を最小限に抑えることも可能です 持ち物がバレる前は大概つららから入ってくるのでその点は注意してください。 雨下最速ガマゲロゲやカジリガメと同速 実数値276 になります。 ちなみに準速だと 実数値252なのでからやぶパルシェンなどは抜けません。 サイコキネシス 毒タイプ マタドガス、ストリンダー への打点になります。 ただし、毒タイプは現在の環境にはあまり多くないと思います。 シャドーボール ギルガルドやミミッキュに H振りだとムーンフォースと確定数が変わりません。 とんぼ返り オススメの攻撃技その2。 火力はほとんど無いですが、ミミッキュの化けの皮やタスキを潰しつつ、退くことができる優秀な技です。 後続に負担がかかってしまう点には要注意です。 すり替え 積み技持ちや、受けポケ トリトドン、ドヒドイデ、ブラッキーなど に強く立ち回ることができるようになります。 自身の火力が大きく下がってしまう点は要注意です。 ダイマックス中はダイウォールになるのも嬉しい点です。 置き土産 やることがなくなったらこちら。 AC二段階ダウンにより高火力化した敵の厄介なエース達の妨害をすることが可能です。 また、相手がダイマックスを切っていた場合は先制できれば1度だけ相手を空振りさせて能力上昇を止めることができます。 こちらもダイマックス中はダイウォールになります。 ダメ計• 与ダメ 抜群で結構ギリギリなダメージです。 エナジーボール H4 ガマゲロゲ 確定1発 227. H252 ウォッシュロトム 乱数1発93. H252ブラッキー 確定2発 68. 被ダメ 特殊面は特に紙です。 最低限だけ載せます。 エルフーンの苦手なタイプを相手できるポケモン 炎 ヒートロトム、ウインディなど ・毒 ドヒドイデ、マタドガスなど ・鋼 ナットレイ、ドリュウズ、ギルガルド、アーマーガアなど に対して 何もできないポケモンなので、それらに強く出ることができるポケモンは必要です。 エルフーンが補助型に見えるような相方 補助技主体のエルフーンが組むようなポケモンと組ませるとアタッカー偽装がより簡単になると思います。 低速でトリル警戒をさせやすく、エルフーンの苦手なポケモンをそこそこ克服できるので私はチョッキドサイドンと一緒に使うことが多かったです。 バージョン履歴 2020. 1 初期版 2020. 3 追記.

次の